VR

【コスパ良い順11選】360度VRカメラ📷おすすめ比較ランキング【2019年版】

【コスパ良い順11選】360度カメラ おすすめ徹底比較ランキング

9月のキャンペーン情報

キャンペーンページ(DJI公式)

吉武編集長
吉武編集長

どうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)編集長の吉武穂高です。

先日はじめて360度カメラを購入しましたが、今までにない撮影性能に非常にワクワクしております。

ドローンと同じく新しい可能性が手軽に楽しめるのは非常に素晴らしいですね。

そこで今回は、今発売している360度カメラで、どんなメーカーがあるのか?価格帯や性能など気になって調べてみました。

てつや
てつや

私見たっぷりだが、ランキング化してみたぞ!

いろいろ調べていくとざっくり今ある360度カメラの価格帯と性能は以下の感じになる。

360度カメラ選びのポイント
  • 発売時期:モデルチェンジが早く既存スペックを簡単に塗り替えてくる
  • 価格帯:10000〜650000円
  • 撮影性能:フルHD〜8Kまで
  • 使い勝手:アプリ性能とSNSシェアなど
吉武編集長
吉武編集長

上のバランスを考えて購入を検討するといいと思います。

また360度カメラなど最新ガジェットは発売時期も非常に重要です。

各メーカーの技術革新のスピードは非常に早いため、前スペックのスペックを簡単に上回ってきます。

360度カメラとは??

【THETA V】使ってみてわかった!シータVのおすすめポイントを紹介

多くの360度カメラは前後方向に魚眼レンズが付いております。

2つのレンズをステッチング(編集)して360度全天球型で写真や映像を見せることができます。

今までにない360度動画やVRコンテンツなど新しい可能性が見える面白いカメラになります。

360度カメラの基礎的な内容に関しては別記事でまとめておりますので、ぜひご覧ください。

【360度カメラ入門】どんな仕組みで撮影するの?使い道も紹介するよ! 360度カメラとは??どんな360度カメラがおすすめなの?https://dro...
吉武編集長
吉武編集長

では、実際におすすめの360度カメラを紹介していきます。

ベスト1|Insta360 EVO

【Insta360 EVO】インスタ360oneXから進化した3つのポイントを紹介
製品名insta360 EVO(インスタ360エボ)
公式サイトhttps://store.insta360.com/product/evo
価格56,570円
レンズF2.2
映像
  • 5.7K:30fps
  • 4K:50fps
  • 4K:30fps
  • 3K:100fps
静止画1800万画素
動画フォーマットinsv・mp4・LOG
写真フォーマットinsp・jpeg・dng(RAW)
本体重量113g
連続撮影時間約65分
充電時間90分
編集のしやすさアプリで簡単編集・SNSシェアなど簡単!
オススメ度

公式ページ

吉武編集長
吉武編集長

2019年に登場したばかりの360度カメラがinsta360 EVOです。

5.7Kの超高画質動画の撮影から、変形して180度立体撮影なんてこともできてしまいます。

360度カメラの進化を感じさせるカメラですね。

【Insta360 EVO】インスタ360oneXから進化した3ポイントを紹介 Insta360 EVO(エボ)の製品概要製品名 insta360 EVO(インスタ360エボ)公...

ベスト2|Insta360 one X

【2018年最新版】360度カメラ おすすめランキングベスト10《早見表付》
製品名insta360 one x
価格52,300円
映像
  • 5.7K:30fps
  • 4K:50fps
  • 3K:120fps
本体重量115g
連続撮影時間約60分
充電時間60〜100分
編集のしやすさアプリで簡単編集・SNSシェアなど簡単!
オススメ度
公式サイトhttps://store.insta360.com/product/one_x
吉武編集長
吉武編集長

2018年10月に発売されたこのブログを書いている時、もっとも新しい360度カメラになります。

ベスト2にしておりますが、非常に素晴らしい性能を誇っております。

新型『Insta360 one X』が欲しくなる8つの魅力を徹底紹介【360度カメラ】
『Insta360 one X』が欲しくなる9つの魅力を徹底紹介【360度カメラ】新型『insta360 one X』を直感購入してしまった!直感でいい! と思ったのでほとんど何も考えずに...

『insta360 one x』ここがすごい!!

【はじめての360度カメラ】Insta360 ONE Xの使い方を徹底解説するぞっ!
  • 撮影性能が従来の360度カメラより1段階アップ!
  • ジンバルいらずの手ブレ補正がすごすぎ!
  • アプリが優秀でSNSへの投稿が簡単!

2018年も後半になり、今『360度カメラ』を購入したいと思ったらInsta360 X one』しかないのではないかと思うくらいおすすめです。

価格は52300円と若干お高めですが、それを補うほど素晴らしいスペックです。

これ一台で、地上撮影のほとんどがまかなえてしまうので、一台持っておくととにかく便利です。

素晴らしい手ブレ補正機能を生かして、延長ロッドと組み合わせれば、街中でも高さ5mほどの擬似空撮を行うこともできます。

【はじめての360度カメラ】Insta360 ONE Xの使い方を徹底解説するぞっ!延長ロッドで擬似空撮可能

2018年後半になり、新しい映像撮影の切り口とどこへでも持ち運べるコンパクトさを兼ね備えた無限の可能性能を秘めている一台です。

私自身も『これだっ!』とビビッときて即買いしました。

詳しいスペックや使い方は別記事にまとめてますので、ぜひチェックしてみてください。

【はじめての360度カメラ】Insta360 ONE Xの使い方を徹底解説するぞっ!
【はじめての360度カメラ】Insta360 ONE Xの使い方を完全解説マニュアルどうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)編集長の吉武穂高です。ついに届きました!新型360度カメラ...

ドローンに積載して空撮VR映像が撮影できる

【2018年最新版】360度VRカメラ おすすめランキングベスト7
吉武編集長
吉武編集長

実際にInsta360 X oneをドローンに積載して空撮360度動画を撮影してみましたが、映像の綺麗さと滑らかさに驚きでした。

ドローンに360度カメラ『Insta360 ONE X』を搭載してVR動画を撮影する方法
ドローンに360度カメラ『Insta360 ONE X』を搭載してVR動画を撮影する方法注意|ドローンに360度カメラを積載することは改造機扱いになる まずはじめに断っておきますが、DJIのドローンにサードパー...

ベスト3|RICOH THETA Z1

製品名RICOH THETA Z1
 発売元RICOH
 定価 126,900円
 静止画撮影約23MP(6720 × 3360、7K)
 センサー1.0型裏面照射型CMOSイメージセンサー
マイ祈雨動画撮影時に4方向の音を独立して記録
動画撮影4K(3840 x 1920、29.97fps)
特徴①RAW撮影可能
特徴②360度ライブストリーミングが4K対応に
公式サイトhttps://theta360.com/ja/about/theta/z1.html

なんといっても4Kでのライブストリーミング機能が魅力的な2019年3月発売予定の360度カメラになります。

RICOH THETA Vを進化させ、業務活用向けにおすすめです。

【RICOH THETA Z1】新型シータZ1の性能紹介!他モデルとの比較は? RICOH THETA Z1製品名 RICOH THETA Z1 発売元 RICOH...

ベスト4|RICOH THETA SC

【2018年最新版】360度カメラ おすすめランキングベスト10《早見表付》
製品名RICOH THETA SC
発売2016年
映像フルHD
価格21870円
オススメ度
吉武編集長
吉武編集長

価格の安さで選ぶなら断然おすすめなモデルがRICOH THETA SCです!

フルHDなので一般的な映像や趣味で活用するならば十分に綺麗なレベルと言えるでしょう。

価格の安さと性能がコスパよし!

魅力は何と言っても

  • 価格の安さ
  • 性能の良さ
  • スマホアプリとの連携のよさ

のバランスがよくコストパフォーマンスに優れている点です。

ボタン一つで簡単撮影→アプリへのデータ移行ですぐにスマホでどんな写真が撮影できているのか確認することができます。

解説動画

がっつり360度の映像を使いたいクリエイターには少し厳しい撮影性能な部分はありますが、

  • SNSでの投稿用シェア
  • 仕事での現場記録を残しておきたい

など重宝する場面が多いです。

1台目の360度カメラにおすすめなモデルになっております。

弱点は『動画撮影』の弱さ

360度動画をがっつり撮影するには頼りない撮影時間と映像スペックです。

また発売も2016年とちょっと古いことが気になりますね。

価格は20000円台と先のInsta360 one Xと比べると倍以上の価格差があります。

  • 趣味活用のみ:ちょっとSNSで投稿したい場合は『RICOH THETA SC』
  • 映像業務:がっつり映像撮影業務に活用したい場合は『Insta360 X one』

といった感じで選べばいいかと思います。

ベスト5|RICOH THETA V

【THETA V】使ってみてわかった!シータVのおすすめポイントを紹介
製品名THETA V
発売2017年9月
価格45,730円
重量121g
大きさ45.2×130.6×22.9mm
表示パネル×
静止画5376×2688ピクセル
動画4K:29.97fps

2K:29.97fps

連続撮影時間25分
ライブストリーミング4K・2K撮影可能
マイク4ch
内臓メモリ
  • 約19G
  • jpeg:約4800枚
  • 動画4K:約40分
搭載機能セルフタイマー・DR補正・HDR合成・インターバル撮影・リモート撮影・ノイズ低減撮影・マルチブラケット撮影・手振れ補正・無線LAN高速伝送・360度空間音声・Bluetooth・プラグイン対応

実際に使ってみましたが、アプリとの連携がとても使いやすいです。

そこからSNS(YouTube・Facebook・Twitter)などへの共有などもスムーズでした。

趣味活用からGoogleインドアビューなどの業務活用までイケます。

もし4Kライブストリーミングなどでも使うなら、ハイエンドモデルであるRICOH THETA Z1がおすすめです。

【THETA V】使ってみてわかった!シータV4つのおすすめポイントを紹介
【THETA V】使ってみてわかった!シータV4つのおすすめポイントを紹介THETA V(シータV)とは?製品名 RICOH THETA V 発売元 RI...

ベスト6|Insta360 Nano S

スマホを360度カメラにできるスグレモノ!

【2018年最新版】360度カメラ おすすめランキングベスト10《早見表付》
製品名insta360 Nano S
価格31299円
特徴自分のスマホを360度カメラに変えることができる
レンズF2.2
連続撮影時間約60分
センサーSONY
対応機種iPhoneX、iPhone8/8PLUS、iPhone7/7PLUS、iPhone6s/6sPLUS、iPhone6/6PLUS
編集のしやすさアプリで簡単編集・SNSシェアなど簡単!
オススメ度
吉武編集長
吉武編集長

みなさんが共通して所有していて、かつ一番便利で手軽なカメラは何と言っても『スマートフォン』ですよね。

Insta360 NANO S『スマホ』に直接接続して『360度カメラ』にしてしまうということです。

解説動画

カメラ系ユーチューバー ジェットダイスケさんのレビュー動画になります。

通常の360度VR動画の撮影だけでなく、オリジナルの『マルチビュー』視点を簡単編集してくれるところも非常に魅力的です。

箱がそのまま簡易的な『VR装置』として機能するところも嬉しいポイントですね。

購入前は自分の所有しているスマホ(iPhone)が対応しているのかという点に注意した方がいいです。

やはりスマホを360度カメラにしてしまうというのは、使い勝手という面で何にも変えがたい魅力がありますよね。

ベスト7|Insta360 PRO2

価格は高いが業務活用におすすめ!

【2018年最新版】360度カメラ おすすめランキングベスト10《早見表付》
発売元insta360
製品名Insta360 Pro 2
価格680,000円
重量1550g
材質アルミニウム合金
レンズF2.4魚眼レンズ 6基
特徴Farsight遠隔映像モニタリング
どんな人におすすめ完全にプロ向けで一般向けではない
公式サイトhttps://store.insta360.com/product/Pro_2

公式ページ

ずば抜けて価格は高いですが、完全にその専門サービス向けの360度カメラになります。

『Insta360 PRO2』の特徴
  1. 8K 3D VR撮影可能:8K30fps、6K60fps、4K120fps
  2. 12K超高画質写真撮影可能
  3. FlowState:手ブレ補正
  4. CrystalView再生:ヘッドマウントディスプレーと連動
  5. 360度空間音声収録
  6. Farsight遠隔モニタリング
  7. 高ビットレート
  8. HDR映像撮影可能
吉武編集長
吉武編集長

特徴は何と言っても

8K360度動画

を撮影できることでしょう。

8K映像が撮影できる機材としてはかなり安いように感じます。

(REDシリーズのカメラだと余裕で500万円以上で1日レンタルしても40万円はかかります。)

プロ向け!8K360度VR映像が撮影可能な『Insta360 Pro 2』の8つの特徴
【Insta360 Pro2】8K VR映像撮影可能な360度カメラ 8つの特徴 『Insta360 Pro 2』の製品概要発売元 insta360製品名 Insta360 Pr...

実際に『Insta360 PRO2』で撮影した動画

実際に8Kで撮影した動画はこちらになります。

YouTubeの設定で『8K』に変更すると重すぎて見れなくなると思うスペックです。

持ってる人はほとんどいないので、ビジネスになる!?

ただ今後8K映像のニーズは拡大していく傾向にあると思いますので、ストックムービーなどで映像素材は高く売れる可能性がありますね。

ニッチな市場をターゲットにサービス展開していければ、この価格でも十分に買いだと言えるでしょう。

ただそれを編集し、納品するためにまた馬鹿高いスペックのパソコンも必要になりますので、ご注意ください。

YouTubeで『8K映像』を見る方法|圧倒的な映像美に震える世界の動画9選
YouTubeで『8K映像』を見る方法|圧倒的な映像美に震える世界の動画9選YouTubeで見る美しい『8K映像』 どうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)編集長の吉武穂高です。今回は、4...

購入は公式サイトから

【2018年最新版】360度カメラ おすすめランキングベスト7Insta360 pro2

さすがに価格がすごいので、購入はInsta360 公式サイトがおすすめです。

Amazonでも出品されているのをまだみてないですね。

公式サイト:https://store.insta360.com/product/Pro_2

ベスト8|RICOH R Development Kit

RICOH R Development Kit|24時間配信できるおすすめ活用法
発売元RICOH(リコー)
製品名R Development Kit
価格59,800円
重量125g
材質アルミダイキャスト
動画解像度1920×960 フルHD
写真撮影できない
特徴24時間連続ライブストリーミング可能
録画通常モード:30分、長時間モード:60分
電源方式外部電源供給型

公式サイト

24時間ストリーミング配信できる唯一の360度カメラ

多くの360度カメラは一般ユーザー向けに360度写真や動画を楽しむようなモデルになります。

R Development Kitは少し特殊で24時間の長時間ライブ配信できるカメラに特化しております。

そのためパソコンと接続した外部給電型のもので、持ち歩くタイプのカメラではありません。

用途としては、

  • 音楽などライブイベント
  • 自宅の防犯
  • 会議の配信
  • ショッピングモールなど商業施設
  • 工場など作業監督・管理
  • 研究・開発

などに向いております。

店舗などに備え付けたり、工場の管理・監督に向いております。

【RICOH R Development Kit】24時間配信機能の使い道を紹介
【RICOH R Development Kit】おすすめ使い方7例を紹介「RICOH R Development Kit」とは?発売元 RICOH(リコー)...

ベスト9|LG-105R

【2018年最新版】360度カメラ おすすめランキングベスト10

1万円以下で購入できる360度カメラ

特徴はこの1点につきます。

とにかく安いので、購入しやすいですが、画質があまりよくないので本当に試しに買ってみるという感じだと思います。

1台目に購入してみて、どハマりすれば上位モデルを購入するという形でも使えると思います。

LG 360 Cam vs. Ricoh Theta S – Which Is Better?

YouTubeで『Ricoh Theta S』との比較動画がありますが、かなりいい感じですね。

1万円以下でこれだけできればかなりいいと思います!

ベスト10|GoPro Fusion

【2018年最新版】360度カメラ おすすめランキングベスト10

 

発売当時、購入しようか非常に迷いましたが見送った一品です。

結論からいうと買わなくて正解でした。

  • まず私自身の問題としてこのスペックの映像編集できるパソコンを持っていなかったこと
  • 一位で紹介したInsta360 X Oneが出たこと
  • SDカード2枚使用で後合成が非常に大変そう

です。

しっかりスペックを見て、動画を取り込み、編集できる環境があればかなり使えると思いますが、知らずに面白そうだからという理由だけで購入すると苦労しそうです。

Insta360 One X 360 Camera Review

このガジェット、アクションカメラ業界のモデルチェンジの早さには驚きですが、今購入するなら価格、スペック的に率直にGoProFusionよりは『Insta360 X One』がおすすめです。

ベスト11|Insta360 TITAN

11K VR撮影できる『Insta360 TITAN』価格は188万円!
商品名Insta360 TITAN
販売価格1,880,000円
発売日
  • 2019年4月予定
  • 予約は受付中
  • 予約金18800円必要
材質アルミニウム合金
レンズ8 x 200° F3.2魚眼レンズ
動画性能
  • 10560 x 5280 @30fps(11K 2D)
  • 9600 x 9600 @30fps(10K 3D)
  • 5280 x 2640 @120fps
10Bit動画
  • 7680 x 7680 @30fps(8K 3D)
  • 7680 x 3840 @30fps(8K 2D)
フォーマット
  • 動画:MP4
  • 写真:JPEG/DNG
ISO100〜6400
音声収録4x Mono Mic
公式サイトhttps://www.insta360.com/product/insta360-titan/

驚異の11K 撮影できる2019年現在最も高性能な360度カメラになります。

価格も驚異的です。

11K VR撮影できる『Insta360 TITAN』価格は188万円!【360度カメラ】
【Insta360 TITAN】188万円!11K VR撮影できる360度カメラ8つの特徴『Insta360 TITAN』11K 360度VR撮影できる商品名 『Insta360 TITAN ...
『5G通信革命』の特徴と発展期待のテクノロジー12選(VR・AI・ロボット)
『5Gとは』3つの特徴と発展期待のテクノロジー12選(VR・AI・ロボット)そもそも『5G』ってなに?? 5Gとは『第5世代移動通信システム』 Gとは『Generation:ジェネレーション』のG...

【マイクロSDカード】360°カメラはデータ量が膨大

【コスパ良い順11選】360度カメラ📷おすすめ徹底比較ランキング【2019年版】
吉武編集長
吉武編集長

360°カメラはその特性から大量にデータ容量を必要とします。

マイクロSDカードなどもそれなりのスペックのものを選ぶ必要がありますので、注意しましょう。

【おすすめ】意外と知らない「SDカード&マイクロSDカード」正しい選び方SDカード マイクロSDカードについて分かりやすく紹介していきます。 SDカードとマイクロS...
『サンディスク』から『1TB 』マイクロSDカードの特徴と相性がいいガジェット紹介
【サンディスク】世界初『1TB 』マイクロSDカード!特徴と相性抜群のガジェットサンディスク エクストリーム マイクロSDカードサンディスクエクストリーム microSD™カード 1...
ABOUT ME
アバター
吉武 穂高
DRONE WALKER 編集長 1984年生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。