ドローンの基本がわかる記事まとめ
Insta360

新型『Insta360 one X』が欲しくなる8つの魅力を徹底紹介【360度カメラ】

新型『Insta360 one X』が欲しくなる8つの魅力を徹底紹介【360度カメラ】

新型『insta360 one X』を直感購入してしまった!

どうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)編集長の吉武穂高です。

今回は先日発表された『 Insta360 one X』を発表後、購入してしまいました!

直感でいい!

と思ったのでほとんど何も考えずにポチってしまいましたが、購入〜到着まで何が魅力でどんなスペックなのか調べてみましたのでレビューします。

公式サイト:https://store.insta360.com/product/one_x

『 Insta360 one X』の製品・スペック概要

新型『insta360 one X』が欲しくなる7つの魅力を徹底紹介!(インスタ360)
製品名insta360 one x
価格52,300円
映像
  • 5.7K:30fps
  • 4K:50fps
  • 3K:120fps
本体重量115g
連続撮影時間約60分
充電時間60〜100分
編集のしやすさアプリで簡単編集・SNSシェアなど簡単!
オススメ度
吉武編集長
吉武編集長
ざっくりしたスペックはこんな感じです。何と言っても従来のアクションカメラ、360度カメラとは一線を画す

  • 映像の美しさ
  • ジンバルいらずの手ブレ補正

この2つの組み合わせが非常に魅力的で使い勝手の素晴らしさを予感させてくれます!

てつや
てつや
次に『 Insta360 one X』の魅力を紹介するぞ!

公式サイト:https://store.insta360.com/product/one_x

新型insta360の特徴①|GoProHERO7より手ブレ補正がすごい!

新型『insta360 one X』が欲しくなる7つの魅力を徹底紹介!(インスタ360)

これは本当にすごいと思いました。

ほぼ同時期に発売された『GoProHERO7』もジンバルなしで素晴らしい手ブレ補正でした。

しかし、私がインスタ360を購入したい!

と一発で思ったのが、こちらの検証動画になります。

GoProHERO7 VS insta360 one xの動画検証

吉武編集長
吉武編集長
手ブレ補正がすごすぎる!!

『GoProHERO7』を購入しようか迷っていたタイミングでこの動画を見てしまったので、もう心は『インスタ360 one』に奪われてしまいました。

なぜ『新型 insta360』はここまで手ブレしないのか?

おそらく360度カメラで全方位撮影している分、

電子手ブレ補正や全体で手ブレする部分をうまく調整する機能が働いているためだと思われます。

てつや
てつや
意味不明やな。
吉武編集長
吉武編集長
うまく解説できません(^◇^;)

新型 Insta360の魅力②|360度カメラで撮影できる!

新型『insta360 one X』が欲しくなる7つの魅力を徹底紹介!(インスタ360)

当たり前ですが、『 Insta360 one X』『360度カメラ』になります。

ジェット ダイスケさんのレビュー動画

カメラユーチューバーで超有名なジェットダイスケさんがすでに360度撮影した動画を公開しております。

止まっていると非常に綺麗な映像ですが、動き出すと画質は悪くなる印象です。

個人的には、360度動画を処理しきれるパソコンを所有していないので、そこまで使う予定はないですが、定点観測的に撮影するぶんには非常に有効活用できそうです。

新型 Insta360の魅力③|映像が非常に綺麗!!

新型『insta360 one X』が欲しくなる7つの魅力を徹底紹介!(インスタ360)

さらにダメ押しですごいと思ったのが映像性能の素晴らしさです。

映像が綺麗すぎる
  • 5.7K:30fps
  • 4K:50fps
  • 3K:100fps

と従来のアクションカメラよりも1段階進化した撮影機能を誇っております。

5.7K映像を趣味レベルで扱うには、なかなか手に持て余すスペックですが、プロ機材として考えると映像性能の幅は非常に魅力的といえるでしょう。

新型 Insta360の魅力④|価格の安さと性能のバランス

新型『insta360 one X』が欲しくなる8つの魅力を徹底紹介!(インスタ360)

価格は52600円と一般的なアクションカメラと同じ程度の価格になります。

おそらく数ヶ月経過すると定価からさらに安くなると思います。

これだけの映像性能や手ブレ補正、360度撮影などの魅力的な機能があります。

今から360度動画やアクションカメラを購入してみたい!

と思っている方には手が出しやすい価格で、当面第一線での活躍も期待できるスペックになります。

新型 Insta360の魅力⑤|薄型、サイズ感がいい!

新型『insta360 one X』が欲しくなる8つの魅力を徹底紹介!(インスタ360)

GoProのサイズ感もいい感じですが、薄型縦長のサイズ感も非常にいい感じですね。

ボタン操作などがしやすそうです。

新型 insta360の魅力⑥|約5mの擬似空撮ができる

新型『insta360 one X』が欲しくなる8つの魅力を徹底紹介!(インスタ360)

これまでの小型カメラガジェットでは、このような撮影をしても手ブレが凄まじいことになってしまいます。

しかし!

『 Insta360 one X』は先に紹介した『手ブレ補正機能』が素晴らしぎるので、3mの自撮り棒を使うことで街中で擬似空撮映像を撮影することができます。

擬似空撮のアイデア|都心部街中で!

新型『insta360 one X』が欲しくなる8つの魅力を徹底紹介!(インスタ360)

このブログでは、ドローンをメインとしておりますが、昨今ドローンをとりまく規制は非常に厳しく都心部の街中でドローンを飛ばすことはかなり厳しいです。

擬似空撮のアイデア|実物大ガンダムを!

新型『insta360 one X』が欲しくなる8つの魅力を徹底紹介!(インスタ360)

お台場にある実物大のガンダムを足元からだけでなく新しいアングルから撮影できてしまいます。

擬似空撮のアイデア|建物の中で!

新型『insta360 one X』が欲しくなる8つの魅力を徹底紹介!(インスタ360)

ちょっとした高さのある建物の内部をまるで小型ドローンが飛ぶかのように、擬似空撮をすると非常に魅力的な映像を撮影できます。

ちょっと高さを稼ぐだけで見える映像の世界はガラリと変わりますね。

さらに

  • 高画質撮影
  • スローモーション撮影
  • 360度撮影

など幅広い撮影に対応できることも、映像表現にさらなるバリエーションや切り口を見いだせると思います。

アイデア|わんこに装着!

新型『insta360 one X』が欲しくなる8つの魅力を徹底紹介!(インスタ360)

愛犬などにマウントさせることで、その動物の目線の映像を撮影できます。

これも非常に面白いアイデアですね。

GoProなどアクションカメラしかり、小型高性能になっているので、人の目線以外も体験できるようになったのは本当に面白いです。

アイデア|ドローンに360度カメラを積載しよう!

ドローンに360度カメラ『Insta360 ONE X』を搭載してVR動画を撮影する方法未来のテクノロジーがこんなに身近に体験できるなんて!

なんだったらドローンに『 Insta360 one X』を搭載してしまって360度動画で空撮してしまうのもアリですね。

新型テクノロジーとの組み合わせで、新しい可能性が広がります!

ドローンに『Insta360 ONE X』を装着して空撮してみた

実際ドローンに『Insta360 ONE X』を装着して空撮してみました。

ぶれることなく安定した映像を撮影してくれて本当にすごいと思いました。

これマジで使えますよ!

ドローンに360度カメラ『Insta360 ONE X』を搭載してVR動画を撮影する方法
ドローンに360度カメラ『Insta360 ONE X』を搭載してVR動画を撮影する方法どうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)編集長の吉武穂高です。前回、ドローンに360度カメラを積載した海外...

新型 insta360の魅力⑦|ドリフトショット

新型『insta360 one X』が欲しくなる7つの魅力を徹底紹介!(インスタ360)

ダーツ状のケースに『 Insta360 one X』を搭載し、投擲することで撮影してしまいます。

こちらも非常に面白い機能とアイデアですね。

  • ダーツ状に投げるだけ
  • 360度カメラで撮影

を組み合わせて、あとは編集で見事にありえないアングルからの撮影を可能にしてくれます。

360度撮影しているので、失敗も少なくなりそうです。

こちらは昨今『マイクロドローン』ならでは特殊な映像撮影にインスパイアを受けたと思います。

ドリフトダーツで撮影できる映像

ドリフトダーツは追加オプションで発売は2018年11月予定になってます。

新型 insta360の魅力⑧|防水機能でマリンアクティビティを楽しめる!

新型『insta360 one X』が欲しくなる7つの魅力を徹底紹介!(インスタ360)

専用のハウジングケースを装着することで、最大30mの防水性能を発揮します。

海の中でシュノーケルやスキューバダイビングを撮影できることも魅力のひとつになります。

そんな機能なくてもいいと思うかもしれませんが、先日奄美大島までGoProHERO6を持って行きましたが、水中で映像を撮影するのは本当に面白いです。

GoProではできなかった360度見渡す限り、海の中を撮影するのも楽しみ方のひとつですね。

沖縄慶良間で撮影した海中360度VR動画

これは綺麗な海でぜひ使いたいですね。

先ほどのドローンと合わせて、海も空もどこでもVRを体験できるようになるのは本当に素晴らしいことです。

まとめ|アクションカメラとして使いたい!

新型『Insta360 one X』が欲しくなる8つの魅力を徹底紹介【360度カメラ】
製品名insta360 one x
価格52,300円
映像
  • 5.7K:30fps
  • 4K:50fps
  • 3K:120fps
本体重量115g
連続撮影時間約60分
充電時間60〜100分
編集のしやすさアプリで簡単編集・SNSシェアなど簡単!
オススメ度

とりあえず到着が超楽しみな新型ガジェットになります。

前回『GoPro Fusion』は迷った末、見送った360度カメラなのでどんな使い勝手か楽しみですね。

個人的にはGoProHERO7の代わりのアクションカメラ的な使い方や建物内部や都心部のドローンがわりの擬似空撮に使いたいと考えております。

新しいガジェットの購入や使用感はいつでもワクワクしますね。

公式サイト:https://store.insta360.com/product/one_x

『Insta360 ONE X』の使い方を紹介

【はじめての360度カメラ】Insta360 ONE Xの使い方を徹底解説するぞっ!
吉武編集長
吉武編集長

実際に『Insta360 ONE X』が届きましたので、使い方の紹介です。

初めて触る方も多いと思いますので、丁寧に解説していきます。

【はじめての360度カメラ】Insta360 ONE Xの使い方を徹底解説するぞっ!
【はじめての360度カメラ】Insta360 ONE Xの使い方を完全解説マニュアルどうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)編集長の吉武穂高です。ついに届きました!新型360度カメラ...

ABOUT ME
吉武 穂高
DRONE WALKER 編集長 1984年生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。