VR

360度カメラ『GoPro MAX』と通常のGoPro HERO8との違いを紹介

360度カメラ『GoPro MAX』と通常のGoPro HERO8との違いを紹介

吉武編集長
吉武編集長

DRONE WALKER(ドローンウォーカー)編集長の吉武穂高です。

今回は、2019年10月に発表がありましたGoPro MAXについて紹介していきます。

てつや
てつや

YouTubeの動画でもおすすめの選び方を紹介しているぞっ!!

【最大60%オフ】サイバーマンデーでお得なkindle本Amazonで年に一度の大セールサイバーマンデーを開催中です。(12月9日まで)Amazon Echo Show5などのスマートスピーカーが50%オフなど特典が目白押しなので、この機会にぜひチェックしてみてください。Amazon公式サイト

【概要】GoPro MAXは360度カメラ

商品名GoPro MAX
販売価格60100円
発売日
  • 2019年10月
デジタルレンズ
  • Max Super View:13mm
  • 広角:16mm
  • リニア:19mm
  • 挟角:27mm
動画性能
  • 5.6K30fps
  • 1440p60fps
  • 1080p60fps
360度オーディオ6つの内蔵マイクが連動
特徴写真16.6 MP 360 度写真 / 5.5 MP HERO モード写真
防水5m防水・レンズ保護ケースあり
特徴①GoPro アプリで手軽に編集
特徴②折り畳み式フィンガーによるフレームレス マウント
手ブレ補正Max HyperSmooth
公式サイトhttps://gopro.com/ja/jp/compare
吉武編集長
吉武編集長

GoProもかつてGoPro Fusionという360度カメラを出してました。

今回、GoPro MAXになり、価格も使い勝手も大きく進化した印象です。

【作例】GoPro MAXマジですごい!

吉武編集長
吉武編集長

この映像はマジで度肝を抜かれます!

360度動画ならではの映像を編集で見事に仕上げてますね。

360度カメラって何?

吉武編集長
吉武編集長

文字通り、360度すべてを撮影することができるカメラになります。

上記動画のように、YouTube上では自分が見たい視点にグリグリと動かしながら動画を見ることができます。

360度カメラの魅力や仕組みは

吉武編集長
吉武編集長

スマホやタブレットなど指で写真をタップすると360度グリグリ写真を動かすことができます。

通常の写真とは違い、360度全方向を見渡すことができますので、まるでその場にいるような感覚を体験できます。

情報を余すことなく伝えることができるのが魅力ですね。

てつや
てつや

360度カメラの仕組みを知りたい人は以下の記事をチェックしてくれよな!

【360度カメラ入門】どんな仕組みで撮影するの?使い道も紹介するよ! 360度カメラとは??どんな360度カメラがおすすめなの?https://dro...

GoPro Maxの特徴は?

特徴①|Max ハイパースムーズ

てつや
てつや

Max ハイパースムーズってなんやねん!!

吉武編集長
吉武編集長

凄い手ブレ補正機能です(笑)

特徴②|カメラの画角に27mm挟角が加わった

  • Max Super View:13mm
  • 広角:16mm
  • リニア:19mm
  • 挟角:27mm
吉武編集長
吉武編集長

GoProシリーズと言えば、『広角レンズ』が売りですが、同時に周辺がひずんでしまう欠点がありました。

GoPro MAXでは、『27mm』の挟角レンズがあります。

これは、iPhoneなどの画角と同じでなので、非常に使い勝手がいいですね!

GoPro MAXでは、iPhoneと同じような画角で撮影ができるぞ!

【比較】iPhone11の3つのレンズ

【写真作例】『iPhone11Pro』超広角・広角・望遠で撮り比べてみた
てつや
てつや

ちなみに2019年に登場した『iPhone11Pro』では、上記3つの画角で撮影できるぞ!

【写真作例】『iPhone11Pro』超広角・広角・望遠で撮り比べてみた【iPhone11pro】トリプルカメラそれぞれの画角3つのカメラが特徴的【ナイトモード】夜...

特徴③|360度オーディオ

吉武編集長
吉武編集長

360度オーディオ、6つの内臓マイクで全方位から綺麗に音どりをすることができます。

性能的には、歴代のGoProシリーズの中でも一番良さそうな感じがしますね。

【比較】GoPro HERO8とどっちが買いなのか?

製品名GoPro HERO8Black
価格50,800円
防水機能10m
動画性能
  • 4K:60fps・30fps・24fps
  • 2.7K:120fps・60fps・30fps・24fps
  • 1440p:120fps・60fps・30fps・24fps
  • 1080p:240fps・120fps・60fps・30fps・24fps
  • 960p:240fps・120fps
  • 720p:240fps・120fps
スローモーション8倍
HyperSmoothハイパーラプス
写真
  • 12MP
  • RAW撮影可能
  • HDR撮影可能
メモリーマイクロSDカード:Class10・UHS1以上

GoPro HERO8は2019年に発売された最新の「GoPro」になります。

こちらはアクションカメラで、自転車・バイク・マリンアクティビティ・YouTubeなど活用方法は無限にあります。

360度カメラであるGoPro MAXと比較してみましょう!

【GoPro HERO8登場】7から進化した6つのポイントを分かりやすく紹介する
【GoPro HERO8登場】7から進化した6つのポイントを分かりやすく紹介する『GoPro HERO8』の性能を紹介 https://www.youtube.com/watch?v=btDpZ1Cfg...

【ポイント①】価格は1万円差

  • GoPro MAX:60100円
  • GoPro HERO8:50800円
  • GoPro HERO7:40800円
吉武編集長
吉武編集長

絶妙な価格差で非常に悩ましいですね(笑)

まだ360度カメラも使ったことがない方で、気になる方は『GoPro MAX』もおすすめですね。

【ポイント②】取り扱いに気を使うのか?

  • GoPro MAX:剥き出しの魚眼レンズ
  • GoPro HERO8:気にせずガンガン使える
吉武編集長
吉武編集長

360度カメラのGoPro MAXは特性上レンズが剥き出しの魚眼レンズになりますので、運用には少し気を使います。

【ポイント③】手ブレ補正はどちらも優秀

  • GoPro MAX:MAX HyperSmooth
  • GoPro HERO8:HyperSmooth2.0
吉武編集長
吉武編集長

手ブレ補正ですが、どちらも非常に優秀で手持ち撮影でも十分に滑らかな動画撮影が楽しめます。

360度カメラである『GoPro MAX』の方が手ブレ補正は優秀っぽい

【まとめ】GoPro MAXは360度カメラ

商品名GoPro MAX
販売価格60100円
発売日
  • 2019年10月
デジタルレンズ
  • Max Super View:13mm
  • 広角:16mm
  • リニア:19mm
  • 挟角:27mm
動画性能
  • 5.6K30fps
  • 1440p60fps
  • 1080p60fps
360度オーディオ6つの内蔵マイクが連動
特徴写真16.6 MP 360 度写真 / 5.5 MP HERO モード写真
防水5m防水・レンズ保護ケースあり
特徴①GoPro アプリで手軽に編集
特徴②折り畳み式フィンガーによるフレームレス マウント
手ブレ補正Max HyperSmooth
公式サイトhttps://gopro.com/ja/jp/compare
吉武編集長
吉武編集長

というわけでGoPro MAXの紹介でした。

360度カメラとしてもアクションカメラとしても非常に優秀です。

価格帯も絶妙なところを突いてきましたので、非常にガジェット選びが悩ましいですね。

【コスパ良い順11選】360度カメラ おすすめ徹底比較ランキング
【コスパ良い順12選】360度VRカメラ📷おすすめ比較ランキング【2019年版】360度カメラとは??多くの『360度カメラ』は前後方向に魚眼レンズが付いております。2...
ABOUT ME
アバター
吉武 穂高
DRONE WALKER 編集長 1984年生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。