THETA

【RICOH THETA Z1】新型シータZ1の性能紹介!他モデルとの比較は?

吉武編集長
吉武編集長

どうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)編集長の吉武穂高です。

今回は「リコー」から発売した新型360度カメラ「RICOH THETA Z1のスペックとおすすめポイントを紹介していきます。

RICOH THETA Z1

製品名RICOH THETA Z1
 発売元RICOH
 定価 126,900円
 静止画撮影約23MP(6720 × 3360、7K)
 センサー1.0型裏面照射型CMOSイメージセンサー
マイ祈雨動画撮影時に4方向の音を独立して記録
動画撮影4K(3840 x 1920、29.97fps)
特徴①RAW撮影可能
特徴②360度ライブストリーミングが4K対応
公式サイトhttps://theta360.com/ja/about/theta/z1.html

【特徴①】RAW撮影

吉武編集長
吉武編集長
最大の特徴は何といっても「RAW撮影」できるようになったことです。
てつや
てつや

これで360度写真の表現が大幅に拡大されるな。

吉武編集長
吉武編集長

ドローンの登場により空撮写真や映像の新しいジャンルが切り開かれたように、360度カメラもよりスタンダードなジャンルに食い込んでくることでしょう。

【特徴②】1インチセンサー

【RICOH THETA Z1】新型シータZ1の性能を徹底紹介
吉武編集長
吉武編集長
360度カメラでは、大型の1インチセンサーを搭載しております。

魚眼レンズも『シータV』に比べてひと回り大きいです。

てつや
てつや

センサーサイズがここまで大きくなると夜間もいい写真や映像が撮影できそうだな。

図解で分かる『センサーサイズ』画質の特徴と主なカメラ機種を紹介する
図解で分かる『センサーサイズ』画質の特徴と主なカメラ機種を紹介する そもそもカメラのセンサーってなに?どこにあるの?上記の写真の部分がカメラの『センサー』になります。(例にあげた写真はミラ...

【特徴③】夜景に強い360度カメラ

 

View this post on Instagram

 

RICOH THETA – 360 cameraさん(@theta360official)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

RICOH THETA – 360 cameraさん(@theta360official)がシェアした投稿

吉武編集長
吉武編集長

カメラのセンサーサイズが大きくなるということは、それだけ夜間に強くなります。

夜景なども条件次第で、今までにないほど美しい映像や写真を撮影できそうですね。

【特徴④】4Kライブストリーミング配信

吉武編集長
吉武編集長

生放送で配信したい映像などを4K高画質で配信できます。

これかなり欲しかった機能だと思いますよ。

【価格】126,900円とTHETA最上位モデル

【RICOH THETA Z1】新型シータZ1の性能を徹底紹介
THETA Z1126,900円
THETA V56,700円
THETA SC24,300円
THETA S298,00円
THETA m1519,800円
吉武編集長
吉武編集長
これまでリコーのシータシリーズの中では、10万円オーバーのハイスペックモデルになります。

【発売日】いつ販売開始なの??

【RICOH THETA Z1】新型シータZ1の性能を徹底紹介

気になる発売日ですが、2019年3月予定になっております。

公式ストアからすでに予約注文することはできますので、少しでも早く手に入れたい方はチェックしておくとよいでしょう。

【デザイン】RICOH THETA Z1は今までと同じ!?いや・・・

【デザイン】RICOH THETA Z1は今までと同じ!?いや・・・
吉武編集長
吉武編集長

一見これまでの「THETA」シリーズと変わらない外観ですが、ボディには『マグネシウム合金』を採用しており、『高級感と堅牢性』を兼ね備えております。

てつや
てつや

1インチの大型センサーを搭載しながらも、内部構造を最適化で、今までにない高性能・高品質になっているぞ!

【モニター】

【RICOH THETA Z1】新型シータZ1の性能を徹底紹介

カメラ下部に「表示パネル」が搭載されております。

ここで

  • 電池残量
  • 撮影可能枚数
  • 撮影モード

などを確認することができます。

もっと詳細に現在情報を知りたい場合は、スマホアプリ「」を使うことでより詳細に現在の撮影モードを確認することができます。

【アクセサリー】合わせて購入したいものたち

専用三脚

【RICOH THETA Z1】新型シータZ1の性能を徹底紹介

これは実質必需品ですね。

手持ちで活用してもいいのですが、やはり三脚は用意すべきでしょう。

というか標準セットにしておいて欲しいところですね。

レンズ保護

【RICOH THETA Z1】新型シータZ1の性能を徹底紹介

こちらも必需品です。

360度カメラは特性上、レンズがむき出しの魚眼レンズになります。

カメラ保護のためにも用意しておくべきでしょう。

VRゴーグル

【RICOH THETA Z1】新型シータZ1の性能を徹底紹介

アプリをインストールしたスマホをゴーグルにセッティングすることで、その場でVR体験をすることができます。

映像の確認から、VR体験などにもぴったりですね。

価格も結構お安めなので、合わせて購入しておくと活用の幅が広がります。

おすすめ動画編集ソフト

Photoshop|写真編集なら

【RICOH THETA Z1】新型シータZ1の性能を徹底紹介

本格的な編集を行う場合は、『Adobe Photoshop Lightroom Classic CC』で360度画像を編集可能になります。

専用プラグイン「RICOH THETA Stitcher」を導入することで「スティッチング」することできます。

Adobe premiere|本格動画編集なら

【RICOH THETA Z1】新型シータZ1の性能を徹底紹介

360度動画の編集ソフトは断然『Adobe premiere』がおすすめです。

360度動画はどうしてもデータ容量が膨大になりますので、パソコンスペックが微妙だと動きがかなり重くなるので、扱うパソコンも精査する必要があります。

本格的に事業活用していくなら、パソコンのことも考慮すべきでしょう。

THETA+|簡単動画編集でSNS投稿を楽しむなら

THETA+|簡単動画編集でSNS投稿を楽しむなら

スマホアプリ『THETA+』を使うと、撮影した映像をスマホアプリから簡単編集して、SNS投稿などをすることができます。

YouTubeやfacebookライブなどの機能を使って、動画を公開するのも面白いですね。

RICOH THETA Vとの違いは!?

吉武編集長
吉武編集長
以下、スペックを列挙してみました。
RICOH THETA Z1THETA V
発売2019年3月2017年9月
価格126,900円56,700円
重量182g121g
大きさ48×132.5×29.7mm45.2×130.6×22.9mm
表示パネル×
静止画6720×3360ピクセル5376×2688ピクセル
動画4K:29.97fps

2K:29.97fps

4K:29.97fps

2K:29.97fps

連続撮影時間25分25分
ライブストリーミング4K・2K撮影可能4K・2K撮影可能
マイク4ch4ch
内臓メモリ
  • 約19G
  • RAW写真:約350枚
  • jpeg:約2400枚
  • 動画4K:約40分
  • 約19G
  • jpeg:約4800枚
  • 動画4K:約40分
搭載機能RAW撮影・絞り優先撮影・セルフタイマー・DR補正・HDR合成・インターバル撮影・インターバル合成撮影・リモート撮影・ノイズ低減撮影・360度空間音声・マルチブラケット撮影・手振れ補正・無線LAN高速伝送・Bluetooth・プラグイン対応セルフタイマー・DR補正・HDR合成・インターバル撮影・リモート撮影・ノイズ低減撮影・マルチブラケット撮影・手振れ補正・無線LAN高速伝送・360度空間音声・Bluetooth・プラグイン対応
吉武編集長
吉武編集長

撮影性能はほぼ同じですが、

  • 外観や大きさ・重量の違い
  • 表示パネルの有無
  • 静止画の画質の違い
  • ストリーミング撮影の有無
  • RAW記録可能
  • 絞り優先撮影
  • インターバル合成撮影

などになります。

てつや
てつや

THETA Vについては別記事で実際使ってみたぞ!

【THETA V】使ってみてわかった!シータV4つのおすすめポイントを紹介
【THETA V】使ってみてわかった!シータV4つのおすすめポイントを紹介THETA V(シータV)とは?製品名 RICOH THETA V 発売元 RI...

RICOH THETA Z1の口コミ

海外のレビューアー

まとめ

製品名RICOH THETA Z1
 発売元RICOH
 定価 126,900円
 静止画撮影約23MP(6720 × 3360、7K)
 センサー1.0型裏面照射型CMOSイメージセンサー
マイ祈雨動画撮影時に4方向の音を独立して記録
動画撮影4K(3840 x 1920、29.97fps)
特徴①RAW撮影可能
特徴②360度ライブストリーミングが4K対応に
公式サイトhttps://theta360.com/ja/about/theta/z1.html

というわけでRICOHから登場した新型360度カメラ「THETA Z1」を紹介させていただきました。

RAW撮影可能なことで、360度写真にも表現の幅が大きく広がり、可能性が広がりました。

スペック的な部分には現れてませんが、業務活用できるよう堅牢性を強化している印象です。

プロの撮影現場でしっかり活躍できることが期待できますね。

【コスパ良い順11選】360度カメラ おすすめ徹底比較ランキング
【コスパ良い順11選】360度カメラ📷おすすめ徹底比較ランキング【2019年版】360度カメラとは??多くの360度カメラは前後方向に魚眼レンズが付いております。2つの...
ABOUT ME
アバター
吉武 穂高
DRONE WALKER 編集長 1984年生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。