Insta360

【Insta360 EVO】インスタ360oneXから進化した3ポイントを紹介

吉武編集長
吉武編集長

どうもDRONE WALKER(ドローンウォーカー)編集長の吉武穂高です。

今回は360度カメラの主流メーカーInsta360 EVO(インスタ360エボ)が登場しましたので、紹介していきます。

Insta360 EVO(エボ)の製品概要

【Insta360 EVO】インスタ360oneXから進化した3つのポイントを紹介
製品名insta360 EVO(インスタ360エボ)
公式サイトhttps://store.insta360.com/product/evo
価格56,570円
レンズF2.2
映像
  • 5.7K:30fps
  • 4K:50fps
  • 4K:30fps
  • 3K:100fps
静止画1800万画素
動画フォーマットinsv・mp4・LOG
写真フォーマットinsp・jpeg・dng(RAW)
本体重量113g
連続撮影時間約65分
充電時間90分
編集のしやすさアプリで簡単編集・SNSシェアなど簡単!
オススメ度
てつや
てつや

EVOはエボ、多分エボリューション的な意味だな。

吉武編集長
吉武編集長

ざっくりしたスペックは上記表にまとめておきました。

これまで360度カメラを触ってきた方には、どこが進化したポイントなのかわかるのかなと思います。

公式ページ

 

公式プロモーションビデオ

吉武編集長
吉武編集長

公式動画になります。

価格は?どこで買えるの?

【Insta360 EVO】インスタ360oneXから進化した3ポイントを紹介

価格は『56,570円』になります。

購入は現在はInsta360公式サイトになります。

私も以前、公式サイトで『Insta360 one X』を購入しましたが、中国からなので1週間ほどで届きました。

Amazonでも購入できますので、こちらの方が早いし、割引もあるのでお得です。

8つの特徴とInsta360 X ONEとの比較

Insta360 EVO 8つの特徴
Insta360 EVO8つの特徴
  1. 180度3D
  2. 360度撮影
  3. 高画質映像:5.7K・30fps撮影・LOG撮影
  4. 静止画画質:1800万画素・RAW撮影
  5. VRヘッドセット対応:オキュラスGoに専用アプリ
  6. リトルプラネット撮影可能
  7. TimeShift:手振れ補正がヤバい!
  8. HDR:ハイダミックレンジ撮影可能
吉武編集長
吉武編集長

ざっくりした特徴はこんな感じです。

これまでの『インスタ360』シリーズの特徴はほぼほぼ踏襲してきてます。

てつや
てつや

ここで2018年登場した『Insta360 ONE X』と比較していきます。

Insta360 ONE Xとの比較表

【Insta360 EVO】インスタ360oneXから進化した3つのポイントを紹介
Insta360 EVOInsta360 one X
発売2019年3月2018年10月
価格56,570円56,700円
オキュラスGo対応非対応
F値2.22.0
静止画1800万画素1800万画素
動画
  • 5.7K:30fps
  • 4K:50fps
  • 4K:30fps
  • 3K:100fps
  • 5.7K:30fps
  • 4K:50fps
  • 3K:120fps
連続撮影時間65分60分
動画フォーマット
  • insv
  • mp4
  • LOG
  • insv
  • mp4
  • LOG
静止画フォーマット
  • insp
  • jpeg
  • dng(RAW)
  • insp
  • jpeg
  • dng(RAW)

一番のポイントは、

  1. 外観の違い
  2. 180度立体写真が撮影できるようになったこと。
  3. VRゴーグル対応になったこと

ですね。

Insta360 EVOは2018年に発売したInsta360 one Xとほぼ同じ価格でありながら、機能がより多彩に拡張された印象です。

新型『Insta360 one X』が欲しくなる8つの魅力を徹底紹介【360度カメラ】
『Insta360 one X』が欲しくなる9つの魅力を徹底紹介【360度カメラ】新型『insta360 one X』を直感購入してしまった!直感でいい! と思ったのでほとんど何も考えずに...
超便利!アプリで『Insta360 ONE X』の動画編集からInstagramへの投稿方法新型『Insta360 ONE X』は アプリの動画編集が楽チン!『Insta360 ONE X』とは!?...

【特徴①】撮影状況に応じて、変形する!

【Insta360 EVO】インスタ360oneXから進化した3つのポイントを紹介
吉武編集長
吉武編集長
撮影するスタイルに応じて、360度カメラが変化します。
てつや
てつや

まさに変化するカメラだな。

【特徴②】180度3D写真撮影

【Insta360 EVO】インスタ360oneXから進化し【Insta360 EVO】インスタ360oneXから進化した3つのポイントを紹介た3つのポイントを紹介

まだ実際の180度立体写真を見たことがないので、イメージのみですが、人物など特定のものを浮き上がらせて撮影できるみたいです。

180度3D撮影のイメージ

【Insta360 EVO】インスタ360oneXから進化した3つのポイントを紹介 【Insta360 EVO】インスタ360oneXから進化した3つのポイントを紹介

【inbox 3DViewer】専用ゴーグルで立体的に見える

【Insta360 EVO】インスタ360oneXから進化した3つのポイントを紹介

スマホアプリに保存されたデータに、そのまま3Dビュアーを装着することで、浮き出て見える設計みたいですね。

昔の3Dメガネが現代になって進化したイメージなのかと思います。

こんなやつですね。

Naked Eye 3D

【Insta360 EVO】インスタ360oneXから進化した3つのポイントを紹介

また特殊なカバーをスマホに装着しても、3Dになって浮き出て見えるみたいです。

ここら辺は実際に直接見てみたいですね。

【特徴③】360度カメラ

ドローンに『Insta360 ONE X』を搭載して撮影した360度動画になります。

こちらは、スマホアプリにそのまま落とした映像をYouTubeにアップしたものになります。

画質は落ちてしまいますが、気軽にこんな360度動画を楽しめるようになりました。

ドローンに360度カメラ『Insta360 ONE X』を搭載してVR動画を撮影する方法
ドローンに360度カメラ『Insta360 ONE X』を搭載してVR動画を撮影する方法注意|ドローンに360度カメラを積載することは改造機扱いになる まずはじめに断っておきますが、DJIのドローンにサードパー...

【特徴④】TimeShift

吉武編集長
吉武編集長

前モデルで撮影した動画ですが、画質はほぼ同じですので、十分伝わるかと思います。

タイムシフトで素晴らしく滑らかでクオリティの高い映像を撮影できます。

ハンズオンレビュー動画を集めてみた

吉武編集長
吉武編集長
ほとんど海外のレビュー動画ですが、撮影の雰囲気などはつかんでもらえると思います。

 

【まとめ】カメラは進化する

【Insta360 EVO】インスタ360oneXから進化した3つのポイントを紹介
製品名insta360 EVO(インスタ360エボ)
公式サイトhttps://store.insta360.com/product/evo
価格56,570円
レンズF2.2
映像
  • 5.7K:30fps
  • 4K:50fps
  • 4K:30fps
  • 3K:100fps
静止画1800万画素
動画フォーマットinsv・mp4・LOG
写真フォーマットinsp・jpeg・dng(RAW)
本体重量113g
連続撮影時間約65分
充電時間90分
編集のしやすさアプリで簡単編集・SNSシェアなど簡単!
オススメ度
吉武編集長
吉武編集長

というわけでInsta360 EVOの紹介でした。

ドローンも同じですが、海外の電子機器類の進化のスピードはとにかく速いです。

とりわけ「insta360」の会社は半年ほど前に『one X』を出したばかりなのに、またまた凄いモデルを登場させましたね。

今後、VR・AI・5Gなどそれぞれの技術は、どう組み合わさり進化していくのか非常に楽しみです。

公式ページ

【コスパ良い順11選】360度カメラ おすすめ徹底比較ランキング
【コスパ良い順11選】360度VRカメラ📷おすすめ比較ランキング【2019年版】360度カメラとは??多くの『360度カメラ』は前後方向に魚眼レンズが付いております。2...
ABOUT ME
アバター
吉武 穂高
DRONE WALKER 編集長 1984年生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。