THETA

【THETA V】使ってみてわかった!シータV4つのおすすめポイントを紹介

【THETA V】使ってみてわかった!シータV4つのおすすめポイントを紹介
吉武編集長
吉武編集長

どうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)編集長の吉武穂高です。

今回は、リコーから発売している360度カメラシータVの使い方を紹介していきます。

 

THETA V(シータV)とは?

【THETA V】使ってみてわかった!シータVのおすすめポイントを紹介
製品名RICOH THETA V
 発売元RICOH
発売日2017年9月
 定価56,700円
重量121g
 静止画撮影約23MP(6720 × 3360、7K)
 センサー1/2.3CMOSイメージセンサー
マイク4ch
動画撮影4K:29.97fps

2K:29.97fps

リコーから発売している360度カメラになります。

4K映像撮影可能で価格も4万円代で購入できます。

【360度カメラ入門】どんな仕組みで撮影するの?使い道も紹介するよ! 360度カメラとは??360度カメラでこんな写真が撮れるぞ!  この部分は iframe 対応のブラウ...

THETA Vを使ってみたおすすめポイント

ポイント①|写真や映像が綺麗!

吉武編集長
吉武編集長

実際に撮影してみた360度動画になります。

撮影して、そのままスマホからYouTubeにアップロードしてみました。

ライブやスポーツなど360度映像配信におすすめ

【THETA V】使ってみてわかった!シータVのおすすめポイントを紹介
吉武編集長
吉武編集長

三脚などに接続して、定点撮影するのにおすすめです。

音楽ライブやスポーツ、工場やペットの撮影など使い道はいろいろと思い浮かびますね。

360度動画コンテンツを作るのも面白いです。

【2018年版】『VR動画』人気作品おすすめランキングベスト8
【2018年版】『VR動画』人気作品おすすめランキングベスト8VR動画視聴におすすめなゴーグル1位|ミュージカル『刀剣乱舞』公開 ー...

ポイント②|スマホアプリとの連動が秀逸

【THETA V】使ってみてわかった!シータVのおすすめポイントを紹介
吉武編集長
吉武編集長

使ってみて一番便利だと思ったことが、スマホアプリとの連動です。

スムーズに接続でき、シータVから直接操作もスマホからもカメラの撮影ができます。

てつや
てつや

スマホから遠隔で操作することができるぞ!

ポイント③|SNS投稿も手軽にできる

こちらはスマホアプリから「facebook」にアップロードしてみました。

操作自体も非常に簡単でした。

自動で360度写真にしてくれますのでとてもありがたいですね。

【THETA V】使ってみてわかった!シータVのおすすめポイントを紹介

アプリの設定画面から、各SNSに共有設定することで簡単にアップロードすることができます。

ポイント④|本体そのものが使いやすい

【THETA V】使ってみてわかった!シータVのおすすめポイントを紹介

金属製のボディで高級感があります。

またボタン操作が非常にしやすいです。

サイドボタンが使いやすい

吉武編集長
吉武編集長

『Insta360 ONE X』のカメラはすぐに誤動作で電源が入ってしまいましたが、シータVの場合はサイドボタンを押し込む必要があるので誤動作しにくいところが便利でした。

ポイント⑤|手ブレ補正は少し微妙

吉武編集長
吉武編集長

こちらはシータVに延長ロッドを装着して歩きながら撮影した映像です。

そのままでは、手ブレが結構激しい感じですね。

編集の段階で、手ブレ補正をかける必要があると感じました。

【延長ロッド】ベルボンのスタンド型一脚がおすすめ!

【THETA V】使ってみてわかった!シータVのおすすめポイントを紹介
吉武編集長
吉武編集長
純正の延長ロッドもありますが、個人的にはベルボンの一脚がとても便利でした。

【THETA V】使ってみてわかった!シータVのおすすめポイントを紹介
吉武編集長
吉武編集長

360度基底部にネジ穴があり、一般的なカメラと同じ口径になっております。

【Velbon】ベルボンのスタンド型一脚が便利すぎっ!室内撮影に重宝するぞ!
【Velbon】ベルボンのスタンド型一脚が便利すぎっ!室内撮影に重宝するぞ! Velbon スタンド型一脚 Pole Pod EX商品名 Velbon スタンド型一脚 Pole Pod E...

動きながらの撮影は『Insta360 ONE X』がおすすめかも

【THETA V】使ってみてわかった!シータVのおすすめポイントを紹介
製品名insta360 one x
価格52,300円
映像
  • 5.7K:30fps
  • 4K:50fps
  • 3K:120fps
本体重量115g
連続撮影時間約60分
充電時間60〜100分
編集のしやすさアプリで簡単編集・SNSシェアなど簡単!
オススメ度
公式サイトhttps://store.insta360.com/product/one_x
吉武編集長
吉武編集長

購入する際、比較対象になる『Insta360 ONE X』です。

両方使ってみた感じでは、『Insta360 ONE X』の方が手ブレ補正はすごいと感じました。

『Insta360 ONE X』で擬似空撮

【はじめての360度カメラ】Insta360 ONE Xの使い方を徹底解説するぞっ!
【はじめての360度カメラ】Insta360 ONE Xの使い方を完全解説マニュアルどうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)編集長の吉武穂高です。ついに届きました!新型360度カメラ...

ライブ中継やRAW撮影するなら『RICOH THETA Z1』

製品名RICOH THETA Z1
 発売元RICOH
 定価 126,900円
 静止画撮影約23MP(6720 × 3360、7K)
 センサー1.0型裏面照射型CMOSイメージセンサー
マイ祈雨動画撮影時に4方向の音を独立して記録
動画撮影4K(3840 x 1920、29.97fps)
特徴①RAW撮影可能
特徴②360度ライブストリーミングが4K対応

2019年3月に登場したリコーの新型360度カメラ『シータZ1』では、

  • 1インチセンサーで夜間も綺麗に撮影
  • RAW現像可能で、表現の幅が広がる
  • 4K映像によるライブストリーミング

と新しい可能性が広がりました。

価格は少し高めですが、その価値は十分にあると思います。

趣味程度であれば、今回のシータVで十分楽しめます。

【RICOH THETA Z1】新型シータZ1の性能紹介!他モデルとの比較は? RICOH THETA Z1製品名 RICOH THETA Z1 発売元 RICOH...

まとめ

製品名RICOH THETA V
 発売元RICOH
発売日2017年9月
 定価56,700円
重量121g
 静止画撮影約23MP(6720 × 3360、7K)
 センサー1/2.3CMOSイメージセンサー
マイク4ch
動画撮影4K:29.97fps

2K:29.97fps

シータVのおすすめポイント
  • 高級感のあるボディ
  • 使いやすい操作性
  • スマホアプリとの連携のよさ
  • 各SNSへの連携のよさ
  • 手ブレが少し気になる
吉武編集長
吉武編集長

といった感じになります。

360度カメラも各社しのぎを削って、面白い商品がどんどん登場しております。

これから5Gになり、映像の通信速度も格段に進化します。

これからVRコンテンツはどんどんメジャーになりますので、ぜひチェックしてみてください。

【コスパ良い順11選】360度カメラ おすすめ徹底比較ランキング
【コスパ良い順11選】360度カメラ おすすめ徹底比較ランキング360度カメラとは??多くの360度カメラは前後方向に魚眼レンズが付いております。2つの...
『5G通信革命』の特徴と発展期待のテクノロジー12選(VR・AI・ロボット)
『5G通信革命』の特徴と発展期待のテクノロジー12選(VR・AI・ロボット)そもそも『5G』ってなに?? 3つの特徴①【エンタメ】ARスポーツ観戦 https://yout...
ABOUT ME
アバター
吉武 穂高
DRONE WALKER 編集長 1984年生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。