Insta360

ドローンに360度カメラ『Insta360 ONE X』を搭載してVR動画を撮影する方法

ドローンに360度カメラ『Insta360 ONE X』を搭載してVR動画を撮影する方法
DRONE WALKER(ドローン ウォーカー)
ドローンに360度カメラ『Insta360 ONE X』を搭載してVR動画を撮影する方法

どうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)編集長の吉武穂高です。

前回、ドローンに360度カメラを積載した海外の空撮映像を紹介させていただきました。

今回は、実際に自分でもドローンと360度カメラを使って空撮映像を撮影する方法を紹介させていただきます。

注意|ドローンに360度カメラを積載することは改造機扱いになる

まずはじめに断っておきますが、DJIのドローンにサードパーティ製のパーツや外部カメラを積載することは、ドローンの改造扱いになります。(非正規のレンズカバーやアプリを使うことも同様)

かりに積載するドローンそのものが国土交通省の飛行承認を受けているものだとしても、360度カメラなどを積載した時点で同じ扱いにはなりません。

『DID:人口集中地域』など業務活用する上では別途申請が必要になります。

この辺りは、積載予定のドローンやメーカーによって異なる部分もあり、実際に活用される場合は航空局などに問い合わせをして確認の上でおこなってくださいませ。

ドローンに『Insta360 ONE X』を積載して撮影した動画

こちらが実際に360度カメラを搭載して撮影した動画になります。

画面触れば、360度グリグリ動かせるはずです。

YouTubeにアップロードした段階で画質が想像以上に落ちてしまいましたが、元動画は相当綺麗です。

そして何と言ってもブレが少ない!!

ドローンに360度カメラ『Insta360 ONE X』を搭載してVR動画を撮影する方法

実際は上の写真くらい綺麗です。

おすすめは『Insta360 ONE X』と『Phantom4Pro』の組み合わせ

ドローンに360度カメラ『Insta360 ONE X』を搭載してVR動画を撮影する方法

今回、私が使った撮影機材は

  • DJI:Phantom4Pro(ファントム4プロ)
  • 360度カメラ:『Insta360 ONE X』

になります。

『Insta360 ONE X』はブレなしの映像美!

【はじめての360度カメラ】Insta360 ONE Xの使い方を徹底解説するぞっ!
製品名insta360 one x
価格52,300円
映像
  • 5.7K:30fps
  • 4K:50fps
  • 3K:120fps
本体重量115g
連続撮影時間約60分
充電時間60〜100分
編集のしやすさアプリで簡単編集・SNSシェアなど簡単!
オススメ度

おすすめの360度カメラは『Insta360 ONE X』になります。

これまで『リコーのシータ』『Insta360 ONE (前モデル)』などを積載した動画をみたことがありましたが、正直イマイチピンとくる映像ではありませんでした。

それはドローンという不安定なものにそのまま360度カメラを積載して撮影した映像はブレブレになるためです。

正直、今回の『Insta360 ONE X』に関してもあまり期待してませんでしたが、せっかくならと思って実験してみたら想像以上に綺麗でブレない映像を撮影することができました。

もし360度カメラをドローンに積載してVR映像を撮影したいなら、断然『Insta360 ONE X』をおすすめいたします。

新型『Insta360 one X』が欲しくなる8つの魅力を徹底紹介【360度カメラ】
新型『Insta360 one X』が欲しくなる8つの魅力を徹底紹介【360度カメラ】新型『insta360 one X』を直感購入してしまった!どうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー...

Phantom4Proが安定のスペック

ドローンに360度カメラ『Insta360 ONE X』を搭載してVR動画を撮影する方法
Phantom4Proの性能
  • 価格:204000円(税込)
  • カメラ:1インチセンサー
  • 画質:2000万画素
  • 映像:4K60fps
  • 5方向障害物センサー

ドローンはPhantom4Pro(ファントム4プロ)に積載することにしました。

こちらはペイロード重量もあり、プロペラパワーもあります。

MavicPROでも積載できるマウントは販売されておりますので、そちらでもいいと思います。

ただドローン自体のパワーも落ちるので、私はPhantom4Proに積載することにしました。

Phantom4Pro V2.0登場!旧ファントム4プロから進化した2つのポイント
Phantom4Pro V2.0登場!旧ファントム4プロから進化した2つのポイントPhantom4Pro V2.0発売!何が変わったかいまいちわからない方へ何が変わったの?Phantom4Pro V...

MavicPROに360度カメラをマウントする

こちらも同様に360度カメラマウントは販売されております。

ドローンそのものの重量やパワーがPhantom4Proよりも軽いので、飛ばせる範囲は限られてしまうような気がしますね。

ドローンと360度カメラを繋ぐマウント

ドローンに360度カメラ『Insta360 ONE X』を搭載してVR動画を撮影する方法

今回購入したのは、上記の商品になります。

価格はAmazonで2000円程度でした。

3Dプリンターで作ったマウントになります。

組み立てる必要があります。

ドローンに360度カメラ『Insta360 ONE X』を搭載してVR動画を撮影する方法組み立てがちょっとめんどい!

注意点|壊れやすい

ドローンに360度カメラ『Insta360 ONE X』を搭載してVR動画を撮影する方法

私も3Dプリンターを持っており、実際に成形したモデルを触ったことがありますが、3Dプリンターで作った製品は一見硬そうですが、一定の力が加わると簡単に折れてしまいます。

そのため、取り扱いには注意が必要です。

Phantom4Proに取り付けるときなどパキッといきそうな感じがします。

そのため、『壊れやすいもの』という前提の元、必要に応じてテープ補強するなりした方がいいと思います。

要はドローンに360度カメラが積載できればいいので、パーツそのものをベースに自分なりに工夫してみた方がいいです。

『Insta360 ONE X』を空を飛ばそう!

ステップ①|360度カメラをマウントしよう

ドローンに360度カメラ『Insta360 ONE X』を搭載してVR動画を撮影する方法

というわけで実際に飛ばしていきます。

まずは先のマウントに360度カメラを装着します。

もう一個気になったのが、この4mmネジも短かかったので、もうちょい長いのを用意した方がいいかもしれません。

ステップ②|離陸台があると便利

ドローンに360度カメラ『Insta360 ONE X』を搭載してVR動画を撮影する方法ちょうどいいサイズのダンボールがあると便利!

ドローンの下にカメラがマウントしてある関係上、離陸させる場合は

  • ハンドリリースする
  • 特別な離陸台を用意する

になります。

私は手頃なダンボールを用意しました。

Phantom4Pro(ファントム4プロ)のアームがちょうどいい感じに収まるサイズ感がいいと思います。

ハンドリリースでもいいのですが、通常とは違いバランスが気になるので、少しでも安定した土台から離陸の方がいいかなと思います。

ステップ③|Insta360 ONE Xの録画ボタンを押そう

ドローンに360度カメラ『Insta360 ONE X』を搭載してVR動画を撮影する方法

ドローンをフライトさせる前に『録画ボタン』を押しておきましょう。

スマホと連携させて、そこから録画を操作をしてもいいと思います。

『Insta360 ONE X』の使い方に関しては別記事を参考にしてください。

ステップ④|ドローンを飛ばそう

ドローンに360度カメラ『Insta360 ONE X』を搭載してVR動画を撮影する方法まさかドローンもこのアングルから撮影されるとは思ってもいるまい!!

というわけで実際にフライトさせた映像はこちら!

『Insta360 ONE X』の映像、非常に綺麗に撮影できますね。

前回紹介した5.7Kまでの映像だったらこの組み合わせでかなりイケてしまうかもしれません。

ステップ⑤|ドローン操縦のコツ

ドローンに360度カメラ『Insta360 ONE X』を搭載してVR動画を撮影する方法

通常のドローンに比べて、重量物を積載するため今までのようなスピードで操縦ができません。

はじめはとにかくゆっくりで、急ブレーキなどかからないようにするといいと思います。

またドローンに360度カメラをマウントすると、カメラがぶらぶらします。

どの位置にマウントするとバランスがいいのか調整や勝手がつかめるまでは慎重に操作することをおすすめします。

ステップ⑥|映像編集しよう!

ドローンに360度カメラ『Insta360 ONE X』を搭載してVR動画を撮影する方法

最後は撮影した映像を編集して、動画を作りましょう!

映像編集は、『Insta360 ONE X』専用アプリで編集から各種SNSに投稿できます。

おすすめはiPadに接続して行うと画面も大きいのでおすすめです。

iPhoneだと画面が小さい、パソコンだと取り込みや編集がややこしい感じです。

超便利!アプリで『Insta360 ONE X』の動画編集からInstagramへの投稿方法新型『Insta360 ONE X』はアプリの動画編集が楽チン!どうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)編集長...

ステップ⑦|動画公開

というわけで振り出しに戻りますが、こんな感じの映像になりました。

360度動画のみだと不要なカット削るだけなので、編集自体は10分くらいで終わりますね。

SNSなどへのアップロードの方が時間がかかります。

まとめ|ドローン×360度カメラで可能性が広がる

ドローンに360度カメラ『Insta360 ONE X』を搭載してVR動画を撮影する方法リトルプラネット

ドローンに360度カメラを装着して、新しい映像を撮影できるようになりました。

機材にかかる費用
  • Phantom4Pro:200000円
  • Insta360 ONE X:53000円
  • マウント:2000円

360度カメラを空に飛ばしてVR動画を撮影するなんてほんの5年前までは考えもつきませんでした。

しかも機材費が30万円以内に収まるのは本当にすごいですね。

これからドローンも360度カメラもそれを扱うテクノロジーも進化することが予想されます。

身近なテクノロジーを自分で生み出すのは非常にワクワクしますね。

8K360度VR映像で空撮!

こちらはさらに超高画質8K映像で世界中の絶景を紹介した記事になります。

これからの未来、世界中を空中散歩できる日も近いはず!?

8K映像撮影できる『Insta360 PRO2』

プロ向け!8K360度VR映像が撮影可能な『Insta360 Pro 2』の8つの特徴
プロ向け!8K360度VR映像が撮影可能な『Insta360 Pro 2』の8つの特徴 『Insta360 Pro 2』の製品概要『Insta360 Pro 2』ってどこで買えるの? さすがに価...
ABOUT ME
吉武 穂高
DRONE WALKER 編集長 1984年生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。