ドローン入門

【2019年版】ラジコンの性能は大幅進化!おすすめ最新10モデル紹介

2019年のラジコン進化と驚きの性能!現在のおすすめ最新モデルを紹介
吉武編集長
吉武編集長

どうもDRONE WALKER(ドローンウォーカー)編集長の吉武穂高です。

私が小学生だった20年以上前、「ラジコン」というものは、非常に高価で子供が気軽に手を出せるものではありませんでした。

2019年の今、そのハードルは下がり、様々な種類や形態を変えて登場しております。

今のラジコンってどんな種類があるの?

  • ラジコンカー:車タイプ
  • マルチコプター:空を飛ぶドローン
  • トイドローン:おもちゃのドローン
  • 水中タイプ:水中ドローン
吉武編集長
吉武編集長

元々、ラジコンと聞くと『ラジコンカー』をイメージされる方も多いと思います。

今回、紹介するラジコンの定義は、「ロボットをコントローラーで遠隔で操作できるもの」とします。

【特徴】今のラジコンはここが凄い!

【安定性】機体が高性能

今のラジコンには、GPSを搭載したモデルも増えております。

内部センサーなどとの組み合わせで安定した性能を発揮することができます。

【映像】カメラ搭載で迫力ある映像が撮影できる!

2019年のラジコン進化と驚きの性能!現在の種類と最新モデルを紹介

高性能になったのは、機体本体だけではありません。

カメラの性能も小型・高性能になっております。

またライブ中継などもすることができます。

エンタメ要素から仕事への活用など様々なジャンルで活躍が期待されるようになりました。

ラジコンカーにカメラを搭載

てつや
てつや

今では、カメラも小型・高画質になってるからラジコンと相性は抜群だな!

【2019年版】ラジコンの性能は大幅進化!おすすめ最新モデルを紹介
吉武編集長
吉武編集長

場合によっては小型カメラとFPVゴーグルを組み合わせて臨場感ある操縦体験もできますね。

ドローンにカメラを搭載

吉武編集長
吉武編集長

今では、空撮はテレビ番組などでは主流ですよね。

  • ブラタモリ
  • 出川の充電させてください
  • 世界遺産

などいろいろなロケ番組で空撮映像は必須になりました。

34の活用事例でみる『ドローン』の未来と可能性について【2019年版】
34の活用事例でみる『ドローン』の未来と可能性について【2019年版】ドローンの活躍の場は、世界が想定しているよりもはるかに速いスピードで広がっています。しかし、ドローンって実際どんな分野で...

ラジコンカータイプ

  • タミヤ
  • 京商
吉武編集長
吉武編集長
ラジコンカーで主流なのは、この2社になります。

ピックアップトラック スーパークラッドバスター 

発売元タミヤ
商品名ピックアップトラック スーパークラッドバスター 2012 オフロード
価格28,758円
サイズ1/10スケール

プラモデルで有名なタミヤから発売しているRCラジコンになります。

オフロード仕様の巨大なタイヤがかっこいいですね。

このデザインは男心をくすぐるものがありますね。

ピュアテンエンジン 4WD V-ONE SR キット リコイル付 ペトロナス トムス SC430

発売元京商
商品名ピュアテンエンジン 4WD V-ONE SR キット リコイル付 ペトロナス トムス SC430
価格38000円
サイズ1/10スケール

エンジン式の本格的なラジコンになります。

コマツ油圧ショベル PC1250-8 ハイグレードバージョン バンドC

発売元京商
商品名IRC コマツ油圧ショベル PC1250-8 ハイグレードバージョン バンドC
価格38000円
サイズ1/50スケール

コマツと京商のコラボになります。

【ミニ四駆】人気も未だ根強い!

ラジコンのようなプロポはありませんが、子供でも購入しやすく大人もはまるラジコンカーと言えばミニ四駆です。

私が幼少期は「爆走兄弟レッツアンドゴー」などのアニメにより爆発的な人気を誇っておりました。

未だに根強い人気があります。

おもちゃ屋などに寄った際は、一度コーナーを見てみると昔の熱がよみがえるかも!?

マルチコプタータイプのラジコン

【2019年版】ラジコンの性能は大幅進化!おすすめ最新10モデル紹介

今ではすっかりテレビロケの映像でドローンの空撮映像が主流になりました。

以下に、2019年おすすめの最新空撮ドローン3機種を紹介しておきます。

4Kカメラ搭載のドローンは安いモデルで10万円以上から購入することができます。

Mavic 2 PRO

発売元DJI
価格190,500円
重量905g
カメラ2000万画素、1インチセンサー、4K撮影可能
飛行時間31分
機能全方向障害物探知機能

実機操縦レビュー公式ページ

1インチセンサーの高性能なカメラを搭載しており、4K映像を撮影することができます。

絶景を空撮できることは勿論、テレビのロケにも使うことができますので、カメラマンも所有する人が増えております。

Mavic 2 ZOOM

発売元DJI
価格159,500円
重量905g
カメラ1200万画素、1/2.3インチセンサー、4K撮影可能
飛行時間31分
機能全方向障害物探知機能

実機操縦レビュー公式ページ

上記で紹介したMavic 2 シリーズのズーム機能を搭載したドローンになります。

映像性能はMavic 2 PROよりすこし劣りますが、ズーム機能を活かした映像表現や屋根の点検など幅広く活躍することができます。

Mavic Air

発売元DJI
価格10,4000円
重量430g
カメラ1200万画素、1/2.3インチセンサー、4K撮影可能
飛行時間21分
機能前後障害物探知機能

実機操縦レビュー公式ページ

Mavic2シリーズよりもさらにコンパクトなモデルがMavic Airになります。

飛行の安定性や撮影性能は劣りますが、趣味でありながら本格的な空撮を楽しむことができるおすすめモデルになります。

空撮用ドローンは「DJI」が一強

空撮用ドローンは「DJI」が一強

現在、空撮用ドローンで最もメジャーな会社は「DJI」というメーカーになります。

はじめの1機目などはMavicシリーズのドローンから選べばまず失敗することはないと思います。

DJI『空撮 ドローン』おすすめランキングベスト8【2019年版】
【2019年版】全て操縦して比較!DJIドローンおすすめベスト9の性能紹介【2019年版】人気のDJIドローンを購入する上で大切な価格と性能を徹底比較するぞ![blogcard url=...

空撮用ドローンを始める場合は専門知識と勉強も必要

テレビで時折、墜落事故などの報道が流れるように空を飛ぶドローンにはリスクもあります。

確かに飛行安定性や安全機能も充実してきましたが、どこでドローンを飛ばしていいのか?

法律関係や機体そのものについても勉強しておく必要があります。

【ドローン超入門】2019年今から始める最強5ステップを紹介するぞっ!
【ドローン超入門】2019年今から始める最強5ステップを紹介するぞっ!2019年これからドローンを始める方へ!当DRONE WALKERのサイトのコンセプトは「日本一分かりやすいドローン専門...

おもちゃ用ドローン

【2019年版】ラジコンの性能は大幅進化!おすすめ最新10モデル紹介

空を飛ぶドローンには大きくわけて2種類に分かれます。

200g未満はトイドローンと呼ばれ、航空法などの法律の規制対象外です。

また小型のモデルが多いため、室内で遊ぶのにちょうどいいサイズです。

価格帯は5,000円~20,000円で、子供から大人までおすすめできます。

本格的な空撮ドローンの前に練習用として購入するのもおすすめです。

DJI Tello

価格12800円
重量80g
飛行時間13分
空撮写真500万画素で撮影可能
オススメ度

実機操縦ページ公式ページ

小型のトイドローンの中でも、もっとも飛行安定性と使い勝手が良いモデルになります。

Parrot Mambo

発売元Parrot
価格9,531円

ラジコンヘリコプター タイプ

吉武編集長
吉武編集長

ラジコンヘリと言えば、

  • 価格が高い
  • 操縦が難しい

というイメージがありますよね。

今では5000円程度で購入できるモデルも増え、室内で操縦できるほどコンパクトになりました。

マルチコプター型のドローンに比べると操縦難易度は難しいですが、初心者でも扱いモデルも増えました。

水中用ドローン

吉武編集長
吉武編集長

今では、水中に潜るドローンまで登場しております。

カメラも4K対応で美しい海の中の映像を撮影することができます。

水中分野でもその活躍が期待されております。

てつや
てつや

海上自衛隊や船などの点検に水中ドローンが活躍しそうだな。

まとめ

2019年に入り、ラジコンも大きく進化しました。

とりわけドローンなどのジャンルは、昔ラジコンヘリを購入したかったけど、手が出せなかった人など非常に多くの人に興味を持たれております。

価格も1万円以内で手軽に始められるモデルも増えておりますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

ドローンのおすすめはこちら!

ドローン初心者は法規制外200g未満の1万円前後がおすすめ|機能と価格で徹底比較
【コスパが良いおもちゃドローン8選】プロで選ぶトイドローンの選び方ドローンに興味はあるけど、何を買っていいのかどう始めたらよいかわからない!どうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)...
DJI『空撮 ドローン』おすすめランキングベスト8【2019年版】
【2019年版】全て操縦して比較!DJIドローンおすすめベスト9の性能紹介【2019年版】人気のDJIドローンを購入する上で大切な価格と性能を徹底比較するぞ![blogcard url=...
ABOUT ME
アバター
吉武 穂高
DRONE WALKER 編集長 1984年生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。