日本一わかりやすいドローン専門メディア

2018年ドローン入門最強5ステップ

【消耗品】ドローンのプロペラは意外なほど汚れやすい。飛行前に必ずチェックとメンテナンスをしよう。

 
【消耗品】ドローンのプロペラは意外なほど汚れやすい。飛行前に必ずチェックとメンテナンスをしよう。
この記事を書いている人 - WRITER -
DRONE WALKER 編集長 1984年3月28日生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。

ドローンのプロペラは意外なほど汚れやすい。飛行前に必ずチェックとメンテナンスをしよう

【消耗品】ドローンのプロペラは意外なほど汚れやすい。飛行前に必ずチェックとメンテナンスをしよう。

どうも東海空中散歩の吉武穂高です。

今回は、「ドローンのメンテナンス」についてお話しします。

ドローンのプロペラは意外なほど、汚れやすい。

写真が私の所有するドローン(Phantom4)なのですが、これがまたとても汚れやすいのです。

写真をアップにしてみると、

【消耗品】ドローンのプロペラは意外なほど汚れやすい。飛行前に必ずチェックとメンテナンスをしよう。

こんな感じ。

着陸時に、草木をプロペラで切ることが多いため、汚れてしまいます。

また特に草木に触れてないと思われる時でも、なぜか汚れが付着している場合もあります。

ドローン本体も結構汚れます。

【消耗品】ドローンのプロペラは意外なほど汚れやすい。飛行前に必ずチェックとメンテナンスをしよう。

ドローンはプロペラの一枚でも停止すると墜落する。

現在ドローンで所有している機体として最も多いのがDJI社から出ているPhantomシリーズ

このドローンは4枚羽根になっているのですが、そのうち1枚でも故障すると、墜落してしまいます。

詳しくは「飛行のメカニズム」で説明しているのですが、ほとんどのドローンはそれぞれの羽根がバランス良く干渉し合うことによって、自由自在に空を飛ぶ構造になっております。

ドローンのプロペラは消耗品として考える。

そのため、ドローンを飛ばす前には、必ずプロペラのチェックをしましょう!

単純な汚れの付着程度であれば、問題はありませんが、プロペラが欠けていたり、ヒビや割れなどが生じていたら即交換しましょう。

先にも述べたように1枚のプロペラの不調だけで、簡単に墜落してしまうからです。

そのためドローンにおけるプロペラ自体は「消耗品」として割り切って考えるべきでしょう。

またプロペラ自体や周囲への安全のために「プロペラガード」を使用しても良いと思います。

ドローンのプロペラは尋常ではない回転で回っている。

当たり前の話ですが、ドローンは空を飛びます。

そのため、空を飛ばすためにはそれだけ大きな「揚力」を得るため、ものすごい勢いでプロペラが回転することになります。

軽いホビー用ドローンならいざ知らず、Phantomクラスのドローンになれば、簡単に人の指を切断するなど大ケガを招く危険性があります。

そのため、プロペラの取り扱いや安全管理には十分注意しましょう。

またドローンの着陸のためにハンドキャッチを覚えてもいいと思います。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
DRONE WALKER 編集長 1984年3月28日生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© DRONE WALKER , 2016 All Rights Reserved.