Tello

Telloの説明書!離陸・撮影・アプリ・初期設定・フライトモードを徹底解説

DRONE WALKER(ドローン ウォーカー)

DJIのトイドローン『Tello』の開封レビュー!

吉武編集長
吉武編集長

どうもDRONE WALKER編集長の吉武穂高です。

今更ですが、『Tello』を購入しました。

ドローンの最大手メーカーである『DJI社』から初の200g未満のトイドローン『Tello』をゲットしました。

実際に使ってみて、アプリなどの設定方法から離陸、操縦、写真撮影など使い方がわかりにくかった部分がありましたので、その点ご紹介させていただきます。

『tello』そのもののスペックに関しては、以前記事にしてありますので、そちらも合わせてご覧くださいませ。

DJIトイドローン『Tello(テロー)』レビュー!性能を初心者向けに解説します
DJIトイドローン『Tello(テロー)』レビュー!性能を初心者向けに解説します!DJIから新作『Tello(テロー)』発表!今度は200g未満のトイドローンだ!DJI『Tello』の製品概...
この記事でわかること
  • Tello開封レビュー
  • アプリの設定方法
  • 充電方法
  • ドローンの操縦方法
  • 写真・動画の撮影方法
  • 写真や映像の綺麗さ

Telloの製品概要

価格12800円
重量80g
飛行時間13分
空撮写真500万画素で撮影可能
オススメ度

DJI公式ページ

吉武編集長
吉武編集長
DJI初の200g未満トイドローンの発売です。

価格は1万円以上しますが、トイドローンの部類では抜きん出た安定飛行とそこそこいい感じの空撮写真の撮影ができます。

子供向けの体験イベントにも重宝しますので、ドローンを生業にしている人であればだいたい所有しております。

DJI Tello開封の儀式

Telloの説明書!離陸・写真・アプリ等、設定方法を徹底紹介するぞ!
吉武編集長
吉武編集長
というわけで開封します。
ふじこ
ふじこ
箱が届くとワクワクするね♫

Telloに入っている内容物はこちら!

Telloの説明書!離陸・写真・アプリ等、設定方法を徹底紹介するぞ!
  • Tello本体:1機
  • 予備プロペラ:1式
  • 専用バッテリー:1個
  • 説明書

以上になります。

予備バッテリーは追加購入しときたい

吉武編集長
吉武編集長

ドローンのバッテリーが1個しかないのは、出先で飛ばすには正直心もとないです。

追加でもう1個購入しておくことをおすすめします。

これがDJIのトイドローンTelloだ!

Telloの説明書!離陸・撮影・アプリ・初期設定・フライトモードを徹底解説
TELLO
  • ドローン本体
  • カメラ:500万画素撮影可能
  • 4つのプロペラ
  • 4つのプロペラガード

が付いております。

Telloは『mambo』より頑強な作り!

Telloの取扱説明書!離陸・写真・アプリ等、設定方法を徹底紹介するぞ!

ドローンを触って真っ先に感じた印象がこれです。

ドローンそのもののボディやプロペラ、プロペラガードなどの作りが、『parrotのmambo』よりも非常に頑強にできているなと感じました。

実際に飛行した印象も負けず劣らず安定した飛行をしてくれます。

ふじこ
ふじこ
でもmamboもデザインはかわいいね♫
吉武編集長
吉武編集長
ですね。どちらがいいとか細かいスペックまでは比較しづらいのですが、正直どちらでも全然買って損はしないと思います。遊び心があるのは『mambo』という印象ですね。

てつや
てつや
プロポはついてないのか?
吉武編集長
吉武編集長
そうなんです。通常はスマホに専用アプリ『TELLO』をダウンロードして、スマホかタブレット端末を使用して、操縦する形になります。
てつや
てつや
なるほど。必要な人は別途、購入する必要があるな。バッテリーも1個だけだと足りなくなるといかんな。

『Tello』専用のプロポは2種類!

GameSir T1d Controller|3800円

GameSir T1d Controller

Gamevice iPhone用コントローラ|10800円

Gamevice iPhone用コントローラ
吉武編集長
吉武編集長
Gamevice にはiPhone、iPad用(大きさにより)コントローラがあります。

上記の2種類があります。

価格も結構違いますので、気になる方はしっかり比べてみてはいかがでしょうか?

吉武編集長
吉武編集長
まだ使ったことないからよくわかりませんが、『Gamevice』の高い方のプロポはスマホゲームなどを遊ぶ時にも使い勝手がよさそうですね。普通にドローン目的であれば、3800円の方でいいと思います。

『Tello』の充電方法

Telloの取扱説明書!離陸・写真・アプリ等、設定方法を徹底紹介するぞ!『Tello』の使い方|
てつや
てつや

本体横にケーブルを差し込めるようになってるぞ!

パソコンなどの USBなどから充電することができるぞ!

Telloの取扱説明書!離陸・写真・アプリ等、設定方法を徹底紹介するぞ!
吉武編集長
吉武編集長
バッテリーを差し込んで充電しましょう。満充電で『13分』飛行できるみたいです。トイドローンの中ではかなり長時間飛行ですね。

『Tello』の使い方|アプリをダウンロードしよう!

Telloの取扱説明書!離陸・写真・アプリ等、設定方法を徹底紹介するぞ!

DJIのドローンのアプリといえば『DJI GO4』です。

しかし、『Tello』の場合は違います。

専用の『Tello』というアプリを別途ダウンロードする必要があります。

それぞれお使いのスマホ、タブレット端末のアプリからダウンロードしてください。

アプリをダウンロードしたら早速起動させましょう!

Telloの取扱説明書!離陸・写真・アプリ等、設定方法を徹底紹介するぞ!
てつや
てつや
隣のアプリの方が気になるなσ(^_^;)

『Tello』のアプリ画面はこちら!

Telloの取扱説明書!離陸・写真・アプリ等、設定方法を徹底紹介するぞ!

こんな感じの画面が出て、接続方法が出てきます。

Telloとスマホを連動させる方法

Telloの取扱説明書!離陸・写真・アプリ等、設定方法を徹底紹介するぞ!
ここにボックスタイトルを入力
  1. ドローンの電源を入れる
  2. 上写真右下の『Telloに接続』をタップ
  3. Wi-Fiを『Tello-XXXX』に接続
  4. 再び『アプリ』を開く
吉武編集長
吉武編集長
まあアプリの画面にしたがっていただければ何も問題ありませんが、上記の4ステップで連動ができます。

Telloの電源をいれる方法

Telloの取扱説明書!離陸・写真・アプリ等、設定方法を徹底紹介するぞ!

『ここ』を押せば電源を入れることができます。

『Telloに接続』をタップ

Telloの取扱説明書!離陸・写真・アプリ等、設定方法を徹底紹介するぞ!

アプリ画面右下の『Telloに接続』をタップしましょう。

Wi-Fiを『Tello-XXXXX』にする

Telloの取扱説明書!離陸・写真・アプリ等、設定方法を徹底紹介するぞ!

お使いの端末を『Tello』専用のものに切り替えます。

再びアプリを開けば接続完了です!

Telloの取扱説明書!離陸・写真・アプリ等、設定方法を徹底紹介するぞ!

スマホ画面などにTelloのカメラ画面が映れば、接続は完了です!

『Tello』の操縦方法

Telloの取扱説明書!離陸・写真・アプリ等、設定方法を徹底紹介するぞ! Telloの取扱説明書!離陸・写真・アプリ等、設定方法を徹底紹介するぞ!

写真左上の部分をタップすることでドローンは離陸してくれます。

ドローンの操縦方法

Telloの取扱説明書!離陸・写真・アプリ等、設定方法を徹底紹介するぞ!

上の写真のように画面をタップすることでドローンを操縦することができます。

ドローンに操縦モードがいくつかあって初期設定では『モード2』になっております。

操縦モードはもちろん切り替えることができます。

Telloで写真や映像を撮影する方法

Telloの取扱説明書!離陸・写真・アプリ等、設定方法を徹底紹介するぞ!

『Tello』には小型ですが、カメラを搭載しておりますので、写真や動画を撮影することができます。

写真右上をタップすることで写真や映像を撮影することができます。

吉武編集長
吉武編集長
では実際に写真や映像をみてみましょう!

①屋外で『Tello』で撮影した写真

Telloの取扱説明書!離陸・写真・アプリ等、設定方法を徹底紹介するぞ!

実際に撮影した写真がこちらになります。

結構綺麗に撮影できます。

てつや
てつや
なぜガンキャノン

②屋外で『Tello』で撮影した映像

映像も結構綺麗じゃないですか。

雨が降っていたので、ドローンを飛ばさずに手持ちで撮影してみました。

③室内で『Tello』で撮影した写真

Telloの取扱説明書!離陸・写真・アプリ等、設定方法を徹底紹介するぞ!

ピントがなかなか合わせられなかったですが、こんな感じで撮影できました。

この写真からはわかりにくいですが、室内の方が明るさが足りず、若干『ノイズ』が入ってしまう印象を受けました。

④室内で『Tello』で撮影した映像

映像だともろわかりますが、室内での撮影は明らかにノイズが入ってしまいますね。

設定方法なんかもあるかもしれませんが、まだ初見で触った段階だとそのまま録画しただけになります。

TelloにはマイクロSDカードは不要!撮影性能はスマホ・タブレットにも依る印象

正直、トイドローンの類には撮影性能は期待しておりませんでしたが、思った以上に綺麗だと感じました。

これならちょっとした時にプチ撮影して喜んでもらえる写真や動画は撮影できる印象です。

『Tello』は200g未満のトイドローンなので、『航空法』に縛られることなく撮影することができるのは魅力ですね。

てつや
てつや
普通ドローンの飛行場所を探すのはなかなか骨が折れるもんな。
初心者ドローンオーナーの悩み|どこで飛ばしていいかわからない! ・法規制外200g以下のドローンなら近場の公園で人気のない時間帯でもなんとかなった。 ・phantom4を買ったんだけど、どこで飛ばしていいかわからない。 ・いろいろサイトや本を見たけど、結局どこでドローンを飛ばしていいかわからない。 特に初心者ドローンオーナーの方でこんなお悩みの方はいませんか? まさに私がそうでした。 で調べてみるとでてくるよく出てくるこの条件! 飛行禁止区域 1 空港周辺の上空(空港から10km以上離れる必要があります。) ➡︎空港周辺なんか飛ばさん! 2 人口集中地(DIDで調べればわかる) ➡︎これは調べたらわかる。駅周辺とかちょっと都会に入ればDIDだけど、ここの外を見つけるのは簡単! 3 150m以上の高さ ➡︎そんな高さ飛ばすわけないだろ! でさらに次の条件 飛行禁止区域外でも申請が必要な条件 1 夜間飛行は禁止:原則ドローンの飛行は日の出から日没までです。 ➡︎夜なんぞ飛ばさん! 2 人や物から30mの距離をとること:撮影対象でないものからは一定の距離を保つ必要があります。 ➡︎そんな人の近くでもやらん! 3 イベント上空の飛行:祭りやイベントの際は原則禁止されており、主催者の許可などが必要になる。 ➡︎飛ばすか! 4 目視外の飛行:自分で直接確認できない位置での飛行は許可が必要になる。 ➡︎まだそのレベルではない!私はただ落ち着いて飛ばせる場所が知りたいのです。 5 危険物の輸送:禁止されています。 ➡︎論外1 6 物の落下:ドローンからものを落下させたい場合は許可が必要 ➡︎論外2 で、結局どこで飛ばせるの??(ボーゼン) それならばと広めの公園で都心部から離れればよいかと思って調べてみると、 ほとんどの県営・国立の公園は「ドローン飛行禁止」の条例が・・・ ならば「市営の公園」はどうだと私は愛知県の市営の大きめな公園にかたっぱしから電話をして聞いても 「いや〜原則禁止です。」 の一言で返されてしまいます。 それはいきなり電話かけてきて 「ドローン飛ばしてもいいですか?」 なんて聞かれて、電話越しだけでどんな相手かもよくわからない相手でどんな条件で飛ばすのかも抽象的にしか伝わってこない感じでは市役所の人も 「いや〜、ドローン飛ばしていいですよ〜!」 なんて気持ちこよく返してくれるわけもないです。 ならば、国土交通省にドローンの「飛行許可申請」を出して認可をもらってから飛ばそう! と思っても、申請許可を出すのに必要な条件があって、 『ドローンの操縦時間10時間以上』 ・・・ 「いやいや、そもそも練習する場所ないんじゃ!ボケ!」 と思って血管が切れそうになった方はいませんか? 私がそうでした。 まあ落ち着いて考えてみます。 いろいろ突き詰めるとドローンを飛ばせる場所と条件はこんな感じ ・空港など重要施設から10km以上離れる ・地上から150m以下の空域 ・人の私有地:所有者の許可が必要になります。 ・ドローンで物を輸送したり、落としたりしないこと ・屋内:屋内であれば人口集中地でも航空法の規制対象外になります。 ・ドローン飛行場:有料ですが存分に飛ばせます。 ・プライバシーの侵害しない場所:人の顔や車のナンバーが映るような場所は避けた方が懸命です。 関連記事:結局ドローンってどこで飛ばせるの?初心者が誤解しがちな航空法と飛行場所を徹底解説!【2016年版】 に集約されます。 で、いろいろ考えた結果、具体的な場所として ・山の中 ・海岸沿い ・河川敷 の3つに行き着きました。 しかし、人によっては海や山などまで行くのにかなり時間がかかってしまう方がいると思います。 近場でやっぱりある程度の場所と条件を兼ね備えたところを見つけたいもの。 でもすでにphantomを購入した方で今後飛行申請を取って、本格的に空撮などを楽しみたいという方は早くドローンの実践操縦時間である10時間をクリアして国土交通省の飛行許可申請をもらいたいたいところ。 で残されたのは『河川敷』。 で私はとある方法を使って理想の練習場所を手に入れました。 今回はこの『河川敷』を見つけるのに効率のよい方法をご紹介します。 Googleマップ|ストリートビューを使う。 すでに使っている方もいると思いますが、Googleから出ている超便利なマップサービスです。(無料) こんな感じの画面です。 使ってない方はすぐに登録しましょう。 それで早速、自宅近くの地元のちょっと大きな川を探します。 私の場合は逢妻川と境川でした。 アップします。 そこでストリートビューを使っていきます。 まずはGoogleマップ右下にいる人形をクリックしてつまむと こんな感じで青色の線が出てきます。 そして人形をこの青線に落とすと、 なんと実際の地図が表示されてしまいます。 そしてこの地図なんと歩けてしまうのです。 phantom4の「タップフライ」のごとく、道の前をタップするとどんどん専心することができます。 そうして川沿いを歩いて行くと こんな感じで探して行くと じゃーん! あっという間にめぼしい河川敷が見つかってしまいました。 その後、「SORAPASS」でその地域が人口密集地域でないか調べ、大丈夫であれば実際に現場まで見に行ってください。 SORAPASSの使い方はこちらをご覧ください。 日本初のドローン専用地図サービス『SORAPASS』|実際に使ってみた! そうして見つけた私の聖域がこちら! とてもいいドローンの練習場所を発見してしまいました。 私はこの場所を見つけた感動で腹が痛くなってしまい、せっかくphantom4の初フライトにもかかわらず、途中でコンビニまで駆け込んでしまいました(実話です(⌒-⌒; )) 今回、この記事を書くにあたって他にもめぼしい場所を探してみましたが、10分ほどで「ドローンを飛ばせそうな河川敷」をいくつか発見しました。 まあGoogleマップ上では現在と多少姿が変わっていたりしますが、実際に行ってみると、Googleマップで発見した以外の場所でさらにいい場所が見つかったりします。 結論 ・Googleマップのストリートビュー使って近くの「河川敷」を探してみてください。 ・念のため『SORAPASS』で人口密集地域になってないか確認してください。 の2言で解決しました。 航空法など法律関係について細かく説明した記事もありますので、よかったらこちらも参考にしてください。 関連記事:結局ドローンってどこで飛ばせるの?初心者が誤解しがちな航空法と飛行場所を徹底解説!【2016年版】
許可なしでドローンの飛行場所を見つける最も効率の良い方法【永久保存版】初心者ドローンオーナーの悩み|どこでドローンを飛ばしていいかわからない!法規制外200g以下のドローンなら近場の公園...
吉武編集長
吉武編集長
またTelloはマイクロSDがなく、写真や映像などはスマホなど使用端末によって撮影できる映像の質が変わってくる印象をうけました。

ちなみに私が使用しているのは『iPhone10』になります。

Telloの写真や映像を確認し、保存する方法

Telloの取扱説明書!離陸・写真・アプリ等、設定方法を徹底紹介するぞ!

実際に撮影した映像は上記写真の箇所をタップすることで確認できます。

Telloの取扱説明書!離陸・写真・アプリ等、設定方法を徹底紹介するぞ!

実際に撮影した写真や映像になります。Telloの取扱説明書!離陸・写真・アプリ等、設定方法を徹底紹介するぞ!

実際に欲しい写真や映像があれば、上記をタップすることでお使いの端末にダウンロードすることができます。

Telloの『6つのフライトモード』でできること!

DJIのTelloにはアプリよりボタンひとつで操縦できるトリッキーな操作モードがあります。

では一つずつ確認していきましょう。

フライトモード①|8D Flips

Telloの説明書!離陸・撮影・アプリ・初期設定・フライトモードを徹底解説

スマホ画面をスワイプすることで、その方向にTelloが宙返りします。

初めてみるとびっくりするアクロバットな飛行を簡単に実行することができます。

ただし、バッテリー残量50%以上必要になりますので、注意してください。

フライトモード②|Throw & Go

Telloの説明書!離陸・撮影・アプリ・初期設定・フライトモードを徹底解説

Telloにはランディングギア(足)がないため、路面状況によっては手のひらからリリースした方がいい場合があります。

そんな時に活躍するのが『Throw & Go』です。

プロペラが回転したら、トスをすることでフライトが可能になります。

フライトモード③|Up & Away

Telloの説明書!離陸・撮影・アプリ・初期設定・フライトモードを徹底解説

こちらはタップひとつで、ドローンは後方・上昇しながら自動で撮影してくれるモードになります。

Telloの説明書!離陸・撮影・アプリ・初期設定・フライトモードを徹底解説

フライトモード④|360

Telloの説明書!離陸・撮影・アプリ・初期設定・フライトモードを徹底解説

空中でのホバリング状態から、その場で360度回転(パン)しながら、自動で撮影を行ってくれます。

ドローンを基軸に周囲のロケーションを撮影することに向いております。

フライトモード⑤|Circle

Telloの説明書!離陸・撮影・アプリ・初期設定・フライトモードを徹底解説

ドローンを常に中央にカメラを向けながら大きく円を描きながら撮影を行います。

MavicAIRなどと違って、被写体の認識はできないため、どれくらいの円の大きさか把握した上で、中央に人を置くと面白い映像を撮影することができます。

フライトモード⑥|Bounce

Telloの説明書!離陸・撮影・アプリ・初期設定・フライトモードを徹底解説

高さ30cmから1mくらいの高さマンで上下に運動をします。

この多彩な操縦機能は『プログラミング』などとも組み合わせるといろんな飛行パターンができそうですね。

VRモードもあり!

Telloの説明書!離陸・撮影・アプリ・初期設定・フライトモードを徹底解説

FPVゴーグルを使用して、操縦することを楽しむことができます。

別売りの2000円程度のゴーグルでより臨場感のある操縦を楽しむことができます。

これparrotの『Manmbo』でも相当楽しかったので、ぜひやってみたいです。

200g未満最強!parrot Mambo FPVが最高のドローンレース入門機
パロットのドローン『Mambo FPV』レビュー|レース入門に最適!ドローンユーザーの多くが所有しているparrot mambo(マンボー)からFPV仕様が登場!parrot社とい...

まとめ

Telloの取扱説明書!離陸・写真・アプリ等、設定方法を徹底紹介するぞ!

というわけでTelloの開封から実際の操縦、撮影できる写真などをご紹介させていただきました。

私自身『プログラミング教育』ができる!

というポイントに惹かれて購入しましたので、そちらもまたご紹介させていだきますね。

さすがDJIというべきトイドローンでした。

気になる方はぜひチェックしてみてくださいませ。

Telloで空撮してみました

DJIトイドローン『Tello』で空撮!映像や写真は使えるのか検証してみた!
DJIトイドローン『Tello』で撮影した空撮映像や写真は使えるのか検証してみたDJIのトイドローン『Tello』で空撮してみました!どうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)編集長の吉武穂高...

ABOUT ME
吉武 穂高
DRONE WALKER 編集長 1984年生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。