水中ドローン

水上ドローン『パワードルフィン』で釣りや救助も可能に【PowerDolphin】

水上ドローン『パワードルフィン』で釣りや救助も可能に【PowerDolphin】
水上ドローン『パワードルフィン』で釣りや救助も可能に【PowerDolphin】
商品名PowerDolphin|パワードルフィン
会社PowerVision
価格109,900円
カメラ4Kカメラ搭載(132°広角レンズ搭載)
カメラ機能水上と水中が撮影可能 220°ダブルジョイント式可動カメラ搭載
連続使用時間最大2時間
伝送距離約800mまで
最大速度4.5m/s
特徴魚群探知機搭載
公式サイトhttps://jp.powervision.me/127/
吉武編集長
吉武編集長

どうもDRONE WALKER(ドローンウォーカー)編集長の吉武穂高です。

今回は2019年最新モデルとして登場した新しい水上ドローン『PowerDolphin|パワードルフィン』の特徴を紹介していきます。

PowerDolphin(パワードルフィン)は水上ドローン

まず初めに大前提として、この『PowerDolphin|パワードルフィン』は『水上ドローン』であるということです。

水上をスムーズに移動しながら、

  • 魚群探知機などを活用して『釣り』
  • 浮輪などをけん引して『救助』
  • 水上と水中の『動画撮影』

などを行うことができます。

吉武編集長
吉武編集長

『パワードルフィン』では潜水して活動することはできませんので、注意が必要です。

水中ドローンは『PowerRay』

『PowerDolphin|パワードルフィン』の前身である『PowerRay』は『水中ドローン』になります。

こちらは有線式ケーブルでドローンを水中の中に潜水させることができます。

欠点は有線式ケーブルによる機動性の悪さになります。

【カメラ性能】4K30fpsで撮影可能

水上ドローン『パワードルフィン』で釣りや救助も可能に【PowerDolphin】

動画の撮影性能は最大で、『4K30fps』で撮影することができます。

動画素材としては十分すぎるほどのレベルになります。

個人的な経験則として、水中動画を撮影する場合は、確実に綺麗な海であることも条件になります。

沖縄や奄美大島など綺麗なロケーションであれば、有効に活用することができるでしょう。

東洋のガラパゴス奄美大島・加計呂麻島でドローンで撮影した絶景10選
東洋のガラパゴス『奄美大島』加計呂麻島でドローンで撮影した絶景10選東洋のガラパゴス奄美大島に行ってきました。どうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)編集長の吉武穂高です。 ...

【220度ダブル稼働】カメラの可変範囲が凄い!

水上ドローン『パワードルフィン』で釣りや救助も可能に【PowerDolphin】 水上ドローン『パワードルフィン』で釣りや救助も可能に【PowerDolphin】

『PowerDolphin|パワードルフィン』の凄いところは撮影した動画の綺麗さだけでなく、カメラの可動域が素晴らしいところです。

ダブルジョイント式で220度稼働させることができます。

これで水中は勿論、水上の様子も撮影することができます。

【サーフィン】最高のアングルから撮影可能に

水上ドローン『パワードルフィン』で釣りや救助も可能に【PowerDolphin】

水上スレスレの動画はサーフィンの撮影に最高のアングルから撮影することができます。

『PowerDolphin|パワードルフィン』の登場で今までにないサーフィンの動画も登場しそうですね。

勿論空撮ドローンやGoProなどアクションカメラとの組み合わせでもっと面白い映像が撮影できますね。

サーフィン撮影におすすめなドローンベスト3とサーフィンの空撮映像
【サーフィン空撮】サーフィン撮影におすすめなドローンと空撮映像を紹介!サーフィンをドローンで空撮したい!でもどんなドローンを選べばいいの?ドローンでサーフィンを空撮すると...

【活動時間】最大で2時間

稼働時間は最大で2時間になっております。

空撮ドローンの活動時間は長くて30分程度なので、活動時間は非常に長く感じます。

【2019年版】全て操縦して比較!DJIドローンおすすめベスト9の性能紹介
【2019年版】全て操縦して比較!DJIドローンおすすめベスト9の性能紹介【2019年版】人気のDJIドローンを購入する上で大切な価格と性能を徹底比較するぞ![blogcard url=...

【魚群探知機】釣りも可能

水上ドローン『パワードルフィン』で釣りや救助も可能に【PowerDolphin】 水上ドローン『パワードルフィン』で釣りや救助も可能に【PowerDolphin】

魚群探知機を備えているため、それを活用して釣りなどをすることができます。

ドローン本体にも釣り糸などを装着できるようになってますので、ちょっとしたフィッシングも楽しめます。

【フック】ドローン後部に

水上ドローン『パワードルフィン』で釣りや救助も可能に【PowerDolphin】 水上ドローン『パワードルフィン』で釣りや救助も可能に【PowerDolphin】

ドローン後部にはフックがあるため、そこから浮輪などを装着することが可能になっております。

海におぼれた要救助者などの救出活動などにも活用することが可能です。

【まとめ】

商品名PowerDolphin|パワードルフィン
会社PowerVision
価格109,900円
カメラ4Kカメラ搭載(132°広角レンズ搭載)
カメラ機能水上と水中が撮影可能 220°ダブルジョイント式可動カメラ搭載
連続使用時間最大2時間
伝送距離約800mまで
最大速度4.5m/s
特徴魚群探知機搭載
公式サイトhttps://jp.powervision.me/127/
吉武編集長
吉武編集長

というわけで、2019年最新の水上ドローンを紹介させていただきました。

【ドローン超入門】2019年今から始める最強5ステップを紹介するぞっ!
【ドローン超入門】2019年今から始める最強5ステップを紹介するぞっ!2019年これからドローンを始める方へ!当DRONE WALKERのサイトのコンセプトは「日本一分かりやすいドローン専門...
ABOUT ME
アバター
吉武 穂高
DRONE WALKER 編集長 1984年生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。