日本一わかりやすいドローン専門メディア

2018年ドローン入門最強5ステップ

【厳選8選】ドローン入門者におすすめの本を紹介します。

 
【厳選8選】ドローン入門者におすすめの本を紹介します。
この記事を書いている人 - WRITER -
DRONE WALKER 編集長 1984年3月28日生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。

ドローンに興味がある!まずは本を読みましょう!

「これからドローンを購入しようと思ってる。でも結構高価な買い物だし、まずは本で調べてみようかな。」

と思っている方もいると思います。

ドローンは趣味レベルの空撮に始まり、仕事に活かすことも十分に可能です。

しかし空中にプロペラを回転させたものを飛ばすことになるため、必然的に落下する危険性があります。

そのためドローンを飛ばす上でしっかりとドローンの勉強をしておかなければなりません。

  • ドローンの基本構造
  • 飛行メカニズム
  • 飛行ルールやモラル
  • 改正航空法
  • ドローンでどんなことができるのか
  • どんなドローンを購入したらいいのか?
  • 予算どれくらいでどの程度の性能を誇るのか?

などなどドローンを始める上で必要な学習項目はいくつもあります。

吉武

わたし自身、ドローンを仕事にするまでに、これまでドローン関連本を何十冊と読んできました。

今回はその中でも「これからドローンを学んでみよう」という方に特におすすめの本8冊ご紹介します。

おすすめドローン本8選

  1. 空飛ぶロボットは黒猫の夢を見るか? ドローンを制する者は、世界を制す。:ドローンの未来にワクワクする1冊
  2. 大人のためのドローン入門:入門書に最適な1冊
  3. DJI CAMP
  4. ドローンと法規制
  5. 最新ドローン空撮入門:空撮とPhantom操作に最適な1冊
  6. ドローンの教科書 無人航空従事者試験(ドローン検定) 標準テキスト 3級対応:ドローンの基礎知識を学ぶのに最適な1冊
  7. ドローンレース入門: もう悩まない!マイクロドローンからレース用ドローンまで徹底解説
  8. ドローンを作ろう!飛ばそう!:自作ドローンに最適な1冊

空飛ぶロボットは黒猫の夢を見るか? ドローンを制する者は、世界を制す(著:高城剛)

わたしがドローンにはまるきっかけになった危険な一冊

沢尻エリカさんとかつて話題になったハイパーマルチメディアクリエイター高城剛さんのドローン本です。

この本はっきり言って超おすすめです!

わたしがドローンに興味を持ち、このサイトを作るようになったのもこの本があったからといって過言ではないです。

【「IT革命」の次は、「ドローン革命」がやってくる! 】
2015年、どちらかというと悪い意味で世の中の注目を集めた「ドローン」。ドローンとは、無人操縦できる小型航空機です。性能は「空飛ぶスマートフォン」と言えるほど高機能に進化し、すさまじいスピードで日常生活の中に入りつつあります。
世界各国で、日本で、ドローンを使用した配送実験や実用化がはじまっています。5年先、10年先のビジネスは、「空飛ぶロボット」、ドローンなしでは考えられません。
ドローンを制する者は、世界を制することが可能になる、と言っても過言ではないのです。
そして、その覇権をめぐって、アメリカ、中国、フランスのメーカーが激しく競い合っています。ドローンの覇権を握るのは、いったいどの国なのでしょうか?なぜ、日本から世界に通用するドローンが生まれなかったのでしょう?今後、日本がドローン覇権をめぐる戦いの中で、生き残る道はあるのでしょうか?
ドローンが導く、目前に迫った未来を解き明かす注目の一冊です! ! (引用:Amazon紹介ページより)

高城さん自身ドローンに『1000万円以上』使い、独特の感性から時代の流れから次は間違いなくドローンの時代が来ると断言しています。

何より高城さん自身のワクワク感からドローンに引き込まれること間違い無し!です。

吉武

読んでて完全にワクワクが伝染してしまいました。

ドローンを始める上で大きく背中を押されてしまうため、非常に危険の1冊になります笑

DJICAMP|DJIドローンを購入した人は持っておくべき1冊

こちらはドローンの講習でもお馴染みであり、世界シェアナンバー1のドローンメーカーであるDJIが出している専門書籍になります。

ドローンの基本メカニズムから天候などの気象学、当然DJIドローンについても詳しく書かれているのでかなりオススメの内容になります。

価格はちょっとお高めですが、後ほど紹介している「ドローン検定3級」の本の内容をもっと濃くしたイメージですね。

ドローン・ビジネスと法規制

ドローン・ビジネスと法規制

ドローンの法規制やどこでドローンを飛ばしていいかなど、このメディアでも度々取り上げていますが、結構グレーゾーンな部分が多く、その解釈に悩む所ってかなりあるんですよね。

そんな不明点が少しでもクリアになるための書籍になります。

吉武

ドローンを仕事として使う方は必読の一冊です!

大人のためのドローン入門 (著:クーロン黒沢)


ドローンの知識がなくても楽しめる!ドローン入門書の決定版!

この本の特徴は漫画とコラムを交えながら面白おかしく紹介しているところ。

しかし、内容はしっかりしています。

著者のクーロン黒沢さんは知る人ぞ知るブラックな海外事情がわかるシックスサマサの編集長です。

とにかく熱い方で独自な目線を持ち、

ユーザー視点から、入門者、ドローンを取り巻く現状、各種メーカーのドローン等に網羅的に触れられています。

個人的には海外撮影旅行記はとても参考になりました。

吉武

おかげで海外に飛び出してドローンを飛ばしました。

(飛ばし方ビデオDVD付) 最新ドローン空撮入門 (インプレスムック)

2016年度版Phantom4所有の方は必読のドローン空撮入門です。

最新Phantom 4と空撮の基本がよくわかる!
本誌は、Phantom 4をメインに、ドローンの飛ばし方、空撮撮影を丁寧に解説。航空法の改正や法規制の最新事情を踏まえ、実際に空撮する際に押さえておきたい申請方法や、飛行可能な場所なども紹介! DJI公認のインストラクターによるドローンの飛ばし方を、 誌面と付属DVDビデオで解説しています。
Phantom 4の新機能の目玉でもある、アクティブトラック(被写体を追尾するシステム)、タップフライ(目的地をタップすると最適な飛行ルートを自動計算する仕組み)、障害物感知システムなど最新システムも解説。具体的な操作方法が実感できるよう、DVDビデオでも解説しています。
巻頭では、空撮プロフェッショナルによる美しい空撮写真を掲載。インタビューも収録しているので、どのように撮影しているのか、裏側もわかります。その他、ドローンの新しい活用方法について、農業や測量、3Dスキャンほか、エンタテインメント系での活用事例も、先人たちにインタビューしています。
本誌を読めば、ドローンの基本操作や空撮の基本がよくわかり、最新のドローンの状況や安全な飛行方法など、ドローンの新しい世界が堪能できます。(Amazon紹介ページより)

このシリーズは毎年出版されているみたいです。

おすすめポイントはなんといってもDJIGOアプリの使いかたが丁寧に解説されていること。

Phantom所有者はそれだけでもこの本を手に取る価値があります。

付属の動画も満足いく内容でした。

わたしはAmazonよりKindle版を購入してしまったのですが、実際にPhantom4を操縦しながら本を読みたかったので、実際の書籍を購入すべきだったと後悔しました。

Phantom4を所有している方は教科書代わりになりますので購入される場合は、書籍で購入することをおすすめします!

千葉DRONE WALKER(ドローン ウォーカー)の戸出さんもこちらで記事を書いてます。

ドローンの教科書 無人航空従事者試験(ドローン検定) 標準テキスト 3級対応 改正航空法・完全対応版 (ドローン検定協会)

本格的な基礎知識を身につけたい人におすすめ!

ドローン(無人航空機)業界必携の標準テキスト
ドローン検定協会公式テキストとして、ドローン操縦者が知っておくべき知識を分かりやすく解説。
無人航空従事者試験(ドローン検定)3級に対応した例題も多数収録しています。試験対策はもちろんのこと、ドローンを取り扱うすべての人が持っておきたい一冊。
引用:Amazon紹介ページより

 

先日発生したドローン(マルチコプター)を用いての各事件により全国的に規制が強まる中、適切な準備と技量によりドローンを活用しているユーザーさえも、世間から厳し目で見られている現状があります。

今般発生しているドローンによる事故や事件により規制が強まる中、世界的にもドローンの活用拡大は目覚ましいものとなっています。国内でも、航空法の一部改正を始め、法的整備が整いつつあるところ、使用者の適切な管理と操縦者の高い能力が求められています。引用:ドローン検定ホームページより

ドローン検定協会のサイトから拝借しましたが、ドローンには「ドローン検定協会株式会社」主催で「ドローン検定」なるものが存在します。

ドローンを正しく扱うためには正しい知識と技術そして心が必要です。

そのための基礎を学ぶためには最適な1冊と言えるでしょう。

ちなみにドローン検定は1級から4級まであり、かかる費用はこんな感じです。

  • ドローン検定2級 12,000円
  • ドローン検定3級 5,500円
  • ドローン検定4級 3,000円

こういうのは資格ビジネスで合格したからといって直接仕事に繋がったりするイメージはあまりないのですが、近いうち3級くらいは受験しようかなと思っております。

ドローンレース入門: もう悩まない!マイクロドローンからレース用ドローンまで徹底解説

ドローンレース入門: もう悩まない!マイクロドローンからレース用ドローンまで徹底解説

ドローンと一口に言っても、空撮から産業用、果ては「ドローンレース」というジャンルまであります。

そしてこの「ドローンレース」熱狂的なファンが多いのですが、組み立てから操縦まで非常に難易度が高く、初心者がとっつきにくいジャンルでもあります。

ネット情報などをかき集めて作り上げることは非常に困難なため、一冊に順序立てて解説してくれている本書はとても貴重と言えるでしょう。

そんな方に必読の一冊です。

ドローンを作ろう!飛ばそう! (著:高橋 隆雄)

自作でドローンを作ってみたい方におすすめ!

「えっ ドローンって作れるの?」

ドローンを自作できてしまうんです。
パーツを買って、組み立てる、自作でもしっかりと飛びます。
(Amazon商品紹介より)

私個人としてはPhantom4と200g未満の自作ドローンの2台持ちで仕事に活かせればと思っています。

なぜかというと、どうしても「法規制200g」の壁というのは今後ドローンを仕事にしていく人にとってはひとつの大きな壁として立ちはだかってくるからです。

この規制外のドローンを作り、うまく仕事に活かすことができれば、ある意味市場を独占できる可能性があります。

そういう意味でも、自作ドローンには挑戦してみたいものです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

  1. 空飛ぶロボットは黒猫の夢を見るか? ドローンを制する者は、世界を制す。:ドローンの未来にワクワクする1冊
  2. 大人のためのドローン入門:入門書に最適な1冊
  3. DJI CAMP
  4. ドローンと法規制
  5. 最新ドローン空撮入門:空撮とPhantom操作に最適な1冊
  6. ドローンの教科書 無人航空従事者試験(ドローン検定) 標準テキスト 3級対応:ドローンの基礎知識を学ぶのに最適な1冊
  7. ドローンレース入門: もう悩まない!マイクロドローンからレース用ドローンまで徹底解説
  8. ドローンを作ろう!飛ばそう!:自作ドローンに最適な1冊

の合計8冊のご紹介でした。

まだドローンの本を全く読んでない方は、まずは「空飛ぶロボットは黒猫の夢を見るか? ドローンを制する者は、世界を制す。」から読んでみることをおすすめします!

皆さんもおすすめの1冊があれば教えてくださいね〜!!

この記事を読んだ人におすすめ!

この記事を書いている人 - WRITER -
DRONE WALKER 編集長 1984年3月28日生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© DRONE WALKER , 2016 All Rights Reserved.