DRONE WALKER

日本一わかりやすいドローン専門メディア

航空法・飛行許可申請

許可なしでもドローンの飛行場所を見つける最も効率の良い方法【永久保存版】

許可なしでもドローンの飛行場所を見つける最も効率の良い方法【永久保存版】

初心者ドローンオーナーの悩み|どこでドローンを飛ばしていいかわからない!

  • 法規制外200g以下のドローンなら近場の公園で人気のない時間帯でもなんとかなった。
  • phantom4を買ったんだけど、どこで飛ばしていいかわからない。
  • いろいろサイトや本を見たけど、結局どこでドローンを飛ばしていいかわからない。

特に初心者ドローンオーナーの方でこんなお悩みの方はいませんか?

まさに私がそうでした。

で調べてみるとでてくるよく出てくるこの条件!

航空法に定められたドローンの飛行禁止区域

大変だけど、ドローンの飛行許可の申請を自力で取る方法【保存版】

  1. 空港周辺の上空(空港から10km以上離れる必要があります。)
    ➡︎空港周辺なんか飛ばさん!
  2. 人口集中地(DIDで調べればわかる)
    ➡︎これは調べたらわかる。駅周辺とかちょっと都会に入ればDIDだけど、ここの外を見つけるのは簡単!
  3. 150m以上の高さ
    ➡︎そんな高さ飛ばすわけないだろ!

でさらに次の条件

飛行禁止区域外でも申請が必要な条件

大変だけど、ドローンの飛行許可の申請を自力で取る方法【保存版】

  1. 夜間飛行は禁止:原則ドローンの飛行は日の出から日没までです。
    ➡︎初心者が夜なんぞ飛ばさん!
  2. 人や物から30mの距離をとること:撮影対象でないものからは一定の距離を保つ必要があります。
    ➡︎そんな人の近くでもやらん!
  3. イベント上空の飛行:祭りやイベントの際は原則禁止されており、主催者の許可などが必要になる。
    ➡︎飛ばすか!
  4. 目視外の飛行:自分で直接確認できない位置での飛行は許可が必要になる。
    ➡︎まだそのレベルではない!私はただ落ち着いて飛ばせる場所が知りたいのです。
  5. 危険物の輸送:禁止されています。
    ➡︎論外1
  6. 物の落下:ドローンからものを落下させたい場合は許可が必要
    ➡︎論外2

結局ドローンってどこで飛ばせるの??(ボーゼン)

それならばと広めの公園で都心部から離れればよいかと思って調べてみると、

ほとんどの県営・国立の公園は「ドローン飛行禁止」の条例が・・・

ならば「市営の公園」はどうだと私は愛知県の市営の大きめな公園にかたっぱしから電話をして聞いても

「いや〜原則禁止です。」

の一言で返されてしまいます。

それはいきなり電話かけてきて

「ドローン飛ばしてもいいですか?」

なんて聞かれて、電話越しだけでどんな相手かもよくわからない相手でどんな条件で飛ばすのかも抽象的にしか伝わってこない感じでは市役所の人も

「いや〜、ドローン飛ばしていいですよ〜!」

なんて気持ちこよく返してくれるわけもないです。

ならば、国土交通省にドローンの「飛行許可申請」を出して認可をもらってから飛ばそう!

と思っても、申請許可を出すのに必要な条件があって、

『ドローンの操縦時間10時間以上』

・・・

「いやいや、そもそも練習する場所ないんじゃ〜!」

と思って血管が切れそうになった方はいませんか?

私がそうでした。

まあ落ち着いて考えてみます。

いろいろ突き詰めるとドローンを飛ばせる場所と条件はこんな感じ

・空港など重要施設から10km以上離れる
・地上から150m以下の空域
・人の私有地:所有者の許可が必要になります。
・ドローンで物を輸送したり、落としたりしないこと
・屋内:屋内であれば人口集中地でも航空法の規制対象外になります。
・ドローン飛行場:有料ですが存分に飛ばせます。
・プライバシーの侵害しない場所:人の顔や車のナンバーが映るような場所は避けた方が懸命です。

関連記事:結局ドローンってどこで飛ばせるの?初心者が誤解しがちな航空法と飛行場所を徹底解説!【2016年版】

に集約されます。

で、いろいろ考えた結果、

ドローンを飛ばせる具体的な場所として以下の3つに行き着きました。

  • 山の中
  • 海岸沿い
  • 河川敷

まあそりゃそうだよなって場所になります(⌒-⌒; )

しかし、人によっては海や山などまで行くのにかなり時間がかかってしまう方がいると思います。

近場でやっぱりある程度の場所と条件を兼ね備えたところを見つけたいもの。

でもすでにphantomを購入した方で今後飛行申請を取って、本格的に空撮などを楽しみたいという方は早くドローンの実践操縦時間である10時間をクリアして国土交通省の飛行許可申請をもらいたいたいところ。

で残されたのは『河川敷』。

で私はとある方法を使って理想の練習場所を手に入れました。

今回はこの『河川敷』を見つけるのに効率のよい方法をご紹介します。

Googleマップ|ストリートビューマップを使って飛行場所を探す。

注意

以下、あくまで紹介している地図と場所はあくまでGoogleマップの活用方法を紹介するために掲載しております。この地図で示している場所が自由にドローンの飛行ができるとは限りませんので、ご了承ください。

Googleマップをすでに使っている方もいると思いますが、Googleから出ている超便利なマップサービスです。(無料)

許可なしでもドローンの飛行場所を見つける最も効率の良い方法【決定版】

こんな感じの画面です。

使ってない方はすぐに登録しましょう。

それで早速、自宅近くの地元のちょっと大きな川を探します。

私の場合は逢妻川と境川でした。

許可なしでもドローンの飛行場所を見つける最も効率の良い方法【決定版】

アップします。

そこでストリートビューを使っていきます。

許可なしでもドローンの飛行場所を見つける最も効率の良い方法【決定版】

まずはGoogleマップ右下にいる人形をクリックしてつまむと

許可なしでもドローンの飛行場所を見つける最も効率の良い方法【決定版】

こんな感じで青色の線が出てきます。

そして人形をこの青線に落とすと、

許可なしでもドローンの飛行場所を見つける最も効率の良い方法【決定版】

なんと実際の地図が表示されてしまいます。

そしてこの地図なんと歩けてしまうのです。

phantom4の「タップフライ」のごとく、道の前をタップするとどんどん専心することができます。

そうして川沿いを歩いて行くと

 

許可なしでもドローンの飛行場所を見つける最も効率の良い方法【永久保存版】

 

こんな感じで探して行くと

許可なしでもドローンの飛行場所を見つける最も効率の良い方法【永久保存版】

じゃーん!

あっという間にめぼしい河川敷が見つかってしまいました。

いい場所が見つかったら、「SORAPASS」で、その場所が「人口密集地域:DID地域」ではないか調べること

その後、「SORAPASS」でその地域が人口密集地域でないか調べ、大丈夫であれば実際に現場まで見に行ってください。

SORAPASSの使い方はこちらをご覧ください。

日本初のドローン専用地図サービス『SORAPASS』|実際に使ってみた!

そうして見つけた練習場所がこちら!

許可なしでもドローンの飛行場所を見つける最も効率の良い方法【決定版】

とてもいいドローンの練習場所を発見してしまいました。(上記で示した地図の場所とは全く関係ない場所になりますので、ご了承ください。)

私はこの場所を見つけた感動で腹が痛くなってしまい、せっかくphantom4の初フライトにもかかわらず、途中でコンビニまで駆け込んでしまいました(実話です(⌒-⌒; ))

今回、この記事を書くにあたって他にもめぼしい場所を探してみましたが、10分ほどで「ドローンを飛ばせそうな河川敷」をいくつか発見しました。

まあGoogleマップ上では現在と多少姿が変わっていたりしますが、実際に行ってみると、Googleマップで発見した以外の場所でさらにいい場所が見つかったりします。

河川敷でドローンを飛ばすときの注意点

ただし、河川敷は河川法などでドローンの飛行が制限されている可能性があります。

もし近場でドローンの練習に活用したい場所が見つかった場合は、行政もしくは管理事務所などに連絡をとった上でドローンの操縦をするようにしてください。

私自身、いろんな場所でドローンのフライトを行っておりますが、その都度その場所をどこが管理しているのか、必要に応じて連絡を取り、確認を取った上でドローンを飛ばすようにしております。

これらの確認作業をすることは、はじめは手間に感じると思いますが、慣れればそこまで難しい作業ではありません。

まとめ|ドローンの飛行場所を探すのは骨が折れる。

  • Googleマップのストリートビュー使って近くの「河川敷」を探してみてください。
  • 念のため『SORAPASS』で人口密集地域になってないか確認してください。

の2言で解決しました。

航空法など法律関係について細かく説明した記事もありますので、よかったらこちらも参考にしてください。


200g以下のドローンであれば、航空法などの制限を受けずにドローンを飛ばすことができます。

愛知県でドローンを飛ばせる場所の見つけ方

 

The following two tabs change content below.
1984年3月28日生まれ 愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。 作家として、速読技術を活用し年間200冊以上の本を読むことで幅広い分野に精通し、独自の視点から様々なジャンルの書籍を出版。 当サイトでは、ドローンの専門情報をメインに、最新テクノロジー(VR・AI・暗号通貨)や起業術(ネットマーケティング・ウェブライティング・メディア戦略)・Kindle書籍出版から東海地方の魅力ある情報発信などを行っております。 お仕事の依頼やお問い合わせは、「hodaka8866@gmail.com」もしくは「Facebookメッセージ」が一番早くて繋がりやすいです。

DRONE WALKER オンラインショップ(ドローンご購入で予備バッテリー1個プレゼントキャンペーン中)

DRONE WALKERオンラインショップでは、特定のドローンをご購入のお客様に『予備バッテリー1個』をプレゼントさせていただいております。(ただし銀行振込限定とさせていただきます。) 詳しくはオンラインショップをご覧ください。
DRONE WALKER オンラインショップ(ドローンご購入で予備バッテリー1個プレゼントキャンペーン中)

これからドローンを始める人必見!2017年最新のDJI社のドローンがわかる!

これからドローンを始める人必見!2017年最新のDJI社のドローンがわかる!
2017年はドローンラッシュ! 最新のDJI社のドローンを解説しております。 Mavic PRO・Phantom4Pro・Inspire2・SPARKなどの最新機種を解説! 「Kindleアンリミテッド登録者」なら「無料」で読むことができます。

電子書籍にしか載せてない情報あり!Kindleアンリミテッド登録者なら「無料」で読むことができます。

電子書籍「ドローン起業術シリーズ」はAmazonにて好評販売中です。 第1巻と2巻に関しては、ドローンを仕事にする上で、必要な「知識」と「技術」「資格」を取得するための内容でした。 第3巻では、いよいよドローンを仕事にしていくための「ビジネスモデル構築術」について紹介しています。 第1巻と2巻の、大部分は「このサイト」の内容を追記・編集した内容になっていますが、第3巻に関して、大部分は、「電子書籍にしか」掲載されてない情報になっております。 月額980円のKindleアンリミテッドに登録の方であれば、「無料」でお読みいただくことができます。 ぜひドローンで「起業」したい方に読んでほしい1冊です。 特別に「魂」を込めて、書きあげました。

新しい時代、未来を切り開くのはいつだって気概を持った起業家の存在がある。

電子書籍にしか載せてない情報あり!Kindleアンリミテッド登録者なら「無料」で読むことができます。

オリジナルグッズ販売中

Tシャツをはじめ、マグカップ・ステッカーなどDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)オリジナルグッズも取り扱ってます。 シンプルなロゴで普段使いにぴったりです。 よかったらみてくださいね。
オリジナルグッズ販売中

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 12 )
  • Trackbacks ( 1 )
  1. 初めまして!ワクワク・ケンタローといいます。大変参考になりました。
    DIDの以外の河川敷では許可なく飛ばしてOKとのことですが、河川敷の所有者(管理者)の許可も不要なのでしょうか??
    私も練習場所を探しております…気になったので、教えて頂けると嬉しいです^ ^

    • ワクワクケンタロー様 コメントありがとうございます!!^_^

      河川敷の所有者がいたらもちろんその所有者に許可を取らなければなりませんよ。

      1:「SORAPASS」でDIDや空港などのエリアを避ける。

      2:Googleマップでめぼしい場所を見つける。

      3:その土地に所有者管理者がいれば、許可をとる。

      といった流れかなという感じです。

      河川敷なんかは国や市の管理が多いので、特に許可は不要かなという感じです(⌒-⌒; )

      若干曖昧な表現ですが、国土交通省の担当に確認してみてもそんな感じの反応でした。

      まだまだグレーなゾーンである程度いろんな場所でドローンを飛ばすようになってくると、肌感覚でどこで飛ばしていいかわかってきますよ。

      始めはビクビクしながら、どうしても不安ならば国土交通省などに確認してみるなどして慣れていくのが良いかと思います。

      それにしてもクオリティの高い動画編集技術ですね〜!!^_^

  2. こんにちは。たまたま行きつきました。初めてコメントします。
    業務でドローンを飛ばしている者です。

    「河川敷」の定義が難しいですが、河川法でいう「河川区域内」という認識で話をします。
    その場合、河川敷の管理者は国もしくは都道府県です。法律上、市町村は有りえないはずです。
    (河川は専門では無いので私の認識違いでしたら申し訳ありません。)

    さて本題です。管理者(地方整備局や都道府県)によって対応は異なる場合がありますが、
    河川敷で申請無しに飛行させると、河川法の自由使用に抵触するとみなされる場合があります。
    河川一時使用届を管轄の河川事務所(国)もしくは建設事務所等(都道府県)に提出することが望ましいです。
    現に私は、京浜河川事務所から提出するよう指示を受け、提出しました。全然難しい書類では無いですよ。

    ドローンの練習場所探しは苦労しますよね。。。

    • KNG様

      コメントありがとうございます。

      そうなんですね!!

      以前河川敷で飛ばそうと持った時、管理しているのが(というか河川敷に看板が立っており)市町村だったので、そちらに確認して許可をいただきました。

      正直その担当もドローンに関して詳しくなかったので、正式な手続きはKNG様のおっしゃる通りになるかもしれないですね。

      ドローンの飛行場所に関しては、本当苦労しますね(⌒-⌒; )

      国交省の方に深く突っ込むと明言を避けますし、グレーな部分が多いですよね(⌒-⌒; )

  3. こんにちは これから私もドローンパイロットになりたいと考えております。
    愛知に住んでいます
    教えてください
    まだ飛ばすのにそんなに厳しく無いので
    吉武さんの記事を参考にして趣味から経験を積んで行ったほうが良いのか?

    いきなりスクールにライセンスを取った方が良いのか?

    どの様にすれば良いのかわからなくて

    スクールも結構高額なのでそのお金を機材にかけた方が良いのかなど考えてしまいます

    もしよろしければご教示お願い出来ないでしょうか?

    • みっつ様 コメントありがとうございます!!^_^

      何はともあれまずはホビードローンを購入して練習してみてはいかがですか?

      いきなりスクールに通っても、所詮数日の研修(内半分以上は座学)なので、ご自身でドローンを練習してからの方がよいと思いますよ。

      スクールの費用は結構高額で普通にDJIのphantomやMavic PRO(マビック プロ)などが買えてしまう価格なので、まずはドローンそのものにお金を投資すべきです。

      ある程度ドローンに習熟してから、ご自身の進みたい分野に対して専門性を高めるためにその分野を補完するスクールに通った方が効率的で経済的です。

      ちなみに私はスクールの類はまだ行っておりません。

  4. 初めまして!色々と記事を参考にさせて頂いています。
    分からないことがあったので質問をさせて下さい。
    ドローンを飛ばせる場所についてや、条件について非常に参考になりました。ありがとうございます!
    私が分からないことは、自動操縦でドローンを飛ばすのには条件があるのでしょうか?プログラムで入力された航路(目視できる範囲です)を自動制御+自動操縦で飛ばしても大丈夫なのでしょうか。ルンバみたいにリモコンで操作することのないドローンを開発しています。(海外在住なので、日本の事情がわかりません)
    よろしくお願いします。

    • フーさん コメントありがとうございます!!^_^

      現状特に自動操縦に関しては、航空法などでは決まりはないですよ。

      目視外になる範囲で自動操縦したりと、航空法などにかかる場合は注意が必要になります。

      海外でドローンの事業に携わっているのは素敵ですね( ^ω^ )

      • ご回答ありがとうございます!

        大変参考になりました。次回、この技術を日本で利用する予定です。色々と規制にうるさい日本で、運用できるのか。先ずは法律や規則を調べるところから始めないといけないのかもしれませんね。日本進出は諦めるっていう最悪の事態だけは避けたいです。

        どうもありがとうございました。

  5. はじめまして!ドローンの記事をいつも参考にさせて頂いてます。
    記事を読んでHoly stoneのドローンで毎日練習しています。
    ドローン楽しいです!

    質問が2点あります。
    200g以下のドローンなら航空法に抵触しないということでしたら
    人口集中地域での飛行も可能という解釈になるのでしょうか?

    もう一点は、海外でのドローン事情(例えばアメリカ)についてです。
    航空法に抵触しないドローンをどこまで飛行させても良いのか知りたいです。
    例え、Dobbyでもタイムズスクエアなどの人口集中地域での撮影は流石に不可能ですよね?

    宜しくお願い致します。

    • ペーさま コメントありがとうございます!!

      日本の場合は200g以下であれば「航空法」に觝触しません。

      しかし、東京や大阪など公園条例で飛行物そのものが禁止されているケースもありますので注意が必要です。

      タイムズスクエアはアメリカになるので、アメリカではたしか250gがドローンかいなかの判断基準だったと記憶しています。

      しかし法に觝触しないからといって、ドローン自体は飛行物であり、他人を怪我させたり、物を壊したりする可能性は十分に考えられますので、本人のモラルと良識の範囲で判断するべきかと思います。

  1. […] References: The most efficient way to find a Dronne flight location without permission 【permanent storage Edi… […]

コメントする。

*
*
* (公開されません)