ドローン初心者におすすめ!もっと空撮が楽しくなる周辺グッズ12選

ドローン初心者におすすめドローンの周辺グッズ12選

ドローン本体だけじゃ足りない!Amazonで購入できるドローン周辺グッズたち

どうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)編集長の吉武穂高です。

ドローンは本体だけ購入しても、100%楽しめません!

周辺の機材を充実させることでその真価を発揮します。

そこで今回は、タイトルの通りアマゾンで購入できるおすすめグッズをご紹介します。

おすすめのドローングッズ12選はこちら!

まずはざっくりご紹介します。

  1. マイクロSDカード
  2. 外付けHDD
  3. サンシェード
  4. ショルダーバッグ
  5. ランディングギア(Mavic PRO)
  6. DRONEWRAPS
  7. リフレクター
  8. OSMO MOBILE(オズモモバイル)
  9. GoProHERO6
  10. 風速計
  11. NDフィルター
  12. ドローンビジネスと法規制

では、それぞれ解説してきます。

1:ドローン空撮の必需品マイクロSDカード

必需品であるマイクロSDカードですが、その中でもおすすめなのが上記の「東芝」です!

他社と見比べてもらえるとわかりますが、価格も安く一流メーカーのものなので安心して使えます。

私のまわりのドローンユーザーさんもみんな使ってます!

マイクロSDでもう一歩いいものが欲しければサンディスクがおすすめです!

吉武

個人的には64Gより32Gの方がおすすめ!

撮りためたデータを外付けハードディスク

私自身、場所を選ばずに仕事をしているので、「コンパクトな外付けHDD」は必需品です。

8000円以下の1TBのものを使用しております。

それでも全然足りなくて、外付けHDDを何個も持ってるんですけどね(^_^;)

外付けHDDはいくつものメーカー品を試しましたが、上記のものが価格面でも安く、作りも頑丈なのでとても気に入ってます。

吉武

ほぼ毎月購入して、5個以上持ってます。

Mavic PROを入れるショルダーバッグ

コンパクトで有能なMavic PROですが、それを収納するカバンもとても重要!

といっても純正のカバンがコスパがあまりよくないので、おすすめがこちらになります。

価格も安く、バッテリー3個入れても余裕があるので、外付けHDDやSDカードなど周辺機器もいっぱい入れることができてとてもおすすめです。

新しくでたMavicAIRも十分に収納できますし、普通にカメラ機材を収納する上でもとても便利です。

てつや

純正のカバンがコスパ悪すぎ!

吉武

MavicAIRの場合は純正のリュックがおすすめです。ドローンリュックの選び方はこちら

Mavic PRO・AIRの足を長くするランディングギア

これはMavic シリーズの必需品ですね。

足が短いので、砂場など足場が悪い時にフライトするときはこれがあるとかなり便利です。

たった3cmですが、この高さがあるとないでは大違いです。

少しでも地面に接触しないよう、『ランディングギア』を活用することはおすすめです。

DRONEWRAPSでドローンをコーティング

ドローンを着せ替えすることができるDRONEWRAPS!

これは見た目がかっこよくなるだけでなく、傷などの保護にもなりますので装着することをおすすめします。

張り替えるとかなり気分が変わりますよ〜!

吉武

オシャレ度もアップ!

アンテナの感度をビンビンにするリフレクター

ドローンとプロポを繋ぐ電波。

これを強力に強化してくれるのが「リフレクター」です。

電波は直進性があるため、集約させるためのリフレクターを装着することで確実に強化することができます。

ただし、プロポの向きをドローンに合わせておかないともろ刃のつるぎになりますので、過信は禁物です。

吉武

中学生の時、教師ビンビン物語を工口ドラマと勘違いしてました。

地上でブレない映像を撮影できるOSMO MOBILE

空撮映像を見せるには空だけでなく、地上からの映像も含めるとかなりいい感じになります。

このOSMO MOBILEはドローンのジンバル技術をばっちり搭載してますので、使い勝手はかなり抜群!

スマホをつけるだけで面白い映像が撮影できるので、下手するとドローンそのものよりも凡庸性が高いですよ。

撮影性能はお持ちのスマホに依存するところがとてもいいですね。

今iPhoneⅩを使用してますが、かなり使えます。

吉武

ヌルヌルな映像が撮れます。

GoProHERO6

映像作品を作る上で空撮映像も重要な要素ですが、地上からの撮影も実はとても重要です。

その中でもとりわけアクションカメラはとても便利!

GoProHERO6とドローンはとても相性がいいのです。

広角撮影から水中撮影までこなし、頑丈でとてもおすすめ。

SONYのアクションカメラと悩みましたが、耐久性や水中仕様も考えてGoProHERO6にしました。

実際に奄美大島にいった時は本当に大活躍してくれました。

ちなみにMavicPROに積載できます。

風速計

ドローンユーザーにとって必需品とも言えるのが風速計です。

強風下などでドローンを飛ばすことはとても危ないですので、地上からも風速を明確にしておくことは安全管理上とても重要です。

2000円程度で購入できますので、ぜひ持っておきましょう!

【海上空撮】船の上でドローン空撮するために注意すべき6つのポイント

NDフィルター

ドローンをフライトさせる場合は、屋外が多いのですが、とりわけ海で撮影する方もとても多いと思います。

NDフィルターはドローンのサングラスみたいなもので、光の光量を抑えることができます。

映像を撮影するとき、光量が多いとこんにゃく現象がおきやすくなるため、光の量を調整することはとても重要です。

ドローンPhantom4ProにNDフィルターを装着する方法

ドローンビジネスと法規制|自信を持てない法規制がクリアになる一冊

ドローンを飛ばすことにおいて、どこで飛ばしていいのか?

どんな法律が関わっているのか?

とても気になるところです。

吉武

私自身もいまいち自信を持ちきれない場所や条件についてクリアになりました。ドローンに関しては書籍やネットなど常に情報を収集し続けることが重要です。

まとめ|快適なドローンライフを送るために

【開催報告】OSPドローン講習 in Goofy 0128実施しました。

ドローンは空を飛ぶため常にリスクがあります。

その安全性を補助するアイテムや操縦者自身の知識を補うもの、さらに現場でメモリーが足りないなどのトラブルに対処するために今回ご紹介したアイテムはきっと役に立つはずです。

吉武

みなさんもおすすめのドローングッズがあればぜひ教えてくださいね〜!



スポンサーリンク






ドローン初心者におすすめドローンの周辺グッズ12選

よかったらシェアしてね〜!

DRONE WALKERおすすめのドローン

初心者ならまずは200g未満のドローンから始めましょう!

➡︎ドローン入門は200g未満の1万円前後がおすすめ!

空撮用ドローンは DJI社がおすすめ

➡︎大人気DJIおすすめドローンベスト5&3倍得する購入方法

 

2 件のコメント

    • 外付けハードディスクのおすすめページ.SDOさま

      コメントありがとうございます!

      そういっていただけるおとても励みになります。

      撮影するときの機能にもよりますが、写真一枚あたりだいたい4M弱になります。

      4K動画を撮影しているとすぐに容量がパンクしてしまいますので、なかなか大変です(^_^;)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    DRONE WALKER 編集長 1984年3月28日生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。 作家として、速読技術を活用し年間200冊以上の本を読むことで幅広い分野に精通し、独自の視点から様々なジャンルの書籍を出版。 当サイトでは、ドローンの専門情報をメインに、最新テクノロジー(VR・AI・暗号通貨)や起業術(ネットマーケティング・ライティング・メディア戦略)・Kindle書籍出版から日本の魅力を世界中に発信していきます。 お仕事の依頼やお問い合わせは、「hodaka8866@gmail.com」もしくは「Facebookメッセージ」が一番早くて繋がりやすいです。