アクションカメラ

【GoPro HERO8登場】7から進化した6つのポイントを分かりやすく紹介する

【GoPro HERO8登場】7から進化した6つのポイントを分かりやすく紹介する
GoPro HERO8と7の比較ポイント
  • 外観はそこまで変化なし
  • 3種類のモジュラーで撮影の幅が広がる
  • 価格はGoPro HERO8が1万円高い
  • GoPro HERO8は様々なマウントと相性がいい
  • 手ブレ補正などがさらに進化
  • 動画性能は少し進化
  • 折りたたみ式フレームレスマウント
  • 挟角撮影可能
  • 1080Pでライブストリーミング可能
吉武編集長
吉武編集長

どうもDRONE WALKER(ドローンウォーカー)編集長の吉武穂高です。

今回は、2019年に登場したアクションカメラの王様GoPro HERO8 Blackの特徴を徹底的に紹介していきます。

『GoPro HERO8』の性能を紹介

製品名GoPro HERO8Black
価格50,800円
防水機能10m
動画性能
  • 4K:60fps・30fps・24fps
  • 2.7K:120fps・60fps・30fps・24fps
  • 1440p:120fps・60fps・30fps・24fps
  • 1080p:240fps・120fps・60fps・30fps・24fps
  • 960p:240fps・120fps
  • 720p:240fps・120fps
スローモーション8倍
HyperSmoothハイパーラプス
写真
  • 12MP
  • RAW撮影可能
  • HDR撮影可能
メモリーマイクロSDカード:Class10・UHS1以上

GoPro HERO8は2019年に発売された最新の「GoPro」になります。

アクションカメラで、自転車・バイク・マリンアクティビティ・YouTubeなど活用方法は無限にあります。

GoPro HEROでできることを知りたい方は別記事にてまとめてますので、合わせてご覧ください。

【保存版】スポーツ毎に『GoPro HERO7』を120%使い倒す方法
【保存版】可能性は無限大『GoPro HERO7』を120%使い倒す方法「GoPro HERO7 Black」の製品概要製品名 GoPro HERO7Black価...

『GoPro HERO8』の価格と発売日は?

価格:『50,800円』

発売日:10月14日から発送

吉武編集長
吉武編集長

GoPro HERO8の価格はいつもの5万円前後!

GoPro HERO7は約1万円の値下げになりました。

【GoPro HERO8】前モデルからの進化したポイント

【GoPro HERO8】前モデルからの進化したポイントを徹底紹介する
GoPro HERO8の特徴
  1. HyperSmooth2.0:手振れ補正が優秀
  2. TimeWarp2.0
  3. 1200MP
  4. 動画:4K60fps
  5. 1080P240fps
  6. RAW
  7. ナイトラプス:夜でも綺麗なタイムラプス
  8. スローモーション撮影に最適
  9. ライブストリーミング機能
  10. タッチスクリーン
  11. 防水10m
  12. スーパーフォト+HDR
  13. ビルトインマウント:3種類の独自マウント
  14. ライブバースト:撮影前後 1.5 秒を 90 枚の静止画に

【特徴①】3種類のモジュラーで撮影の幅が広がる

【GoPro HERO8】前モデルからの進化したポイントを徹底紹介する
吉武編集長
吉武編集長

GoPro HERO8の最大の特徴は3つのモジュラーです。

それぞれ機能特性がありますので、必要に応じて購入するとよいでしょう!

てつや
てつや

全部、購入するとかなり高いことがデメリットだな!

①|メディアモジュラー

【GoPro HERO8登場】7から進化した6つのポイントを分かりやすく紹介する
  • 価格:9600円
  • 高性能ショットガンマイク
  • 3.5 mm マイク
  • HDMI 出力ポート
  • 2 つのコールドシュー 
吉武編集長
吉武編集長

上記がひとつになっております。

まずこのマウントは必須になると思います。

2019年12月より予約注文受付です。

②|ディスプレイモジュラー

【GoPro HERO8】前モデルからの進化したポイントを徹底紹介する|ディスプレイモジュラー
  • 価格:9600円
てつや
てつや

ユーチューバーにおすすめの自撮りのディスプレイモジュラーだぞ!

フリップスクリーンでフレーミングを自由に調整できるぞ!

2019年12月より予約注文受付です。

【2019年】YouTuberデビューにおすすめカメラ機材 厳選14選
【2019年版】YouTuberデビューにおすすめカメラ機材 厳選22選【種類】動画撮影に必要な機材って何??【iPhone】撮影から編集まで可能な超万能選手ま...

③|ライトモジュラー

【GoPro HERO8】前モデルからの進化したポイントを徹底紹介する|ライトモジュラー
  • 価格:6100円
吉武編集長
吉武編集長

GoPro HERO8専用のパワフルな『LEDライト』になります。

てつや
てつや

GoProマウントはもちろん、単体でも使えるぞ!

2019年12月より予約注文受付です。

【特徴②】折りたたみ式フレームレスマウント

【GoPro HERO8】前モデルからの進化したポイントを徹底紹介する画像出典:GoProより
吉武編集長
吉武編集長

GoPro HERO基部にあるマウントをつまむ出すことができますので、今までとは異なり、うおりコンパクトに扱うことができます。

【特徴③】HyperSmooth2.0

吉武編集長
吉武編集長

GoPro HERO7との比較動画になりますが、手ブレ補正機能がさらに進化しております。

GoPro HERO8は手ブレ補正が優秀!!

【特徴④】TimeWarp2.0

吉武編集長
吉武編集長

現実離れした映像が簡単に撮影できる『TimeWarp (タイムワープ) 』を搭載しています。

速度は自動に選択することができます。

またタップして自由に調整することもできます。

【特徴⑤】スローモーション撮影

吉武編集長
吉武編集長

GoPro HERO8を使って『スローモーション』動画を撮影することができます。

今、YouTubeでも様々な動画がありますが、合間に『スローモーション』を加えることでより印象的な動画を作ることができます。

【特徴⑥】ナイトラプスで夜景も綺麗

夜景におすすめの設定
  • ナイトラプスモード
  • シャッタースピード:10秒
  • 撮影間隔:30秒
  • プロチューンモードON
  • 色温度:5500K
  • ISO:100~800
  • カラー:GoPro
  • シャープネス:MED
吉武編集長
吉武編集長

GoProを使えば、綺麗な星空もタイムラプスで撮影することができますよ。

GoPro Hero6,7のPROTUNEでベストな映像撮影を行うおすすめ設定方法を紹介
GoPro Hero6,7のPROTUNEでベストな映像撮影を行うおすすめ設定方法を紹介旅のお供に大活躍のGoPro! ベストな写真や動画を撮影におすすめの設定方法をご紹介!撮影機材は主に『Phanto...

『GoPro MAX』との違いは?

GoPro MAXとは
  • GoProMAX:360度カメラ
  • 価格:60100円
吉武編集長
吉武編集長

同時期に発売されたGoPro MAXです。

こちらは360度カメラです。

360度カメラ『GoPro MAX』と通常のGoPro HERO8との違いを紹介
360度カメラ『GoPro MAX』と通常のGoPro HERO8との違いを紹介https://www.youtube.com/watch?v=zLph_xu1R6g&t=971s【概要】...
【コスパ良い順11選】360度カメラ おすすめ徹底比較ランキング
【コスパ良い順12選】360度VRカメラ📷おすすめ比較ランキング【2019年版】360度カメラとは??多くの『360度カメラ』は前後方向に魚眼レンズが付いております。2...

『GoPro HERO7』との比較

【GoPro HERO7入門】もう悩まない初期設定やカメラ撮影の使い方
製品名GoPro HERO7Black
価格40800円
重量116g
防水機能10m
動画性能
  • 4K:60fps・30fps・24fps
  • 2.7K:120fps・60fps・30fps・24fps
  • 1440p:120fps・60fps・30fps・24fps
  • 1080p:240fps・120fps・60fps・30fps・24fps
  • 960p:240fps・120fps
  • 720p:240fps・120fps
スローモーション8倍
HyperSmoothハイパーラプス
写真
  • 12MP
  • RAW撮影可能
  • HDR撮影可能
メモリーマイクロSDカード:Class10・UHS1以上

GoPro HERO7は2018年に発売された最新の「GoPro」になります。

GoPro HERO7でできることを知りたい方は別記事にてまとめてますので、合わせてご覧ください。

【保存版】スポーツ毎に『GoPro HERO7』を120%使い倒す方法
【保存版】可能性は無限大『GoPro HERO7』を120%使い倒す方法「GoPro HERO7 Black」の製品概要製品名 GoPro HERO7Black価...

GoPro HERO8とGoPro HERO7の違い

比較ポイント
  • 外観はそこまで変化なし
  • 価格はGoPro HERO8が1万円高い
  • GoPro HERO8は様々なマウントと相性がいい
  • 手ブレ補正などがさらに進化
  • 動画性能は少し進化
  • 折りたたみ式フレームレスマウント
  • 挟角撮影可能
  • 1080Pでライブストリーミング可能
吉武編集長
吉武編集長

正直、GoPro HERO8自体の性能は、GoPro HERO7から大きく進化した印象はありません(笑)

GoPro HERO8独自の『ディスプレイ モジュラー』などとの組み合わせが大きな進化点になります。

すでにGoPro HERO7で満足している人は、GoPro HERO8は買わなくてよし!!

GoPro と相性がいいアクセサリー

GoProと組み合わせができるマウント
  1. マイクロSDカード
  2. デュアルバッテリーチャージャー
  3. GoPro用三脚
  4. 3WAY自撮り棒
  5. 延長可能な「エルグランド」
  6. 水に浮く「ザ・ハンドラー」
  7. 防水ハウジングでダイビングに必須
  8. ベースマウントで車~サーフボード
  9. ジョーズフレックスクランプマウント
  10. NDフィルター
  11. バイトマウントで口にくわえる
  12. 頭部用マウント
  13. ヘルメット用マウントでバイク旅
  14. バックパックマウント
  15. チェストハーネスでMTBに!
  16. シュノーケルに
  17. 【外線透過フィルター】水中の色補正
  18. 【ドローン用マウント】空撮+GoPro
  19. 【ドッグハーネス】愛犬目線に
  20. 【スマートリモート】GoProの遠隔操作に
吉武編集長
吉武編集長

GoPro HEROには様々なアクセサリーやマウントがあります。

この拡張性の高さもGoProの魅力のひとつですね。

【おすすめ】意外と知らない「SDカード&マイクロSDカード」正しい選び方SDカード マイクロSDカードについて分かりやすく紹介していきます。 SDカードとマイクロS...
GoPro7専用『アクセサリー・マウント』全20種類の使い方を一挙紹介
GoPro7専用『アクセサリー・マウント』全20種類の使い方を一挙紹介 【マイクロSDカード】マイクロSDカードは「サンディスク」のクラス10が動画撮影におすすめです。アクセサリーでは...

【ライバル①】iPhone11のカメラ性能も比較すべき!

【GoPro HERO8】前モデルからの進化したポイントを徹底紹介する
吉武編集長
吉武編集長

こちらも2019年に登場した『iPhone11』になります。

GoProも真っ青な『超広角レンズ』搭載です。

【超広角レンズ】iPhone11のレンズが凄い!

【写真作例】『iPhone11Pro』超広角・広角・望遠で撮り比べてみた
吉武編集長
吉武編集長

これがiPhone11で撮影できてしまうのです。

動画はスマホのみで完結したい方に非常におすすめです。

たくさんの小型カメラを持ち歩くなら、iPhone11を買って、GoProみたいに使ってもおすすめ!

【写真作例】『iPhone11Pro』超広角・広角・望遠で撮り比べてみた【iPhone11pro】トリプルカメラそれぞれの画角3つのカメラが特徴的夜景撮影も凄い! ...

【ライバル②】オズモポケット&アクション

【OSMO ACTION】オズモ アクションがGoPro7より優れているポイント
製品名OSMO ACTION|オズモ アクション
発売DJI
価格44820円
防水機能10m
動画性能
  • 4K (16:9) – 60、50、48、30、25、24fps
  • 4K (4:3) – 30、25、24fps
  • 2.7K (4:3) – 30、25、24fps
  • 2.7K (16:9) – 60、50、48、30、25、24fps
  • 1080p – 240、200、120、100、60、50、48、30、25、24fps
  • 720p – 240、200fps
スローモーション8倍スローモーション撮影
防水水深11mまで
写真
  • 12MP
  • HDR撮影可能
撮影時間
  • 最大135分:1080P/30fps
  • 最大63分:4K/60fps
メモリーマイクロSDカード:Class10・UHS1以上

DJI公式サイト

吉武編集長
吉武編集長

空撮ドローンで有名な『DJI』からGoProさながらの新アクションカメラオズモアクションが登場しております。

こちらは、マウントなしで自撮り用のモニターがついているため、非常に便利です。

【OSMO ACTION】オズモ アクションがGoPro7より優秀なポイント
【OSMO ACTION】オズモアクションがGoPro7より優秀な点をまとめてみた製品名 OSMO ACTION|オズモ アクション発売 DJI価格 44820円 ...

【可能性】GoPro × ドローンの組み合わせ

吉武編集長
吉武編集長

GoPro HERO8とドローンの組み合わせも相性がいいです。

今では『FPVドローン』にGoProを組み合わせて、ド派手な映像を撮影するプロもいます。

【ドローン超入門】2019年今から始める最強5ステップを紹介するぞっ!
【ドローン超入門】2019年今から始める最強5ステップを紹介するぞっ!2019年これからドローンを始める方へ! 当DRONE WALKERのサイトのコンセプトは「日本一分かりやすいドローン専門メデ...

【まとめ】GoPro HERO8は買いか!?

製品名GoPro HERO8Black
価格50,800円
防水機能10m
動画性能
  • 4K:60fps・30fps・24fps
  • 2.7K:120fps・60fps・30fps・24fps
  • 1440p:120fps・60fps・30fps・24fps
  • 1080p:240fps・120fps・60fps・30fps・24fps
  • 960p:240fps・120fps
  • 720p:240fps・120fps
スローモーション8倍
HyperSmoothハイパーラプス
写真
  • 12MP
  • RAW撮影可能
  • HDR撮影可能
メモリーマイクロSDカード:Class10・UHS1以上
吉武編集長
吉武編集長

というわけで、GoPro HERO8の紹介をさせていただきました

アクションカメラは、自転車・バイク・マリンアクティビティ・YouTubeなど活用方法は無限にあります。

【おすすめはどれ!?】2019年のアクションカメラはこの4つから選ぼう!『アクションカメラ』とは?? https://www.youtube.com/watch?v=9OO1va...
【Amazon神グッズ50選】★4超えのおすすめアイテムを自腹購入レビュー
【Amazon神グッズ64選】星4超えのおすすめアイテムを自腹購入レビュー魂のAmazon散財記録をここに綴るお得な買い物方法と紹介するジャンルはこんな感じ Amazonで購入する際は「ギフト券」がお...
ABOUT ME
アバター
吉武 穂高
DRONE WALKER 編集長 1984年生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。