Insta360

親指サイズ(18g)の『Insta360 GO』8つの特徴と3つの注意点

親指サイズ(18g)の『Insta360 GO』8つの特徴と3つの注意点
吉武編集長
吉武編集長

どうもDRONE WALKER(ドローンウォーカー)編集長の吉武穂高です。

今回は、「Insta360」から世界最小・最軽量の高性能カメラInsta360 GOが登場しましたので、紹介していきます。

なんと親指サイズで高画質な動画が撮影できる最新のアクションカメラになります。

『Insta360 GO』のカメラ概要

親指サイズ(18g)の『Insta360 GO』8つの特徴と3つの注意点
製品名insta360 GO
価格23,800円
映像フルHD:30fps
本体重量18.3g(充電ケース43.3g)
充電時間20分:充電ケース1時間
編集のしやすさAI編集・アプリで簡単編集・SNSシェアなど簡単!
吉武編集長
吉武編集長

Insta360 GOのざっくりしたスペックはこんな感じです。

最大の特徴はなんといっても

  • 18.3gの超小型カメラ
  • ジンバルいらずの手ブレ補正

この2つの組み合わせが非常に魅力的で使い勝手の素晴らしさを予感させてくれます!

『Insta360 GO』の操作方法

Insta360 Goの操作方法
  1. 動画撮影:1回タップ
  2. 写真撮影:ボタン長押し
  3. ハイパーラプス:2回タップ
  4. スローモーション:3回タップ

などボタンのタップ回数によって、撮影方法を変更することができます。

またカメラの操作は、iPhoneなどスマホと連携させることで、スマホからカメラの操作も行うことができます。

『Insta360 GO』レビュー動画

世界最小の手ぶれ補正付きカメラ insta360 GOを試す!

吉武編集長
吉武編集長

ユーチューバー『のりごとー』さんのレビュー動画になります。

「Insta360 Go」新生アクションカムの全貌が3分ちょいで分かった気になる

吉武編集長
吉武編集長

ジェットダイスケさんのレビュー動画になります。

『Insta360 GO』の8つの特徴

親指サイズ(18g)の『Insta360 GO』8つの特徴と3つの注意点
『Insta360 GO』の特徴
  1. 重量18g:親指サイズ
  2. FlowState:強力な手振れ補正
  3. ハイパーラプス撮影可能
  4. スローモーション撮影可能
  5. ネックレスでハンズフリーで撮影可能
  6. 防水機能:生活防水レベル
  7. AIで自動動画編集機能

【特徴①】重量18gで親指サイズの超小型カメラ

親指サイズ(18g)の『Insta360 GO』8つの特徴と3つの注意点

最大の特徴はこれ!

Insta360 GOは何といってもこの超コンパクトサイズのカメラであるということです。

【特徴②】FlowState:強力な手振れ補正

吉武編集長
吉武編集長

記事冒頭でも述べましたが、この手ブレ補正機能が素晴らしいです。

  • 18.3gの超小型カメラ
  • ジンバルいらずの手ブレ補正

この2つの組み合わせによって、このInsta360 GOは超優秀な小型カメラになりえるのです。

カメラ単体で滑らかな動画が撮影できるのは、本当におすすめ!

【特徴③④】特殊撮影可能

  • ハイパーラプス撮影
  • スローモーション撮影
  • バレルロール

など特殊な撮影方法を簡単に撮影することができます。

Insta360 Goの操作方法
  1. 動画撮影:1回タップ
  2. 写真撮影:ボタン長押し
  3. ハイパーラプス:2回タップ
  4. スローモーション:3回タップ

ボタンのタップ回数や連携させたスマホなどで撮影機能を使い分けることができます。

【特徴⑤】磁気型ネックレスでハンズフリーで撮影可能

親指サイズ(18g)の『Insta360 GO』8つの特徴と3つの注意点 親指サイズ(18g)の『Insta360 GO』8つの特徴と3つの注意点
吉武編集長
吉武編集長

ネックレスなどを利用して、ハンズフリーで撮影することができます。

ネックレスとInsta360 GO本体は強力な磁石によってひっつきますので、服の上からでもカメラを固定することができます。

まるでウルトラマン!!

【特徴⑥】専用充電ケースでどこでも充電!

親指サイズ(18g)の『Insta360 GO』8つの特徴と3つの注意点
Insta360 Goの充電能力
  • 充電時間:カメラ本体20分、充電ケース:約1時間
  • 充電ケースで2.5回分の充電が可能

専用の充電ケースもコンパクトでいつでもカメラ本体の充電ができます。

Insta360 GO本体もフルチャージすることで、合計3.5回分の充電ができることになります。

「AirPods」にそっくりなイメージ

親指サイズ(18g)の『Insta360 GO』8つの特徴と3つの注意点
吉武編集長
吉武編集長

この仕組みはAppleのイヤホンAirPodsにそっくりなイメージですね。

【新型AirPods2入門】使い方やメリット・デメリットを徹底レビュー!『AirPods』ってどんなことができるの?今更聞けない『AirPods』とは??iPhoneやiPad、M...

【特徴⑦】防水機能:生活防水レベル

防水機能は、「生活防水レベル」になりますので、水の中に入れて撮影することなどは厳しいです。

水しぶきなどくらいであれば、問題なく撮影はできるとおもいます。

水の中では使わないようにしよう!!

【特徴⑧】AIで自動編集からのSNSシェア

親指サイズ(18g)の『Insta360 GO』8つの特徴と3つの注意点

スマホ専用のアプリケーションを使うことで、「AI」自動でいい感じに動画編集をしてくれます。

BGMなども自動で選定されるので、適当に動画を回しておくだけで簡単に編集できます。

吉武編集長
吉武編集長

そこから各種SNSにシェアできるので、非常に便利です。

動画編集も簡単なので、インスタグラムなどでシェアするのにピッタリ!

【注意①】360°カメラではなく、アクションカメラに近い

『Insta360』といえば、360°カメラで有名ですよね。

しかし今回のInsta360 GOは360°カメラではありません。

属性的には、GoProなどのアクションカメラに近い分類になります。

360度カメラは「Insta360 ONE X」がおすすめ!

360度カメラは「Insta360 ONE X」がおすすめ!

360度カメラで性能がいいカメラはInsta360 ONE Xになります。

私自身も実際に使ってますが、とても使いやすくスマホとの連携も簡単です。

本格的な360°撮影からSNSでのインスタントなシェアまで使い勝手の幅が広いです。

こんな凄い360°カメラがここまで安くなっているのは驚異的です。

【はじめての360度カメラ】Insta360 ONE Xの使い方を徹底解説するぞっ!
【はじめての360度カメラ】Insta360 ONE Xの使い方を完全解説マニュアルどうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)編集長の吉武穂高です。ついに届きました!新型360度カメラ...
【コスパ良い順11選】360度カメラ おすすめ徹底比較ランキング
【コスパ良い順12選】360度VRカメラ📷おすすめ比較ランキング【2019年版】360度カメラとは??多くの『360度カメラ』は前後方向に魚眼レンズが付いております。2...

【注意②】4K撮影はできない

最近のアクションカメラやドローンは4K撮影できるモデルが主流ですが、Insta360 GO』は4K撮影できません。

基本「フルHD30fps」での画質になり、カメラも超小型であるためセンサーサイズもかなり小さいです。

4K映像が撮影したい!高画質な動画でなければ!という方には不向きな部分があります。

カメラのコンパクトさから普段動画撮影や編集しない方向けのライトな高性能カメラと思った方がよさそうです。

動画の画質を追い求める方は、オズモアクションやGoPro HERO7などがおすすめ!

アクションカメラ関連の記事
  1. オズモアクション入門
  2. GoPro入門
  3. GoPro HERO7

【注意③】マイクロSDやSDカードはない

もうひとつ注意点があります。

それはInsta360 GOにはマイクロSDカードやSDカードを差し込んでデータを保存するというタイプではないということです。

データの記録はInsta360 GO』本体にデータが保存されるスタイルになります。

【まとめ】『Insta360 Go』はどんな人におすすめ?

親指サイズ(18g)の『Insta360 GO』8つの特徴と3つの注意点
製品名insta360 GO
価格23,800円
映像フルHD:30fps
本体重量18.3g(充電ケース43.3g)
充電時間20分:充電ケース1時間
編集のしやすさAI編集・アプリで簡単編集・SNSシェアなど簡単!
「Insta360 Go」がおすすめな人
  • 普段、動画撮影編集をしない方で動画投稿に興味がある人
  • ハンズフリーで滑らかな動画を撮影したい人
吉武編集長
吉武編集長

というわけでInsta360 GOの紹介でした~!

今までにないほど、小型コンパクトでありながら滑らかな動画が撮影できる優秀なカメラになります。

すでに本格的なカメラ機材を持ち、動画編集などにも精通している方には少し使い勝手に困る部分もあります。

しかし、これからお手軽に動画編集を始めてみたい方には

  1. 持ち運びやすい重量
  2. ジンバルいらずの滑らかな撮影
  3. AIで自動編集からSNSシェア

などとライトユーザーにはありがたい機能が満載です。

気になる方はぜひチェックしてみてください。

【2019年】YouTuberデビューにおすすめカメラ機材 厳選14選
【2019年版】YouTuberデビューにおすすめカメラ機材 厳選25選【種類】動画撮影に必要な機材って何??【iPhone】撮影から編集まで可能な超万能選手ま...
ABOUT ME
アバター
吉武 穂高
DRONE WALKER 編集長 1984年生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。