GO PRO

GoPro(ゴープロ)のスタビライザーにOSMOMOBILEがおすすめな2つの理由

Go ProのスタビライザーにOSMO MOBILEをおすすめな2つの理由

GoProHERO6にスタビライザーをつけたい!おすすめってあるの

Go ProのスタビライザーにOSMO MOBILEをおすすめする2つの理由

どうも先日『GoProHERO6』を購入しましたDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)編集長の吉武穂高です。

なんだかんだで初めて購入したアクションカメラ、『広角レンズ』でとても斬新な映像が撮影できて満足しています。

GoProHERO6には多くの方がご存知の通り、『電子手ブレ補正』なるものがついております。

そのため、ちょっとしたグリップに接続するだけでもそこまでブレブレな映像にはなりません。

しかし、どうしても『手ブレ』が気になる!

これまでiPhone&OSMOMOBILE(オズモモバイル)に繋げて使っていた私としては、『Go Pro HERO6』『電子手ブレ補正』の手ブレ感はどうしても気になってしまうんですよね。

吉武編集長
吉武編集長
ヌルヌルな映像が撮影したい!!

しかし、GoProをOSMOMOBILE(オズモモバイル)に繋げることはできないのかな〜と思ってましたら、なんとあるこんなものはあるではないですか!

PGYTECH Goproプレート

PGYTECH Go proプレート

PGYTECH社から出ている『Goproプレート』になります。

吉武編集長
吉武編集長
こんなの欲しかった!

GoProHERO6を購入した時から、なんとかしてOSMOMOBILE(オズモモバイル)に設置できないかと思ってましたが、これは非常に便利ですね。

GoProをスマホ型のホルダーに合わせて、OSMOMOBILEに設置できるプレートになります。

GoPro のスタビライザーにOSMOMOBILEがおすすめな2つの理由

理由その1|純正のGoProkarma(カルマ)グリップは価格が高すぎる!

純正なので、機能は素晴らしいと思いますが、いかんせん価格が高すぎます!

新品で『5万円以上』するのは、とても気軽に手を出せる代物ではありません。

てつや
てつや
金持ちならありかもな!

その点、OSMOMOBILE(オズモモバイル)にすれば、

  • 価格:16800円
  • Go Proプレート:2500円
  • 合計金額:19300円

ふたつ合わせても『2万円以下』で購入できてしまいます。

karmaグリップと比較すると価格差が2倍以上になってしまいます。

正直これはとてもお買い得です。

というわけで、OSMOMOBILEおすすめの第1の理由は価格がグッと抑えられるからです。

理由その2|OSMOMOBILEならスマホもスタビライザーにできる!

実はkarmaグリップ以外にも他社メーカーがGo Pro専用のスタビライザーを販売しています。

価格は約3万円なので、karmaグリップよりはお買い得なんですが、これだとGoPro しか使えないですよね。

その点、OSMOMOBILE(オズモモバイル)は元々スマホ専用のスタビライザーであるため、GoPro 以外のものも使えます。

私自身これまでOSMOMOBILEを使い倒してきて、自分だけではなく、友人に貸すことがとても多かったです。

そのため、GoPro のみならず、様々なスマホも使用できるようにした方が荷物もコンパクトに抑えられますし、利便性もあがります。

まとめ|スタビライザーで手軽に本格的な映像が楽しめる

Go ProのスタビライザーにOSMO MOBILEをおすすめする2つの理由

今回GoPro を主体に説明させていただきましたが、スマホ型のスタビライザーはみんなが使っているスマホ映像をより本格的なものにするサポートをしてくれます。

+スタビライザーで日常から旅先までより印象的な映像を残しましょう!

おまけ|GoProHERO6をMavicPROに積載しました

ABOUT ME
吉武 穂高
DRONE WALKER 編集長 1984年生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。