映像編集

【2021年大流行】Vlogにおすすめの『カメラ機材』を予算別にまとめてみた

【2020年大流行】Vlogにおすすめの『カメラ機材』を予算別にまとめてみた

2021年は『VLog:ブイログ』が大流行!

吉武編集長
吉武編集長

どうもDRONE WALKER編集長の吉武穂高です。

2021年は『Vlog』が大流行してますね。

てつや
てつや

『Vlog』ってなんだ??

  • Video:ビデオ
  • Blog:ブログ

『Vlog:ブイログ』とは、2つの単語を組み合わせてできた新しい造語です。

日常の記録を「映像」で残すことを言います。

2020年は動画時代であり、YouTubeなどをプラットフォームにたくさんの動画クリエイターが誕生しました。

また動画編集ソフトの進化で、個人でも映画のような動画を作ることができ、映像の質が格段に進化してきております。

これから『5G』の通信革新も起きますし、ますます映像コンテンツのニーズが高まると言えるでしょう。

2020年、芸能人もガンガンVlogに参戦

  • 小嶋陽菜さん
  • ローランドさん
  • ガクトさん
  • 川口春奈さん
吉武編集長
吉武編集長

もうビックリするほど、芸能人がYouTubeに参入してきております笑

テレビ番組と違って、YouTubeは自由に自己表現、自己発信できること。

さらに仕事も直接請けることができることが魅力だと思いますね。

てつや
てつや

知名度の高い有名人なら日常生活だけでも、十分なコンテンツになるな。

【予算】カメラだけじゃない!周辺機材も必要

予算約50万円
  • カメラ:VLOGCAM ZV-1(9万円)
  • パソコン:MacBook Pro(38万円)
  • 動画編集:Final Cut Pro X(3万6千円)

合計:約51万6千円

予算約35万円
  • カメラ:VLOGCAM ZV-1(4万5千円)
  • パソコン:MacBook Pro(27万円)
  • 動画編集:Final Cut Pro X(3万6千円)

合計:約35万円

吉武編集長
吉武編集長

今回、おすすめのカメラ機材を予算別にまとめてみました。

てつや
てつや

カメラとパソコンは必須だからそれなりにはお金がかかるな。

吉武編集長
吉武編集長

それぞれのカメラ機材の特徴は以下で紹介していきます。

【Vlog入門】まずは「iPhone+iMovie」がおすすめ

【2020年、今からVlog始めるなら!】おすすめの『撮影機材』をまとめてみた
吉武編集長
吉武編集長

とにかく機材にお金をかけたくないなら、『iPhone+iMovie』がおすすめです。

スマホでもお洒落なVlog動画は作れる

映像クリエイターの『大川優介』さんが撮影編集した動画です。

映像をみていただければわかるように、iPhoneひとつでも十分にお洒落なVlogを撮影することができます。

スマホだけだからこそ創意工夫すべし!

スタートはお手持ちのスマホから創意工夫をこらして、撮影すること。

撮影した素材を編集することで、映像への意欲や技術が上達します。

てつや
てつや

スマホだけの縛りだからこそ、いろいろな工夫やアイデアが生まれるな。

DJI Pocket2(予算5万円)

新製品「DJI Pocket2」はどんな人におすすめなのか丁寧に紹介
製品名DJI Pocket2
キャッチコピーさあ、その手に魔法を
価格単体:49,500円
クリエイターズモデル:64,900円
サイズと重さ124.7×38.1×30 mm
117g
カメラ1/1.7インチCMOS
有効画素数:64 MP
映像性能最大4K60fpsで撮影可能
4K:3840✖️2160 24/25/30/50/60fps
2.7K:2704✖️1520 24/25/30/50/60fps
FHD:1920✖️1080 24/25/30/50/60fps
画角と焦点距離20mm
ズーム機能4倍ズームまで可能
スローモーション最大8倍スロー可能
1080p/120fps(4倍)
1080p/240fps(8倍)
ジンバル3軸メカニカルジンバル
特殊機能アクティブトラック:人に追随
モーションラプス
用途ジンバル付き超小型カメラ
データマイクロSDカード(最大256G)
どんな人におすすめ
  • ユーチューバー・インスタグラマー
  • 映像クリエイター
  • メインカメラの補助

2020年10月に発売された「カメラ+ジンバル」一体型の機材です。

DJI Pocket2はとても小さいので、持ち運びにまったく負担になりません。

アクティブトラックなど被写体を認識して、自動で追尾してくれる機能もありますので、初心者でも簡単にお洒落な映像を撮影することができます。

新製品「DJI Pocket2」はどんな人におすすめなのか丁寧に紹介
【GoPro9と比較】「DJI Pocket2」はどんな人におすすめかわかりやすく解説 製品名 DJI Pocket2 キャッチコピー さあ、その手に魔法を 価格 単体:49,500...

SONY VLOGCAM ZV-1(予算10万円)

発売元SONY
発売2020年6月19日
製品名Vlog用カメラ VLOGCAM ZV-1
価格単体:90,818円
ミニ三脚付き:113,900円
サイズ105.5×60.0x43.5 mm
重量約294g(バッテリー、メモリーカード)
センサーサイズ1.0型センサー
画角24mm-70mm
動画性能4K30fps撮影可能
有効画素数約2010万画素
F値F1.8(ワイド端時) -2.8(テレ端時)
バッテリー持ち時間静止画撮影時:約130分
実動画撮影時:約45分
連続動画撮影時:約75分

2020年「Vlog」のために開発されたカメラ

今回は2020年5月にSONYから発表がありましたVLOGCAM ZV-1がおすすめのカメラ機材になります。

コンパクトなサイズ感と映像性能のバランス

『Vlog』撮影のポイントは、「自分の日常を手軽に撮影すること」です。

撮影する上でとても大切な要素として『コンパクトなサイズ感』です。

手のひらサイズでありながら『4K30fps』で撮影でき、その両方のバランス感は最高と言えるでしょう。

S-Log撮影でシネマティックな映像表現

SONY独自の『Log撮影モード』で、好みの世界観を作り上げることができます。

上記動画は『SONYα7Ⅲ』の『S-Log2』で撮影し、特に編集なしでアップした動画です。

のっぺりした動画ですが、ここから動画編集ソフトを使って、自分の好みの世界観、色味に編集をすることができます。

【ユーチューバー最高の相棒】SONY VLOGCAM ZV-1の魅力を徹底紹介!
【ユーチューバー最高の相棒】SONY VLOGCAM ZV-1の魅力を徹底紹介!【Vlogにおすすめ!】SONY VLOGCAM ZV-1 発売元 SONY 製品名 Vlog用カメラ ...

【Osmo Pocket】超小型カメラ

2019年、YouTuberデビューにおすすめのカメラ機材ベスト11
製品名OSMO POCKET|オズモポケット
キャッチコピーカラフルな毎日を美しい映像で
価格44,900円
カメラ1/2.3インチセンサー
映像性能4K:3840✖️2160 24/25/30/50/60fps
2.7K:2704✖️1520 24/25/30/50/60fps
FHD:1920✖️1080 24/25/30/50/60fps
ジンバル3軸メカニカルジンバル
撮影時間最大140分
用途小型カメラ
データマイクロSDカード(最大256G)
どんな人におすすめ
  • ユーチューバー
  • 映像関係者
  • メインカメラの補助

公式ページ

吉武編集長
吉武編集長

ジンバル付きの超小型カメラ。

それがオズモポケットになります。(序盤で紹介したDJIポケットの旧モデルになります。)

超コンパクトで高性能なカメラ

 

吉武編集長
吉武編集長

カメラを構えている感じがしないコンパクトさが魅力!

あの小嶋陽菜さんも使っております。

Osomo Pocketであれば非常に軽くカメラの頭がちょこんと見えているくらいのコンパクトさになります。

それでいて「4K60fps 」と非常に高画質で撮影できるため、これから動画撮影を始めたい方には非常におすすめなカメラ機材の一つになります。

Osmo Pocketでもシネマティックな動画にできる

吉武編集長
吉武編集長

Osomo Pocketだけでも十分にかっこいい映像を制作することができます。

見た目は小さくても、YouTubeや動画制作に十分に活躍してくれます。

超小型カメラ『OSMO Pocket|ポケット』を120%活用する方法
超小型カメラ『OSMO Pocket|ポケット』を120%活用する方法 DJI『OSMO POCKET』 製品名 OSMO POCKET|オズモポケット キャッチコピ...

【パソコン】MacBook Pro

動画編集するために、『パソコン』は必須アイテムです。

パソコンは、以下の2つのポイントが大切です。

  1. 動画編集をサクサクできる性能
  2. コンパクトなサイズ感
吉武編集長
吉武編集長

動画編集用のパソコンは以下の2択がおすすめです。

MacBook Pro 16インチ

【コスパ優先】『Macbook Pro16インチ』を動画編集向けにカスタムしてみた
予算40万円で動画編集向けにカスタム

合計価格:¥378,100円 (税込)

  • プロセッサ:第9世代の2.3GHz 8コアIntel Core i9プロセッサ
  • メモリ:32GB
  • グラフィックス:AMD Radeon Pro 5500M(8GB GDDR6メ‍モ‍リ搭載)
  • ストレージ:1TB SSD(標準)
吉武編集長
吉武編集長

実際に私が購入したパソコンです。

16インチは、サイズ感が大きめですが、高性能な動画編集PCになります。

予算40万円ほどかければ、かなりの高性能PCにバージョンアップできますが、特にカスタムしなくても十分に活躍してくれます。

【コスパ優先】『Macbook Pro16インチ』を動画編集向けにカスタムしてみた
【コスパ優先】『Macbook Pro16インチ』を動画編集向けにカスタムしてみた 私自身、今まで「MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2015)」を使ってブログを...

MacBook Pro13インチ

MacBook Pro13インチを動画編集向けにカスタム
  • 価格:268,800円(税別)
  • プロセッサ:第10世代の2.3GHzクアッドコアIntel Core i7プロセッサ
  • メモリ:32GB
  • ストレージ:1TB SSD(標準)

MacBook Proのカスタムを考える時、その利用目的の一番は『動画編集』になると思います。

動画編集もサクサク動くことを念頭にカスタムしてみました。

カスタムした部分は、プロセッサとメモリを最大まで引き上げたことです。

【使用目的で選ぶ】『MacBook Pro13インチ』のカスタム方法
【使用目的で選ぶ】『MacBook Pro13インチ』のカスタム方法 Word・Excelなど軽作業に使うだけのカスタム 後述する動画編集など特別な作業をしない場合は、一番安いMacB...

Windowsのパソコンは駄目なの?

【2020年、今からVlog始めるなら!】おすすめの『撮影機材』をまとめてみた

もちろん『Windowsのパソコン』でも大丈夫です。

ここで厄介なのは、Windowsでパソコンを選びを始めるとと本当にドツボにハマります。

私自身、自宅での動画編集用に『マウスのBTOパソコン』を組みましたが、どういう構成にするかだけで約2ヶ月ほど悩みました。

そもそも『グラボ』『CPU』『メモリ』『グラフィックボード』などの用語や役割が全くわからず勉強するところから始めます。

安い買い物ではないので、自分の理想の編集環境を整えるためにも、妥協して選べないので時間がかかるのは仕方ないです。

さらにキーボード選び、マウス選び、ディスプレイ選びなど他にもたくさん考えることがあります。

MacBookであれば、はじめからすべてがオールインワンでそろっているのでかなり便利です。

ゲーム実況ならWindowsがおすすめ

  • パソコンゲームがしたい
  • ゲーム実況がしたい
  • バーチャルYouTuberに挑戦したい

などであれば、MacよりWindowsのパソコンがおすすめになります。

どっちがおすすめ?MacとWindowsパソコン ブロガー目線で比較してみた
【永遠のテーマ】動画編集にMacとWindowsどっちのパソコンがおすすめか比較してみた【2020年版】 ちなみにブロガー&ユーチューバー(動画編集)目線で書いてるので、そこのところ、よろしくお願いします。 【私のパ...

動画編集ソフトの選び方

カラグレができる動画編集ソフトがおすすめ

動画編集ソフトの種類は無数にあります。

Vlog映像を編集する場合、自分の好みの世界観を表現するために一番大切な要素は『色』です。

動画編集で、映像の色味を調整することを『カラーグレーディング』と呼びます。

動画編集ソフトもしっかりカラーグレーディングできるものを選ぶとよいです。

吉武編集長
吉武編集長

以下の2つの動画編集ソフトは超有名で王道ですが、間違いなくおすすめです。

【動画編集ソフト①】Final Cut Pro X

【iMovieとの違いは】『Final Cut Pro X』におすすめする10の理由
できることまとめ
  • 基本の動画編集
  • エフェクト
  • トランジョン:動画間の切り替え
  • カラーグレーディング:色補正
  • テロップの作成
  • 360度動画の編集
  • YouTube用への書き出し
  • DVDへの書き出し

公式ページ

吉武編集長
吉武編集長

『Final Cut Pro X』Apple純正の動画編集ソフトです。

無料で使える『iMovie』の上位モデルですね。

Apple製品は、直感操作で使うことができますが、『Final Cut Pro X』も非常に使いやすいです。

使いやすい編集ソフトでありながら、動画編集『初心者~上級者』まで満足いく機能が搭載されているため、とてもおすすめです。

【iMovieと違う?】『Final Cut Pro X』におすすめする4つの理由
【iMovieと比較】『Final Cut Pro X』がおすすめな5つの魅力 この記事の結論を言うと「36800円」と買い切りなことがうれしい! 直感操作で動画編集をストレスなく覚えることができる...

カラーグレーディング

【2020年、今からVlog始めるなら!】おすすめの『撮影機材』をまとめてみた 【2020年、今からVlog始めるなら!】おすすめの『撮影機材』をまとめてみた

『Final Cut Pro X』を使うことで、

  • 細かいカラーグレーディング
  • Lutを当てる

など色味を調整できる機能は十分にそろっております。

価格も買い切りですので、間違いなくおすすめです。

Final Cut Pro Xでカラーグレーディングする3つの方法
Final Cut Pro Xでカラーグレーディングする3つの方法Final Cut Pro Xでカラーグレーディングをする方法 『カラーグレーディング』とは? https://www.yout...

【動画編集ソフト②】Premiere Pro

【最強の動画編集】『Premiere Pro|プレミアプロ』でできること・できないこと
提供Adobe
サービス名Premiere Pro:プレミアプロ
価格①単品:2,480円~
価格②全Adobe製品:5,680円~
特徴映画やTV、CMなど世界中のクリエイターが最も愛用する動画編集ソフト

映画・CMプロの現場で活躍する動画編集ソフト

「Premiere Pro(プレミアプロ)」は動画編集ソフトになります。

一般に手に入る動画編集ソフトの中では、最高峰と言われており、関連するAdobe製品との組み合わせでできないことはほぼないと言われております。

「プレミアプロ」でできること
  • エフェクト
  • トランジョン:動画間の切り替え
  • カラーグレーディング:色補正
  • テロップの作成
  • VR動画の編集
  • YouTube用への書き出し
  • DVDへの書き出し

https://drone-aerial-corps.com/2019/05/23/premiere-pro/

【まとめ】

吉武編集長
吉武編集長

というわけで、『Vlog』におすすめのカメラ機材を紹介させていただきました。

一口にユーチューバーといっても、撮影用途に応じて適切なカメラは変わってきます。

ぜひ撮影目的に応じて、最適な機材選びの参考にしていただければ幸いです。

【2021年版】YouTuberにおすすめのカメラ & 機材 厳選20選
【2021年版】YouTuberにおすすめのカメラ & 機材 厳選20選 今回は、「YouTuber(ユーチューバー)」におすすめのカメラ機材を紹介していきます。 2021年に入り、ますます動画市...
ABOUT ME
アバター
吉武 穂高
GADGET WALKER 編集長 1984年生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で起業。 ドローン操縦士・カメラマン・ブロガー・YouTuberなど 幅広い分野で活躍中。