Osmo

【GoPro9と比較】「DJI Pocket2」はどんな人におすすめかわかりやすく解説

新製品「DJI Pocket2」はどんな人におすすめなのか丁寧に紹介
新製品「DJI Pocket2」はどんな人におすすめなのか丁寧に紹介
製品名DJI Pocket2
キャッチコピーさあ、その手に魔法を
価格単体:49,500円
クリエイターズモデル:64,900円
サイズと重さ124.7×38.1×30 mm
117g
カメラ1/1.7インチCMOS
有効画素数:64 MP
映像性能最大4K60fpsで撮影可能
4K:3840✖️2160 24/25/30/50/60fps
2.7K:2704✖️1520 24/25/30/50/60fps
FHD:1920✖️1080 24/25/30/50/60fps
画角と焦点距離20mm
ズーム機能4倍ズームまで可能
スローモーション最大8倍スロー可能
1080p/120fps(4倍)
1080p/240fps(8倍)
ジンバル3軸メカニカルジンバル
特殊機能アクティブトラック:人に追随
モーションラプス
用途ジンバル付き超小型カメラ
データマイクロSDカード(最大256G)
どんな人におすすめ
  • ユーチューバー・インスタグラマー
  • 映像クリエイター
  • メインカメラの補助
吉武編集長
吉武編集長

どうもDRONE WALKER編集長の吉武穂高です。

今回は、DJIの新型小型カメラDJI Pocket2について、どんな人におすすめか紹介していきます。

その前に「Osmo Pocekt」から進化したポイントと特徴まとめ

DJI Pocket2のチェックポイント
  1. 画角が20mmと広角レンズになった
  2. センサーサイズがアップして、画質が綺麗に!
  3. 撮影機能が進化!
  4. 音声収録もパワーアップ
  5. HDR動画の撮影もできる!
  6. サイズ感はそのまま!
  7. 拡張性がアップ
吉武編集長
吉武編集長

前モデルからの進化したポイントになります。

ざっくり言えば、大きさそのままで、カメラ性能が進化しました。

一番の特徴は画角が20mmとかなり広角になったことですね。

自撮りするのに、より最適な画角になったと思います。

DJI Pocket2の特徴

【GoPro9と比較】「DJI Pocket2」はどんな人におすすめかわかりやすく解説
  1. 全カメラの中でも目立たない最小の部類
  2. ミニカメラでも4K60fpsで撮影できる
  3. ジンバル付きで滑らかな映像が撮影できる
  4. 多様な機能で撮影をサポート
吉武編集長
吉武編集長

上記の特徴を持っております。

ここまでコンパクトで高性能なカメラはないオンリーワンの存在です。

新製品「DJI Pocket2」はどんな人におすすめなのか丁寧に紹介

細かいカメラ機能の進化点に関してはDJI公式サイトに性能の比較表が掲載されてますので、そちらをご覧ください。

【DJIポケット2】通常版とクリエイターズコンボの違いと選び方
【DJIポケット2】通常版とクリエイターズコンボの違いと選び方 製品名 DJI Pocket2 キャッチコピー さあ、その手に魔法を 価格 単体:49,500...

「DJI Pocket2」はどんな人におすすめ?

  • ユーチューバー
  • ビデオブロガー
  • インスタグラマー
  • プロの映像クリエイター

➡4K60fpsまで撮影できるから、初心者から上級者までおすすめできる

撮影機能も豊富で便利なので、使いこなすことで様々な映像表現をすることができる。

今、存在する様々なカメラ機材の中で、「最もコンパクト」なことが特徴です。

細長いスティック型なので、手に持つとほとんど目立たなくなります。

通常カメラを持っていると、大なり小なり周囲から目立つ存在になりますよね。

しかし、DJI Pocket2であれば、周囲に撮影している感じを与えにくいのです。

これはかなり大きなメリットです。

また重さも「117g」と超軽量なので、長時間の撮影でも全く負担になりません。

縦長タイプなので、ポケットにスッとしまいやすいのもありがたいですね。

しかも「3軸ジンバル搭載」なので、映像が滑らか

DJI Pocket2「ジンバル」と呼ばれる「カメラスタビライザー」が搭載されております。

通常のカメラでは、手持ちで歩きながら撮影すると「手ぶれが目立つ」ものですよね。

しかし、ジンバル搭載であれば、普通に歩いても映像が滑らかに撮影できるのです。

これは旅先などで町歩きをしながら、気軽にいい映像が撮影できるようになります。

テレビリポーターの女性がよく使ってる

【GoPro9と比較】「DJI Pocket2」はどんな人におすすめかわかりやすく解説

朝のテレビニュースなどでよく女性リポーターが手に持っているところを見かけます。(前モデルのosmo pocketですが、)

たぶんほとんどの方は気にも止めないと思いますが、、、

私などは、すぐにどんな機材を使って撮影しているのかチェックする習性があります。

ちょこんと手のひらにおさまってますので、メインカメラで撮影しながら近くの被写体を写す場合は、「osmo pocket」の映像に切り替わってたりします。

サイズ感がコンパクトでありながら、映像もそこそこ綺麗に撮影できる上、目立たないのでいろんな場面で活躍できそうですね。

コンパクトで軽くて目立たないので、ちょい撮りにおすすめ!

2020年、カメラの種類が多すぎるから何を買うべきか迷うよね。

【アクションカム入門】GoPro HERO9を使った撮影テクニック7選
  • 一眼レフ
  • ミラーレス
  • コンデジ
  • スマホ
  • アクションカメラ
  • 360度カメラ
  • ドローン

などなど

しかもカメラメーカーもたくさんあるので、何を買っていいかマジでわからなくなる!!笑

その中でもDJI Pocket2はどのジャンルに分類すべきかちょっとわかりにくい立ち位置です。

【GoPro9と比較】アクションカメラと迷うよね

【アクションカム入門】GoPro HERO9を使った撮影テクニック7選
  • どちらも4K60fps撮影可能
  • どちらも8倍スロー(240fps)撮影可能
  • 堅牢性・頑丈さではGoPro
  • ジンバルありで映像の滑らかさは、DJI Pocket2
  • 目立ちにくいのは、DJI Pocket2
  • アウトドアでもガンガン使いたいなら、GoPro一択
  • 海や水の中でも使えるのが、GoPro
  • アクティブトラックで人を主役にできるのは、DJI Pocket2
  • 手ぶれ補正に関しては、どちらも文句ないレベル
  • 音声収録は、DJI Pocket2

2020年に新しいGoPro HERO9が登場しました。

私も購入しましたが、こちらもめっちゃいいカメラで、何を買うべきか迷ってしまいますよね。

結論から言うと、どちらも似たような使い方は十分にできます。

【アクションカム入門】GoPro HERO9を使った撮影テクニック7選
【アクションカム入門】GoPro HERO9を使った撮影テクニック7選 商品名 GoPro HERO9 価格 43,000円(1年間の無料サブスクリプション) 54,000円(...

GoPro HERO9とDJIポケット2の比較映像

吉武編集長
吉武編集長

両方を一緒に持って撮り比べてみました。

やはりジンバル付きの「DJIポケット2」の方が滑らかな映像を撮影できますね。

頑丈さと防水性能がバッチリ、アウトドア派はGoProがおすすめ

新製品「DJI Pocket2」はどんな人におすすめなのか丁寧に紹介
  • サーフィン
  • 自転車
  • スケートボード

などアウトドアシーンで使うことを考えているなら、断然GoProがおすすめです。

ジンバルがない分、取り扱いにそこまで気を使うこともありませんので、ガンガン使い倒しやすいことがアクションカメラの特徴です。

どちらもコンパクトなので撮影は目立ちにくいですが、DJI Pocket2の方がより手のひらにおさまりますので、町中では目立ちにくいかなと思います。

めっちゃ感覚的な感じになりますが、

人を主役に撮影したい人はDJI Pocket2

アウトドアでガンガン使いたい人はGoPro HERO9」 

上記のポイントで選ぶことがおすすめです。

DJI Pocket2を水中で使うなら防水ケースを使えばOK

DJI Pocket2を水中で使うなら防水ケースを使えばOK
  • 価格:6050円
  • 水深60mまでOK

単体では、防水機能はありませんが、防水ケースがあります。

こちらを使えば、水深60mまでOKになりますよ。

音声収録は、ワイヤレスマイクがあるDJI Pocket2が上

音声収録は、ワイヤレストランスミッターがあるDJI Pocket2が上

別売り(もしくはクリエイターズキット)に同梱されている「ワイヤレスマイク」を活用することで、より確実に音声収録をすることができます。

VlogやYouTubeを撮影する方にとって、映像と同じくらい大切なことは「音声収録」です。

屋外で撮影することも多いと思いますので、風などで音録りに失敗することは避けたいところ。

一番確実なことは、「ワイヤレスマイク」で上着にマイクを装着して撮影することです。

GoPro9にもマイクモジュールはありますが、ワイヤレスマイクではありません。

より確実に音録りをするなら「ワイヤレスマイク」がある方が絶対に確実です。

DJI Pocket2のアクティブトラックは人や物を主役に撮影できる

アクティブトラックとは、指定した対象をカメラが追い続ける撮影機能です。

細長いスティック型のDJI Pocket2は先端にカメラがあり、その下にジンバルが付属しております。

カメラ先端は人を認識させると自動で動き、追随してくれます。

人や動物など特定の被写体を追随して撮影したいなら、DJI Pocket2の方がおすすめです。

人を主役にしたポートレートムービーなどを撮影するときに便利ですね。

頑丈さで選ぶなら、GoProがおすすめ

ジンバルがある分、DJI Pocket2の方が取り扱いは繊細になるが滑らかな映像を撮影できる。

ワイヤレスマイクはユーチューバーや音録りもしっかりしたい方には相当にありがたい機能

コンデジとも迷うよね。

映像画質で選ぶなら、コンデジ

コンパクトさで選ぶなら、DJI Pocket2

手ぶれ補正は断然、DJI Pocket2

2020年で最も注目があつまったコンデジはDJI Pocket2です。

こちらは手持ち撮影で歩くと、かなり手ぶれが目立ちます。

「コンデジには別途ジンバルが必要」です。

新製品「DJI Pocket2」はどんな人におすすめなのか丁寧に紹介

コンデジ単体でぬめっとした滑らかな映像を撮影するのはかなり厳しいです。

そのため、機材セッティングや撮影時それなりに目立つ存在になります。

DJI Pocket2だとオールインワンでとてもコンパクトなので目立たず滑らかな映像を撮影できることが特徴ですね。

ただし、コンパクト過ぎる故、カメラのセンサーサイズは物理的に小さいことは仕方ないです。

そのため映像画質などはコンデジに軍配があがります。

固定カメラでレビュー動画などをしっかり撮影するならコンデジ

最近のコンデジは、YouTube向けに商品レビューモードなどの機能が搭載されております。

固定カメラで撮影するなら、モニターも大きいコンデジの方が断然使い勝手がいいです。

町歩きしたいならDJI Pocket2!コンデジ単体では手ぶれがキツい

コンデジも手ぶれ補正が優秀になってきましたが、正直かなり手ぶれが目立ちます。

町中でコンパクトかつ気軽に撮影を楽しみたいなら断然「DJI Pocket2」がおすすめですね。

固定カメラとして使うなら「コンデジ」

歩き撮りもガンガンしたいなら「DJI Pocekt」

映像性能、カメラ性能で選ぶならコンデジの方がいい。

しかし、オールインワンでジンバル付き、4K60fpsで高性能なDJI Pocektは歩き撮りする方にとって最強に便利。

【まとめ】コンパクトさを最優先に求める人におすすめ

新製品「DJI Pocket2」はどんな人におすすめなのか丁寧に紹介

いろいろと比較しましたが、やっぱりこのコンパクトさが一番の特徴です。

スッと出してぱっと撮影できること。

全く負担にならない重さ

この2つはDJI Pocket2で撮影を超気軽にする上で最強に便利です。

しかもアクティブトラックやモーションラプスなど撮影機能も充実しています。

GoPro9とどちらを購入しようか迷うところですが、途中でかいたとおり、

  • アウトドアシーンで活用するのか?
  • 人を主役に撮影したいのか?

このあたりを直感的に感じてみて、購入検討すると良いかと思います。

吉武編集長
吉武編集長

その他、Vlogにおすすめの機材もまとめてますので、合わせてチェックしてみてくださいね。

【120%使い倒す!】日本一わかりやすい「DJIポケット2」の使い方
【120%使い倒す!】日本一わかりやすい「DJIポケット2」の使い方 製品名 DJI Pocket2 キャッチコピー さあ、その手に魔法を 価格 単体:49,500...
【2020年大流行】Vlogにおすすめの『カメラ機材』を予算別にまとめてみた
【2020年大流行】Vlogにおすすめの『カメラ機材』を予算別にまとめてみた2020年は『VLog:ブイログ』が大流行! Video:ビデオ Blog:ブログ 『Vlog...
ABOUT ME
アバター
吉武 穂高
DRONE WALKER 編集長 1984年生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。