Apple

【コスパ優先】『Macbook Pro16インチ』を動画編集向けにカスタムしてみた

【コスパ優先】『Macbook Pro16インチ』を動画編集向けにカスタムしてみた
【コスパ優先】『Macbook Pro16インチ』を動画編集向けにカスタムしてみた
吉武編集長
吉武編集長

どうもDRONE WALKER(ドローンウォーカー)編集長の吉武穂高です。

今回は、Appleから新しく発表された「Macbook pro16インチ」が発表されました。

私自身、今まで「MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2015)」を使ってブログを書いたり、動画編集の作業をしてきました。

ブログなどの作業は全く問題ありませんが、動画編集をするとどうしても作業が重くなってしまい、ストレスを感じることが少なくありません。

ちょうど新しく買いたいと思っていたので、実際にどんなスペックのMacBook Proが動画編集向けにおすすめか紹介していきます。

【最大60%オフ】サイバーマンデーでお得なkindle本Amazonで年に一度の大セールサイバーマンデーを開催中です。(12月9日まで)Amazon Echo Show5などのスマートスピーカーが50%オフなど特典が目白押しなので、この機会にぜひチェックしてみてください。Amazon公式サイト

新型『MacBook Pro』はどんな人におすすめ?

MacBook Proがおすすめな人
  • 軽いノートパソコンが欲しい方
  • デスクトップ並みの性能のパソコンが欲しい方
  • 屋外でも動画編集など重めの作業をしたい方
吉武編集長
吉武編集長

私がMacBook Proを購入した理由は、ずばり家の外でも本格的に「動画編集」をしたいからです。

「MacBook Air」では動画編集できないの?

【コスパ優先】『Macbook Pro16インチ』を動画編集向けにカスタムしてみた

「MacBook Air」でももちろん動画編集を行うことはできます。

ただし、パソコンのスペック上や動画編集を行う上では、コスパ面でどうしても劣ります。

MacBook Airは、軽さや携帯性を重視しております。

YouTubeなどの動画視聴やワードやエクセルなど動作の軽い作業をするだけならば、全く問題ありません。

MacBook AirかMacBook Pro、どちらを購入しようか迷う方もいると思いますが、

動画編集をしたいか、そうでないか?

このあたりの作業の有無で選ぶといいかもしれません。

吉武編集長
吉武編集長

個人的な意見ですが、MacBook AirもMacBook Proもどちらにしろ同じサイズ感のノートパソコンになるので、重さが多少違うのは正直どうでもいいです笑

「重くてでかくても、性能がいいMacBook Proがいい!」と思う次第です。

  • MacBook Air:軽さ重視
  • MacBook Pro:性能重視

【比較】旧MacbookPro15インチから進化した点

これまでのMacBook Proと何が違うの?
  • 16インチとディスプレイが大きくなった
  • グラボがアップデート
  • メモリが最大64Gまで実装可能に
  • ストレージは最大8TBのSSD
  • 音質はよくなった
  • シザーキーボードに戻った
  • 前モデルと比較してコスパがよくなった

2015年版から2019版MacBook Proを購入した理由

吉武編集長
吉武編集長

とはいえ、何が進化したかわかりにくいですよね。

今回のMacBook Proのポイントは、今までに比べて作業効率が格段にアップしたこと。

さらにコストパフォーマンスもよくなり、ようやく本格的に動画編集するにもおすすめできる形に仕上がったと思います。

私自身、これまで出先で動画編集をするときは、2015版のMacBook Proを使っておりました。

スペックは以下のとおり

  • MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2015)
  • プロセッサ:2.2 GHz Intel Core i7
  • メモリ:16 GB 1600 MHz DDR3
  • グラフィックス:Intel Iris Pro 1536 MB

このスペックのMacBook Proを3年ほど使用しておりました。

ほとんど作業はスムーズに行うことができますが、動画編集だけはどうしてもかくついてしまいます。

私の場合2〜3分程度のドローンの4K映像の編集を行う場合がほとんどです。

どうしても編集中に動作が重くなってしまいますので、買うなら「MacBook Pro」一択でした。

『Macbook Pro16インチ』を動画編集向けにカスタムしてみた

『Macbook Pro16インチ』を動画編集向けにカスタムしてみた画像出典:Appleより
コスパ重視の編集向けMacBook Pro
  • 初期価格:¥288,800 (税別)
  • プロセッサ:第9世代の2.3GHz 8コアIntel Core i9プロセッサ(Turbo Boost使用時最大4.8GHz)
  • メモリ:32GB +44,000円
  • グラフィックス:AMD Radeon Pro 5500M(8GB GDDR6メ‍モ‍リ搭載)+11,000円
  • ストレージ:1TB SSD(標準)
  • アップグレード価格:¥343,800 (税別)
吉武編集長
吉武編集長

動画編集向けにカスタムして、コスパも優先するとこんな感じのアップグレードになるかなと思います。

メモリを32Gに増設し、グラボも強化した感じですね。

Macbook Proをフルスペックにした価格が凄い

吉武編集長
吉武編集長

ちなみにフルスペックにするとトータルで「715,000円」になります。

価格がノートパソコンとは思えないほどの金額になりますね。

SSDがかなり価格の上昇を手助けしてしまってます笑

【プロセッサ】最新のCore i9で大丈夫!

【コスパ優先】『Macbook Pro16インチ』を動画編集向けにカスタムしてみた

第9世代の2.4GHz 8コアIntel Core i9プロセッサ

吉武編集長
吉武編集長

コアi9なので、正直どちらでも大丈夫です。

私は少しでもサクサク童顔編集したいので、Appleにお布施して「第9世代の2.4GHz 8コアIntel Core i9プロセッサ(Turbo Boost使用時最大5.0GHz)」にしました。

まあどれだけ性能がよくなるかは正直よくわかりません笑

プロセッサは最新の「Core i9」を選んでおけば、全く問題なし!

というか下位モデルの「Core i7」でも十分だと思います。

【メモリ】32G以上が動画編集におすすめ

【コスパ優先】『Macbook Pro16インチ』を動画編集向けにカスタムしてみた
吉武編集長
吉武編集長

動画編集をスムーズに行う際は、メモリが重要です。

premiereプロなどを使いたい場合は最低でも32G以上のメモリがあると安心です。

私自身、16GのメモリのMacBookを使用しておりましたが、3分程度の空撮動画を作成するのにも結構な時間がかかりました。

2019年モデルのMacBook Proなら16Gでもかなり優秀な働きをしてくれそうですが、メモリは増やしていくことをおすすめします。

Premiere Pro:32G以上のメモリを推奨

メモリは32G以上がおすすめ!

【グラフィックス】AMD Radeon Pro 5500M(8GB GDDR6メ‍モ‍リ搭載)

【コスパ優先】『Macbook Pro16インチ』を動画編集向けにカスタムしてみた
吉武編集長
吉武編集長

グラフィックスは少しでも上位モデルにしておきましょう!

私も差はよくわかりませんが、この価格差ならAppleへのお布施と思いましょう笑

特にグラフィックスの強化は、動画編集の効率化には大切です。

プロセッサとグラボのアップグレードで迷ったら、グラボを強化した方が動画編集にはおすすめ!

【ストレージ】1TB SSDで十分です!

【コスパ優先】『Macbook Pro16インチ』を動画編集向けにカスタムしてみた
吉武編集長
吉武編集長

今回の「MacBook Pro」の価格を大きく釣り上げるのが、SSDです。

なんと最大8TB実装で「+242,000円」になります。

てつや
てつや

8TB SSDにする意味は正直わからん!

吉武編集長
吉武編集長

これだけ内臓 SSDにお金をかけるくらいなら、サンディスクの外付けSSDをたくさん買った方がマシです。

パソコン1台に数TB以上のデータも保存しておく管理方法は間違っていると思います。

随時、パソコンのデータなどは外部のメディアなどに保存できる体制を整えることをオススメします。

【おすすめ】サンディスクの外付けSSD

メーカーサンディスク
商品名SanDisk ポータブルSSD 1TB
価格22,321円あたり
容量1TB
読み込み速度最大550MB/秒
Amazon評価
レビュー数90件
吉武編集長
吉武編集長

サンディスクのポータブルSSDが最強です!

内臓SSDに大金を使うなら、外付けSSDなどを活用した方がよっぽど経済的です。

【2019年版】外付けHDD(ハードディスク)おすすめランキングベスト5
【2019年版】外付けHDD(ハードディスク)おすすめランキングベスト5 【特選】サンディスクの外付けSSDメーカー サンディスク商品名 SanDisk ポータブルSSD...

新型Macbook Pro16インチと一緒に買いたい周辺機材

【アクセサリー】Macbook pro16インチと合わせて買いたい周辺機材8選
あると便利な周辺機材
  1. kutolo USB C ハブ 7in1 Type C
  2. アンカーのモバイルバッテリー
  3. サンディスクの外付けSSD
  4. AirPods Pro
  5. サブモニター①:iPad 10.2インチ
  6. サブモニター②:LGのモニター
  7. tomtoc インナーケース
  8. 動画編集ソフト:Final Cut ProX

Macbook Proと一緒に購入したい周辺機材をピックアップしておきました。

特に多目的ハブは必須アイテムになりますのでぜひ購入しておきましょう!

【アクセサリー】Macbook pro16インチと合わせて買いたい周辺機材8選
【アクセサリー】Macbook pro16インチと合わせて買いたい周辺機材11選https://www.youtube.com/watch?v=odQpPT7c30U&t=3s...

【まとめ】

コスパ重視の編集向けMacBook Pro
  • 初期価格:¥288,800 (税別)
  • プロセッサ:第9世代の2.3GHz 8コアIntel Core i9プロセッサ(Turbo Boost使用時最大4.8GHz)
  • メモリ:32GB +44,000円
  • グラフィックス:AMD Radeon Pro 5500M(8GB GDDR6メ‍モ‍リ搭載)+11,000円
  • ストレージ:1TB SSD(標準)
  • アップグレード価格:¥343,800 (税別)
吉武編集長
吉武編集長

というわけで、私がMacBook Pro16インチを動画編集向けにカスタムするならという前提でお話させていただきました。

価格は消費税も込めると約40万円ほどになりますね笑

なかなかお高い買い物ですが、パソコンほど投資対効果が高い道具はないと思います。

ほとんど仕事がパソコンを通じて行われますので、スペックの優秀なMacBook Proを使って作業を少しでも効率化することができれば、間違いなく元を取れます。

参考になれば幸いです。

【カメラが凄い】『iPhone11Pro』の写真と動画性能の魅力を徹底紹介
【カメラが凄い】『iPhone11Pro』の写真と動画性能の魅力を徹底紹介iPhone11は3種類あるぞ!製品名 iPhone11 iPhone11Pro iPhone11Pro Ma...
ABOUT ME
アバター
吉武 穂高
DRONE WALKER 編集長 1984年生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。