Apple

【使用目的で選ぶ】『MacBook Pro13インチ』のカスタム方法

【使用目的で選ぶ】『MacBook Pro13インチ』のカスタム方法
吉武編集長
吉武編集長

どうもDRONE WALKER(ドローンウォーカー)編集長の吉武穂高です。

今回は、2020年に発表されたMacBook Pro13インチについて利用目的別におすすめのカスタム方法を紹介します。

Word・Excelなど軽作業に使うだけのカスタム

軽作業向けのカスタム
  • 価格:154,800円(税別)
  • プロセッサ:第8世代の1.4GHzクアッドコアIntel Core i5プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.9GHz)
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:512GB SSD

後述する動画編集など特別な作業をしない場合は、一番安いMacBook Pro13インチで十分です。

ストレージは512GBまで上げた方がいいかも

ストレージ容量は256GBしかないので、さすがに容量が少ないです。

いろんなソフトウェアをインストールするだけで、結構容量を使ってしまいます。

最低でも『512GB』はあった方がおすすめです。

『動画編集』で使う場合のカスタム

MacBook Pro13インチを動画編集向けにカスタム
  • 価格:268,800円(税別)
  • プロセッサ:第10世代の2.3GHzクアッドコアIntel Core i7プロセッサ
  • メモリ:32GB
  • ストレージ:1TB SSD(標準)

MacBook Proのカスタムを考える時、その利用目的の一番は『動画編集』になると思います。

動画編集もサクサク動くことを念頭にカスタムしてみました。

カスタムした部分は、プロセッサとメモリを最大まで引き上げたことです。

プロセッサ

  • +2万円
  • 第10世代の2.3GHzクアッドコアIntel Core i7プロセッサ(Turbo Boost使用時最大4.1GHz)

少しでもサクサク動画編集したいなら、プロセッサは少しでもよくしておくことをおすすめします。

プロセッサは人間でいう『脳』みたいなものです。

メモリは32G以上が動画編集におすすめ

  • +4万円
  • メモリ:32GB
吉武編集長
吉武編集長

動画編集する上でメモリはとても大切です。

動画編集ソフトでも最も有名なソフトは『Adobe Premiere Pro』です。

premiereプロなどを使いたい場合は最低でも32G以上のメモリがあると安心です。

私自身、16GのメモリのMacBookを使用しておりましたが、3分程度の空撮動画を作成するのにも結構な時間がかかりました。

+4万円の費用がかかりますが、ここは増量しておくことをおすすめします。

ストレージは1TBのままでよいかと

吉武編集長
吉武編集長

個人的には、ストレージは『1TB』のままで良いと思います。

というのは、1TB追加するコストがかなり高いためです。

私自身、自宅用のデスクトップPCと、出先での作業用に2019年に発売したMacBook Pro16インチを使い分けてます。

どちらも内蔵ストレージは『1TB』のままですが、全く困っておりません。

4TBにすると『+10万円』は凄いですね(^_^;)

外付けSSDの方がコスパも利便性もいい

メーカーサンディスク
商品名SanDisk ポータブルSSD 1TB
価格17,000~22,321円あたり
容量1TB
読み出し速度最大550MB/秒
Amazon評価
レビュー数90件
吉武編集長
吉武編集長

私がおすすめするのは、サンディスクのポータブルSSDです。

『1TB15800円』になりますので、内蔵ストレージの容量を上げるよりコスパはかなりいいです。

作業効率やコンパクトさを求めるなら、断然SSDをおすすめしておきます。

カメラの撮影したデータをそのままMacBookへ

利便性の良さとして、カメラで撮影したデータを直接SSDに保存し、そのままパソコンに差し込むだけで動画編集をすることができます。

この流れはかなり便利です。

SanDisk ポータブルSSD  1TB 【PS4 メーカー動作確認済】 USB3.1 Gen2 防滴 耐振 耐衝撃 SDSSDE60-1T00-J25 Extreme Portable 3年保証
サンディスク

『サンディスクのSSD』が爆速&コンパクトすぎて今まで買わなかったことを後悔
『サンディスクのSSD』が爆速&コンパクトすぎて今まで買わなかったことを後悔【Extreme Portable】 サンディスク Extreme Portable SSD レビュー メーカー サンディスク ...

【おすすめ動画編集ソフト】Final Cut Pro X

【iMovieとの違いは】『Final Cut Pro X』におすすめする10の理由
  • Apple専用:動画共有サイト
  • 価格:36800円

公式ページ

Apple専用の動画編集ソフトです。

直感操作で簡単に動画編集することができる上、カラーグレーディングやエフェクトなど細かい調整もお手のものです。

『初心者~上級者』までなんなく使うことができますので、Appleユーザーにおすすめですよ。

【iMovieと違う?】『Final Cut Pro X』におすすめする4つの理由
【iMovieと比較】『Final Cut Pro X』がおすすめな5つの魅力 この記事の結論を言うと「36800円」と買い切りなことがうれしい! 直感操作で動画編集をストレスなく覚えることができる...

【私の愛用PC】MacBook Pro16インチ

予算40万円で動画編集向けにカスタム

合計価格:¥378,100円 (税込)

  • プロセッサ:第9世代の2.3GHz 8コアIntel Core i9プロセッサ
  • メモリ:32GB
  • グラフィックス:AMD Radeon Pro 5500M(8GB GDDR6メ‍モ‍リ搭載)
  • ストレージ:1TB SSD(標準)
吉武編集長
吉武編集長

こちらが私が使っているMacBook Pro16インチとそのカスタムです。

パソコンのサイズ感はだいぶ大きくなってしまいますが、『MacBook Pro16インチ』だともっとカスタムの幅が広がります。

プロセッサもグラボもメモリも『MacBook Pro13インチ』よりカスタムの幅が広がります。

またディスプレイも大きくなるので、作業はしやすくなります。

【コスパ優先】『Macbook Pro16インチ』を動画編集向けにカスタムしてみた
【コスパ優先】『Macbook Pro16インチ』を動画編集向けにカスタムしてみた 私自身、今まで「MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2015)」を使ってブログを...
ABOUT ME
アバター
吉武 穂高
DRONE WALKER 編集長 1984年生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。