YouTube

【Sony α7Ⅲ】動画撮影のためにおすすめのカメラ機材を一挙紹介

【Sony α7Ⅲ】動画撮影のためにおすすめのカメラ機材を一挙紹介
【Sony α7Ⅲ】動画撮影のためにおすすめのカメラ機材を一挙紹介
吉武編集長
吉武編集長

どうもDRONE WALKER(ドローンウォーカー)編集長の吉武穂高です。

今回は、Sonyのフルサイズミラーレス

SONY α7III

動画撮影に使うために購入した機材をまとめて紹介していきます。

【ミラーレス一眼】Sony α(7Ⅲ・9・6400)全種類比較と選び方
【ミラーレス一眼】Sony α(7Ⅲ・9・6400)全種類比較と選び方そもそも「ミラーレスカメラ」って何?? ミラーレスと一眼レフカメラの違い https://www.youtube.com...

『Sony α7Ⅲ』とは

製品名Sony α7Ⅲ
発売2018年
価格211,660円
センサーサイズフルサイズ
有効画素数2420万画素
連射速度10コマ/秒
ISO100~51200
動画4K30pfs動画
マウントソニーEマウント
重量599g
特徴瞳AF
特徴②5軸手振れ補正

SONY α7IIIをきっかけに「キャノン」「ニコン」から「Sony α7Ⅲ」に移行するプロカメラマンがかなり増えました。

「Sonyα7Ⅱ」の弱点であった

  • 「バッテリーの持ち」
  • 「動画性能」

が改善しました。

吉武編集長
吉武編集長

これまで「Sonyα7Ⅱ」を使ってきましたが、

動画撮影も本格的に始めたいということでSONY α7IIIを購入しました。

また「デュアルスロットル」になり、プロの撮影現場でも使っている人は非常に多いです。

初めてのフルサイズ入門にも、プロにも最強におすすめなカメラになります。

  • 価格と性能でコスパよし
  • 瞳AFで狙ったピントは外さない
  • デュアルスロットルでプロの現場も安心 

【動画撮影用】Sony α7Ⅲと一緒に揃えたカメラ機材

動画撮影に集めたカメラ機材
  • タムロン 28-75mm:標準ズームレンズ
  • SONY Vario-Tessar16-35mm:広角ズームレンズ
  • NDフィルター 67mm 可変式
  • K&F Concept カメラ三脚
  • グライドカムPRO:カメラジンバル
  • Ronin S:カメラジンバル
  • meriT Ocean:ガンマイク
  • タスカムDR-10L:ピンマイク
  • Micro-HDMI to HDMI 変換 ケーブル
吉武編集長
吉武編集長

私がSONY α7IIIを購入したのと一緒に買った機材たちです。

合計するとすさまじい金額になります(笑)

YouTubeでも簡単にまとめてますので、合わせてご覧ください。

タムロン 28-75mm:標準ズームレンズ

『Sony α7iii』を動画撮影に使うために購入したカメラ機材を一挙紹介
発売元TAMRON
製品名タムロン 28-75mm F/2.8 Di III RXD ソニーEマウント用
価格約93,000円
Amazon評価

まず紹介するのは、

『標準ズームレンズ』で最高のコスパを誇る

タムロン 28-75mm F/2.8 Di III RXDになります。

Sony純正の標準ズームレンズ20万円近くでなかなか手が出せない代物

しかし、タムロンさんが最高のレンズを出してくれました。

【作例】ポートレートも広角もバッチリ!

【作例たっぷり】Sony『タムロン 28-75㎜』で写真も動画も楽しすぎる! 【作例たっぷり】Sony『タムロン 28-75㎜』で写真も動画も楽しすぎる!

人物のポートレート写真から広角で撮影しても十分に使えます。

これかなり使いやすいので、おすすめですよ。

カメラ系ユーチューバーがこぞって絶賛!

Sonyをメイン機にしているカメラ系ユーチューバーさんが紹介しておりますので、持っている人も多いと思います。

私もそれに釣られて購入してしまいました(笑)

動画撮影~写真撮影まで万能選手

【お気に入り】寄って撮影できる

『Sony α7iii』を動画撮影に使うために購入したカメラ機材を一挙紹介

個人的に最も気に入っているポイントは焦点距離です。

私の場合、室内でガジェットやプラモに被写体に寄って撮影することが多いです。

タムロン 28-75mm を導入して、撮影がすごく快適で動画撮影の質がアップしました。

これは本当にありがたいです。

【作例たっぷり】Sony『タムロン28-75㎜』で写真も動画も楽しすぎる! タムロン 28-75mm:標準ズームレンズ発売元 TAMRON製品名 タムロン 28-75mm ...

SONY Vario-Tessar16-35mm:広角ズームレンズ

SONY Vario-Tessar16-35mm:広角ズームレンズ
発売元SONY
製品名ズームレンズ Vario-Tessar T FE 16-35mm F4 ZA OSS Eマウントフルサイズ対応 SEL1635Z
価格133,956円
Amazon評価

動画撮影において、標準ズームと合わせて揃えたいのが『広角ズームレンズ』になります。

本当はGマスターの16-35㎜を購入したかったのです。

さすがに厳しくVario-Tessar16-35mmを購入!

といってもこれまたかなり高額ですが・・・(^_^;)

標準ズーム+広角レンズで死角なし!

私が動画撮影で最も勉強させてもらっているParker Walbeckになります。

上記のようなウエディング撮影の撮影には、

  1. 標準ズームレンズ:28-75㎜
  2. 広角レンズ:16-35㎜

上記2本でレンズでほとんどの撮影に対応できております。

広角ポートレートのために購入

『Sony α7iii』を動画撮影に使うために購入したカメラ機材を一挙紹介

私自身、元々『広角ポートレート』を撮影したかったので、購入しましたが動画撮影の現場でも大活躍してくれそうです。

全体のロケーションや室内をダイナミックに撮影してくれそうでワクワクしております。

SONYフルサイズミラーレスでおすすめレンズ2種類を21枚のポートレート写真で紹介
SONYαフルサイズミラーレスでおすすめレンズを21枚のポートレートで紹介SONYαシリーズを買ったけど、おすすめレンズって何かあるの?ドローン空撮に始まり、すっかり写真を撮影する魅力に...

NDフィルター 67mm 可変式

『Sony α7iii』を動画撮影に使うために購入したカメラ機材を一挙紹介
発売元 K&F Concept
製品名NDフィルター 67mm 可変式 X状ムラなし ND2-ND32減光フィルター 薄型 レンズフィルター
価格5920円
Amazon評価

動画撮影をする時に、『fps(フレームレート)』合わせて『シャッタースピード』を決めたいですよね。

屋外で動画撮影する場合、光の量を調整するために必須なのが『NDフィルター』になります。

しかし、ND8、ND16などのように個別に用意していたのでは、正直キリがありません。

また予算的にもすさまじいことになります。(笑)

そこで選びたいのが、コスパがいい可変式のNDフィルターになります。

いろいろ比較しましたが、このK&F Concept が最もコスパがよく、性能としてもバッチリだということが分かりました。

K&F Concept カメラ三脚

『Sony α7iii』を動画撮影に使うために購入したカメラ機材を一挙紹介
発売元K&F Concept
製品名三脚  KF-TM2324
価格8500円
Amazon評価

恥ずかしながら、今までAmazonで1000円程度の超安物三脚を使ってきました。

さすがにフルサイズミラーレスを乗せるのには不安が残るということでいい三脚を探しました。

このK&F Concept カメラ三脚に決めたポイントは、以下の条件です。

【Sony α7Ⅲ】動画撮影のためにおすすめのカメラ機材を一挙紹介
  • 予算:1万円
  • コスパがいいこと
  • Amazonでのレビュー評価
  • 材質にはこだわりなし
  • 雲台の滑らかさ

Amazonで探した結果、1万円程度で評価がいいカメラ三脚はたくさん出てきました。

その中でK&F Concept カメラ三脚を選んだ理由は、『雲台の滑らかさ』が決め手でです。

他の三脚のレビューなどと見比べて、K&F Concept カメラ三脚一番雲台部分のレビュー評価が高かったのでこれにしました。

実際に持ってみましたが、今までの安物三脚とは別次元です(笑)

グライドカムXR-PRO:カメラジンバル

グライドカムXR-PRO:カメラジンバル
発売元グライドカム
製品名グライドカムハンディカメラスタビライザーXR-PROブラックGLXRP
価格70320円

グライドカムXR-PROは、カメラ専用のジンバルです。

電子式のカメラジンバルではなく、機械式で使い勝手が抜群にいいです。

グライドカムは最高にかっこいい!

日本で使っている方はほとんどいません。

今回のSONY α7IIIに合わせて購入したのが、グライドカムPROになります。

これ先にも紹介した海外のユーチューバー『パーカー』が使ってますが、最高にかっこいいですね。

吉武編集長
吉武編集長

電子式ジンバルと比べても十分に滑らかな動画を撮影できます。

これだけ撮影できれば十分です!

Ronin S:カメラジンバル

価格通常版:92800円

エッセンシャルキット:64800円

最大動作速度75Km/h
最大積載量3.6Kgまで
バッテリー駆動時間12時間
機能3軸スタビライザー

公式ページ

グライドカム VS Ronin S

グライドカムにもロニンSにも両方ともメリット・デメリットがあります。

超ザックリですが、

  • セッティングの速さ:グライドカム
  • ブレに強い:ロニンS

ですね。

すでにRonin-Sを持っていた中で、『グライドカム』を購入した理由は

  • かっこいい
  • セッティングが楽

というところが一番ですね(笑)

一眼&ミラーレスの最強カメラジンバル『Ronin-s』完全操作ガイド
一眼&ミラーレスの最強カメラジンバル『Ronin-s』完全操作ガイドそこで使われる機材は、初めのうちはiPhoneなどスマホとOSMOMOBILE(オズモモバイル)などを使って動画を撮影していた方...

ジンバルを使った撮影テクニック

ジンバルを使った撮影テクニック
  • 【前進・後進】PUSH IN & PUSH OUT
  • 【平行移動】DOLLY LEFT OR RIGHT
  • 【円移動①】ORBIT
  • 【円移動②】PARALLAX ORBIT
  • 【追跡】ACTIVE TRACK
  • 【ローアングル】LOW ANGLES
  • 【リヴィールショット】REVEAL
  • 【上下移動】ELEVATOR
  • 【タイムラプス】Timerapse
  • 【俯瞰撮影】Bird’s eye view
吉武編集長
吉武編集長

カメラジンバルを使った撮影テクニックを紹介します。

【動画撮影上達のコツ】カメラジンバルを使った10の撮影テクニック
【動画撮影上達のコツ】カメラジンバルを使った10の撮影テクニックしかし、憧れの動画クリエイターのようなお洒落な映像ってどう撮影したらいいかわからないですよね。今回は、『カメラジ...

meriT Ocean:ガンマイク

『Sony α7iii』を動画撮影に使うために購入したカメラ機材を一挙紹介
製品名アップグレード版-mic05 外付けマイク meriT Ocean カメラマイク
価格2860円
Amazon評価

音声を収録するためのマイクになります。

室内の撮影でも雑音などが入ってしまうため、マイクは必須になりますね。

いろいろ探しましたが、価格も3000円以内でコスパがよさげなモデルを選びました。

TASCAM / ピンマイクレコーダー/DR-10L

TASCAM (タスカム)/ ピンマイクレコーダー/DR-10L
発売元TASCAM
製品名TASCAM (タスカム)/ ピンマイクレコーダー/DR-10L
価格20,665円
Amazon評価

動画に出演する方で、距離が離れたりインタビューをする時にはピンマイクをつけてもらう方が確実だと思い購入しました。

屋外だと風の音など厄介ですからね。

動画レビュー

吉武編集長
吉武編集長

YouTubeでも簡単なレビューをしております。

【超小型で高音質】タスカムのピンマイク『DR-10L』レビュー!【TASCAM】屋外でのロケだとカメラで まともに音声収録ができない! https://youtu.be/c2Tx5EEG9HI外で...

Micro-HDMI to HDMI 変換 ケーブル

発売元MacLab.
製品名Micro-HDMI to HDMI 変換 ケーブル 3m
価格749円
Amazon評価

外部モニターに映し出すように購入しました。

SONY α7IIIMicro-HDMI to HDMIの変換ケーブルになります。

安いバッテリー充電器

『Sony α7iii』を動画撮影に使うために購入したカメラ機材を一挙紹介
発売元SHEAWA
製品名SHEAWA NP-FZ100 USB充電器
価格1398円
Amazon評価

外部モニターに映し出すように購入しました。

Sony純正の充電器は高すぎなので、非純正で安い充電器を購入しました。

【コスパで選ぶ】Sony α7III・α9の非純正のバッテリー充電器が便利です
【コスパで選ぶ】Sony α7III・α9の非純正のバッテリー充電器が便利ですそのため充電する時は、カメラにケーブルを繋いで充電することになります。 バッテリーの充電に時間がかかりすぎ!!...

【まとめ】

製品名Sony α7Ⅲ
発売2018年
価格211,660円
センサーサイズフルサイズ
有効画素数2420万画素
連射速度10コマ/秒
ISO100~51200
動画4K30pfs動画
マウントソニーEマウント
重量599g
特徴瞳AF
特徴②5軸手振れ補正
吉武編集長
吉武編集長

ということで、SONY α7IIIと合わせて購入したカメラ機材を紹介させていただきました。

まだまだ買い足したいアイテムは結構ありますので、随時追記修正してまります(笑)

【2019年】YouTuberデビューにおすすめカメラ機材 厳選14選
【2019年版】YouTuberデビューにおすすめカメラ機材 厳選18選https://drone-aerial-corps.com/2019/08/07/blog-youtube/ 【種類】動画撮...
ABOUT ME
アバター
吉武 穂高
DRONE WALKER 編集長 1984年生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。