カメラ入門

【動画撮影上達のコツ】カメラジンバルを使った10の撮影テクニック

【動画撮影上達のコツ】カメラジンバルを使った10の撮影テクニック

9月のキャンペーン情報

キャンペーンページ(DJI公式)

ジンバルを使った撮影テクニック
  • 【前進・後進】PUSH IN & PUSH OUT
  • 【平行移動】DOLLY LEFT OR RIGHT
  • 【円移動①】ORBIT
  • 【円移動②】PARALLAX ORBIT
  • 【追跡】ACTIVE TRACK
  • 【ローアングル】LOW ANGLES
  • 【リヴィールショット】REVEAL
  • 【上下移動】ELEVATOR
  • 【タイムラプス】Timerapse
  • 【俯瞰撮影】Bird’s eye view
吉武編集長
吉武編集長

どうもDRONE WALKER(ドローンウォーカー)編集長の吉武穂高です。

今、YouTubeなどで動画を撮影したり編集することが主流になりました。

しかし、憧れの動画クリエイターのようなお洒落な映像ってどう撮影したらいいかわからないですよね。

今回は、『カメラジンバル』を使った様々な動画の撮影方法を紹介していきます。

様々なアングルや方法で撮影した動画を組み合わせることで、ひとつの映像作品のクオリティがグッとアップしますよ。

『カメラジンバル』とは?

【2019年最新版】一眼レフ専用カメラスタビライザーおすすめ7選

通常、一眼レフカメラのみで動きのある撮影をすると『手ブレ』が起きてしまいます。

そこで、カメラのブレを極限まで抑えてくれるアイテムが『カメラジンバル(スタビライザー)』になります。

近年、YouTubeなどを通じて、様々な動画クリエイターが増えました。

同時に、各メーカーから様々なカメラジンバルが発売しております。

2019年おすすめは、ミラーレス+Ronin-SC

吉武編集長
吉武編集長

もし今から動画撮影を始めるなら

SONY α7ⅢRonin-SCの組み合わせが個人的におすすめです。

ミラーレスで最も勢いのある『Sony』とRonin-SCは2019年最新のジンバルです。

カッコよくておすすめの一眼レフ専用カメラジンバル10選【2019年最新版】
カッコよくておすすめの一眼レフ専用カメラジンバル10選【2019年最新版】一眼レフ・ミラーレスカメラ専用 スタビライザーが欲しくなってきた!【ジンバル】カメラスタビライザーとは?...

【おすすめ】私の動画撮影機材

私の撮影機材たち
  • タムロン 28-75mm:標準ズームレンズ
  • SONY Vario-Tessar16-35mm:広角ズームレンズ
  • NDフィルター 67mm 可変式
  • K&F Concept カメラ三脚
  • グライドカムPRO:カメラジンバル
  • Ronin S:カメラジンバル
  • meriT Ocean:ガンマイク
  • タスカムDR-10L:ピンマイク
  • Micro-HDMI to HDMI 変換 ケーブル
吉武編集長
吉武編集長

結構無駄もありますが、いろいろ試して自分のライフスタイルに合う撮影機材を研究しております。

【Sony α7Ⅲ】動画撮影のためにおすすめのカメラ機材を一挙紹介
【Sony α7Ⅲ】動画撮影のためにおすすめのカメラ機材を一挙紹介https://drone-aerial-corps.com/2019/03/30/sony%ce%b1-series/...

動画で見るジンバルを使った撮影テクニック

カメラジンバルを使った撮影方法を紹介しております。

ひとつの撮影方法でも

  • 被写体との距離感
  • レンズの焦点距離
  • モデルの表情

などいろいろ撮影しておくと編集の時、便利だと思いました。

【前進・後進】PUSH IN & PUSH OUT

【動画上達のコツ】カメラジンバルを使った10の撮影テクニック

まずは最も基本となる『前進』『後進』です。

レンズは『広角』レンズを使って風景全体をダイナミックに撮影することがおすすめです。

カメラワーク

【動画上達のコツ】カメラジンバルを使った10の撮影テクニック
吉武編集長
吉武編集長

被写体となる人物や風景に向かって、まっすぐ移動をします。

【平行移動】DOLLY LEFT OR RIGHT

【動画上達のコツ】カメラジンバルを使った10の撮影テクニック

例えば、人が歩いている動きを横から追いながら撮影していきます。

カメラワーク

【動画上達のコツ】カメラジンバルを使った10の撮影テクニック

被写体が動く場合は、追随してカメラを動かしていきます。

  • 全身を撮影
  • 胸から上を撮影
  • 足元を撮影

など、被写体との距離感を変えて複数のパターンで撮影しておくといいですね。

【撮影のコツ】間に柱などで遮って別のカットへ

【動画上達のコツ】カメラジンバルを使った10の撮影テクニック
吉武編集長
吉武編集長

被写体が隠れた瞬間が動画切り替えのチャンスだ!

平行移動の撮影で、被写体とカメラの間に木や柱などの障害物を挟むことで映像に変化が生まれます。

またそのタイミングで、別の動画カットに切り替えるのもおすすめです。

【おすすめレンズ】標準ズーム

対象なる被写体とロケーションを合わせて撮影したり、足元や表情などピンポイントで撮影するとおすすめです。

そのため、撮影には『24~75㎜』程度の標準ズーム撮影のレンズがおすすめです。

【円移動】ORBIT

【動画上達のコツ】カメラジンバルを使った10の撮影テクニック

被写体を中心にぐるっと円の軌道を描きながら撮影をしていきます。

被写体はもちろんですが、周囲の景色も撮影することができます。

おすすめは広角レンズやGoPro

【動画上達のコツ】カメラジンバルを使った10の撮影テクニック

レンズは16~28㎜の広角レンズやGoProなどのアクションカメラで撮影するとおすすめです。

被写体はもちろんですが、その周囲のロケーションをよりダイナミックに撮影することができます。

【保存版】スポーツ毎に『GoPro HERO7』を120%使い倒す方法
【保存版】可能性は無限大『GoPro HERO7』を120%使い倒す方法「GoPro HERO7 Black」の製品概要製品名 GoPro HERO7Black価...

カメラワーク

【動画上達のコツ】カメラジンバルを使った10の撮影テクニック

被写体を中心に円の軌道を描きながら、撮影をしていきます。

ドローンの場合

吉武編集長
吉武編集長

ドローンを使うと、風景をよりダイナミックに撮影できます。

【ボケみを使った円移動】PARALLAX ORBIT

【動画上達のコツ】カメラジンバルを使った10の撮影テクニック

先ほどと、同じ円の軌道を描きながら撮影をしていきますが、今度はより被写体と周囲のロケーションを際立立てせて撮影をします。

パララックスとは、直訳で「視差」になります。

被写体にピントを合わせて、周囲のロケーションにボケみを加えることで、立体感・奥行きを演出することができます。

おすすめは35、50㎜のレンズ

先ほどは広角レンズをおすすめしましたが、今度は35mm、50mmあたりがおすすめです。

被写体と周囲のロケーションに境界、視差を作ることで、見る人により奥行き感を伝えることができます。

カメラワーク

【動画上達のコツ】カメラジンバルを使った10の撮影テクニック
吉武編集長
吉武編集長

カメラワークそのものは円の軌道ですが、ピントが人に合っているか確認しながら撮影しましょう!

【追跡】ACTIVE TRACK

移動する被写体に追随して、撮影を行います。

前進する被写体などを後ろから追って撮影をします。

被写体との距離感を保ちながら、円の移動などを描いてみてもいいと思います。

カメラワーク

被写体との距離感を一定に保ちながら撮影をするとよいでしょう。

【動画上達のコツ】カメラジンバルを使った10の撮影テクニック

【アイデア】ドローンなら追い越してもオッケー

【動画上達のコツ】カメラジンバルを使った10の撮影テクニック

ドローンであれば、被写体の背中を追いかけつつ、途中で追い越すとなお映像に迫力が生まれます。

被写体を超えた先の景色が絶景であるなど、最後にインパクトを与えるとなおよくなります。

2019年おすすめはMavic 2 PRO

吉武編集長
吉武編集長

2019年、最もおすすめの空撮用ドローンはMavic2 PROになります。

ドローンの運用には、ルールやマナーがありますので、ちゃんと知識と技術を習得しましょう!

Mavic 2 Proのドローン空撮ガイド『ハッセルブラッド』のカメラ最高かよ!
【世界最強】DJIドローン『Mavic 2 Pro』の使い方から空撮まで徹底紹介するぞ!Mavic 2 PROで操縦&空撮してみました!製品名 Mavic 2 PRO(マービック2プロ)...

【ローアングル】LOW ANGLES

【動画上達のコツ】カメラジンバルを使った10の撮影テクニック

カメラを地面すれすれの状態から撮影すると、映像に変化が生まれます。

ひとつのロケーション、被写体でもカメラの高さを変えて撮影し、組み合わせるといいです。

Ronin-Sなら地面すれすれも撮影可能

Ronin-Sなら地面すれすれも撮影可能

今では、カメラジンバルも進化しております。

『Ronin-S』など最新のモデルであれば、簡単に地面スレスレのアングルでも撮影することができます。

地面スレスレからの真上アングルもおすすめ

【動画上達のコツ】カメラジンバルを使った10の撮影テクニック

【リヴィールショット】REVEAL

【動画上達のコツ】カメラジンバルを使った10の撮影テクニック

リヴィールとは、『明らかになる』という意味です。はじめは隠れたアングルから、最終的に風景などが明らかになります。

カメラを下、地面を映してからの建物や被写体を撮影することでダイナミックに撮影できます。

 

【動画上達のコツ】カメラジンバルを使った10の撮影テクニック

【上下移動】ELEVATOR

【動画上達のコツ】カメラジンバルを使った10の撮影テクニック

エレベーターとは、上下移動のことです。

下から上へとカメラを移動させることで、映像に変化をつけます。

カメラワーク

【動画上達のコツ】カメラジンバルを使った10の撮影テクニック

カメラははじめ被写体の足を撮影してますが、そこから人物の顔などが明らかになります。

また人を超えて、後ろの背景なども撮影することで、より映像に変化が生まれます。

ドローンを使ったエレベーターショット

吉武編集長
吉武編集長

ドローンを使ったエレベーターショットは地方の旅番組でめっちゃ使われてますよ!

【タイムラプス】Timerapse

『タイムラプス』とは「低速度定点撮影」になります。

設定は個人で自由に決めますが、カメラを固定して雲などの風景や人やものが動く様子を定点撮影します。

数秒に1回撮影を行い、一定時間に渡って撮影します。

それを繋げてみることで、まるでコマ送りしたかのような映像になります。

雲の動きや人や車の流れなどを表現するのに使われます。

吉武編集長
吉武編集長

ジンバルの機能を使って、動きのあるハイパーラプスも撮影できるようになりました。

ひとつの映像作品に組み込むことで視聴者をより印象的に惹き付けることができます。

DJIカメラジンバル『Ronin-S』で『タイムラプス&モーションラプス』の撮影方法
DJIカメラジンバル『Ronin-S』で『タイムラプス&モーションラプス』の撮影方法https://drone-aerial-corps.com/2018/08/04/ronin-s-3/また非常に優秀な...

【俯瞰撮影】Bird’s eye view

【動画上達のコツ】カメラジンバルを使った10の撮影テクニック

ドローンなどの撮影機材が必要になりますが、真上から真下を撮影することもおすすめです。

今までになかったアングルからの撮影も機材の進化で容易になりました。

低空から俯瞰撮影できるのがドローンの魅力

吉武編集長
吉武編集長

ドローンの魅力は、低い高度からでもカメラを真下に向けられることです。

このアングルはほんの数年前まで全くなかった構図なので、積極的に使ってみましょう!

【プロが選ぶ】DJIのおすすめドローン ベスト10 価格と性能を徹底比較【2019年最新版】
【プロが選ぶ】DJIのおすすめドローン ベスト10 価格と性能を徹底比較【2019年最新版】人気のDJIドローンを購入する上で 大切な価格と性能を徹底比較するぞ![blogcard url="https:/...

WindowsとMacにおすすめの動画編集ソフト

Mac編

Macにおすすめな動画編集ソフト
  1. iMovie:初心者
  2. フィモーラ:初心者~中級者
  3. Final Cut ProX:初心者~上級者向け
  4. Premiere Pro:中上級者向け
  5. DaVinci Resolve:上級者向け

詳しくは以下の記事をご覧ください。

【もう迷わない】Macにおすすめの動画編集ソフト5選【2019年版】【結論】Premiere ProとFinal Cut ProXの2択まずは結論から述べておくと、本気で動画編集を...

Windows編

Windows派におすすめな動画編集ソフト
  1. フィモーラ:初心者~中級者
  2. Premiere Pro:中上級者向け
  3. DaVinci Resolve:上級者向け
Windowsにおすすめの動画編集はFilmoraとPremiere Pro使い分けだ!
【Windows派】動画編集ソフトはFilmoraとPremiere Proがおすすめ!【結論】初めからPremiere Proのみで行くかフィモーラから始めるのか本気で動画編集をやっていく!...

【まとめ】

【動画上達のコツ】カメラジンバルを使った10の撮影テクニック
ジンバルを使った撮影テクニック
  • 【前進・後進】PUSH IN & PUSH OUT
  • 【平行移動】DOLLY LEFT OR RIGHT
  • 【円移動①】ORBIT
  • 【円移動②】PARALLAX ORBIT
  • 【追跡】ACTIVE TRACK
  • 【ローアングル】LOW ANGLES
  • 【リヴィールショット】REVEAL
  • 【上下移動】ELEVATOR
  • 【タイムラプス】Timerapse
  • 【俯瞰撮影】Bird’s eye view
吉武編集長
吉武編集長

というわけで、カメラジンバルを使った撮影テクニックを紹介させていただきました。

ひとつのロケーションでも、被写体との距離感や撮影の仕方を工夫することで、様々な素材の動画を撮影できます。

ワンパターンにならず、様々な動画にストーリーを持たせてかっこいい映像を作りましょう!

【2019年】YouTuberデビューにおすすめカメラ機材 厳選14選
【2019年版】YouTuberデビューにおすすめカメラ機材 厳選18選【種類】動画撮影に必要な機材って何??【iPhone】撮影から編集まで可能な超万能選手ま...
ABOUT ME
アバター
吉武 穂高
DRONE WALKER 編集長 1984年生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。