Ronin

一眼&ミラーレスの最強カメラジンバル『Ronin-s』完全操作ガイド

一眼&ミラーレスの最強カメラジンバル『Ronin-s』完全操作ガイド

どうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)編集長の吉武穂高です。

今はVlogやユーチューバー、ブロガー、インスタグラマーなど様々な形で映像を発信していく人が増えました。

そこで使われる機材は、初めのうちはiPhoneなどスマホとOSMOMOBILE(オズモモバイル)などを使って動画を撮影していた方もいると思います。

吉武編集長
吉武編集長
私自身、そうでした。

しかし、実際に映像撮影に足を踏み入れていくと、やはり一眼レフカメラやミラーレスカメラなどが欲しくなってきます。

そこで実際に本格的なカメラを購入!

一眼&ミラーレスの最強カメラジンバル『Ronin-s』完全操作ガイド
吉武編集長
吉武編集長
私自身もそうでした。
てつや
てつや
順調に散財王の道を歩んでいるな・

そこでVlogやYouTubeに使える映像を撮影してみよう!

となった時に、とてもほしくなるのが、『一眼レフ・ミラーレス専用のカメラジンバル』です。

吉武編集長
吉武編集長
とても欲しいというかめっちゃ欲しくなります。

そこで、非常に活躍が期待されるのが今回紹介する『Ronin-s』になります。

Ronin-sとは?2018年最新!最強のカメラジンバル

一眼&ミラーレスの最強カメラジンバル『Ronin-s』完全操作ガイド

Ronin-Sとは、一眼レフやミラーレスカメラ用に設計された片手のカメラジンバルになります。

通常、手持ちで一眼レフカメラを使って撮影するとどうしても『手ブレ』が起きてしまいます。

吉武編集長
吉武編集長
今のカメラは優秀で電子手ブレ補正はついているカメラは多いですが、映像を作る上では結構ブレが気になります。

そこで、活躍するのが『カメラジンバル』です。

Ronin-sの片手用カメラジンバルを使うことで、動画クリエイターは、ブレのない映像と自由な動きを手にすることができます。

では実際にDJIの公式動画を見てみましょう

Ronin-sの公式プロモーション動画

Ronin-Sの基本スペック

  • 販売価格:92800円
  • 最大動作速度:75Km/h
  • 最大積載量:3.6Kgまで
  • バッテリー駆動時間:12時間
  • 3軸スタビライザー
  • プロ用アクセサリーにも対応
  • 細密なフォーカス調整
  • 自動スマート機能
  • 傾斜ロールモーター

ざっくりしたスペックは以上になります。

吉武編集長
吉武編集長
それにしてもこの価格はかなり安くていいですね。
てつや
てつや
マジか!

『Ronin-s(ロニンS)』はどんな人におすすめ??

A|プロのカメラマン・映像クリエイターにおすすめ!

まずは大前提として、すでにこだわりの『一眼レフカメラ・ミラーレス』を持っていることが前提ですが、

  • プロカメラマン
  • 映像制作会社
  • ユーチューバー・Vlog
  •  映像クリエイター

などになります。

今回、実際に『ポラリスエクスポート』さんのロニンS体験会に参加されている方の『半分以上』は『映像関係のお仕事』をしておりました。

撮影現場では、やはり使用するカメラの台数が多く、現在では

  • SONY
  • キャノン
  • ルミックス
  • ニコン

などの一眼レフカメラを使用してロケなどを行うことが多いそうです。

要はハイアマチュアの方が使用しているカメラも普通にプロの現場でも重宝しているということです。

そんな時、絶対に必要になるのがカメラジンバル。

各々いろんなメーカーのカメラジンバルを試してきたそうですが、本当に納得のいくものに出会えた人はいませんでした。

そこで、ドローンメーカーのDJIから登場した『Ronin-s』の性能に非常に関心が集まっておりました。

吉武編集長
吉武編集長
まだ一眼レフなど持ってない人でジンバルに興味がある人は『スマホ専用ジンバル』のOSMOMOBILE(オズモモバイル)2がおすすめです。

Ronin-sの機能①|12時間の長時間使用可能

一眼&ミラーレスの最強カメラジンバル『Ronin-s』完全操作ガイド

バッテリーの持ちはかなりいいので、一度充電しておけば、丸一日は普通に使えますね。

Ronin-sの機能②|ローアングルの撮影可能

OSMOMOBILE(オズモモバイル)や他社のジンバルでもできる機能ですが、『超ローアングル』などさまざまなシーンで活用できます。

Ronin-sの機能③|クルクル回転するロニンS

この回転での撮影はかなり面白い映像が撮影できそうですよね。

この機能は他社のカメラジンバルにはない機能なので、ぜひ積極的に使ってみたいところです。

吉武編集長
吉武編集長
この機能だけでも欲しくなりますね。

Ronin-sの機能④|スマホの専用アプリと連携して遠隔操作可能

吉武編集長
吉武編集長
この機能もかなり使えそうですね。
てつや
てつや
三脚にして設置しておいて遠隔で撮影したり、タイムラプスなどにも使えそうだな。

Ronin-sの機能③|ブラザーのエアスカウターとも連携可能!

一眼&ミラーレスの最強カメラジンバル『Ronin-s』完全操作ガイド

まあこれはロニンSと連携というよりは、『カメラに対してのモニターをエアスカウターに連携』させているのですが、こうして外部出力に繋げられるのはかなり便利ですね。

Ronin-sの使い方【動画】

ポラリスエクスポート様の体験会での動画になります。

約30分ほどありますが、話を聞くとざっくりした使い方などがわかります。

エアスカウターとは??

プロドローンパイロット御用達!ブラザーのAiRScouter(エアスカウター)を使ってみた!

片目で映像を確認できるヘッドマウントディスプレーです。

ドローンの空撮現場などで非常に使えます。

他社のものと比較して、圧倒的に『輝度が高い』ため夏場でも使用できます。

ドローンの墜落リスクを目視飛行することで可能な限り下げることができます。

実際に『Ronin-s』を使ってみた

一眼&ミラーレスの最強カメラジンバル『Ronin-s』完全操作ガイド
吉武編集長
吉武編集長
ぶっちゃけ結構重いです。

今回私が持っているSONYα7Ⅱとレンズはカメラの中では比較的軽い方で約1.5kg程度の重さです。

ロニンS自体の重さも2kg弱ありますので、結構な重量になります。

まあ多少は覚悟しておりましたが、やはり重かったです。

吉武編集長
吉武編集長
カメラマンの人マジですごいと思いました
てつや
てつや
Ronin-sを使いこなすためにはまずは筋トレからだな!
一眼&ミラーレスの最強カメラジンバル『Ronin-s』完全操作ガイド

てつや
てつや
完全にふざけてるな

今までOSMOMOBILE(オズモモバイル)をずっと使ってきたので、このギャップはかなりありますね。

もちろん両手でも使用可能!

一眼&ミラーレスの最強カメラジンバル『Ronin-s』完全操作ガイド
吉武編集長
吉武編集長
両手で持って少し高いところから撮影すれば、擬似空撮的な映像も撮影できます。

Ronin-sはプロのみならず、これから本格的な映像制作を始めたい趣味ユーザー層に対してもアプローチしている印象はありますが、結構ガチのつもりで入らないと厳しいかもです。

実際にRonin-sで撮影した映像

吉武編集長
吉武編集長
編集中ですので少々お待ちください。

デメリット|逆に使いづらいのは手軽に旅先に持って行けそうにないこと!

一眼&ミラーレスの最強カメラジンバル『Ronin-s』完全操作ガイド

やはり『Ronin-s』だけでそれなりの大きさ・重量になってしまうので、移動が飛行機なんかだとおいそれと持っていくのは大変そうだなという印象を受けました。

目的を持った撮影用途以外だと持て余してしまう感じがあるという印象です。

吉武編集長
吉武編集長
やはりプロ仕様という印象が強そうですね。

まとめ|Ronin-Sはどんなシーンで使えるの?

  • 結婚式の映像制作
  • 個人・企業のプロモーション動画
  • ドローンと組み合わせて使う

まあぶっちゃけなんでも使えます。

スマホやGoProなどの動画に飽き足らなくなり、また撮影する映像のクオリティをもっと高めたい時に非常に重宝しますね。

撮影の映像性能は当然ながら『お手持ちのカメラやレンズの性能に依存』します。

今は各カメラメーカーから面白いレンズがたくさん出ているので、工夫次第で誰にも撮影できない映像を撮影することが可能です。

というわけでざっくりですが、『Ronin-s』のご紹介をさせていただきました!

気になる方はぜひお試しを!

今回の撮影協力|株式会社ポラリスエクスポート

一眼&ミラーレスの最強カメラジンバル『Ronin-s』完全操作ガイド愛知県名古屋市大須のど真ん中にあります。

今回愛知県名古屋市のラジコン・ドローンを取り扱う『株式会社ポラリスエクスポート様』のロニンS体験会を撮影したことを元に記事を書いております。

ホビーステーションとオンラインショップを掲載しておきますので、気になる方はぜひ足を運んでみてください。

ホビーステーション大須

  • 住所:〒460-0011 愛知県名古屋市中区大須3丁目27
  • ホームページ:https://www.drone-station.net/user_data/hs.php

 

ABOUT ME
吉武 穂高
DRONE WALKER 編集長 1984年生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。