テクノロジー・起業

【ドローン+AIカメラ+音声収録】『Power Egg X』の活用法を徹底紹介!

【ドローン+AIカメラ+音声収録】『Power Egg X』の活用法を徹底紹介!
【ドローン+AIカメラ+音声収録】『Power Egg X』の活用法を徹底紹介!
Power Egg Xの特徴
  • 特徴的な卵形
  • ドローンにもなる
  • ハンディカムにもなる
  • 3軸ジンバルでなめらかな映像
  • AIカメラで顔を認証できる
  • 録音機能も搭載
吉武編集長
吉武編集長

どうもDRONE WALKER(ドローンウォーカー)編集長の吉武穂高です。

今回は『PowerVison』様より最新のドローン『Power Egg X』をお借りしましたので紹介していきます。

『Power Egg X』の製品情報

『Power Egg X』の製品情報
商品名Power Egg X(パワーエッグ エックス)
会社Power Vision
価格エクスプローラー版:99900円
ウィザード版:146900円
機能ドローン・ハンディカム
重量ハンディカム:522g
ドローンモード:862g
カメラセンサー1/2.8 インチCMOS
有効画素数 1200 万
画角27mm(35mm判換算焦点距離)
映像性能4K60fpsまで撮影
4K:3840×2160 24/25/30/48/50/60p
FHD: 1920×1080 24/25/30/48/50/60/120p
HD:1280×720 24/25/30/48/50/60/120/240p
バッテリー時間ハンディカムの場合:3時間半
ドローンの場合:最大30分
ドローン飛行性能5級耐風:10m/s

公式ページ

エクスプローラー版:99900円

【Power Egg X】エクスプローラー版:99900円 【Power Egg X】エクスプローラー版:99900円
セット内容
  • カメラ本体
  • バッテリー
  • プロペラアーム
  • 予備プロペラ一式
  • プロポ:コントローラー
  • カメラリストバンド
  • 本体ケース
吉武編集長
吉武編集長

『エクスプローラー版』でもハンディカム・ドローンどちらも楽しめます。

ただバッテリーが1個しかないので、追加でほしいところですね。

ハンディカムメインなら1個でも十分だと思います。

PowerVision PowerEgg X エクスプローラー版 AIカメラ ハンディカメラ 録音ドローン 4K 自律式カメラ 高画質 スマホ リアルタイム画像伝送 オールインワン製品
パワービジョン(Powervision)

ウィザード版:146900円

【Power Egg X】ウィザード版:146900円 【Power Egg X】ウィザード版:146900円
セット内容
  • 本体カメラリストバンド
  • インテリジェントバッテリー2個
  • プロペラアーム
  • 予備プロペラ3セット
  • リモコン
  • アームケース
  • 防水カバー
  • フロート

吉武編集長
吉武編集長

ウィザード版では、合計2個のバッテリーと予備プロペラが3セット分入ってます。

また雨の中でも運用できるように防水カバーやフロートが入っております。

本格的にドローンを運用してみたい方におすすめのセットですね。

海などでドローンを本格活用したいなら『ウィザード版』がおすすめです。

PowerVision PowerEgg X ウィザード版 AIカメラ ハンディカメラ 録音ドローン 水上離着陸 雨天飛行 4K 自律式カメラ 高画質 スマホ リアルタイム画像伝送 オールインワン製品
パワービジョン(Powervision)

実際に初空撮までの様子

吉武編集長
吉武編集長

初期設定~初フライトまでの様子を動画にまとめました。

水中から離着陸できるのは面白いですね。

専用アプリ|Vision+2

【Power Egg X】世界初の録音機能搭載ドローン

IOS V1.0.1 iOS 8.0以上

Android V1.0.4 Android 5.0以上

吉武編集長
吉武編集長

こちらが『Power EGG X』の専用アプリになります。

事前にインストールしておくことをおすすめします。

【ドローン+AIカメラ+音声収録】『Power Egg X』の活用法を徹底紹介!

ドローンの初期設定時はアプリの指示に従うことで、簡単に設定できました。

『Power Vison』とは?

【Power Egg X】世界初の録音機能搭載ドローン

ドローンを運用している方はご存じの方も多いと思いますが、水中ドローンで有名な会社です。

以前にもPowerDolphinを使わせてもらいました。

水上ドローン『パワードルフィン』で釣りや救助も可能に【PowerDolphin】
水上ドローン『パワードルフィン』で釣りや救助も可能に【PowerDolphin】 商品名 PowerDolphin|パワードルフィン 会社 PowerVision 価格 109...

『Power Egg X』にはどんな活用法があるの?

『Power Egg X』の活用方法
活用方法
  1. ハンディカムカメラ
  2. AIカメラで人を認識
  3. ドローンで空撮
吉武編集長
吉武編集長

上記のように3つの機能で使い分けることができるので便利です。

通常の空撮ドローンには、音声収録機能はありませんでしたが、『Power EGG X』はその弱点を克服しております。

卵形のボディを軸に、様々なモードに変更できるのは面白い発想ですね。

ドローンモード|空撮できる

【ドローン+AIカメラ+音声収録】『Power Egg X』の活用法を徹底紹介!
  • 映像は最大4K60fpsで撮影
  • 世界初の録音機能搭載
  • 飛行時間は最大30分
  • 防水仕様で雨でも運用可能
  • 海など水上に着陸可能
吉武編集長
吉武編集長

まずはシンプルに『4K60fps』まで撮影できるのはうれしい限りですね。

世界初の録音機能搭載ドローン

【Power Egg X】世界初の録音機能搭載ドローン
吉武編集長
吉武編集長

これがかなり驚きでした。

どうも専用のアプリを活用することでスマホの音声を収録。

それにドローンの映像を合成することで録音することができるみたいです。

実際に飛行中の音声は後ほど収録したものを追記しますので、少々お待ちください。

音質は基本、スマホの性能に依存。

自動でスマホのマイクで録音した音声とドローンの映像を合成することで映像と音声の同期を実現。

カメラ性能

『Power Egg X』のカメラ性能
カメラセンサー1/2.8 インチCMOS
有効画素数 1200 万
画角27mm(35mm判換算焦点距離)
映像性能4K60fpsまで撮影
4K:3840×2160 24/25/30/48/50/60p
FHD: 1920×1080 24/25/30/48/50/60/120p
HD:1280×720 24/25/30/48/50/60/120/240p
飛行時間ドローンの場合:最大30分
ハンディカムの場合:3時間半

DJIの空撮ドローンとの比較になりますが、スペック上は

カメラ性能はMavic Mini『Mavic Air』に近い印象ですね。

ただ4K60fpsまでの撮影に対応しているのは大きな魅力のひとつになります。

飛行時間は最大30分になってますので、実運用時間は25分くらいと考えるとよさそうです。

実際のモニター画面

【ドローン+AIカメラ+音声収録】『Power Egg X』の活用法を徹底紹介!
吉武編集長
吉武編集長

こちらがアプリ画面から見た画面のスクリーンショットになります。

  • 離陸地点からの距離や高さ
  • バッテリー残量
  • 位置情報

など様々な情報を得ることができます。

【防水ドローン】水中着陸可能

【Power Egg X】水中着陸可能

『ウィザード版』で『防水アクセサリー』を装着することで、

  • 水面着陸ができる
  • 防水飛行

ができます。

水の上に着陸というのは、今までの空撮ドローンでは考えられなかったのでかなり面白い発想だと思います。

こちらの水中フロートを装着します。

水上にドローンを設置して、海上の監視や必要に応じてドローンを飛ばすことで様々な活用方法が考えられそうですね。

大雨の中でも運用できるみたい

吉武編集長
吉武編集長

実際にかなりの水を浴びせた映像になりますが、普通に飛行してますね。

ドローン本体には防水ケースを被せることでガードしてます。

プロペラ部分はむき出しのままでも大丈夫なんですね。

ハンディカムとして使える

『Power Egg X』の活用方法|ハンディカム
  • 音声収録
  • 3軸ジンバル
吉武編集長
吉武編集長

卵形のボディに専用の『カメラリストバンド』を装着することでハンディカムとして使えます♪

ドローンならではの3軸ジンバルで手ぶれしない滑らかな映像を撮影できます。

AIカメラモード|人の顔を認識

『Power Egg X』の活用方法|AIカメラモードで人を認識
吉武編集長
吉武編集長

最後に紹介するのは、『AIカメラモード』です。

こちらは特定の人物を認識してくれます。

人の動きに合わせてカメラが自動で動く

『Power Egg X』の活用方法|AIカメラモードで人を認識

カメラ部分が自動で特定の人物を追いかけますので、それを生かしたカメラワークが可能になります。

常にカメラの中央になるよう追いかけてくれますので、うまく生かすことでミュージックビデオやスポーツ撮影などに有効活用できます。

追尾出来るのは『FOV170°』までになります。

画角は27mmとスマホと同じ画角になりますので、カメラの特徴を理解した上で上手に活用しましょう。

まとめ

『Power Egg X』の活用方法
商品名Power Egg X(パワーエッグ エックス)
会社Power Vision
価格エクスプローラー版:99900円
ウィザード版:146900円
機能ドローン・ハンディカム
重量ハンディカム:522g
ドローンモード:862g
カメラセンサー1/2.8 インチCMOS
有効画素数 1200 万
画角27mm(35mm判換算焦点距離)
映像性能4K60fpsまで撮影
4K:3840×2160 24/25/30/48/50/60p
FHD: 1920×1080 24/25/30/48/50/60/120p
HD:1280×720 24/25/30/48/50/60/120/240p
バッテリー時間ハンディカムの場合:3時間半
ドローンの場合:最大30分
ドローン飛行性能5級耐風:10m/s

公式ページ

吉武編集長
吉武編集長

というわけで『Power Egg X』の特徴をまとめてみました。

次回は実際に初期設定~空撮までどんな流れで行うのか紹介していきます。

PowerVision PowerEgg X ウィザード版 AIカメラ ハンディカメラ 録音ドローン 水上離着陸 雨天飛行 4K 自律式カメラ 高画質 スマホ リアルタイム画像伝送 オールインワン製品
パワービジョン(Powervision)

【ドローン超入門】2019年今から始める最強5ステップを紹介するぞっ!
【ドローン超入門】2020年今から始める最強5ステップを紹介するぞっ!2020年これからドローンを始める方へ! 当DRONE WALKERのサイトのコンセプトは 「日本一分かりやすいドローン専門メデ...
ABOUT ME
アバター
吉武 穂高
GADGET WALKER 編集長 1984年生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で起業。 ドローン操縦士・カメラマン・ブロガー・YouTuberなど 幅広い分野で活躍中。