【起業家必見】情報発信時代、個人が身につけるべき6つの発信力

【起業家必見】情報発信時代、個人が身につけるべき6つの発信力

ブログ・SNS・YouTubeなど現在は個人でも気軽に情報発信できる時代になっています。

自分の趣味や好きなことの発信からそれが収益や仕事に繋がり

そこで今回は情報発信時代の今、鍛えるべき6つの発信力を紹介していきます。

吉武

(ドローンの話はほとんどでてきませんので悪しからず

  1. メディア
  2. ライディング
  3. 写真
  4. 映像
  5. デザイン
  6. セルフブランディング

1:メディアを持つ

500記事!サイトデザインを大幅リニューアルしました!

まずは自分が情報発信をしていく上で母体となるメディアを持つことが重要です。

その始まりや基軸となるのは、人それぞれ異なります。

人によってはFacebookなどのSNS、人によってはブログ、人によってはYouTubeといったように情報発信となる母体はその人の特性ややり方によって変わります。

始め方のスタートラインはひとそれぞれ異なりますが、結局は各種メディアの特性を把握しながらいろいろと組み合わせてやっていくことになります。

8割以上の人は受動的

そもそもほとんどの人は自ら能動的に情報発信をせず、受動的に情報を受け取る側になってしまっています。

またちょっともっともお手軽なSNSで投稿するようになっても、ちょっとしたことで挫折してしまい、『継続』することができる人はほとんどいません。

吉武

自分から能動的に発信する習慣が重要です。

2:ライティング

まずはライティング!

文章は自分の持っている知識や技術を伝える上でもっとも一般的な伝達方法になります。

私自身もドローンが仕事になった起点はこのメディアを立ち上げてそこから情報を発信していったことが始まりになっています。

吉武

ブログに力を入れ始めた時は1日1万文字以上書くことを意識してました。

3:写真

インスタ映えと呼ばれる言葉が当たり前のようになった時代、今では『写真』を共有することは当たり前の時代になりました。

実際にInstagramを活用していればわかりますが、写真が上手い人ってたくさんいるんです。

インターネット上に個人個人のポートフォリオが掲載されているため、企業側も仕事の依頼先を様々なメディアを通じて探すことが可能になりました。

また先の『メディア』とも重なりますが、一定数以上のフォロワーを集めている人は相応の影響力を持つようになります。

俗にいう『インフルエンサー』ですが、

写真のスキル+発信力、影響力

は仕事を依頼する上でとても重要な要素になります。

4:映像

映像の世界は今もっとも注目が集まる分野です。

HIKAKINさんに代表されるトップユーチューバーは年収が余裕で億を超えています。

自営業、個人で事業をしている方であればよくわかると思いますが、個人で収益をあげるには結構限界があります。

優秀な営業マンでも月収100万円以上にするのはなかなか至難の技。

それをYouTubeなど動画を媒体として情報を発信し、アクセスを集めることで

  • 広告収益
  • 単価の大きい企業案件

を獲得していく。

こうして個人でも膨大な売り上げをあげることができるのは非常にレバレッジが効いています。

ひとつひとつコンテンツを生み出していくことは地道な産みの作業になりますが、ブログなどのメディア・SNS・YouTubeなど母体は異なりますが、インターネット上に『自分の分身』を仕込んでおくことは24時間365日自動で働き続けてくれます。

とはいえ、どんな分野にもライバルは非常に多いもの。

5:デザイン

デザインとは、ここまでで紹介してきた

  • メディア
  • ライティング
  • 写真
  • 映像

などをどのようなテイスト・センスで発信していくか構築する上で必要な能力です。

ブログやYouTubeの『アイキャッチ画像』
ホームページ全体のデザイン

多くの方はPhotoshop・Lightroom・IllustratorなどのAdobe製品を使用してデザインをしておりますが、なかなか覚えるだけでも難しいもの。

しかし、ある程度発信力がある人たちは当たり前のように使いこなして、自分の強みの分野をより一層魅力的に魅せられるよう自分の発信の母体を『デザイン』しています。

6:セルフブランディング

もうここまでで結構語り尽くしてしまいましたが、上記の項目を組み合わせて上手に発信し、自分の理想となる見込み客にアプローチするためにはきちんとした戦略から自分自身を『セルフブランディング』していかねばなりません。

自分自身の強みをどこにどのような形で発信していけば、自分を必要としている人にその情報を届けられるのか?

自らリサーチし、試行錯誤し、脳に汗をかくようなほど考えて実行することでそれは見つけられるのです。

まとめ|全てを高い次元でごく当たり前におこなえるようになる必要性。

今回紹介させていただいたスキルというのは、人それぞれ得手不得手な部分があると思います。

また自分の情報発信となる母体も「文章」「写真」「映像」など好きなこと得意なことを中心に始めるとよいでしょう。

しかし、これからの時代、最終的にはどの分野も一定レベル以上は求められるようになるという風に感じております。

というのも私自身、個人としてメディアを持ち情報発信を母体としていく中で、売り上げが高い人たち、集客が上手い人たちというのは、例えば『写真専門家』であってもそのノウハウをブログや動画などでうまく伝えていく手段を取っており、先にあげた様々な項目もごく自然、当たり前のように一定水準以上のレベルをもっているためです。

その上で、

  1. メディア
  2. ライディング
  3. 写真
  4. 映像
  5. デザイン
  6. セルフブランディング

ここいらに揚げた項目は鍛え上げていくことで最高にレバレッジが効く必要なスキルだと感じます。

新しいことへの挑戦や決して面倒なことから逃げてはいけない。

自営業者で一旦自分の専門分野が確立し、一定の顧客を獲得することで生活が安定するよようになってくれば、そこでひとつステージをクリアしたことになります。

しかし、今の自分のやり方、方法がいつまでも通用すると思ってはいけません。

例えば、ライティングからのメディア発信が少しうまくいったからといってじゃあ他の方法やスキルを磨かないというのは全くナンセンスな話です。(私自身を客観的に評価すると、まだまだトップ層と比較するとまだまだ実力不足だと感じます。)

状況や時代のニーズというのは常に変化し続けますので、自分自身もそれに対応し、自分の強みと時代のニーズを考えながら次はどのスキルを鍛えていくべきか見極めていかねばなりません。

  • 自分の強みや専門性を発信
  • 仕事を獲得
  • 収益化
  • 新たな成長へ時間とお金を自己投資
  • さらなる専門性を発掘
  • これまでの専門性と掛け合わせる
  • さらに大きな仕事を獲得

というように一見同じことをくりかえしているようですが、ぐるぐる螺旋階段のように成長のサイクルをしていく必要があります。

そして新しいスキルを身につけることは非常に面倒な作業でもあります。

一旦自分の事業が軌道に乗り、少し落ち着いてしまうと燃え尽きてしまい、ハングリー精神がなくなってしまう人が多いですが、それでは5年先10年先は生きられません。

トップの人たちはどれだけ今稼いでいようと、やるべきことを淡々と実行しています。

吉武

今結果が出ている人たちは何年も前からずっと継続を続けています。しかも常に創意工夫を重ねながら!

ドローンを飛ばせる!の先へ

先の『写真』『映像』と合わせて『ドローン』を活用することで他の人たちとは違ったブランディングができると思います。

ただし、私自身1年半近くドローンの情報発信をしてきて思うのは、なんでもかんでも『ドローン!』というのも全く通用しない自体になってきているな〜ということです。

吉武

ドローンも当たり前のように活用してなんぼ!

その先を見据えて行動しなければいけませんね。



スポンサーリンク






【起業家必見】情報発信時代、個人が身につけるべき6つの発信力

よかったらシェアしてね〜!

DRONE WALKERおすすめのドローン

初心者ならまずは200g未満のドローンから始めましょう!

➡︎ドローン入門は200g未満の1万円前後がおすすめ!

空撮用ドローンは DJI社がおすすめ

➡︎大人気DJIおすすめドローンベスト5&3倍得する購入方法

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

DRONE WALKER 編集長 1984年3月28日生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。 作家として、速読技術を活用し年間200冊以上の本を読むことで幅広い分野に精通し、独自の視点から様々なジャンルの書籍を出版。 当サイトでは、ドローンの専門情報をメインに、最新テクノロジー(VR・AI・暗号通貨)や起業術(ネットマーケティング・ライティング・メディア戦略)・Kindle書籍出版から日本の魅力を世界中に発信していきます。 お仕事の依頼やお問い合わせは、「hodaka8866@gmail.com」もしくは「Facebookメッセージ」が一番早くて繋がりやすいです。