カメラ入門

【ビデオカメラ】SONY 4K ビデオカメラ FDR-AX60徹底レビュー

【ビデオカメラ】SONY 4K ビデオカメラ FDR-AX60徹底レビュー
【ビデオカメラ】SONY 4K ビデオカメラ FDR-AX60徹底レビュー
吉武編集長
吉武編集長

どうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)編集長の吉武穂高です。

今回は、Rentryさまより、機材をお借りしましたので、レビューしていきます。

以前より気になっていたビデオカメラSONY FDR-AX60の紹介です。

SONY 4K ビデオカメラ FDR-AX60

【ビデオカメラ】SONY 4K ビデオカメラ FDR-AX60徹底レビュー
商品名SONY 4K ビデオカメラ FDR-AX60
価格106,800円
用途ビデオカメラ
特徴タッチパネル、内蔵メモリ、空間光学手ブレ補正、ナイトショットライト内蔵、マニュアルレンズリング装備
センサーサイズ1/2.5型
レンズ幅最大広角26.8㎜
20倍の光学ズーム
4K:30倍
HD:40倍
内臓メモリ64G
手振れ補正あり

ビデオカメラのざっくりしたスペックは上記の通りになります。

『Rentry』さんからレンタルしました。

【ビデオカメラ】SONY 4K ビデオカメラ FDR-AX60徹底レビュー

今回、機材をレンタルさせてもらったのは、『Rentry』さんの機材レンタルサービスを使わせてもらいました。

私自身、今まで機材を購入しまくってきましたが、一度試してから購入する方が賢い選択ですね(^_^;)

【説明書&写真作例付き】『SONY RX100M7』の使い方を徹底紹介

ビデオカメラとミラーレス一眼レフどちらを選んだらいいの?

【ビデオカメラ】SONY 4K ビデオカメラ FDR-AX60徹底レビュー
ビデオカメラの特徴

ビデオカメラのメリット

  • ズーム倍率も高く、オールインワンで使い勝手がよい

ミラーレスカメラのメリット

  • 写真撮影もバッチリ
  • レンズ交換ができるので映像表現の幅が広がる
  • 映画・ドキュメンタリーなど映像作品を作る向け
  • レンズ沼にハマるとお金がやばいくらいかかる笑
吉武編集長
吉武編集長

ざっくりいえば、動画撮影するだけなら、ビデオカメラの方がコスパがいいです。

ただし、レンズ交換ができないので、レンズによる映像表現にこだわることができないことが後々デメリットになってくるのかなと思ってます。

【迷える子羊必見】ビデオカメラと一眼レフ・ミラーレスカメラの違いと選び方
【迷える子羊必見】ビデオカメラと一眼レフ・ミラーレスカメラの違いと選び方 『ビデオカメラ』のメリット・デメリット ざっくりした特徴をピックアップしてみました。 普通に映像を記録するだ...

YouTubeに使える?いつも固定で撮影するならおすすめ

私自身、ユーチューバーもやってますが、上記動画のようにカメラを固定して撮影するスタイルなら『ビデオカメラ』の方が便利です。

カメラもバリアングルモニターで自撮り向きです。

映像作品を作るなら「α7Ⅲ」などミラーレスがおすすめ

【迷える子羊必見!】ビデオカメラと一眼レフ・ミラーレスカメラの選び方

私自身、動画撮影用の機材としてSONY α7Ⅲを購入しました。

主な使用用途は自分の「YouTube動画撮影用」になります。

かなり気に入ってますが、モニターがバリアングルモニターではないので自撮りするのに少しめんどくさいですね。

【Sony α7Ⅲ】動画撮影のためにおすすめのカメラ機材を一挙紹介
【Sony α7Ⅲ】動画撮影のためにおすすめのカメラ機材を一挙紹介 https://drone-aerial-corps.com/2019/03/30/sony%ce%b1-series/...

【メリット①】レンズごと動くので手ブレ補正が凄い

ハンディカムのほとんどは、『手持ち撮影』ですよね。

子どもの動きなどに合わせてカメラも動かすとどうしても『手ブレ』が発生します。

現代のビデオカメラは基本『光学手ブレ補正』などが搭載しております。

『SONY FDR-AX60』はさらにレンズごと動く

【ビデオカメラ】SONY 4K ビデオカメラ FDR-AX60徹底レビュー

SONY FDR-AX60の場合、さらに『レンズごと連動』して動いてくれます。

この手ブレ補正機能は、手持ち撮影でも非常に滑らかに撮影可能です。

一般的な一眼レフカメラなどで、とても手持ちでここまで滑らかな映像は撮影できないですよね。

【何時間撮影できる】内蔵メモリは64G

【ビデオカメラ】SONY 4K ビデオカメラ FDR-AX60徹底レビュー 【ビデオカメラ】SONY 4K ビデオカメラ FDR-AX60徹底レビュー

撮影時間は映像画質やfps(フレームレート)によって撮影時間は大きく変わります。

ざっくりした記録時間の目安は上記の表を参考にしてくださいませ。

記録メディアは、

  • メモリースティック PRO デュオ(MARK2)
  • メモリースティック PRO-HG デュオ
  • SD/SDHC/SDXCメモリーカード(Class4以上推奨)

が使用できます。

SDカードを買うなら64G以上のClass4以上がおすすめ

【ビデオカメラ】SONY 4K ビデオカメラ FDR-AX60徹底レビュー 【ビデオカメラ】SONY 4K ビデオカメラ FDR-AX60徹底レビュー

SDカードを選ぶ場合は、64G以上のClass4以上がおすすめになります。

個人的には、

メモリースティック PRO デュオ(MARK2)、メモリースティック PRO-HG デュオ、SD/SDHC/SDXCメモリーカード(Class4以上推奨)が使用できます。

【おすすめ】意外と知らない「SDカード&マイクロSDカード」正しい選び方 SDカード マイクロSDカード について分かりやすく紹介していきます。 SDカードとマイクロS...

4K撮影とは

【ビデオカメラ】SONY 4K ビデオカメラ FDR-AX60徹底レビュー

4Kはザックリとても映像が綺麗に撮影できるくらいに思ってもらえれば大丈夫かと思います。

現在のテレビの基準は『フルHD』『横1920×縦1080』ピクセルの画素数で構成されております。

そのHDの4倍の画素数である『横3840×縦2160』ピクセルが『4K』になります。

今では、4K映像が撮影できるカメラがスタンダードになりました。

ちなみに4Kの4倍の画素数の8Kで撮影できるカメラなんかも登場し始めております。

YouTubeで『8K映像』を見る方法|圧倒的な映像美に震える世界の動画9選
YouTubeで『8K映像』を見る方法|圧倒的な映像美に震える世界の動画9選YouTubeで見る美しい『8K映像』 どうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)編集長の吉武穂高です。 今回は、4...

『fps|フレームレート』とは

吉武編集長
吉武編集長

fps(フレームレート)とは、ざっくり1秒間に何枚の写真を撮影するかということです。

  • 24fpsだと1秒間に24枚の写真を繋ぎ合わせる
  • 30fpsだと1秒間に30枚の写真を繋ぎ合わせる
  • 60fpsだと1秒間に60枚の写真を繋ぎ合わせる

こんな感じでイメージしてもらえるとよいかと思います。

当然ですが、60fpsの方がたくさんのデータを使います。

あまり大量のデータにしたくない場合は、24fpsなどにしておくとよいでしょう。

ちなみに、映画撮影の場合は24fpsで撮影する場合がほとんどです。

【メリット②】オートフォーカス性能が優秀

【ビデオカメラ】SONY 4K ビデオカメラ FDR-AX60徹底レビュー 【ビデオカメラ】SONY 4K ビデオカメラ FDR-AX60徹底レビュー

ビデオカメラで撮影したい対象はやっぱり『人や動物』などですよね。

SONY FDR-AX60は、オートフォーカス機能が優秀で、人を顔+胴体で認識してくれます。

吉武編集長
吉武編集長

一度、フォーカスが定まれば、自由に動きまわる子どももピンボケにならず撮影することができますよ♪

【メリット③】広角26.8㎜で撮影可能

【ビデオカメラ】SONY 4K ビデオカメラ FDR-AX60徹底レビュー

画角は『26.8㎜』の広角で撮影できます。

26.8㎜と聞いてもピンと来ない方が多いと思います。

『iPhone』の『28㎜』になりますので、それよりも少し広く撮影できると思ってもらえればよいかと思います。

【メリット④】バリアングルモニターで自撮り可能

【ビデオカメラ】SONY 4K ビデオカメラ FDR-AX60徹底レビュー

バリアングルモニターになってますので、自撮りで撮影することに向いております。

やはり一眼レフカメラやミラーレスカメラなどと違って動画撮影することに特化しておりますので、モニターの使い勝手は非常に便利です。

モニターも大きくて、使いやすいですよ♪

【2020年版】YouTuberデビューにおすすめカメラ機材 厳選25選
【2020年版】YouTuberデビューにおすすめカメラ機材 厳選25選 【種類】動画撮影に必要な機材って何?? 【iPhone】撮影から編集まで可能な超万能選手 ...

【一緒に買いたい】三脚は『ベルボン』がおすすめ

【ビデオカメラ】SONY 4K ビデオカメラ FDR-AX60徹底レビュー
商品名Velbon スタンド型一脚 Pole Pod EX
Amazon価格6018円
Amazon評価
サイズ全高:1870mm
縮長:710mm
最低高:647mm
本体重量800g
段数ポール部:4段  脚部:2段
推奨積載量1kg
吉武編集長
吉武編集長

SONY FDR-AX60と一緒に購入したくなるのが、『三脚』ですよね。

ここで個人的におすすめのものを紹介します。

価格も安くて、とても使い勝手な一脚になります。

室内での撮影に使っていきたいと思い、価格が安いモデルを購入しました。

プチ三脚にもなり、軽くても持ち運びもしやすいのでかなり便利ですよ♪

風が強い日は倒れる可能性が高いので、その点だけ注意すれば大丈夫です!

【Velbon】ベルボンのスタンド型一脚が便利すぎっ!室内撮影に重宝するぞ!
【Velbon】ベルボンのスタンド型一脚が便利すぎっ!室内撮影に重宝するぞ! Velbon スタンド型一脚 Pole Pod EX 商品名 Velbon スタンド型一脚 Pole Pod E...

ミニ三脚ならシューティンググリップもおすすめ

【ビデオカメラ】SONY 4K ビデオカメラ FDR-AX60徹底レビュー

ミニ三脚を選ぶなら、Sony純正のシューティンググリップVCT-SGR1がおすすめですよ♪

グリップから撮影可能

『シューティンググリップVCT-SGR1』

Sony純正のグリップなので、有線接続することで手元からボタン操作することができます。

『SonyシューティンググリップVCT-SGR1』使い方と使えるカメラをまとめて紹介
『SonyシューティンググリップVCT-SGR1』使い方と使えるカメラをまとめて紹介 SONY  シューティンググリップ VCT-SGR1 製品名 シューティンググリップ VCT-SGR1 ...

【まとめ】

【ビデオカメラ】SONY 4K ビデオカメラ FDR-AX60徹底レビュー
商品名SONY 4K ビデオカメラ FDR-AX60
価格106,800円
用途ビデオカメラ
特徴タッチパネル、内蔵メモリ、空間光学手ブレ補正、ナイトショットライト内蔵、マニュアルレンズリング装備
センサーサイズ1/2.5型
レンズ幅最大広角26.8㎜
20倍の光学ズーム
4K:30倍
HD:40倍
内臓メモリ64G
手振れ補正あり

というわけで、SONY FDR-AX60の紹介をさせていただきました。

初のハンディカムでしたが、想像以上に使い勝手がよかったです。

【説明書&写真作例付き】『SONY RX100M7』の使い方を徹底紹介
ABOUT ME
アバター
吉武 穂高
DRONE WALKER 編集長 1984年生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。