一眼・ミラーレス

『SonyシューティンググリップVCT-SGR1』使い方と使えるカメラをまとめて紹介

『SonyシューティンググリップVCT-SGR1』使い方と使えるカメラをまとめて紹介
シューティンググリップが使える機種

VCT-SGR1

  • RX0
  • RX0Ⅱ
  • RX100M2
  • RX100M3
  • RX100M4
  • RX100M5
  • RX100M5A
  • RX100M6
  • RX100M7
  • HX90V
  • HX60V
  • WX500
吉武編集長
吉武編集長

どうもDRONE WALKER(ドローンウォーカー)編集長の吉武穂高です。

今回は、Sonyのコンデジの撮影を大幅にサポートしてくれるシューティンググリップVCT-SGR1の使い方や使えるカメラ機種を紹介します。

SONY  シューティンググリップ VCT-SGR1

『Sonyシューティンググリップ』の使い方と使えるカメラをまとめて紹介
製品名シューティンググリップ VCT-SGR1
発売元Sony
価格9464円
用途ミニ三脚・撮影補助
Amazon評価

【使い方】シューティンググリップで何ができるの?

『SonyシューティンググリップVCT-SGR1』使い方と使えるカメラをまとめて紹介
  • ミニ三脚の役割
  • 写真撮影
  • 動画撮影
  • ズーム機能
てつや
てつや

ケーブルを接続するだけで簡単に使えるぞ!

①ミニ三脚で角度を調整できる

『SonyシューティンググリップVCT-SGR1』使い方と使えるカメラをまとめて紹介

まずは『ミニ三脚』の役割を果たしてくれます。

角度調整も自由にできますので、自撮りや集合写真などに大活躍してくれます。

YouTube撮影の入門におすすめですね。

【2020年版】YouTuberデビューにおすすめカメラ機材 厳選25選
【2020年版】YouTuberデビューにおすすめカメラ機材 厳選25選 【種類】動画撮影に必要な機材って何?? 【iPhone】撮影から編集まで可能な超万能選手 ...

②写真や動画撮影もできる!

『Sonyシューティンググリップ』の使い方と使えるカメラをまとめて紹介

使い方は超簡単でカメラを端子に繋げれば、自動で接続できます。

あとは、シューティンググリップ上から各ボタンを押すだけで、写真・動画・ズーム機能を使うことができます。

SonyシューティンググリップVCT-SGR1が使えるカメラたち

SonyシューティンググリップVCT-SGR1が使えるカメラたち
てつや
てつや

では、実際に相性抜群のカメラを紹介するぞ!

【相性抜群のカメラ①】Sony RX0 II

『Sonyシューティンググリップ』の使い方と使えるカメラをまとめて紹介
発売日2019年4月12日
製品名サイバーショットRX0 II
価格84,880円(税別)
重量132g
センサー1インチセンサー
動画4K30fps
有効画素数1530万画素
画角広角24mm
連続撮影時間45分
連射最高約16コマ/秒
手ブレ補正電子手ブレ補正:GoPro7並み

専用アプリMovie Edit add-onで更に補正可能

セルフタイマー2・4・10秒と設定可能
特徴10mの防水性能:洗えるコンデジ
撮影距離最短焦点距離20㎝~
モニターバリアングルモニターで自撮り可能

1.5型(4:3)

どんな人におすすめ?
  • YouTubeなど動画投稿
  • 映像制作会社
  • 旅好き・冒険アクティビティ好き
公式サイトhttps://www.sony.jp/cyber-shot/products/DSC-RX0M2

この組み合わせは必須!

『Sonyシューティンググリップ』の使い方と使えるカメラをまとめて紹介

まずは何といってもSONY RX0Ⅱですね。

アクションカメラのような真四角の超コンパクトカメラです。

真四角なので、そのまま置くとカメラの角度を調整することができません。

『』を使うことで、角度調整や撮影が非常に楽になりますので、一緒に購入しておくことをお勧めします。

【動画作例】『SONY RX0Ⅱ』レビュー!メリットよりデメリットを率直に語ってみる 『SONY RX0Ⅱ』の特徴や魅力に関しては、別記事にて紹介しております。 https://drone-aerial-co...

【相性抜群のカメラ②】サイバーショットRX100M7

『サイバーショットRX100M7』対RX0Ⅱ、α6600,α7Ⅲを徹底比較
製品名Cyber-shot DSC-RX100M7
価格143,200円
サイズ101.6×58.1×42.8 mm
重量約302g(バッテリーNP-BX1、SDカード込)
センサー1インチセンサー
動画4K30fps
有効画素数約2100万画素
レンズZEISSバリオ・ゾナーT*レンズ
画角24-200mm
連続撮影時間40分
連射最高約16コマ/秒
手ブレ補正光学式手ブレ補正
セルフタイマー2・5・10秒と設定可能
モニターバリアングルモニターで自撮り3インチ
バッテリーバッテリーNP-BX1
どんな人におすすめ?YouTubeなど動画投稿映像制作会社

旅好き・冒険アクティビティ好き

吉武編集長
吉武編集長

サイバーショットRX100M7の愛用者にも最高におすすめです。

こちらも手のひらサイズのコンデジで、気軽に動画撮影する時に、『』が大活躍してくれます。

『サイバーショットRX100M7』対RX0Ⅱ、α6600,α7Ⅲを徹底比較
【徹底比較】サイバーショットRX100M7対RX0Ⅱ、α6600,α7Ⅲのおすすめポイントをまとめてみた おそらく『サイバーショットRX100M7』を購入する方は、YouTube撮影や旅先でのコンパクトなカメラをお探しだと思い...

【実は!】Sonyα7Ⅲも普通に使える!

『SonyシューティンググリップVCT-SGR1』使い方と使えるカメラをまとめて紹介

公式サイトには、記載がないですが、実はSONY α7IIIも使えます。(ちゃんと写真や動画も撮影できました)

ただし!

フルサイズのカメラなので、このミニ三脚ではバランスが悪すぎておすすめはできません。

たぶん、Sony製のカメラだったら普通に互換性はあると感じました。

【Sony α7Ⅲ】動画撮影のためにおすすめのカメラ機材を一挙紹介
【Sony α7Ⅲ】動画撮影のためにおすすめのカメラ機材を一挙紹介 https://drone-aerial-corps.com/2019/03/30/sony%ce%b1-series/...

【まとめ】シューティンググリップ VCT-SGR1

『SonyシューティンググリップVCT-SGR1』使い方と使えるカメラをまとめて紹介
製品名シューティンググリップ VCT-SGR1
発売元Sony
価格9464円
用途ミニ三脚・撮影補助
Amazon評価
吉武編集長
吉武編集長

というわけで、Sonyのコンデジの撮影におすすめのシューティンググリップVCT-SGR1の紹介をさせていただきました。

特に『RX0シリーズ』や『RX100Mシリーズ』におすすめです。

てつや
てつや

気になる人はぜひチェックしてくれよな!

【Amazon神グッズ50選】★4超えのおすすめアイテムを自腹購入レビュー
【Amazon神グッズ70選】星4超えのおすすめアイテムを自腹購入レビュー!2020年版魂のAmazon散財記録をここに綴る お得な買い物方法と紹介するジャンルはこんな感じ Amazonで購入する際は「ギフト...
ABOUT ME
アバター
吉武 穂高
DRONE WALKER 編集長 1984年生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。