Apple

【もう迷わない】Macにおすすめの動画編集ソフト5選【2019年版】

Macにおすすめな動画編集ソフト
  1. iMovie:初心者
  2. フィモーラ:初心者~中級者
  3. Final Cut ProX:初心者~上級者向け
  4. Premiere Pro:中上級者向け
  5. DaVinci Resolve:上級者向け
吉武編集長
吉武編集長

どうもDRONE WALKER(ドローンウォーカー)編集長の吉武穂高です。

今回はAppleユーザー、Macをお使いの方におすすめの動画編集ソフトを紹介していきます。

【結論】2つの道がある

【もう迷わない】Macにおすすめな動画編集ソフト5選【2019年版】

まずは結論から述べておくと、本気で動画編集をやっていく!というつもりの方は

「Adobe Premiere Pro」からいきなり始めましょう!

この動画編集ソフトを使いこなし、同じAdobeの「After Effects」と合わせればほとんどの映像表現を実施することができるようになります。

ただし、操作などで覚えることもたくさんありますし、月額制なのでそれなりにお金はかかってしまいます。

逆にサクサク動画編集を覚えて、それなりのスキルを身につけたいと思っている方は

iMovie → 「Final Cut ProX」

の手順でステップアップすることをおすすめします。

Mac純正の動画編集ソフトで直感操作で非常に使いやすいです。

あとはFilmoraあたりでコスパ良く適度な動画編集をしてみるのもありかと思ってます。

無料の動画編集は「iMovie」のみでオッケー

今、様々な動画編集ソフトがありますが、無料の動画編集ソフトは避けましょう。

理由は機能性の低さと、本格的な動画編集を行うならどちらにしろ有料ソフトを使うことになるからです。

Macの方は無料で使う動画編集ソフトは『iMovie』くらいにしておきましょう!

吉武編集長
吉武編集長

無料ソフトでいいものがないか探してる時間、迷っている時間がもったいないです。

【初心者向け】iMovieならiPhoneでもMacでも無料で使える

2019年、YouTuberデビューにおすすめのカメラ機材ベスト11

まずは『iMovie』です。

iPhoneやMacに標準装備された動画編集ソフトになります。

『YouTubeなどを始めたい!』と思った時、真っ先に便利な撮影カメラはiPhoneなどのスマホですよね。

『iMovie』直感操作で誰でも簡単に使うことができます。

そもそも動画編集を難しく考えてはいけない

YouTubeを見ると、編集にこだわった動画って多いですよね。

それを見るとしり込みしてしまいそうになりますが、動画編集を難しく考えてしまうと非常にもったいないです。

動画は撮影して、

  • 編集段階で不要な部分をカットし、
  • 適当なBGMを入れて
  • つなぎ合わせるだけ!

これだけなんです。

『iMovie』でも、基本的な動画編集機能は十分に備わっているので、十分に使うことができます。

余計な機能が少ないから初心者向け

Adobe「Premiere Pro(プレミアプロ)」などの動画編集ソフトはできることの幅が広い分、直感操作で使いにくい部分があります。

『Apple』製品の良いところは説明書がないところ!

つまり直感操作でも使いこなすことができることに最大のメリットがあります。

Macユーザーでこれから動画編集を始めたい方は、まず『iMovie』から始めてみましょう!

パワーアップ版の『Final Cut ProX』にもつながっていきます。

【初心者~中級者向け】Filmora(フィモーラ)

動画編集ソフト『Filmora9』登場!旧フィモーラからアップグレードする方法
提供元wondershare
サービス名Filmora9
価格1年プラン:6980円(1PCまで)

買い切り:7980円(1PC まで)

複数PC:37900円(5PCまで)

公式サイトhttps://filmora.wondershare.jp/video-editor/

公式ページ

価格1万円台の動画編集ソフトでコスパで選ぶなら、Filmoraになります。

価格は安く、操作感はFinal Cut ProXに近い、直感操作でありながらエフェクトやトランジョンなどテンプレが豊富です。

そのため動画編集初心者でも簡単にお洒落な動画を作ることができるのが特徴です。

フィモーラで作成した動画①

フィモーラを使って、奄美大島に行ったときの動画を簡単にまとめてみました。

お洒落な動画を簡単に作ることができるので、とても便利です。

無料版もありますので、まずFilmoraを使ってみて気に入れば有料版に移行することをおすすめします。

動画編集ソフトFilmora(フィモーラ)無料版で映像編集をしてみた。
動画編集ソフトFilmora(フィモーラ)無料版で映像編集をしてみた。映像編集ソフトで前から気になっていたFilmoraを使ってみました。[blogcard url="https://drone...

フィモーラで作成した動画②

これはドローンの解説をしている動画です。

フィモーラは「カット」「テロップ入れ」などサクサクできるので本当に便利です。

実は私自身、デスクトップパソコンはWindows、ノートパソコンはMacで早く動画編集をしたい時は、デスクトップでフィモーラ使って動画編集をしております。

1時間でマスター動画編集ソフトFilmora(フィモーラ)の完全使い方ガイド
1時間でマスター動画編集ソフトFilmora(フィモーラ)完全マニュアルどうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)編集長の吉武穂高です。今回は映像編集ソフト 『Filmora(フィモーラ)...

【初心者~上級者向け】Final Cut ProX

個人的な一押しは、Final Cut ProXです。

FinalCutproXはAppleが提供する動画編集ソフトで、「iMovie」の上位モデルです。

価格は「34,800円」と高く感じますが、使い勝手の良さと動画編集でできる領域がかなり大きいです。

ユーチューバーでもヒカキンさんなど利用している方は非常に多いです。

『iMovie』のパワーアップ版で

  • 4K映像
  • テロップ入れ
  • カラーグレーディング
  • トランジョン

など機能が豊富に追加されました。

動画編集初心者でも、直感で扱うことができる上、プロの動画クリエイターも使える上級者にもおすすめできます。

【カラグレ】動画の色合いも調整できる

普通の空撮映像をカラーグレーディングして、ダークな感じに仕上げてみました。

これくらいのカラグレもFinal Cut ProXなら問題なくこなすことができます。

【トランジョン】

トランジョンとは、動画と動画のつなぎ目です。

上の動画では、『ズームトランジョン』を使ってます。

吸い込まれるように場面が切り替わるので、見る人を飽きさせずに動画の展開が可能です。

吉武編集長
吉武編集長

『Final Cut ProX』関連の記事は以下をチェックしてみてくださいね。

【中上級者向け】Premiere Proが万能

【最強の動画編集】『Premiere Pro|プレミアプロ』でできること・できないこと
提供Adobe
サービス名Premiere Pro:プレミアプロ
価格①単品:2,480円~
価格②全Adobe製品:5,680円~
特徴映画やTV、CMなど世界中のクリエイターが最も愛用する動画編集ソフト

「Premiere Pro(プレミアプロ)」は一般に手に入る動画編集ソフトの中では、最高峰と言われております。

関連するAdobe製品との組み合わせでできないことはほぼないと言われております。

こんな人におすすめ

  • 本気で動画編集を仕事にしたい人
  • 動画編集環境にお金をかけられる人(パソコン含む)
  • 「After Effects」でアニメーションなども作りたい人

特筆すべきはAdobe製品であり、アニメーション制作ソフト『After Effects』との連携です。

この2つの組み合わせでできないことはほとんどなくなります。

ある意味、「Premiere Pro(プレミアプロ)」さえ使いこなせるようになれば、動画編集そのものを仕事にする上で最もコスパがいいと言えるでしょう。

「Premiere Pro」でできること

「プレミアプロ」でできること
  • エフェクト
  • トランジョン:動画間の切り替え
  • カラーグレーディング:色補正
  • テロップの作成
  • VR動画の編集
  • YouTube用への書き出し
  • DVDへの書き出し

動画のクオリティを高めるために必要な動画間のつなぎ(トランジョン)や映像の雰囲気を映画調にするカラーグレーディングなどきます。

それぞれの編集機能は安価な動画編集ソフトとは一線を画すほど細かい設定で調整をすることができます。

【こんな人におすすめ!】Premiere Pro:プレミアプロでできること
【こんな人におすすめ!】Premiere Pro(プレミアプロ)でできることをまとめてみたまだ不慣れなことはたくさんですが、「Premiere Pro(プレミアプロ)」で少しずつできることが増えてきましたので、...

【作例】Premiere Proで編集した動画

これが「Premiere Pro(プレミアプロ)」で編集した動画です。

テンプレートなどとの組み合わせで高度な動画編集をすることができました。

【有料素材でプロ級】PremiereProでオープニング動画を簡単に作る方法最近、YouTubeに力を入れてます! https://www.youtube.com/watch?v=GdzOdiVfHYI...

別撮りした音声を同期できる

屋外などで動画撮影をする場合、音声を別撮りすることがあります。

音声を同期する機能がありますので、これを使うと簡単に音声を一致させることができます。

【Premiere Pro】別録りした音声と動画を同期(一致)させる方法
【Premiere Pro】別録りした音声と動画を同期(一致)させる方法https://www.youtube.com/watch?v=re7Y9wkWnNI&t=1020s...

【After Effects】空中に文字を浮かべる

アニメーション作成ソフト「After Effects」を使うと、上記のように空中に文字やイラストを浮かべることができます。

これを「Premiere Pro(プレミアプロ)」と組合わせることで様々な映像表現を行うことができます。

他にもillustrator・PhotoshopなどAdobe製品との連携ができますので、万能と言えるでしょう。

【After Effects】アフターエフェクトで作る魔法の30演出 「After Effects」とは提供 Adobeサービス名 After Effects:アフタ...

【欠点①】編集機能を覚えることが大変

【もう迷わない】Macにおすすめな動画編集ソフト3選【2019年版】

とりあえず動画編集の操作を覚えることが大変でした(笑)

分からないことが出てくるたびに、ネットやYouTubeなどで検索して調べる必要があります。

でもひとつずつ操作を覚えることで使いこなせるようになってきます。

Premiere Pro(プレミアプロ)で映画のような黒枠を入れる方法【Adobe】
Premiere Pro(プレミアプロ)で映画のような黒枠を入れる方法【Adobe】今回は、動画編集ソフト「Premiere Pro(プレミアプロ)」で映画のような黒枠を入れる方法を紹介します。 ...

【欠点②】それなりのパソコン性能が必要

【もう迷わない】Macにおすすめな動画編集ソフト3選【2019年版】

多機能であるため、動画編集をサクサク快適に行うためにそれなりのパソコンスペックが必要になります。

私自身、元々「Mac派・Final Cut ProX派」だったのですが、自宅で本格的な動画編集ができるようにWindowsパソコンを導入しました。

約50万円のパソコンですが、このタイミングで「Premiere Pro(プレミアプロ)」を導入したのです。

吉武編集長
吉武編集長

しかし、動画編集の操作を覚えるのにはじめはかなり苦戦したので、本気ならいきなり「Premiere Pro(プレミアプロ)」がいいと感じました。

【上級者向け】DaVinci Resolve

映像の色をコントロールして思い通りの『世界観』を創るならば、

『DaVinci Resolve』は編集・カラーグレーディングといったワークフローをカバーする
編集ソフトになります。

ブラックマジック4Kを買うならDaVinci Resolveに移行するかな

私のドローン仲間がガッツリこのソフトに入れ込んで、編集しております。

無料版でも機能の制限はありますが、基本的な動画編集とカラーグレーディングを試すことができます。

吉武編集長
吉武編集長

私自身はまだ使ったことないですが、ブラマジのカメラを手にした時触ってみようと考えてます。

カメラ購入で有料版のDaVinci Resolveが付いてきますしね。

でもまだカラグレにこだわれる段階ではないのです(^_^;)

【まとめ】今Macメインで動画編集するならどうする?

【もう迷わない】Macにおすすめな動画編集ソフト5選【2019年版】
Macにおすすめな動画編集ソフト
  1. iMovie:初心者
  2. フィモーラ:初心者~中級者
  3. Final Cut ProX:初心者~上級者向け
  4. Premiere Pro:中上級者向け
  5. DaVinci Resolve:上級者向け
吉武編集長
吉武編集長

というわけで様々な動画編集ソフトを紹介させていただきました。

再び結論ですが、今私がメインパソコンをMacに据え置いて動画編集するなら速攻で

  • Final Cut ProX

を選択します。

やはり使い勝手はダントツで便利でサクサク動画編集できるためです。

そこから細かいカラグレやアニメーションとの組み合わせをしたくなった時に

  • Premiere Pro

も使い始めます。

で両方の動画編集ソフトを使い分けます。

サクサク早く動画編集したい場合は「Final Cut ProX」

吉武編集長
吉武編集長

上記のような企画ものの動画を作る場合はFinal Cut ProXを使います。

お洒落なショートムービーを作る場合は「Premiere Pro」

ショートムービーを作る場合は、カラーや構成にこだわるため「Premiere Pro(プレミアプロ)」を使います。

吉武編集長
吉武編集長

今の私なら、こんな感じで使い分けますね。

両方覚えるのはなかなか大変でしたが、今から動画編集始めてもこの2つを使いわけると思います。

参考になれば幸いです。

【2019年最新】動画編集ソフト7選!初心者〜上級者におすすめはこれだ!
【2019年最新】動画編集ソフト7選!初心者〜上級者別のおすすめはこれ!動画編集ソフトって何がおすすめなの?自分でもお洒落な動画を作ってみたい! でもどの動画編集ソフトを選んでいいの...

ユーチューバーにおすすめのカメラ機材

動画撮影に必要な機材の種類
  • カメラ:動画撮影
  • カメラジンバル:手ブレ防止
  • マイク:音声収録
  • パソコン:動画編集・作業効率化
  • 動画編集ソフト:動画編集
  • SDカード・ HDD:データ管理
吉武編集長
吉武編集長

最後に私のおすすめのカメラ機材を紹介していきます。

以下の記事も合わせてご覧いただければ幸いです。

【2019年】YouTuberデビューにおすすめカメラ機材 厳選14選
【2019年版】YouTuberデビューにおすすめカメラ機材 厳選18選https://drone-aerial-corps.com/2019/08/07/blog-youtube/ 【種類】動画撮...
ABOUT ME
アバター
吉武 穂高
DRONE WALKER 編集長 1984年生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。