ドローンの基本がわかる記事まとめ
PC関係

予算50万円で4K60fps動画編集用の『BTOパソコン』におすすめな性能とは

予算50万円で4K60fps動画編集用の『BTOパソコン』におすすめな性能とは
吉武編集長
吉武編集長

どうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)編集長の吉武穂高です。

今回は4K60fpsの動画編集用に新しく『BTOパソコン』を購入してみましたので、紹介していきます。

てつや
てつや

パソコン選びってマジでわからんよな。

吉武編集長
吉武編集長

ですね。

私自身、今までMacBook ProのApple製品のパソコンしか使っておらず、正直『BTOパソコン』についての知識0からスタートしました。

若干、誤っている部分もあるかもしれませんが、その苦悩と葛藤もなんとなく伝わればいいかと思います。

私が購入した4K60fpsの動画編集用のBTOパソコンを紹介するぞ!

製品名DAIV-DGZ530U2-M2SH5 [ Windows 10 ]
価格433,188円
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUインテル® Core™ i9-9900K
メモリ64GB PC4-21300
作業用ディスク11TB NVMe対応
保存用HDD3TB HDD
グラフィックスGeForce RTX™ 2080
映像編集ソフトAdobe
購入会社Mouseコンピューター
吉武編集長
吉武編集長

今回、こんな感じのスペックでパソコンを組んでみました。

3年間の修理保証などもう少しそぎ落とせば、価格は40万円いかないくらいです。

上記はディスプレイなしの状態なので、諸々揃えると価格はちょうど50万円程度になります。

【意識したこと】コスパよりオーバースペック気味でBTOパソコンを組みました

今回、BTOパソコンの構成を考えるに当たって、意識したのは『Adobe premiere pro 』の動画編集ソフトを使うことを前提で必要最低限のスペックからさらに1ランク、もしくは2ランク上の構成を意識して組んでみました。

『BTOパソコン』選びで参考にした書籍たち

吉武編集長
吉武編集長

予算50万円と結構な出費ですので、勉強から時間とお金を使いました。

読んだ書籍は上記の本です。

年末でちょうど自作パソコンの作り方的な書籍をいくつか購入しました。

正直、完璧に理解しきるには時間と経験が足りないですが、とにかくいろいろと知識だけでつけるようにしてみました。

それらはどこかでいろいろと結びついてくると思います。

あとはネットでブログやYouTubeなどでもいろいろ調べました。

グラボ選びにとても悩んだ

  • CPU:Core™ i9-9900K
  • メモリ:64G

あたりは迷いなく決めることができましたが、グラボに関しては正直悩みました。

GeForce か Quadroか!?

まずはこの2択で悩みましたが、コスパがいいのは『GeForce』ですが、なんか『Quadro』も気になる。

本当にここは悩みまくりましたが、『Quadro』がいいという明確な答えが出なかったため、『Geforce』にしました。

スペックは『Geforce1080』にしようと思ったのですが、自分が購入するタイミングでは、売り切れ状態でした。

で、2019年1月にサイトを見たら上位グラボの『Geforce2080』になってたので、それでいいやという感じで選びました。

『Adobe premiere pro 』+『4K動画編集』するためにコスパ重視のBTOパソコンの性能は?

OSWindows 10 Pro
CPUCore i7 9900K
メモリ32GB以上
GPUGTX1070以上
編集用HDD500GB SSD以上
保存用HDD1TB HDD以上
吉武編集長
吉武編集長

で、『Adobe premiere pro 』を使う上でちょうどいい感じの構成でコスパ重視したスペックが私の中で上記のような感じになりました。

実際に購入した『BTOパソコン』は上記の性能を軸に1ランクか2ランク上くらいにしてカスタマイズした感じです。

予算ももともと50万円くらい出そうと思ったので、たぶんちょうどいい感じになったのかと思います。

私が『Mouse』で『BTOパソコン』を購入した理由

マウスのパソコンがおすすめな理由
  • 24時間365日のサポート体制
  • ネットやリアルでの評判も悪くない
  • 乃木坂46がCMしているから
吉武編集長
吉武編集長
以上です。

ぶっちゃけいろいろなパソコン販売会社があって、正直どれでもいいと思いましたが、乃木坂46が好きだったので、それだけでマウスにしました。(いや、これマジです!その証拠に毎週日曜0時に乃木坂工事中を欠かさずにみてます。)

てつや
てつや

そんな理由でええんかい!

吉武編集長
吉武編集長

まあそこからいろいろ調べてみたら、ネットの評判も悪くなく、実際に使ってる人の話でも全然良さげでした。

さらにサポートも24時間365日体制ということで決めました。

いつもはコスパ重視でいろいろな物を購入しますが、今後、仕事の主軸として活用してもらうパソコンになりますし、そこそこお金もかけてるのでサポートもよさげなところにしたって感じですね。

私がこれまでメインで使用してきた『MacBook Pro』の性能

製品名MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2015)
購入価格202,000円〜
プロセッサ2.2 GHz Intel Core i7
メモリ16 GB 1600 MHz DDR3
ディスクMacintosh HD
グラフィックスIntel Iris Pro 1536 MB
映像編集ソフトFinal Cut Pro X

5分程度の動画でFinal Cut Pro Xなら編集もスムーズ

購入したのは2017年で確か予算20万円程度で購入しました。

上記のスペックで、普段は『Final Cut Pro X』『Filmora』を使って映像編集しております。

上記のスペックでも、実際に使ってみると4K30fpsの5分程度の映像編集くらいなら、そこまでストレスなく作業することができております。

ここら辺の動画だったらストレスなく作れる

吉武編集長
吉武編集長

2〜5分程度の動画でいろんなカットを織りまぜるくらいならそこまでストレスなく映像編集することができました。

風景や人物など簡単につなぎ合わせるくらいなら、全然十分です。

動画時間が10分越えるとマジでしんどい

吉武編集長
吉武編集長

この動画は低画質で10分ほどだらだら講義をしている動画です。

で、動画の時間も10分を超えてくると作業自体や書き出しもなかなか大変なことになってきます。

ここら辺はただ画像をチャプターして音声録音しただけの単純動画で書き出しの画質もかなり落としてアップロードしてますが、作業のたび、パソコンはフル回転して悲鳴をあげます。

たぶんAdobe premiere proだと厳しそう

Final Cut Pro Xであれば、そこまで作業することに困りませんでしたが、編集ソフト『Adobe premiere pro』を使う場合は少々しんどそうなスペックになります。

まだ実際に使ったことがないので、憶測にはなりますが、明らかに『Adobe premiere pro』の方が編集でできることも多く、編集ソフト自体がFinal Cut Pro Xより重たげです。

推奨メモリが『32G』以上と言われているので、作業するにももう1ランク上のスペックが欲しくなりますね。

【ツクモ電気】4K60fpsにおすすめなBTOパソコン

OSWindows 10 Pro
CPUインテル® Core™ i9-7900X プロセッサー
メモリ64GB DDR4 SDRAM (PC4-21300、16GBx4)
GPUNVIDIA® GeForce® GTX 1080Ti
システム用HDD500GB SSD (M.2 NVMe接続、Samsung 970 EVO)
データ用HDD3TB HDD
作業用HDDM.2 NVMe SSD 1TBx4枚、Samsung 970 EVO RAID-0設定
価格899,800円
吉武編集長
吉武編集長

他にもいろいろネットを見ましたが、『ツクモ電気』さんでは、『4K60fps』の動画編集もサクサクできるようこんな構成で組んでおりました。

大容量の動画データを扱う4K60fpsノンリニア編集に適したCPU、メモリ、GPUも申し分ないスペックで構成されてますね。

M.2 NVMe 1TB SSD を4枚、HighPoint製 NVMe RAID カードアダプタに搭載した合計4TBのRAID-0設定の作業用ドライブ。

引用:http://www.tsukumo.co.jp/bto/pc/special/4k60p/

作業用に1TBのSSDを4枚搭載しているみたいです。

ここら辺が価格をがっつり押し上げてくれてる気がしますね。

まとめ

吉武編集長
吉武編集長

というわけで注文しましたが、実際の使用感などは到着して使ってみて記事に追記していこうと思います。

まあ実際使ってみないとどうかわからないですね。

 

ABOUT ME
吉武 穂高
DRONE WALKER 編集長 1984年生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。