Ronin

【SonyαやGH5に最高】ミラーレス専用ジンバル『Ronin-SC』の特徴まとめ

【ミラーレス専用ジンバル】Ronin-SCはSonyαシリーズに最適

9月のキャンペーン情報

キャンペーンページ(DJI公式)

吉武編集長
吉武編集長

どうもDRONE WALKER(ドローンウォーカー)編集長の吉武穂高です。

今回は、DJIから『ミラーレスカメラ専用カメラジンバル』

Ronin-S

が登場しましたので、紹介していきます。

『Ronin-SC』はカメラジンバル

【ミラーレス専用ジンバル】Ronin-SC登場
発売DJI
商品名Ronin-SC
価格51,300円
特徴ミラーレス専用カメラジンバル
重量1.1㎏
バッテリー時間11時間
積載量2.0㎏
公式サイトhttps://store.dji.com/jp/product/ronin-sc

【動画レビュー】Ronin-SCはコンパクトで機能的

Ronin-SCはミラーレスカメラ専用ジンバルということで、非常にコンパクトになっております。

さらに特筆すべきは

  • 自動撮影機能
  • アクティブトラック3
  • フォースモバイル:スマホと連動して動く
  • FPVモード:マイクロドローンのようにうごく

などなどです。

またコンパクトになり、取り回しの良さが抜群になりました。

【比較】Ronin-Sとは何が違うの??

【これはかっこいい!】Sonyα7Ⅲに『SmallRig』で完全武装してみた
価格通常版:92800円エッセンシャルキット:64800円
最大動作速度75Km/h
重量1.8㎏
最大積載量3.6Kgまで
バッテリー駆動時間12時間
機能3軸スタビライザー
大きな違い

本体重量

  • Ronin-S:1.8㎏
  • Ronin-SC:1.1㎏

積載量

  • Ronin-S:3.6㎏
  • Ronin-SC:2.0㎏

SCはSonyα6000やα7シリーズやGH5などにおすすめです。

連続使用時間

  • Ronin-S:12時間
  • Ronin-SC:11時間

重量が『1.8㎏』Ronin-SCと比べると『0.7㎏』ほど重たいです。

この重量の差は長時間撮影する上での、疲労感を大きく変えます。

Ronin-Sは一眼レフカメラを積載するジンバルの中でも非常に安定感に定評がありました。

しかし、同時に欠点が!それは

【問題】『Ronin-S』は重すぎる!

以前、発売直後のRonin-Sの体験会では、参加者のほとんどが

重ッ!!

という言葉を発しました(笑)

吉武編集長
吉武編集長

やはり機材が重すぎるのは、使い勝手の上ではとても大切です。

強力なジンバルを搭載するために、どうしても重くなるのですがミラーレスにはそこまで強力なジンバルでなくてもいいというニーズがあります。

一眼&ミラーレスの最強カメラジンバル『Ronin-s』完全操作ガイド
一眼&ミラーレスの最強カメラジンバル『Ronin-s』完全操作ガイドそこで使われる機材は、初めのうちはiPhoneなどスマホとOSMOMOBILE(オズモモバイル)などを使って動画を撮影していた方...

【積載重量2㎏まで】そして今はミラーレスの時代

【ミラーレス専用ジンバル】Ronin-SCはSonyαシリーズに最適

で今、カメラは小型高性能な『ミラーレスカメラ』の時代です。

Sonyαシリーズを筆頭に、有名なカメラマンや映像クリエイターはどんどんミラーレスカメラへと移行しているのです。

つまり従来のRonin-Sがオーバースペックであるため、その分『軽いジンバル』が求められるのです。

【Sony α7Ⅲ】動画撮影のためにおすすめのカメラ機材を一挙紹介
【Sony α7Ⅲ】動画撮影のためにおすすめのカメラ機材を一挙紹介https://drone-aerial-corps.com/2019/03/30/sony%ce%b1-series/...

『Ronin-SC』の新機能を紹介

どんなミラーレスがおすすめ?

【Sony α7Ⅲ】動画撮影のためにおすすめのカメラ機材を一挙紹介
  • Sonyα7Ⅲ
  • Sonyα6400
  • GH5

あたりのカメラがおすすめです。

吉武編集長
吉武編集長

ただしミラーレスのボディそのものが軽くても、レンズが重い・長い場合にはバランスが取れなくなる可能性があります。

スマートフォンホルダー

【ミラーレス専用ジンバル】Ronin-SCはSonyαシリーズに最適

スマホとの連携を強め、アプリで外部モニター化することができます。

そして標準で、スマホを取り付けるユニットも搭載しております。

『軸ロック』で持ち運びが便利

【ミラーレス専用ジンバル】Ronin-SCはSonyαシリーズに最適

各アームは軸ロックをすることで、持ち運びがしやすくなります。

かつてのRonin-Sは、不安定であり、その微妙な大きさから持ち運びに不便でした。

しかしRonin-SCは重量、大きさ共にコンパクトで携行性が格段にアップしました。

コマンドユニット

【ミラーレス専用ジンバル】Ronin-SCはSonyαシリーズに最適

コントロール部分の近くに『コマンドユニット』も搭載されております。

ここで

  • モーターの調整
  • 操作モードの切り替え
  • 送信機設定

などの選択をすることができます。

チーズプレート

【ミラーレス専用ジンバル】Ronin-SCはSonyαシリーズに最適

小型プレートを取り付けることで、様々な外部アクセサリーを搭載することができます。

ジンバルを使った撮影テクニック

【動画撮影上達のコツ】カメラジンバルを使った10の撮影テクニック
ジンバルを使った撮影テクニック
  • 【前進・後進】PUSH IN & PUSH OUT
  • 【平行移動】DOLLY LEFT OR RIGHT
  • 【円移動①】ORBIT
  • 【円移動②】PARALLAX ORBIT
  • 【追跡】ACTIVE TRACK
  • 【ローアングル】LOW ANGLES
  • 【リヴィールショット】REVEAL
  • 【上下移動】ELEVATOR
  • 【タイムラプス】TIMERAPSE
  • 【俯瞰撮影】Bird’s eye view
吉武編集長
吉武編集長

カメラジンバルを購入したら、様々な撮影テクニックを身につけましょう!

憧れの動画クリエイターは様々なアングルや方法で撮影を行なっています。

【動画撮影上達のコツ】カメラジンバルを使った10の撮影テクニック
【動画撮影上達のコツ】カメラジンバルを使った10の撮影テクニックしかし、憧れの動画クリエイターのようなお洒落な映像ってどう撮影したらいいかわからないですよね。今回は、『カメラジ...

【まとめ】

【ミラーレス専用ジンバル】Ronin-SCはSonyαシリーズに最適
発売DJI
商品名Ronin-SC
価格51,300円
特徴ミラーレス専用カメラジンバル
重量1.1㎏
バッテリー時間11時間
積載量2.0㎏
公式サイトhttps://store.dji.com/jp/product/ronin-sc
吉武編集長
吉武編集長

というわけで、Ronin-SCの紹介をさせていただきました。

近年、増え続ける動画クリエイター、YouTuberの存在と、小型高性能なミラーレスカメラの台頭!

カメラジンバルも非常に貴重な道具選びの一つですね。

【2019年】YouTuberデビューにおすすめカメラ機材 厳選14選
【2019年版】YouTuberデビューにおすすめカメラ機材 厳選18選【種類】動画撮影に必要な機材って何??【iPhone】撮影から編集まで可能な超万能選手ま...
ABOUT ME
アバター
吉武 穂高
DRONE WALKER 編集長 1984年生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。