Osmo

【可能性は無限大】『オズモアクション』の『アクセサリー・マウント』まとめ

【OSMO ACTION】オズモ アクションがGoPro7より優れているポイント
製品名OSMO ACTION|オズモ アクション
発売DJI
価格44820円
防水機能10m
動画性能
  • 4K (16:9) – 60、50、48、30、25、24fps
  • 4K (4:3) – 30、25、24fps
  • 2.7K (4:3) – 30、25、24fps
  • 2.7K (16:9) – 60、50、48、30、25、24fps
  • 1080p – 240、200、120、100、60、50、48、30、25、24fps
  • 720p – 240、200fps
スローモーション8倍スローモーション撮影
防水水深11mまで
写真
  • HDR撮影可能

DJI公式サイト

吉武編集長
吉武編集長

どうもDRONE WALKER(ドローンウォーカー)編集長の吉武穂高です。

今回は、DJIのアクションカメラOSMO ACTION|オズモ アクション』と合わせて購入したいアクセサリーやマウント類をまとめてみました。

オズモアクションのスペックや特徴や初期設定方法は別の記事でまとめてますので、そちらも合わせてご覧ください。

【OSMO ACTION】オズモ アクションがGoPro7より優秀なポイント
【OSMO ACTION】オズモアクションがGoPro7より優秀な点をまとめてみた製品名 OSMO ACTION|オズモ アクション発売 DJI価格 44820円 ...
【初期設定~カメラ撮影方法】オズモアクションを120%使い倒す方法
【初期設定~カメラ撮影方法】オズモアクションを120%使い倒す方法製品名 OSMO ACTION|オズモ アクション価格 44820円防水機能 10m ...

DJI Care Refresh|製品補償サービス

『OSMO ACTION|オズモ アクション』の『アクセサリー』まとめ

年間:4860円

DJI Care Refreshとは、DJI独自の商品補償サービスになります。

追加料金(4860円)を支払うことで、1年間に最大2回の製品交換サービスになります。

元々、ドローンの墜落や故障時は補償するためにスタートしたサービスになります。

ドローンの『水没』も保証!DJIの新サービス『DJI Care Refresh』とは?
ドローンの『水没』も保証!DJIの新サービス『DJI Care Refresh』とは?墜落 衝突 水没といった事故や故障になります。今回、DJIから新サービスとして『DJI ...

追加バッテリー

『OSMO ACTION|オズモ アクション』の『アクセサリー』まとめ
製品名OSMOアクション バッテリー
発売元DJI
価格2430円
容量1300mAh

公式ページ

まずは追加で買い足したいのがバッテリーですね。

屋外でガンガン使いまわしたい場合は、やはり複数バッテリーは所有しておきたいですね。

価格は1個2500円弱になります。

バッテリー1個でどれくらいの時間撮影できるの?

『OSMO ACTION|オズモ アクション』の『アクセサリー』まとめ
  • 最大135分:1080P/30fps(ロックステディOFFの場合)
  • 最大63分:4K/60fps(ロックステディONの場合)
吉武編集長
吉武編集長

撮影の設定モードにより連続撮影時間は異なります。

4K60fpsで撮影する場合は1時間程度しか撮影できないため、この点も考慮してバッテリーを用意したいですね。

Osmo Action 充電キット

『OSMO ACTION|オズモ アクション』の『アクセサリー』まとめ
製品名バッテリー充電キット
発売元DJI
内容物充電ハブ × 1
バッテリー × 2
バッテリーケース × 1
価格8910円
充電時間3つ同時でも130分で完全充電

公式ページ

バッテリー3つを130分で充電

『OSMO ACTION|オズモ アクション』の『アクセサリー』まとめ

バッテリーを最大3個まで同時に充電できるバッテリーハブになります。

充電効率は非常によくなり、3個のバッテリーを130分で完全に充電します。

マウント類はGoProと共有!!

【撮影可能性は無限大】『オズモアクション』の『アクセサリー』類まとめ

海外の比較動画を参考にしている限り、GoPro HERO7オズモアクションのマウントはとても似ております。

つまりGoProで使えていた各種マウントはそのまま使えそうです。

このあたりはDJIは非常に賢いですね(笑)

すでにGoPro関連のマウントやアクセサリーはサードパーティ製も含めるとかなりの数が販売しております。

豊富なアクセサリーをそのまま適用できてしまうのは、オズモアクションにとって大きなスタートダッシュになります。

GoPro HERO7との比較動画

GoPro HERO7関連の記事

【保存版】スポーツ毎に『GoPro HERO7』を120%使い倒す方法
【保存版】可能性は無限大『GoPro HERO7』を120%使い倒す方法「GoPro HERO7 Black」の製品概要製品名 GoPro HERO7Black価...

モバイルバッテリー

【可能性は無限大】『オズモアクション』の『アクセサリー・マウント』まとめ
吉武編集長
吉武編集長

オズモアクションの充電には、モバイルバッテリーがあると便利です。

特におすすめはAnker PowerCore 10000 Reduxがコンパクトで便利です。

てつや
てつや

モバイルバッテリー選びは以下の記事を参考にしてくれよな!

【もう迷わない】アンカーのおすすめモバイルバッテリーベスト5【2019年最新版】
【もう迷わない】アンカーのおすすめモバイルバッテリーベスト5【2019年最新版】アンカーのモバイルバッテリー 売れ筋を全部買ってみた!!ANKERとは?米Google出身メンバーで創...

自撮り棒

『OSMO ACTION|オズモ アクション』の『アクセサリー』まとめ
吉武編集長
吉武編集長

2019年5月15日発売直後では、DJI純正の自撮り棒はまだ登場しておりませんが、サードパーティやGoProなどの自撮り棒を使いまわせそうです。

GoProの自撮り棒を持っている人は

取り付けマウント部分自体はGoPro HERO7と同じなので、GoProで使っていた自撮り棒などがあれば、それを使いまわすことができそうです。

GoProの時には、以下のように自撮り棒だけでもたくさんありました。

  1. ショーティー:三脚付きの自撮り棒
  2. 3WAY自撮り棒
  3. エルグランド:延長可能で1mまで
  4. ザ・ハンドラー:水に浮くのでマリンにおすすめ

などなど自撮り棒だけでも用途によって様々な可能性が広がります。

オズモアクションでも様々な自撮り棒の登場が期待できそうですね。

すでにGoProで上記の自撮り棒を持っている方はそのまま使ってみてください。

GoPro7専用『アクセサリー・マウント』全20種類の使い方を一挙紹介
GoPro7専用『アクセサリー・マウント』全21種類の使い方を一挙紹介 【マイクロSDカード】マイクロSDカードは「サンディスク」のクラス10が動画撮影におすすめです。アクセサリーでは...

NDフィルター

動画を撮影するために、必須アイテムともいえる『NDフィルター』になります。

吉武編集長
吉武編集長

2019年5月15日発売直後では、DJI純正の『NDフィルター』はまだ登場しておりません。

海外のポーラープロから発売されております。

てつや
てつや

これまでのDJIの販売を見ていると1か月後くらい出る感じかな。

【可能性は無限大】『オズモアクション』の『アクセサリー・マウント』まとめ

NDフィルターはカメラのサングラスのようなものです。

屋外でスピード感のある動画を撮影する時に、どうしても太陽光など光を取り込む量が多くなりすぎてしまいます。

必然的にシャッタースピードが速くなってしまうので、動画を撮影する時にはこちらでもシャッタースピードを調整できるようにしたいところ。

そこで活躍するのが『NDフィルター』になります。

動画クリエイターの方には必須のアイテムになります。

逆に特にこだわりがなくて、撮影できればいいやくらいであれば、あまり気にせず『オート設定』で撮影していればよいかと思います。

【SmallRig】アクションゲージ

各種カメラゲージで有名な『SmallRig』ですが、『オズモアクション』専用のゲージも登場しております。

様々なマウントを追加するのに便利です。

私自身、Sonyα7Ⅲのアクションゲージを購入しましたが、男のロマンがありますね(笑)

【これはかっこいい!】Sonyα7Ⅲに『SmallRig』で完全武装してみた製品名 Sony α7Ⅲ発売 2018年価格 211,660円センサーサイズ ...

各種取り付けマウント

アクションカメラの醍醐味は様々なスポーツやアクティビティにマッチするようにマウントを取り換えることです。

ヘルメット、リュックサック、バイクや胸に装着できるようにしたりするなどそのシーンによって様々な工夫ができます。

吉武編集長
吉武編集長

流石にDJIから以下のようなマウントの純正がすべて出るとは思えないので、すでに発売しているサードパーティ製を使うのがいいと思います。

  • 接着式フラットマウント:標準装備
  • 接着式カーブマウント:標準装備
  • ヘルメットマウント:ヘルメットに装着
  • チェストハーネス:胸の真ん中に装着
  • バックパックマウント:リュックに装着
  • バイトマウント:口に加える用
  • ドッグハーネス:愛犬に装着
  • ドローン用マウント

上記2種類(接着式フラットマウント・接着式カーブマウント)は標準装備されてますが、他にもいろいろアイデアを出してみるとこんな感じになります。(というかGoProのマウントだけど)

【ヘルメット用マウント】バイク旅の相棒

バイクなどに装着することで、旅先の動画を気軽に撮影することができます。

【バックパックマウント】バックパッカーに

海外をバックパックひとつで旅する人も多いと思います。

手ぶらにするためにバックパックに取り付けるマウントがあると便利ですね。

【チェストハーネス】マウンテンバイクに!

バンド式で胸の中央にオズモアクションを装着できます。

装着する位置を変えるだけでも撮影できる動画は変わります。

【バイトマウント】口にくわえて使用

こちらは口に装着して撮影できるマウントになります。

こんなものまであるんですね。

【頭部用マウント】ハンズフリーに

Amazonベーシック カメラアクセサリー GoPro用 防水 フリーサイズ ブラック
Amazonベーシック(AmazonBasics)

【ドッグハーネス】愛犬目線に

愛犬ならではの視点で動画を撮影できます。

地面すれすれで動物の機動力を生かした動画は迫力があります。

【ドローン用マウント】空撮に

吉武編集長
吉武編集長

コンパクトで広角レンズを搭載のアクションカメラには無限の可能性があります。

karma不要説!Mavic PROにGo Pro HERO6を積載する方法
karma(カルマ)は不要?Mavic PROに『Go Pro HERO6』を積載する方法Mavic PROにGo Pro HERO6を積載してみました。 どうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)編集長の吉武穂...
【Amazon神グッズ50選】★4超えのおすすめアイテムを自腹購入レビュー
【Amazon神グッズ70選】星4超えのおすすめアイテムを自腹購入レビュー魂のAmazon散財記録をここに綴るお得な買い物方法と紹介するジャンルはこんな感じ Amazonで購入する際は「ギフト券」がお...
ABOUT ME
アバター
吉武 穂高
DRONE WALKER 編集長 1984年生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。