日本一わかりやすいドローン専門メディア

2018年ドローン入門最強5ステップ

私がドローン専用バッグに求める4条件|マンフロットのドローンリュックが欲しくて悩ましい

 
Phantom4Proは純正の発泡スチロールバッグ+赤ラップパック
この記事を書いている人 - WRITER -
DRONE WALKER 編集長 1984年3月28日生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。

マンフロットから出ているDJIドローンを入れるカメラバッグが欲しい

どうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)編集長の吉武穂高です。

突然ですが、みなさんドローンを搬送するカバンは何を使用してますか?

私が所有しているドローンやカメラ機材は以下の通り!

しかし、最近は機材が増えすぎて搬送に困ってきました。

特にドローンを搬送する際は何に収納しようかいつも頭を悩まされるところ。

私がドローン専用バッグに求める4つの条件

  1. デザイン
  2. 価格
  3. パソコンも収納できる大きさ
  4. 飛行機で手荷物扱いになる絶妙な大きさ

この4条件あたりですね。

価格やらデザインはもちろん重要です。

デザインは好みがありますし、価格も人それぞれ予算が違いますよね。

それ以上に大切なのはバッグの大きさです。

私の場合、常にパソコンは持ち歩いていないと気が済まないため、収納できる大きさは必ず必要!

さらに④が重要で、ドローンを持って飛行機で移動する場合、『リポバッテリー』『預け手荷物』にすることができず、機内に持ち込む必要があります。

そのため、ドローンを収納するバッグは『機内持ち込み扱いになる絶妙な大きさ』が重要なのです。

機内持ち込みのカバンのサイズ

  • 3辺の和115cm(45インチ)以内
  • 3辺それぞれの長さ55cm×40cm×25cm以内
吉武

かつてマレーシアまでドローンを持ち込んだ時もありました。

その時はリュックにパンパンに詰め込みまくり重量が余裕で7kg突破!

大きさもやばい状態でしたが、なぜかスルーしてくれたおかげで助かりました。

空港のCAも思わず苦笑いでしたが、見逃してくれました(^_^;)

今使っているPhantom4Proのバッグ|純正の発泡スチロールバッグ+赤ラップパック

Phantom4Proは純正の発泡スチロールバッグ+赤ラップパック

これが現在の装備です。

一番のお荷物であるPhantom4Proは純正の発泡スチロールバッグにDJI純正の赤シートを被せてリュックサックもとぎにしています。

大前提!Phantom標準装備の発泡スチロールバッグはとても優秀!

まず大前提としておきたいのは、Phantom4Proシリーズに標準装備されている発泡スチロールバッグはとても優秀であるということ。

  • ドローン本体
  • プロペラ
  • バッテリー3個

までバッチリ収納できてしまいます。

しかし、あくまでしか入らないんですよね。

これでも便利といえば便利なんですが、他の機材も考えるとリュックとして背負う以上もう少し荷物を収納して欲しいところなんです。

そこで検討しているのが、マンフロットのドローン専用カメラバッグ!

此奴なんですが、とても気になってます!

収納力

  • 54x30x16 cm (25.9L)
  • ドローン/リモコン収納部 41x30x16㎝
  • PCスペース 51x30x2.5㎝
  • プロペラを外したドローン、リモコン、アクセサリーとDSLR、17インチPCを収納可能。
  • 前面フラップにドローン固定可能(プロペラを外さず移動が可能)
  • 撥水素材、レインカバー付き 三脚取り付け可

やっぱりカメラバッグの一流メーカーなので、デザイン収納性ともにかなりいい感じですね。

大きさ的にも『機内持ち込み』ができる大きさです。

マンフロットのドローン専用カメラバッグ!

収納スペース的にドローンだけでなく、上部に『一眼レフカメラ』1台とパソコンは収納できそうです。

Phantom4Proとカメラを一つのバッグに入れられると本当に助かりますね。

マンフロットのドローン専用カメラバッグ!

現場ですぐに使用できるよう、写真のように搬送できるのも頼もしいですね。

そしてもう一個悩んでいるのがこれ!

抜群のコスパを誇るPhantomバッグ

次に悩んでいるのはこれ!

価格が5000円で、激安ながら純正の発泡スチロールバッグの利便性を活かした上で、そこから一回り大きなリュックに収納するスタンス!

サイズは『335x520x220mm』でこちらも機内持ちこみおっけー!

マンフロットのドローン専用カメラバッグ!

さらに上部にバッテリーなども入れることができるので、かなり使いやすそうです。

サイドにはペットボトルやらプロペラも収納できます。

デメリットはデザインがダサすぎるといったところでしょうか?

ずっと背負ってると疲れそうなデザインな感じもしますね。

先にも紹介したように、私自身が今赤いラップパックを使用しているため、今思うとラップパック買うくらいならこれ買っておけばよかったと後悔してます。

Phantomシリーズのドローンを持っていて、バッテリーも4個以上持ってるならとりあえずこれ買っておけばいいと思います。

さて次はMavicシリーズのカバンのご紹介です。

MavicPROはハクバのカメラバッグがおすすめ!

MavicPROはハクバのカメラバッグ、MavicAIRはコンボフライのバッグで十分!

こちらのカバンは以前にもご紹介しました。

MavicPROのコンボフライのカバンは収納ギリギリで余裕がないため、使い勝手があまりよくないと評判です。

そのため、DJI純正のドローン専用バッグではなく、上のハクバのカメラバッグを使用しています。

これには全くの不満点はないです。

スペース的にも余裕があり、SDカードなどの付属品も収納できますので、重宝しております。

なんならもう一個欲しいとと思ってます。

MavicAIRはコンボフライのバッグで十分!

MavicAIRフライモアコンボ

MavicAIRフライモアコンボ

最近発売されたMavicAIRに関しては、『コンボフライセット』に付いてくるバッグがとても秀逸です。

バッテリー合計4個、プロペラガードや充電器も入ってかなりコンパクト!

こちらに関しては、純正で充分すぎるほど素晴らしいので、特に何か買おうという気にはなりません。

今からMavicAIR買おうと思っている人はためらずに『コンボフライ』でいいですよ!

MavicシリーズにもManfrotto(マンフロット)の魔の手が・・・

Manfrotto Aviator hover-25

Manfrotto Aviator hover-25

こちらはMavicシリーズ専用のリュックになります。

2018年3月5日発売予定で、この記事を書いている時にはまだ発売して居ないです。

MavicシリーズにもManfrotto(マンフロット)

MavicシリーズにもManfrotto(マンフロット)

ドローンだけではなく、OSMOMOBILE(オズモモバイル)もバッチリ収納できる設計になっております。

OSMOMOBILEシリーズも最近『新作』が出て、かなり購入しやすくなりました。

MavicシリーズにもManfrotto(マンフロット)

こんなところにもドローンの備品が入ります。

プロペラを入れられる大きさ分の設計になってますね。

MavicシリーズにもManfrotto(マンフロット)

Manfrotto Aviator m1スリングバッグfor DJI Mavic Drone

最近気づいたんですが、Mavicシリーズを収納するためのカバンも出ていたんですね。

MavicシリーズにもManfrotto(マンフロット)

デザインはスタイリッシュでかなりかっこいい!!

MavicシリーズにもManfrotto(マンフロット)

価格はなんと2万円オーバー!まさに貴族の遊び!

厄介なのは価格ですね。

恐ろしいことに20683円!

はじめに紹介したPhantom専用リュックとそこまで変わらないんです。

Phantomも含めた移動のために収納力のあるカバンをチョイスするためにお金をかけることは賢いと思いますが、さすがにMavicのカバンに2万円以上も支払いたくありません。

それなら予備バッテリーやSDカードなど周辺機材の充実に資金を使いたいところです。

というわけで、アラブの石油王クラスのお金持ちにオススメのカバンです(^_^;)

まとめ

というわけで、ドローン専用バッグについてご紹介させていただきました。

私自身の頭の整理のために書いてみましたが、どれを買おうか悩みますね。

ドローンもそうですが、自分のライフスタイルなどに合わせて、自分の相棒になる道具選びはこうやって悩むことも楽しみのひとつですね。

Amazonギフト券でお得に買おう!

DRONE WALKER(ドローン ウォーカー)|Amazon

『Amazon』でドローンを購入する際に絶対おすすめな『ギフトチャージ』です。

こちら初回Amazonギフト券5000円分以上購入すると1000円分のポイントチャージがされるとんでもないサービスです。

非常にお得なサービスなので、Amazonでドローンやガジェット類を購入される方はぜひチェックしておいてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
DRONE WALKER 編集長 1984年3月28日生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© DRONE WALKER , 2018 All Rights Reserved.