ドローン入門

ドローンを飛行機に持ち込む時に注意すべき1つの事柄【旅先でも空撮】

ドローンを飛行機に持ち込む場合に注意すべき1つの事柄【旅先でも空撮】

ドローンを持って飛行機で旅に出たいけど、どうしたらいいの?

どうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)編集長の吉武穂高です。

2018年になり、『ドローン』という名前が市民権をえました。

今では、各社から新作のドローンがどんどん発売されるようになりました。

DJI社からは、Phantom4を小型化した期待の大型新人「MAVIC PRO」『MavicAIR』

こちらは小型高性能であるため、飛行機旅では非常に重宝します。

PARROT社からは、スターウォーズを連想させるような、面白い機能とビジュアルを持った「SWING(スウィング)」と「MANBO(マンボ)」

GO PRO社からは「KARMA(カルマ)」

ドローン自体が小型化・高性能化がどんどん進み、価格もどんどん安くなってきます

今までドローンに興味がない方でも、ドローンに興味を持ち始めた方が非常に多いのでないでしょうか?

今回は、ドローンを飛行機に持ち込む時の注意点についてお伝えします。

旅先でもドローンで空撮しよう!

ドローンを使えば上記のような映像を撮影することができてしまいます。

ドローンに興味を持つ方の多くは、綺麗な空撮映像をたくさん撮れてしまうこと。

特に海外の美しい風景を撮影したら、旅の思い出も最高になることでしょう。

ドローンって飛行機に持ち込めるの??

多くの方が持っている「Phantom」の

そこで気になるのは、飛行機に乗る場合にドローンを持ち込めるかということ。

結論から言えば、

「ドローンを飛行機に持ち込むことは可能です。」

重量に関係なく、たとえ200g以下のホビードローンであろうが、1kg以上の商業用ドローンであろうと機内に持ち込むことは可能です。

あくまでそこの「航空会社」が定めたルールと『各国のルール』に従う必要があります。

飛行機に持ち込む場合は、飛行機の中まで本人と一緒に持ち込むことができる「機内持ち込み」とあらかじめ、空港のカウンターで受付の方にお渡しする「預け手荷物」に分かれます。

ドローンを飛行機に持ち込む場合は「機内持ち込み」でも「預け手荷物」でも運ぶことができます。

ただし、注意点が一点だけあります。

それは、

注意|『リチウムイオンバッテリー』は必ず『機内持ち込み』にすること!

【phantom4】購入動機と到着〜開封まで|中身をご紹介

ドローンの電池である「リチウムイオンバッテリー」危険物に当たります。

Phantomなどのドローンで使われている電池は「リチウムイオンバッテリー」になります。

以下は「国土交通省」より出されている危険物に関しての決まりなのですが、

ドローンを飛行機に持ち込む場合に注意すべき1つの事柄【旅先でも空撮】

引用:国土交通省ホームページより

上記のように「リチウムイオンバッテリー」は危険物にみなされます。

「リチウムイオンバッテリー」は「機内持ち込み」なら大丈夫!

ちょっとわかりにくいですが、「リチウムイオンバッテリー」にあたり、「預け手荷物」として運ぶことはできません。

つまり、ドローンを飛行機に持ち込む場合は、「バッテリー」だけでも取り外して、『機内持ち込み』として持っていかねばならないということになります。

多くの方が持っている「Phantom」のバッテリーの場合は確実に「機内持ち込み」になりますが、もしお使いのドローンで大丈夫か不安な場合は、国土交通省のホームページをチェックするか、事前に航空会社などに問い合わせるようにしましょう。

世界を旅する高城剛さんの場合
多くの方が持っている「Phantom」の

Phantomを持って海外を移動するときは、適当なトートバックに入れて、「機内持ち込み」にしているそうです。

まさかトートバックに無造作にドローンが入っているとは思われず、いちいち面倒な空港職員とのやりとりがなくなるそうです。

日本では言葉がスムーズに通じますので、問題ないと思いますが、「海外間」で移動する場合は、変に目をつけられると無駄な時間をロスしてしまうとのこと。

これも旅慣れた方の技ですね。

国内旅行はそこまで気にしなくていいと思いますが、海外間で移動するときは実践して見ようと思います。

まとめ

  • ドローン本体は、「機内持ち込み」でも「預け手荷物」でも大丈夫!
  • リチウムイオンバッテリーは「機内持ち込み」のみ!

ということになります。

意外と見落とされがちな点になりますので、一応書いておきました。

ルールは守って、楽しい旅(WITH ドローン)にしたいものですね。

実際にドローンを持って飛行機に乗ってみました。

奄美大島での飛行機旅のパッキング術

ドローンを飛行機に持ち込む時に注意すべき1つの事柄【旅先でも空撮】

これだけ大量の荷物を持って行きました。

ドローンだけではなく、カメラ、ジンバル、GoProなどたくさんの撮影機材。

しかし、飛行機では最低限の荷物料金で済ますことができました。

これからドローンを始めたい方は以下の記事をチェック!

ABOUT ME
吉武 穂高
DRONE WALKER 編集長 1984年3月28日生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。