DJI社

【注意!】DJIドローン障害物探知機能を過信するな|木の枝や細い物体は探知しない

【注意!】DJIドローン障害物探知機能を過信するな|木の枝や細い物体は探知しない

DJIドローン

障害物探知機能があるからといって

それを過信してはいけない。

吉武編集長
吉武編集長

どうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)編集長の吉武穂高です。

今回はDJIドローンの障害物探知機能の注意点についてご紹介します。

また空撮用ドローンの障害物探知機能の進化も合わせて紹介します。

【2016年代】Phantom4の障害物探知機能

DJIのPhantom4以降のモデルには前方の障害物を探知し、自動で停止しブザーで警告してくれる機能があります。

そのおかげでドローンの運用でもっとも怖い墜落のリスクを避けることができるのです。

私自身も恥ずかしながら、この機能に救われて障害物との接触を避けれらたことがあります。

しかし、この障害物探知機能も決して万全ではなく、過信してはいけません。

【2019年代】Mavic 2 PROの全方向障害物探知

製品名Mavic 2 PRO(マービック2プロ)
価格192,000円(税込)
機体重量905g
カメラハッセルブラッド
動画4K30fpsで撮影可能
静止画2000万画素
センサー1インチセンサー
特徴③全方向障害物センサー
飛行時間最大31分
最高時速72㎞/h
URLhttps://store.dji.com/jp/product/mavic-2

公式サイトDJI楽天ストア

吉武編集長
吉武編集長

2018年は、新型Mavic2 PROに関しては左右にも障害物センサーが搭載されております。

障害物探知に関して、大幅に進化したといえるでしょう。

アクティブトラック+APAS

吉武編集長
吉武編集長

さらに『アクティブトラック(追跡機能)』と障害物を回避しながらついてきます。

最新のドローンであれば、木の枝なども認識できるようになってきてますね。

ただし、操縦者はドローンの性能を鵜吞みにしないことをおすすめします。

Mavic 2 Proのドローン空撮ガイド『ハッセルブラッド』のカメラ最高かよ!
【世界最強】DJIドローン『Mavic 2 Pro』の使い方から空撮まで徹底紹介するぞ!Mavic 2 PROで操縦&空撮してみました! 製品名 Mavic 2 PRO(マービック2プロ) ...

【安全飛行】細かい物体への衝突へ配慮せよ!

動画で紹介されているように、木の枝や電線など細かい物体を感知することは難しいのです。

そのため、決してドローンの機能に依存せずに周囲に障害物がないのか念入りにチェックした上でフライトに臨むべきなのです。

障害物探知機能が充実していても、それを頼りにドローンを操縦してはいけない!

あくまでドローンの位置をきちんと目視で把握し、細かい障害にも注意する必要がある!

ドローンの墜落原因のほとんどが、障害物との接触!

ドローン6つの墜落

  1. 急な突風
  2. ドローンの急降下時
  3. 障害物との接触
  4. バッテリー切れ
  5. 電波障害
  6. バードストライク

この中でも、墜落しているその原因のほとんどは「障害物との接触」がもっとも大きな割合を占めております。

YouTubeなどでドローンの墜落集やSNSでも墜落している話を聞いているとほとんど「障害物」との接触の話をよく聞きます。

『ドローン』6つの墜落原因を知り、目指せ!安心安全なドローン操縦士!
『ドローン』6つの墜落原因を知り、目指せ!安心安全なドローン操縦士! https://www.youtube.com/watch?v=91BRI7V2p-U&t=47s ...

油断しているつもりはなくても、ついぶつけてしまう。ヒヤリとする場面は多々ある。

明確な障害物でなくとも、草むらギリギリを攻めて撮影したり、それなりの広さのフィールドで練習していても、ついスピードを出しすぎたりすると、障害物に接触しそうになったことはドローンを扱う人なら一度は経験しているのではないでしょうか。

決して油断したわけではないけれど、ついヒヤリとしてしまう場面。

ドローンそのものは日々の進歩でその機能と安全性は高まっておりますが、その機能に過信することなく、常に心とスキルを高め続けていきたいものです。

Phantom4を水没させてしまった体験記

【注意!】DJIドローン障害物探知機能を過信するな|木の枝や細い物体は探知しない

私自身、一番初めに購入したドローンが『Phantom4』ですが、情けないことに2週間ほどした後、水没させてしまいました。

原因は2週間ほど操縦訓練をして、慣れたころについ調子にのって木に衝突させてしまったためです。

こうすれば治った!ドローン(Phantom4)が水没した時の対処法完全マニュアル
こうすれば治った!ドローン(Phantom4)が水没した時の対処法【墜落マニュアル】実はPhantom4が墜落&水没してました。 どうも東海空中散歩の吉武穂高です。 今回はPhantom4が水没した時の対...

【まとめ】ドローンの訓練はきちんとやろう!

ドローンの『目視外飛行訓練』で1km先まで飛ばしてみた【動画有】

というわけで、ドローンの障害物探知機能について紹介させていただきました。

年々、障害物センサーは進化し、優秀になってきますが、操縦者はそれをあてにしてはいけません。

常に自分で安全や障害を確認した上で、きちんと技術の向上を目指しましょう!

【脱初心者】ドローンスクールや講習に通わずに操縦が上達する練習方法を紹介
【脱初心者】ドローンスクールや講習に通わずに操縦が上達する練習方法を紹介ドローン初心者脱却には 10時間以上操縦練習をしましょう! DJI社から出ているphantomなどのドローン...
【動画】15の操縦技術でドローンの空撮スキルが劇的に上達する方法
【動画有】19の操縦技術でドローンの空撮スキルが劇的に上達する方法空撮のために必要なドローンの操縦技術を学ぼう! どうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)編集長の吉武です。 今...

 

ABOUT ME
アバター
吉武 穂高
DRONE WALKER 編集長 1984年生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。