DJIドローンphantomのアクティブトラック操作方法完全マニュアル

超便利! phantom4 アクティブトラック

DJIドローンのアクティブトラックとは?

今回はDJI社の最新ドローンであるphantom4の機能として搭載されている「アクティブトラック」についてご紹介します。

ActiveTrack (アクティブトラック)機能を使えば、追尾装置や発信機がなくても、Phantom 4が被写体を自動で認識し追尾します。

追尾POI機能をオンにすれば、動いている被写体を中心にして円を描きながら撮影することも可能です。

引用:DJIホームページより

要するに「被写体」を決めて、登録すれば自動でその被写体の周りと飛行してくれる機能です。

実際にアクティブトラックを使った空撮動画を見てみましょう!

ベンツをアクティブトラックを使って空撮してみた。

この操縦は一度車を認識してからは、『指1本』でしか操縦していません。

こんなすごい撮影が簡単にできてしまうなんてすごくないですか?

では実際に使い方を見ていきましょう!

アクティブトラックの使い方

まず「DJI GOアプリ」「プロポ」「ドローン本体」起動させた状態にします。

まずは「スマホ」画面の左下「赤丸」でついた部分をタップします。

【phantom4】アクティブトラック完全マニュアル

すると以下の画面になります。

今度は画面上のアクティブトラックボタンを選択します。

【phantom4】アクティブトラック完全マニュアル

4つメニューがありますが「アクティブトラック」をタップしてください。

2018年現在は画面が変わりますが、DJIドローンは概ね共通になります。

【phantom4】アクティブトラック完全マニュアル

すると、「高度3m以上まで飛行させてください」との指示があります。

そのとおり3m以上の高さまで「ドローン」を上昇させましょう!

3mを越えると次へ進めます。

【phantom4】アクティブトラック操作方法完全マニュアル

すると「被写体」をドラッグするように指示をされます。

【phantom4】アクティブトラック操作方法完全マニュアル

指示通りドラックをすると「緑色」で被写体が囲われます。

もし、「赤色」が出てしまうときは、被写体とドローンの距離が近すぎるため、被写体から距離を離してください。

この距離は概ね5mだったと思います。

適切な距離を保ち、緑色の「GO」ボタンを押せば、「アクティブトラック」が機能してくれます。

被写体の動きに追随して、phantom4が付いてきてくれます。

また、「アクティブトラック」作動中にプロポでドローンを操作することができます。

そのため、単純に動きを追跡するだけではなく、360度いろいろな角度から被写体を写すことができます。

ちょっと自分で撮影できなかったので、以下の動画をご覧ください。

DJI Phantom 4 アクティブトラックモードで自動撮影

まとめ|アクティブトラックは映像制作にとても重宝します。

いかがでしたでしょうか?

この「アクティブトラック」を使用すれば、自動で被写体と距離を保ち続けてくれるため、今までは大掛かりな道具を使って撮影しなければならない映像もとても簡単に撮影できてしまうのです。

しかも、それが熟練したプロではなく、少しphantom4の操作を覚えてしまえば誰でも使えるということはとても凄いことになります。

またこの機能を使って、モトクロスや自転車、スノーボードなどのスポーツを迫力のある視点で撮影したり、映画制作やプロモーションなど様々な分野で活躍が期待されます。

DJIドローンをお持ちの方は是非、この「アクティブトラック」を有効に使いこなしてみてください。

DJIドローンのおすすめ機種はこちらになります。

Osmo Mobile(オズモ モバイル)もアクティブトラック機能を備えてますね。

これはマジで凄い!

 



スポンサーリンク






超便利! phantom4 アクティブトラック

よかったらシェアしてね〜!

DRONE WALKERおすすめのドローン

初心者ならまずは200g未満のドローンから始めましょう!

➡︎ドローン入門は200g未満の1万円前後がおすすめ!

空撮用ドローンは DJI社がおすすめ

➡︎大人気DJIおすすめドローンベスト5&3倍得する購入方法

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

DRONE WALKER 編集長 1984年3月28日生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。 作家として、速読技術を活用し年間200冊以上の本を読むことで幅広い分野に精通し、独自の視点から様々なジャンルの書籍を出版。 当サイトでは、ドローンの専門情報をメインに、最新テクノロジー(VR・AI・暗号通貨)や起業術(ネットマーケティング・ライティング・メディア戦略)・Kindle書籍出版から日本の魅力を世界中に発信していきます。 お仕事の依頼やお問い合わせは、「hodaka8866@gmail.com」もしくは「Facebookメッセージ」が一番早くて繋がりやすいです。