DRONE WALKER

日本一わかりやすいドローン専門メディア

ドローン入門

ドローンとラジコンヘリの決定的な違いは「自律性」の有無にあり!

ドローンとラジコンヘリの決定的な違いは「自律性」の有無にあり!

ドローンの定義

ドローン(DORNE)とはもともと「雄バチ」を意味する単語です。

多くの方が「ドローン」といえば、4つの回転羽がついた空を飛ぶラジコンをイメージすると思います。

それもドローンの一種になりますが、広く「無人航空機」になります。

社会的な注目を集めるようになった技術は定義が曖昧になる傾向があり、ソーシャルメディアしかり人工知能しかり。

注目が集まることで技術開発のバラエティが広がったり、あるいは流行に乗り遅れまいと、似た技術を同じ名前で呼ぶ人が増えたりすることで、少しずつ領域が拡大し、曖昧になっております。

「無人飛行機」のイメージが強いですが、他にも地上を走ったり、水上や水中を走ったりするドローンもあります。

現在の状況を見ると、「ドローン」という新しいジャンルが確立しつつあるように思えますが、定義はどんどん曖昧になっているような感じがします。

そのため広い意味で見ると、マルチコプター型のドローンもラジコンヘリも「無人航空機」であるため、広い意味で見るとどちらも「ドローン」になります。

引用:【入門編】今さら聞けない!|そもそもドローンって何??

しかし、それではすっきりしないので、今新しく出てきたドローンと昔からあるラジコンヘリの決定的な違いを説明します。

(このサイトではラジコンヘリもドローンと呼ぶような表現をしておりますが、今回はあえてドローンとラジコンヘリを分けて説増します。)
ドローンとラジコンヘリの決定的な違いは「自律性」の有無これがドローン

ドローンとラジコンヘリの決定的な違いは「自律性」の有無
これがラジコンヘリとします。(農業分野で活躍するラジコンヘリです。でかいです(⌒-⌒; ))

ドローンとラジコンヘリの決定的な違いは「自律性」があるか否か

両者の決定的な違いは「自律性」にあります。

ラジコンヘリの場合は「プロポ」というコントローラーで手動操作をし続けなければなりません。

つまりラジコンヘリの場合は操縦者の腕が全てになります。

しかし、新しく出てきたドローンと呼ばれるものには

・GPS
・電子コンパス
・加速度センサー

が搭載されており、操縦者による「プロポ」の操作だけではなく、ドローン自身が飛行することが可能になります。

あらかじめ飛行経路などを設定し、プログラミングを組み込んでおけば、あとは自動的に目的地までドローンを飛ばすことが可能になります。

この「自律性」こそが決定的な違いになります。

ラジコンヘリであれば、操縦者の目視内までが操縦範囲の限界になりますが、ドローンの場合は目視外の飛行も簡単にチェックでき、ドローン自身が高解像度のカメラやセンサーを持ち、自動で障害物を避けてくれることもできてしまいます。

Phantom4の障害物機能自動回避

東海空中散歩でも機材として使用しているDJI社のPhantom4にも自動で障害物を感知し、避けてくれる機能があります。

また動画のように、GPSの機能を使うことで、人や風がドローンを動かそうとしても、決めた位置ホバリングを続けたり、設定したルートを外れないようになります。

通販サイトの最大手アマゾンも「プライムエア」というサービスを発表し、ドローンを活用して最終的には人がいなくても注文を受けた商品を自動的に迅速かつ正確に配送するということも行われようとしております。

【ドローンビジネス】Amazon宅配サービス|物流分野の課題は規制と技術

まだまだ越えるべき壁はたくさんありますが、物流・配送の分野にドローンが本格活用されだすと、昔映画で見た近未来のSFのような世界になりそうです。

参考記事:【ドローンビジネス】Amazon宅配サービス|物流分野の課題は規制と技術

まとめ|ドローン業界の進化は異常に早い

いかがでしたでしょうか?

近年ドローンの名前をどんどん聞くようになりましたが、スマートフォンが普及したことが要因として挙げられます。

スマートフォンに使用されているGPSや電子コンパスをそのままドローンの技術に転用したこと。

そのため、これだけ高度な技術を持ったドローンも、スマートフォンの普及でパーツが「小型化」「低価格」になりました。

おもちゃであれば5000円程度からファントム4のような高性能な機体も20万円以内で購入できてしまうのです。

またドローン業界の進化はとても早く、1年ごとに考えられないような技術や世界を見せてくれます。

今では「ありえない!」と思っているような世界をドローンはこれから見せてくれるかもしれません。

余談

個人的にはこのポケットサイズのセルフィードローンが日本に入ってきたとき、これまでドローンを敬遠していた一般ユーザーを爆発的に増やしていくような気がします。

ポケットサイズのセルフィードローン「Dobby」に進化の未来を見た!

ポケットサイズのセルフィードローン「Dobby」に進化の未来を見た!

The following two tabs change content below.
1984年3月28日生まれ 愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。 作家として、速読技術を活用し年間200冊以上の本を読むことで幅広い分野に精通し、独自の視点から様々なジャンルの書籍を出版。 当サイトでは、ドローンの専門情報をメインに、最新テクノロジー(VR・AI・暗号通貨)や起業術(ネットマーケティング・ウェブライティング・メディア戦略)・Kindle書籍出版から日本の魅力を世界中に発信していきます。 お仕事の依頼やお問い合わせは、「hodaka8866@gmail.com」もしくは「Facebookメッセージ」が一番早くて繋がりやすいです。

DRONE WALKER オンラインショップ(ドローンご購入で予備バッテリー1個プレゼントキャンペーン中)

DRONE WALKERオンラインショップでは、特定のドローンをご購入のお客様に『予備バッテリー1個』をプレゼントさせていただいております。(ただし銀行振込限定とさせていただきます。) 詳しくはオンラインショップをご覧ください。
DRONE WALKER オンラインショップ(ドローンご購入で予備バッテリー1個プレゼントキャンペーン中)

これからドローンを始める人必見!2017年最新のDJI社のドローンがわかる!

これからドローンを始める人必見!2017年最新のDJI社のドローンがわかる!
2017年はドローンラッシュ! 最新のDJI社のドローンを解説しております。 Mavic PRO・Phantom4Pro・Inspire2・SPARKなどの最新機種を解説! 「Kindleアンリミテッド登録者」なら「無料」で読むことができます。

電子書籍にしか載せてない情報あり!Kindleアンリミテッド登録者なら「無料」で読むことができます。

電子書籍「ドローン起業術シリーズ」はAmazonにて好評販売中です。 第1巻と2巻に関しては、ドローンを仕事にする上で、必要な「知識」と「技術」「資格」を取得するための内容でした。 第3巻では、いよいよドローンを仕事にしていくための「ビジネスモデル構築術」について紹介しています。 第1巻と2巻の、大部分は「このサイト」の内容を追記・編集した内容になっていますが、第3巻に関して、大部分は、「電子書籍にしか」掲載されてない情報になっております。 月額980円のKindleアンリミテッドに登録の方であれば、「無料」でお読みいただくことができます。 ぜひドローンで「起業」したい方に読んでほしい1冊です。 特別に「魂」を込めて、書きあげました。

新しい時代、未来を切り開くのはいつだって気概を持った起業家の存在がある。

電子書籍にしか載せてない情報あり!Kindleアンリミテッド登録者なら「無料」で読むことができます。

スポンサーリンク

オリジナルグッズ販売中

Tシャツをはじめ、マグカップ・ステッカーなどDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)オリジナルグッズも取り扱ってます。 シンプルなロゴで普段使いにぴったりです。 よかったらみてくださいね。
オリジナルグッズ販売中

コメントする。

*
*
* (公開されません)

DRONE WALKER