Osmo

【120%使い倒せ!】日本一わかりやすい「DJIポケット2」の使い方

【120%使い倒す!】日本一わかりやすい「DJIポケット2」の使い方
新製品「DJI Pocket2」はどんな人におすすめなのか丁寧に紹介
製品名DJI Pocket2
キャッチコピーさあ、その手に魔法を
価格単体:49,500円
クリエイターズモデル:64,900円
サイズと重さ124.7×38.1×30 mm
117g
カメラ1/1.7インチCMOS
有効画素数:64 MP
映像性能最大4K60fpsで撮影可能
4K:3840✖️2160 24/25/30/50/60fps
2.7K:2704✖️1520 24/25/30/50/60fps
FHD:1920✖️1080 24/25/30/50/60fps
画角と焦点距離20mm
ズーム機能4倍ズームまで可能
スローモーション最大8倍スロー可能
1080p/120fps(4倍)
1080p/240fps(8倍)
ジンバル3軸メカニカルジンバル
特殊機能アクティブトラック:人に追随
モーションラプス
用途ジンバル付き超小型カメラ
データマイクロSDカード(最大256G)
どんな人におすすめ
  • ユーチューバー・インスタグラマー
  • 映像クリエイター
  • メインカメラの補助
吉武編集長
吉武編集長

今回は、ジンバル付き小型カメラDJI Pocket2の使い方をわかりやすく紹介していきます。

クリエイターズコンボとどっちを選べばいいの?

クリエイターズコンボのみの機能

  • ワイヤレスマイク 
  • Do-It-Allハンドル 
  • 広角レンズ 
  • マイクロ三脚
【DJIポケット2】通常版とクリエイターズコンボの違いと選び方
【DJIポケット2】通常版とクリエイターズコンボの違いと選び方 製品名 DJI Pocket2 キャッチコピー さあ、その手に魔法を 価格 単体:49,500...

【映像作例】紅葉と人物撮影

吉武編集長
吉武編集長

実際の映像作例になります。

人物撮影にもおすすめですね。

DJIポケット2の充電とモバイルバッテリーの必要性

【120%使い倒す!】日本一わかりやすい「DJIポケット2」の使い方

バッテリーはDJI Pocket2本体に内蔵されておりますので、充電ケーブルを差し込むことで充電することができます。

しかし、本体にバッテリーが内蔵されているため、予備でバッテリーを用意することができません。

一日中、使いたい場合はモバイルバッテリーなどで充電していく必要があります。

モバイルバッテリーなどは確実に用意しておきましょう!

各設定機能の使い方(設定画面・ボタン)

吉武編集長
吉武編集長

ディスプレイをスライドすることによって、各種設定を触ることができます。

上の動画に詳細をまとめましたので、どう触っていいかわからない方は一度チェックしてみてください。

はじめて使うと結構戸惑うと思います。

また旅先などで設定を確認し始めると、思いのほかバッテリーと時間を使います。

使う前に自宅などで、設定方法などをしっかりと確認しておくことをおすすめします。

【フォロー・固定・FPV】ジンバルモードの使い分け

【人や動物を自動追尾】『DJIポケット2』アクティブトラックの使い方
  1. フォロー
  2. 固定
  3. FPV

DJI Pocket2には上記3種類のジンバルモードがあります。

撮影状況に応じて、上手に使い分けることをおすすめします。

フォロー

カメラビューが水平向きで固定されます。

ジンバルはスティックの動きを上下左右方向にフォローしてくれます。

とりあえずフォローモードが一番使いやすいです。

固定|チルト軸ロック

チルト軸ロックモードでは、カメラは上下に動かなくなります。

スティック水平方向の動きだけをフォローしてくれます。

FPV

FPVモードでは、すべての動きにカメラが追随します。

チルト軸、パン軸・ロール軸すべての動きをフォローします。

バレルロールなどの撮影もこれでできます。

ジンバルワークの基本を学ぼう!

ジンバルを使った撮影テクニック
  • 【前進・後進】PUSH IN & PUSH OUT
  • 【平行移動】DOLLY LEFT OR RIGHT
  • 【円移動①】ORBIT
  • 【円移動②】PARALLAX ORBIT
  • 【追跡】ACTIVE TRACK
  • 【ローアングル】LOW ANGLES
  • 【ハイアングル】HIGH ANGLES
  • 【リヴィールショット】REVEAL
  • 【上下移動】ELEVATOR
  • 【タイムラプス】Timerapse
  • 【俯瞰撮影】Bird’s eye view
吉武編集長
吉武編集長

DJI Pocket2は、ジンバル付きの小型カメラです。

たくさんの基本の動きがありますので、いろんな動きを身につけて撮影しましょう!

【動画撮影上達のコツ】カメラジンバルを使った10の撮影テクニック
【動画撮影上達のコツ】カメラジンバルを使った10の撮影テクニック しかし、憧れの動画クリエイターのようなお洒落な映像ってどう撮影したらいいかわからないですよね。 今回は、『カメラジ...

ワイヤレスマイクとの接続は簡単!

【120%使い倒す!】日本一わかりやすい「DJIポケット2」の使い方

クリエイターズコンボに同梱されている「ワイヤレスマイク」ですが、電源を入れることで簡単に接続することができます。

一度接続が完了すると、電源を入れるだけで自動接続してくれます。

またワイヤレスマイク側のボタンを押すことでも動画撮影することができますので、DJIポケット2から離れた場所でも撮影が可能です。

アクティブトラックを使ってみよう!

ディスプレイ上から認識させたい被写体を2回タップ

吉武編集長
吉武編集長

ディスプレイ上を2回タップすることで、被写体を認識します。

これで被写体を認識してくれました。

アクティブトラックをオンになる

吉武編集長
吉武編集長

アクティブトラックの使い方は動画をご覧ください。

【人や動物を自動追尾】『DJIポケット2』アクティブトラックの使い方
【人や動物を自動追尾】『DJIポケット2』アクティブトラックの使い方 製品名 DJI Pocket2 キャッチコピー さあ、その手に魔法を 価格 単体:49,500...

【レンズの使い分け】広角15mmも使ってみよう!

【120%使い倒す!】日本一わかりやすい「DJIポケット2」の使い方

別売りもしくはクリエイティブコンボに同梱されている「15mm」の広角レンズになります。

こちらを使いこなすことで、より映像表現の幅が広がります。

【映像作例】15mmと20mmの使い分けはこちら!

吉武編集長
吉武編集長

同じロケーションで広角レンズを装着した動画になります。

15mmと広角ですが、周辺のゆがみも少なく使いやすいレンズですよ。

【D-Clike】Logっぽく撮影してみよう!

吉武編集長
吉武編集長

カラーは「標準」「D-Clike」の2種類あります。

Log撮影っぽくすこし眠い感じの映像になりますので、後でカラーグレーディングするのにおすすめですよ。

【ポートレート】縦撮影に挑戦しよう!

【120%使い倒す!】日本一わかりやすい「DJIポケット2」の使い方

縦撮影であるポートレートモードに入るには、ジンバルを垂直に持ち、

左右どちらかに90度傾けることで撮影できます。

吉武編集長
吉武編集長

カメラが自動的に「縦」になってくれます。

Instagramのリールなど縦動画のニーズも近年高まってますので、

ぜひ積極的に活用してみましょう。

【ローアングル】吊り下げ撮影に挑戦しよう!

【120%使い倒す!】日本一わかりやすい「DJIポケット2」の使い方

ローアングルで撮影する場合は、本体を180度回転させ、カメラ部分を下にします。

その状態で地面すれすれを歩くことで目線の低いアングルで撮影することができます。

【DJIポケット2】通常版とクリエイターズコンボの違いと選び方
【DJIポケット2】通常版とクリエイターズコンボの違いと選び方 製品名 DJI Pocket2 キャッチコピー さあ、その手に魔法を 価格 単体:49,500...
ABOUT ME
アバター
吉武 穂高
GADGET WALKER 編集長 1984年生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で起業。 ドローン操縦士・カメラマン・ブロガー・YouTuberなど 幅広い分野で活躍中。