アクションカメラ

【アクションカメラ入門】GoPro HERO9を使った撮影テクニック7選

【アクションカム入門】GoPro HERO9を使った撮影テクニック7選
【アクションカム入門】GoPro HERO9を使った撮影テクニック7選
商品名GoPro HERO9
価格43,000円(1年間の無料サブスクリプション)
54,000円(サブスク登録なし)
映像撮影5K30、24 fps
4K60、30、24 fps
2.7K120、60 fps
1080p120、60 fps
写真撮影2000万画素
手ぶれ補正HyperSmooth 3.0:ジンバル不要
様々な撮影タイムラプス
タイムワープ:スピードランプ
公式サイトhttps://gopro.com/ja/jp/
吉武編集長
吉武編集長

今回はGoPro HERO9を使った映像撮影テクニックを紹介していきます。

アクションカメラの特性を活かして面白い映像を撮影しましょう!

【GoPro9】まずはアクションカメラの特徴を知ると撮影方法のアイデアが浮かぶ

  1. コンパクトでどこへでも持ち運びしやすい
  2. 超広角で迫力ある映像
  3. 手ぶれ補正が凄い
  4. スローモーション撮影
  5. タイムラプスやタイムワープなど撮影機能が豊富
  6. いろんな画角で撮影できる
  7. 様々なアウトドアスポーツと相性がいい

GoPro HERO9は上記のような特性があります。

ポケットサイトのコンパクトさに加え、映像も綺麗!

【アクションカム入門】GoPro HERO9を使った撮影テクニック7選
現在のカメラの種類
  • ミラーレス・一眼レフ
  • ドローン
  • 360度カメラ
  • アクションカメラ

と多様なカメラがありますが、アクションカメラ最大の魅力は

『ポケットに収まるコンパクトさと映像制作に十分な撮影機能』です。

小さくて高性能なカメラであるため、様々なマウントが用意されております。

GoPro9の手持ち撮影でも滑らかに撮影できる

吉武編集長
吉武編集長

同時期に発売したDJI Pocket2との比較映像です。

ジンバル付きのカメラと比較してもGoPro HERO9単体でも滑らかに映像を撮影できることは、かなり大きな魅力のひとつですね。

GoPro9ひとつポケットに突っ込んで、気軽に撮影を楽しもう!!

新製品「DJI Pocket2」はどんな人におすすめなのか丁寧に紹介
【GoPro9と比較】「DJI Pocket2」はどんな人におすすめかわかりやすく解説 製品名 DJI Pocket2 キャッチコピー さあ、その手に魔法を 価格 単体:49,500...

超広角~狭角までいろんな画角を使いこなせ!

  • スーパービュー:16mm魚眼
  • 広角:16~34mm
  • リニア:19~31mm
  • リニア+水平維持:19~34mm
  • 狭角:27mm

GoPro9は背面モニターから様々な画角を選んで撮影することができます。

アクションカメラは魚眼レンズのような広角レンズで、様々なアウトドアシーンを迫力いっぱいに撮影することができます。

レンズが広角になるほど、周辺が大きくゆがみますので、人物などの被写体を撮影する場合は注意しましょう。

通常のレンズモードは以下の4種類になります。

それぞれの画角にもレンズ幅がありますが、『電子手ぶれ補正のオンオフ』などで画角がクロップされます。

これにより、正確な画角がわかりにくくなります。

GoPro側もこのあたりを明記してほしいですね。

スーパービュー(16mm)

GoProならではの、超広角アングルになります。

誰が見てもはっきりわかるほど、周辺はゆがみますので癖は強いですが、面白い映像を撮影することができますよ。

広角(16~34mm)

アクションカメラを使う上で、最も多様する画角になります。

スーパービューは周辺がゆがみすぎるので少し癖がありますので、広角の方が使いやすいですね。

リニア(19~39mm)

リニア以下の画角は周辺のゆがみがほとんどないので、フラットに撮影したいときにおすすめです。

リニア+水平維持(19~34mm)

水平維持とは多少GoProを傾けても、常に水平をとってくれる神機能です。

GoPro HERO9は「電子手ぶれ補正+水平維持」でジンバルなしでも十分に滑らかな映像を撮影することができます。

狭角(27mm)

【欠点】正確な画角が分かりにくい!手ぶれ補正と組み合わせると訳が分からなくなる。

上記で紹介した画角ですが、それぞれの正確な画角がわかりにくいです。

一眼レフ・ミラーレスなどで動画撮影をしている場合、レンズの画角などこだわって撮影する場合が多いです。

しかし、GoProの場合、正確な画角がわかりにくいので、直感的に画角や構図を決めて撮影することになります。

いろいろな画角で撮り比べてみて、自分なりに使いこなせるようにする必要がある。

吉武編集長
吉武編集長

公式サイトで、それぞれのレンズの正確な画角を記載してくれると本当にありがたいのですが、、、

スローモーション撮影

GoPro9のアクションカメラは最大『200fps』というフレームレートで撮影することができます。

動画とは、静止画の連続です。

ざっくり説明すると、「fps」とは1秒間に撮影する静止画の枚数になります。

通常の動画では、30fpsなどで撮影する場合が多いです。

フレームレートを大きくすることで、スローモーション撮影を行うことができます。

フレームレートを大きくすると、その分ファイル容量もかなり大きくなります。

「+ジンバル」でドローンのような浮遊感を得る

 

手持ち撮影でも十分に滑らかな映像を撮影することができますが、『ジンバル』に搭載することでさらに滑らかな映像を撮影することができます。

ジンバルは俗にいう「ヌメヌメ」した映像を撮影することができますが、GoProを搭載することで、まるでドローンのような「浮遊感」のある映像を撮影することができます。

GoProを搭載したジンバルは「」になります。

性能が気になる人は以下の記事をご覧ください。

ジンバルとは、カメラの手ぶれを防止するために活用する機材です。

タイムワープ+タイムラプス

GoProといえば、タイムラプスなどの撮影機能になります。

通常の一眼レフカメラと比較しても、ボタン一つで撮影してくれるので、本当に簡単です。

また夜景や星空なども問題なく撮影することができるレベルでカメラの性能はいいです。

撮影方法

GoPro9には主に3つの撮影モードがあります。

  1. 写真
  2. 動画
  3. タイムラプス

この中のタイムラプス機能を使うことで撮影できます。

【街中でプチ空撮】ハイアングルショット

長いロッドを装着することでハイアングルから撮影することができます。

これはGoProならではのコンパクトだからこそ手軽に撮影できるアングルですね。

都心部の町中などドローンを飛ばせないような環境でも、プチ空撮のような映像を撮影することができます。

テレビの町歩きロケなんかで地味に多用されている、撮影テクニックですね。

私はinsta360製のロッドを使っております。

【アウトドアシーンで活用】マウントを使いこなせ!

GoProのマウント
  • 【自撮り棒】3WAY自撮り棒
  • 【自撮り棒②】延長可能な「エルグランド」
  • 【自撮り棒③】水に浮く「ザ・ハンドラー」
  • 【防水ダイブハウジング】ダイビングに必須
  • 【ベースマウント】車~サーフボードまで
  • 【ジョーズフレックスクランプマウント】
  • 【NDフィルター】映像の必須アイテム
  • 【バイトマウント】口にくわえて使用
  • 【頭部用マウント】ハンズフリーに
  • 【ヘルメット用マウント】バイク旅の相棒
  • ウェアラブルカメラ用帽子
  • 【バックパックマウント】バックパッカーにおすすめ
  • 【チェストハーネス】マウンテンバイクに!
  • 【ハンド・リストストラップ】シュノーケルに
  • 【外線透過フィルター】スキューバの色補正に
  • 【ドローン用マウント】空撮+GoPro
  • 【ドッグハーネス】愛犬目線に
  • 【スマートリモート】GoProの遠隔操作に
吉武編集長
吉武編集長

GoProには純正、非純正問わず、数多くのマウントが用意されております。

  • 自転車
  • バイク
  • サーフィン
  • SUP
  • シュノーケル
  • ペット
  • スケートボード
  • スノーボード
吉武編集長
吉武編集長

いろんなアウトドアシーンで活用できるよう、いろんなマウントやアクセサリーをチェックしておきましょう。

【GoPro9専用】『アクセサリー・マウント』全22種類の使い方を一挙紹介
【GoPro9専用】『アクセサリー・マウント』全22種類の使い方を一挙紹介GoProHERO9+マウントで撮影方法無限大!! 商品名 GoPro HERO9 価格 43,000円...
ABOUT ME
アバター
吉武 穂高
GADGET WALKER 編集長 1984年生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で起業。 ドローン操縦士・カメラマン・ブロガー・YouTuberなど 幅広い分野で活躍中。