カメラ入門

【SONY RX0 II】GoPro7やオズモポケットと比較!価格も判明

【SONY RX0 II】GoPro7やオズモポケットと比較!価格も判明
吉武編集長
吉武編集長

どうもDRONE WALKER(ドローンウォーカー)編集長の吉武穂高です。

今回は、SonyからYouTube・Vlog動画撮影向けに最高におすすめなカメラが登場しましたので、紹介していきます。

『RX0 II』のカメラ性能

【SONY RX0 II】GoPro7やオズモポケットと比較!価格も判明
発売日2019年4月12日
製品名サイバーショットRX0 II
価格84,880円(税別)
重量132g
センサー1インチセンサー
動画4K30fps
有効画素数1530万画素
画角広角24mm
連続撮影時間45分
連射最高約16コマ/秒
手ブレ補正電子手ブレ補正:GoPro7並み

専用アプリMovie Edit add-onで更に補正可能

セルフタイマー2・4・10秒と設定可能
特徴10mの防水性能:洗えるコンデジ
撮影距離最短焦点距離20㎝~
モニターバリアングルモニターで自撮り可能

1.5型(4:3)

どんな人におすすめ?YouTubeなど動画投稿

映像制作会社

旅好き・冒険アクティビティ好き

公式サイトhttps://www.sony.jp/cyber-shot/products/DSC-RX0M2
吉武編集長
吉武編集長

ざっくりしたカメラスペックは上記にまとめてみました。

公式PVプロモーションビデオ

『RX0 II』の価格は?

Sonyストアで「84,880円(税別)」になっております。

前モデル|SONY  Cyber-shot DSC-RX0

製品名Cyber-shot DSC-RX0
価格70,505円
Amazon評価

前モデルが7万円台なので、10万円以下くらいのイメージなのかと勝手に予想します。

アクセサリー①| シューティンググリップ

製品名三脚機能付きシューティンググリップ GP-VPT1 C
価格9,407円
Amazon評価

合わせて購入したいのは「シューティンググリップ」になります。

価格は1万円弱なので、もろもろ合わせて購入すると

合計10万円

程度の予算になりますね。

アクセサリーキット「ACC-TRDCJ」

製品名アクセサリーキット「ACC-TRDCJ」
価格3,927円

予備バッテリーと充電器になります。

【キャンペーン】1万円キャッシュバック

2019年3月29日(金)~2019年5月6日(月)

上記期間中に「サイバーショットRX0Ⅱ」を「Sonyストア」で購入すると、1万円のキャッシュバックになります。

【特徴】超小型・高画質・4K撮影・手ブレ補正・超頑丈・防水機能!!

特徴①|超コンパクト

【SONY RX0 II】GoPro7やオズモポケットと比較!価格も判明

まずはなんといってもそのコンパクトさです。

大きさはちょうどGoProと同じくらいの大きさになります。

特徴②|1インチセンサー

【SONY RX0 II】GoPro7やオズモポケットと比較してみた
  • フルサイズ:36.0mm×24.0mm
  • APS-C:23.6mm×15.8mm
  • マイクロフォーサーズ:17.3mm×13.0mm
  • 1インチセンサー:13.2mm×8.8mm
  • 1/2.3センサー:6.2mm×4.6mm

コンパクトながらセンサーサイズが1インチですので、非常に綺麗な動画や写真を撮影することができます。

iPhoneなどのスマホのセンサーサイズは「1/2.3インチ」です。

図解で分かる『センサーサイズ』画質の特徴と主なカメラ機種を紹介する
図解で分かる『センサーサイズ』画質の特徴と主なカメラ機種を紹介するそもそもカメラのセンサーってなに?どこにあるの?上記の写真の部分がカメラの『センサー』になります。(例にあげた写...

特徴③|本格的な写真撮影可能・瞳AF

【SONY RX0 II】GoPro7やオズモポケットと比較!価格も判明

最高約16コマ/秒の高速連射可能で、さらに「瞳AF」の精度もばっちりです。

24㎜の広角レンズで風景も人物撮影にも万能に活躍してくれます。

特徴④|4K30fps で「ユーチューバー」向き

4K動画の撮影もできますので、映像制作が本業の方にもおすすめです。

特徴⑤|「Log」撮影可能

【SONY RX0 II】GoPro7やオズモポケットと比較!価格も判明

Sony独自の「S-Log」で撮影することができます。

あとで「LUT」を当てたりして、自分好みのカラーグレーディングを楽しむことができます。

映像制作者にとっては、

  • 4K30fps
  • Log撮影可能
  • 超コンパクト

これだけで垂涎ものではないでしょうか??(笑)

特徴⑥|バリアングルモニターで自撮りに最適

【SONY RX0 II】GoPro7やオズモポケットと比較!価格も判明

GoProにもOsmoポケットにもない「バリアングルモニター」が付いております。

てつや
てつや

液晶画面が自分に向くやつな。

これには超驚き!

Sonyさんがまさかここまでユーザー目線のカメラを作ってくれるなんて感激です(笑)

今、個人がYouTubeなど動画投稿に挑戦する時代。

その場でどんな感じで動画が撮影できているのか確認できる「バリアングルモニター」は涙が出るほど嬉しい機能です。

特徴⑦|超頑丈なボディ

【SONY RX0 II】GoPro7やオズモポケットと比較!価格も判明

金属製のボディで頑強にできております。

Sony公式ストアには「2m耐衝撃性」「200㎏f耐荷重性」と記載があります。

GoProよりも頑丈にできていると思います。

特徴⑧|10m防水機能で洗えるカメラ

防水機能も備えておりますので、シュノーケルなどマリンアクティビティでも活躍します。

またカメラが汚れたら、そのまま洗うことができます。

レビュー動画

ジェットダイスケさん

吉武編集長
吉武編集長

『RX0 II』を使って、手持ちで動画撮影を行っております。

電子手ブレ補正の素晴らしさと、まだ出ていない専用アプリのことについても紹介してくれております。

Mikasu-Channelさん

吉武編集長
吉武編集長

バイク旅に合わせて、旅先で『RX0 II』を駆使して様々な写真や動画を撮影しております。

印象的なのは、カメラとして超小型なので気軽にポケットの中に入れていつでも撮影できることですね。

カズチャンネル

吉武編集長
吉武編集長

登山に「RX0Ⅱ」を持って行っております。

【比較①】GoPro7との違いは??

「GoPro」と同じように使えるが画角が違う

ここが凄い!『GoPro HERO7 Black』9つの特徴
製品名GoPro HERO7Black
価格53460円
重量116g
防水機能10m
動画性能
  • 4K:60fps・30fps・24fps
  • 2.7K:120fps・60fps・30fps・24fps
  • 1440p:120fps・60fps・30fps・24fps
  • 1080p:240fps・120fps・60fps・30fps・24fps
  • 960p:240fps・120fps
  • 720p:240fps・120fps
スローモーション8倍
HyperSmoothハイパーラプス
写真
  • 12MP
  • RAW撮影可能
  • HDR撮影可能
メモリーマイクロSDカード:Class10・UHS1以上
  • GoProはレンズが湾曲で独特な映像表現
  • 『RX0 II』はフラットな24㎜
  • GoPro はアクセサリー・マウントが豊富

大きさ的にも画質的に非常に「GOPro7」に近いものがありますが、大きな違いは画角の差になります。

『GoPro』は独特な魚眼レンズなので、動画がどうしても湾曲してしまいます。

それが魅力で、「GoPro」ならではの動画が撮影できるのですが、好みがありますよね。

『RX0 II』は湾曲なくフラットに撮影することが可能です。

またGoPro HERO7は歴史があり、純正・非純正問わず、様々なアクセサリーがあるのも魅力のひとつになりますね。

【保存版】スポーツ毎に『GoPro HERO7』を120%使い倒す方法
【保存版】可能性は無限大『GoPro HERO7』を120%使い倒す方法「GoPro HERO7 Black」の製品概要製品名 GoPro HERO7Black価...
GoPro7専用『アクセサリー・マウント』全20種類の使い方を一挙紹介
GoPro7専用『アクセサリー・マウント』全21種類の使い方を一挙紹介 【マイクロSDカード】マイクロSDカードは「サンディスク」のクラス10が動画撮影におすすめです。アクセサリーでは...

【比較②】Osmo Pocketとの違いは??

大きな違いはジンバルの有無と堅牢性の差

製品名OSMO POCKET|オズモポケット
キャッチコピーカラフルな毎日を美しい映像で
価格44,900円
カメラ
  • 1/2.3インチセンサー
  • 1200万画素
映像性能4K:24/25/30/50/60fps

2.7K:24/25/30/50/60fps

FHD:24/25/30/50/60fps

ジンバル3軸メカニカルジンバル
撮影時間最大140分
用途小型カメラ
データマイクロSDカード(最大256G)
どんな人におすすめ
  • ユーチューバー
  • 映像関係者
  • メインカメラの補助

公式ページ

こちらも自撮りユーチューバー向けに非常におすすめな「Osmo Mobile」です。

画角はほぼ同じの24mmで非常に似たような雰囲気で動画撮影することができます。

大きな違いは

  • Osmo Pocketは4K60fps 撮影可能
  • ブレないジンバル付き
  • 頑丈さは『RX0 II』が断然上

といった感じになります。

どちらもコンパクトで気軽に動画撮影できることから使い勝手は非常に近いものがありますが、気にせずガシガシ使えるのは『RX0 II』なのかなという印象です。

ドローンを使っていて思うのですが、ジンバルって結構シビアにできているので扱いには少し気を使うんですよね。

超小型カメラ『OSMO Pocket|ポケット』を120%活用する方法
超小型カメラ『OSMO Pocket|ポケット』を120%活用する方法DJI『OSMO POCKET』製品名 OSMO POCKET|オズモポケットキャッチコピ...

【比較③】Sony α6400

【SONY RX0 II】GoPro7やオズモポケットと比較!価格も判明
製品名Sony α6400
発売2019年
価格116,523円
センサーサイズAPS-C
有効画素数2420万画素
連射速度11コマ/秒
ISO100-25600
動画4K30fps対応
マウントソニーEマウント
重量359g
特徴5軸手振れ補正
特徴②バリアングルモニター

2019に新しく登場したモデルが「Sony α6400」になります。

こちらもYouTube用のカメラを意識したのか、いままでなかった「バリアングルモニター」で非常に便利です。

バリアングルモニターは、後ろの液晶モニターをカメラ側に向けることができるので、自撮り撮影に最適です。

  • 単純なカメラスペックは「α6400」がおすすめ
  • レンズにより様々な撮影の工夫が楽しめるのは「α6400」
  • コンパクトさと手軽さなら断然「RX0 Ⅱ」がおすすめ
  • 手振れ補正は「RX0 Ⅱ」がおすすめ

【レビュー】実際に使ってみた

『SONY RX0 II』レビュー!使用したメリットよりデメリットを率直に語る

というわけで商品が届きましたので、実際に使ってみました。

どっちかというと、使ってみて気になったポイントを中心に紹介しております。

参考になれば幸いです。

『SONY RX0Ⅱ』レビュー!メリットよりデメリットを率直に語ってみる『SONY RX0Ⅱ』の特徴や魅力に関しては、別記事にて紹介しております。https://drone-aerial-co...

【まとめ】サイバーショットRX0 IIは買い!

サイバーショットRX0 II
  • 価格はアクセサリー含めて10万円程度
  • 画角は24mmで自撮りに最適
  • 優秀な手振れ補正
  • どこへでも持ち運びやすいカメラサイズ

というわけで、Sonyのコンパクトデジカメ「サイバーショットRX0 II」を紹介させていただきました。

2019年になり、Sonyはニーズが高まるユーチューバー向けのカメラに設計を合わせてきている感じがします。

「Sony α9」など大型バージョンアップで性能が進化するなど、ミラーレスカメラ部門でも本当の快進撃はこれからな予感がしますね。

【ミラーレス一眼】Sony α(7Ⅲ・9・6400)全種類比較と選び方
【ミラーレス一眼】Sony α(7Ⅲ・9・6600)全種類比較と選び方そもそも「ミラーレスカメラ」って何?? ミラーレスと一眼レフカメラの違い https://www.youtube.com...
ABOUT ME
アバター
吉武 穂高
DRONE WALKER 編集長 1984年生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。