日本一わかりやすいドローン専門メディア

2018年ドローン入門最強5ステップ

図解で分かる『センサーサイズ』画質の特徴と主なカメラ機種を紹介する

 
図解で分かる『センサーサイズ』画質の特徴と主なカメラ機種を紹介する
この記事を書いている人 - WRITER -
DRONE WALKER 編集長 1984年3月28日生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。

どうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)編集長の吉武穂高です。

現在は一眼レフ・ミラーレス・高級コンデジ・スマホ果てはドローンなど数多くの『カメラ』がありますよね。

そこでよく聞く『カメラのセンサーサイズ』

フルサイズやらAPSやらマイクロフォーサーズやらいきなりセンサーサイズって言われても意味がわかりませんよね。

そこで今回は、カメラのセンサーサイズについて、それぞれの特徴と主なカメラなどをご紹介いたします。

そもそもカメラのセンサーってなに?どこにあるの?

図解で分かる『センサーサイズ』画質の特徴と主なカメラ機種を紹介する

上記の写真の部分がカメラの『センサー』になります。(例にあげた写真はミラーレスカメラのため、レンズを取り外すとセンサーがむき出しになります。)

カメラはレンズを通じてセンサーに光を集めること『写真』になります。

よく聞く『センサーサイズ』というのは、このセンサーの『大きさの違い』によって決まります。

では次にいろんな『センサーサイズ』の大きさを表した図で確認してみましょう。

図解でわかるカメラのセンサーサイズ比較

図解で分かる『センサーサイズ』画質の特徴と主なカメラ機種を紹介する
  • フルサイズ:36.0mm×24.0mm
  • APS-C:23.6mm×15.8mm
  • マイクロフォーサーズ:17.3mm×13.0mm
  • 1インチセンサー:13.2mm×8.8mm
  • 1/2.3センサー:6.2mm×4.6mm

の5種類があります。(厳密に言えばもっと存在します。)

ご覧の通り、『フルサイズ』のカメラのセンサーサイズが『最も大きく』なります。

この『センサー』大きければ大きいほど、綺麗な写真を撮影することが可能になります。

上記写真のように写真の画質を決める非常に重要な要素になります。

カメラのセンサーが大きくなればなるほど、画質がよくなります。

では次にカメラのセンサーサイズの違いによるそれぞれの特徴を確認してみましょう。

フルサイズカメラは勿論画質はいい!しかしそれが全ではない!

図解で分かる『センサーサイズ』画質の特徴と主なカメラ機種を紹介する

まずは最もセンサーサイズが大きい『フルサイズ』についてご紹介します。その特徴は

  • 画質が綺麗
  • 最も『広角』に撮影できる
  • ボケ味が出しやすい
  • 価格が高い
  • カメラそのものが大きい

といった特徴が『センサーサイズ』が大きいことでカメラにとって重要な『多くの光を取り込む』ことができます。

そのため、より鮮明で綺麗な写真を撮影することができます。

しかし、センサーサイズが大きくなる分、カメラそのものも大きくなりますし、価格も高いモデルが多いです。

必ずしも『フルサイズカメラが最高!』というわけではなく、

人それぞれ仕事で使ったり、趣味で使ったりライフスタイルや予算に合わせて自分に合ったカメラを選ぶことが重要です。

また今ではAPS-C以下でも各メーカーの努力により、センサーサイズの垣根を超えたカメラが登場しております。

吉武

私自身、キャノンのAPSに始まり、2台目はSONYのフルサイズミラーレスを選択しました。

1台目でカメラの使い方を覚えて、2台目で本格的なカメラを選択、自分でどんな撮影に使いたいか理解した上で購入できました。

フルサイズ(SONYα7Ⅱ)で撮影した写真

図解で分かる『センサーサイズ』画質の特徴と主なカメラ機種を紹介する

図解で分かる『センサーサイズ』画質の特徴と主なカメラ機種を紹介する

『フルサイズ』のカメラはモデルのポートレート写真や夜景などの撮影に非常に使えました。

非常に満足です。今ではSONYのミラーレスカメラがフルサイズの中でも軽く機能が優れているため、非常に勢いがありますね。

『APS-C』『マイクロフォーサーズ』はカメラ入門〜中級者向け

図解で分かる『センサーサイズ』画質の特徴と主なカメラ機種を紹介する

これから一眼レフカメラを購入したいのですが、どんなカメラがいいんですか?

という方におすすめのセンサーサイズが『APS-C』カメラになります。

吉武

APSはゆくは本格的にカメラを趣味にしていきたい人におすすめ。

マイクロフォーサーズは『コンデジ』が多いので、できるだけ荷物にならずに旅先で撮影したい人におすすめです。

カメラ初心者が『APS-C』カメラがフルサイズよりおすすめなポイント

  • 価格がフルサイズと比較して10万円ほど安い
  • カメラの大きさや重さが軽い
  • レンズもフルサイズより安い

一眼レフカメラ入門の段階では、カメラでどんな写真や映像が撮影できるかわかってない場合が多いです。

カメラの1台目は、フルサイズに比べて価格がグッと安く、かつ軽いカメラがおすすめです。

あとカメラを購入した段階では、わからないと思うのですが、カメラでもっともお金がかかるのは『レンズ』です。

『APS-C』でも十分に高画質な写真や映像を撮影することができます。

私自身、1台目の一眼レフカメラは超定番の『CanonのEOS Kiss7』を使っておりました。

APS-C(キャノンEOS kiss)で撮影した写真

図解で分かる『センサーサイズ』画質の特徴と主なカメラ機種を紹介する

図解で分かる『センサーサイズ』画質の特徴と主なカメラ機種を紹介する

イベントの撮影や名刺・ホームページ用にかなり活躍してくれました。

普段スマホなどで撮影しているところからこのクラスの一眼レフを使うと、『もっと早く買えばよかった!』と思うくらい写真撮影が楽しいですし、日常生活が豊かになることを実感します。

吉武

それぐらい1台目の一眼レフカメラは楽しいです。

こちらであれば、概ね10万円程度の予算で購入することができます。

マイクロフォーサーズのカメラ

図解で分かる『センサーサイズ』画質の特徴と主なカメラ機種を紹介する

『マイクロフォーサーズ』は高級コンデジに多いセンサーサイズのカメラになります。

特徴は、センサーサイズの小ささを活かした『コンパクト設計』のカメラになります。

いわゆる『コンデジ』というカメラですね。

マイクロフォーサーズ(オリンパスOMD)で撮影した写真

図解で分かる『センサーサイズ』画質の特徴と主なカメラ機種を紹介する

図解で分かる『センサーサイズ』画質の特徴と主なカメラ機種を紹介する

こちらは大規模なイベント実施時に、スタッフとして動きながら撮影もする必要があったので、手軽に持ち運びができてサッと撮影したい時に重宝しました。

写真も十分に使えるレベル。

旅先などで本格的に写真を撮影するつもりはないけど、やっぱり少しはいい写真を撮影しておきたい!と言う時にも活躍が期待できますね。

『フルサイズ』『APS-C』とは違った魅力がありますので、使用者のニーズによって十分に住み分けができております。

Inspire2(インスパイア2)XS-5

ここからようやくドローンも登場し始めます。

空撮業者の多くが所有している『Inspire2(インスパイア2)』『マイクロフォーサーズ搭載』を改良したカメラを積載できます。

テレビのロケ、プロモーション映像撮影からCM撮影にまで使える本格的な空撮用ドローンになります。

1インチセンサー

図解で分かる『センサーサイズ』画質の特徴と主なカメラ機種を紹介する

1インチセンサー、フルサイズと比べると本当に『小さいセンサーサイズ』になってしまいました。

しかし!これだけセンサーサイズが小さくても、今ではかなり技術が進歩しております。

それは『ドローン』です。

ふじこ

こうして比較すると思ったよりドローンのセンサーサイズって小さいんだね♬

吉武

そうなんです。それでもテレビ番組やプロモーションビデオ撮影などプロの現場でもきちんと活躍してくれる撮影性能を誇っております。

1インチセンサー(Phantom4Pro)で撮影した写真と映像

図解で分かる『センサーサイズ』画質の特徴と主なカメラ機種を紹介する

図解で分かる『センサーサイズ』画質の特徴と主なカメラ機種を紹介する

図解で分かる『センサーサイズ』画質の特徴と主なカメラ機種を紹介する

空撮大手DJIドローンの実力

ふじこ

えっ!?なにこれめっちゃ綺麗!

このブログのメインテーマであり、主力ドローンであるPhantom4Proは1インチセンサーのカメラを搭載しております。

SONYの高級コンデジ『RX-100m6』

ドローンの紹介を優先してしまいましたが、こちらもかなり人気の高級コンデジになります。

『高城剛さん』など根強いファンがいます。

1/2.3センサー|スマホや小型空撮ドローン

図解で分かる『センサーサイズ』画質の特徴と主なカメラ機種を紹介する

DJIドローンMavicPRO

いよいよ最後です。

1/2.3センサーで多いのは『iPhoneなどのスマホ』『小型の空撮用ドローン』になります。

最も小さいセンサーサイズでも驚きの写真や映像を撮影できます。

冒頭でも紹介しましたが、もはやセンサーサイズなどあまり気にしなくてもいいかもしれません笑

iPhoneで撮影したポートレート写真

図解で分かる『センサーサイズ』画質の特徴と主なカメラ機種を紹介する

もはやボケ味を活かしたポートレートさえ撮影できるスマホ

MavicAIRで撮影した空撮写真

図解で分かる『センサーサイズ』画質の特徴と主なカメラ機種を紹介する

小型ドローンでもここまで撮影できる!

まとめ|これからカメラがもっと楽しくなる

というわけでカメラのセンサーサイズとそれに応じたカメラ機材をご紹介させていただきました。

人それぞれカメラや写真に興味を持つきっかけは異なりますが、センサーサイズの種類と共に必ずあなたにぴったりのカメラが存在します。

2018年現在では、ドローンなどカメラを空中に飛ばして撮影できるようにもなりました。

これからもっと面白い機材が登場しそうですね。

関連記事|カメラ入門

この記事を書いている人 - WRITER -
DRONE WALKER 編集長 1984年3月28日生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© DRONE WALKER , 2018 All Rights Reserved.