YouTube

『Youtube』の『サブチャンネル』の作り方&メリットを紹介する

『Youtube』の『サブチャンネル』の作り方を紹介とメリットを紹介する
吉武編集長
吉武編集長

どうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)編集長の吉武穂高です。

様々なYouTubeの動画をみていると、ユーチューバーによっては、『サブチャンネル』アカウントを所有している人がいます。

私自身もユーチューブで動画投稿をしているのですが、基本的に空撮動画を投稿したり、このブログ自体の補助的動画を投稿するために使用しています。

しかし投稿内容が雑然としていましたので、別ブランドで動画発信するときには別チャンネルを作る必要があると思いました。

てつや
てつや

今回はYouTubeチャンネルのサブチャンネルの作り方を紹介するぞ!

ユーチューブのサブチャンネルの作り方

「https://www.youtube.com/channel_switcher」にアクセスする

『Youtube』の『サブチャンネル』の作り方を紹介とメリットを紹介する

すでにグーグルアカウントを所有していることを前提で話をしていきますが、サブチャンネルを作る場合は、以下のアドレスにアクセスすると非常に便利です。

こちらのアドレスに行くと上記写真の画面が表示されます。

新しいチャンネルを作成する

『Youtube』の『サブチャンネル』の作り方を紹介とメリットを紹介する

ここから『新しいチャンネルを作成』ボタンから作成すれば、オッケーです。

サブチャンネル開設のメリット

メリット①|リスク分散になる

有名ユーチューバーでも突然理由もなく『アカウントBAN』となる可能性があります。

『KAZUYAチャンネル』さんの場合は、政治系の動画投稿が多いため、気にくわない人が多数不当なクレームをつけたため一時的にメインチャンネルが閉鎖されました。

広告が表示されなくなる

『YouTubeの広告が一切表示されなくなる』可能性があります。

ゲーム実況のユーチューブチャンネルでトップクラスの『アブ』さんですが、急に広告が一切つかなくなることがありました。(こちらも回復したみたいですが。)

個人でYouTubeメディアを運営している方にとって大切な収益源である広告がつかなくなったり、メインのチャンネルがアカウント停止になるのは非常に怖いリスクです。

サブチャンネルなど別アカウントを所持することでリスクを軽減することができます。

メリット②|別ブランドとして発信できる

視聴者側の立ち位置として、例えばゲームの実況動画だけを見たいのに、次に再生される動画が全く関係ないジャンルだと不憫ですよね。

特定のジャンル1本発信でいくなら、それ専用のチャンネルを用意した方が、発信者側にも視聴者側にもメリットがあります。

ブランディングして行く上でもそれ専門で行っている方が非常に有利になります。

【まとめ】メインとサブチャンネルを使い分けよう!

今はYouTubeなど動画プラットフォームを活用して、自分の番組やメディアを構築できる時代です。

ブログでも同じですが、自分のブランドとなるメディアは「専門性」を持たせた方が見に来る読者、視聴者にとっても有益なメディアになりやすいです。

人それぞれ得意な領域や発信していきたい分野は違うと思いますが、うまく使い分けていきたいですね。

【ブログ飯】月間100万PV&月収100万円突破に意識した13ポイント
【ブログ副業】月間100万PV&月収100万円突破に意識した13ポイントこれブログを開設した時から、必ず達成してやろうと思っていたことで、2018年12月31日ギリギリでアクセス数を達成できたので、本...

ユーチューバーにおすすめのカメラ機材は?

動画撮影に必要な機材の種類
  • カメラ:動画撮影
  • カメラジンバル:手ブレ防止
  • マイク:音声収録
  • パソコン:動画編集・作業効率化
  • 動画編集ソフト:動画編集
  • SDカード・ HDD:データ管理
吉武編集長
吉武編集長

ユーチューバーにおすすめのカメラ機材を厳選してみました。

合わせてご覧ください。

【2019年】YouTuberデビューにおすすめカメラ機材 厳選14選
【2019年版】YouTuberデビューにおすすめカメラ機材 厳選18選https://drone-aerial-corps.com/2019/08/07/blog-youtube/ 【種類】動画撮...
ABOUT ME
アバター
吉武 穂高
DRONE WALKER 編集長 1984年生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。