ドローンレース入門

『ドローンレース入門』に1万円台で購入できる『BUGS3』がおすすめ!

『ドローンレース入門』に1万円台で購入できる『BUGS3』がおすすめ!

どうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)編集長の吉武穂高です。

ドローンを始めるきっかけは人それぞれですが、

『ドローンレース』を始めてみたい!

という方も多いですよね。

今回はドローンレース入門におすすめな

『DBPOWER』『BUGS3』

を入手したので、実機操縦レビューします。

ドローンレース入門に最適な『BUGS3』

ドローンレース入門に1万円台で購入できる『BUGS3』がおすすめ!
  • 価格:約13900円(クーポンあり)
  • 重量:480g ▶︎ 航空法の規制対象になるため注意が必要
  • ブラシレスモーター搭載
  • 充電時間:240〜300分
  • 飛行時間:18分(アクションカメラなし)
  • 飛行時間:12分(アクションカメラ搭載)
  • 制御距離:300〜500メートル
  • 推奨年齢:14歳以上
  • ドローンレースを始めてみたい方におすすめ!

多くのドローンレーサーは自作で1から自分用にドローンを組み立てます。

しかし、全くの初心者がそれらの作業をするのは、非常に困難です。

2018年現在では、主にトイドローンを販売する会社から様々なレース向けのモデルも販売されております。

BUG3|ドローン運用のコンテスト「ドロコン2018」で優勝したモデル

今回ご紹介する『DBPOWER』『 BUGS3』も日本で実施されたドローンの運用を競う競技で中学生の少年が優勝したドローンモデルとして注目を集めました。

DJIのドローンとは異なる機動性を活かしたみたいです。

そもそも『ドローンレース』とは??

その名の通り、レース用ドローンのスピードを競う競技です。

時速150kmを超え、FPVゴーグルでリアルタイムで操縦をします。

その体感スピードは今までのモータースポーツと並ぶほど圧倒的な迫力があります。

ドバイのドローンレースは賞金1億越え!優勝者は15歳の少年

数年前の映像になりますが、ドバイで行われたドローンレースの世界大会では、若干15歳の少年が優勝しました。

その時の賞金額がなんと1億1300万円

吉武編集長
吉武編集長
今までにない全く新しい競技のため、世代の年齢に関係なく活躍が期待できます。

むしろ圧倒的に若い世代が強い印象です。

てつや
てつや
スタートラインに差がなければ、おっさんより若者の方が圧倒的に上達が早そうだな。

このように新しい競技として、ドローンを活用したレースは注目を集めております。

では実際に『BUGS3』の中身を確認していきましょう。

DBPOWER 『BUGS3』のセット内容

ドローンレース入門に1万円台で購入できる『BUGS3』がおすすめ!
  • ドローン本体
  • コントローラー(プロポ)
  • プロペラガード
  • 脚(ランディングギア)
  • プロペラ
  • ねじ回し
  • プロペラ交換ツール
  • 充電器
  • アクションカメラスロット

上記のものが入っております。

実際にドローンを飛ばす上で、プロポには別売りで『単3乾電池』が必要になります。

特徴①|最高時速80km!ブラシレスモーター搭載でレース入門に最適!

ブラシレスモーター搭載のドローンを紹介!ブラシモーターの違いは?

この『BUGS3』ブラシレスモーター』を搭載しております。

ブラシレスモーターとは、摩擦を大幅に軽減し、発熱を減らして、モーターの耐久性を向上させ、モーターの効率を高めており、バッテリーの寿命を『50%以上』延ばす設計になっております。

DJIの空撮用ドローンやドローンレース用のモデルはほとんどが『ブラシレスモーター』を採用しております。

通常のブラシモーターとの違いは以下の記事をご参考ください。

この『BUGS3』はなんと最高時速が『80km』を超えます。

価格1万円台でこれだけの飛行性能を搭載しているドローンはほとんどありません。

またレーサー機のように自作で組み上げるものと違って、完成品になっておりますので非常に始めやすいのが特徴です。

そのため、ドローンレーサーの入門機としてオススメモデルになります。

全くのドローン初心者にはおすすめではない!

矛盾したことを言っているように聞こえますが、この『BUGS3』『ドローンレース入門』としておすすめです。

しかし、これからドローンを始めようと思っている『全くの初心者』にはおすすめではありません。

理由は

  • ドローンの機体重量が200g以上
  • 操縦そのものの難易度が初心者には高め

となっているためです。

『amazon』で発見して購入しようと思っている方もいると思いますが、全くのドローン初心者にはなかなか敷居が高いですので、ご注意ください。

また『航空法』の規制対象になりますので、法律を知った上で操縦できる場所もちゃんと探す必要があります。

初心者ドローンオーナーの悩み|どこで飛ばしていいかわからない! ・法規制外200g以下のドローンなら近場の公園で人気のない時間帯でもなんとかなった。 ・phantom4を買ったんだけど、どこで飛ばしていいかわからない。 ・いろいろサイトや本を見たけど、結局どこでドローンを飛ばしていいかわからない。 特に初心者ドローンオーナーの方でこんなお悩みの方はいませんか? まさに私がそうでした。 で調べてみるとでてくるよく出てくるこの条件! 飛行禁止区域 1 空港周辺の上空(空港から10km以上離れる必要があります。) ➡︎空港周辺なんか飛ばさん! 2 人口集中地(DIDで調べればわかる) ➡︎これは調べたらわかる。駅周辺とかちょっと都会に入ればDIDだけど、ここの外を見つけるのは簡単! 3 150m以上の高さ ➡︎そんな高さ飛ばすわけないだろ! でさらに次の条件 飛行禁止区域外でも申請が必要な条件 1 夜間飛行は禁止:原則ドローンの飛行は日の出から日没までです。 ➡︎夜なんぞ飛ばさん! 2 人や物から30mの距離をとること:撮影対象でないものからは一定の距離を保つ必要があります。 ➡︎そんな人の近くでもやらん! 3 イベント上空の飛行:祭りやイベントの際は原則禁止されており、主催者の許可などが必要になる。 ➡︎飛ばすか! 4 目視外の飛行:自分で直接確認できない位置での飛行は許可が必要になる。 ➡︎まだそのレベルではない!私はただ落ち着いて飛ばせる場所が知りたいのです。 5 危険物の輸送:禁止されています。 ➡︎論外1 6 物の落下:ドローンからものを落下させたい場合は許可が必要 ➡︎論外2 で、結局どこで飛ばせるの??(ボーゼン) それならばと広めの公園で都心部から離れればよいかと思って調べてみると、 ほとんどの県営・国立の公園は「ドローン飛行禁止」の条例が・・・ ならば「市営の公園」はどうだと私は愛知県の市営の大きめな公園にかたっぱしから電話をして聞いても 「いや〜原則禁止です。」 の一言で返されてしまいます。 それはいきなり電話かけてきて 「ドローン飛ばしてもいいですか?」 なんて聞かれて、電話越しだけでどんな相手かもよくわからない相手でどんな条件で飛ばすのかも抽象的にしか伝わってこない感じでは市役所の人も 「いや〜、ドローン飛ばしていいですよ〜!」 なんて気持ちこよく返してくれるわけもないです。 ならば、国土交通省にドローンの「飛行許可申請」を出して認可をもらってから飛ばそう! と思っても、申請許可を出すのに必要な条件があって、 『ドローンの操縦時間10時間以上』 ・・・ 「いやいや、そもそも練習する場所ないんじゃ!ボケ!」 と思って血管が切れそうになった方はいませんか? 私がそうでした。 まあ落ち着いて考えてみます。 いろいろ突き詰めるとドローンを飛ばせる場所と条件はこんな感じ ・空港など重要施設から10km以上離れる ・地上から150m以下の空域 ・人の私有地:所有者の許可が必要になります。 ・ドローンで物を輸送したり、落としたりしないこと ・屋内:屋内であれば人口集中地でも航空法の規制対象外になります。 ・ドローン飛行場:有料ですが存分に飛ばせます。 ・プライバシーの侵害しない場所:人の顔や車のナンバーが映るような場所は避けた方が懸命です。 関連記事:結局ドローンってどこで飛ばせるの?初心者が誤解しがちな航空法と飛行場所を徹底解説!【2016年版】 に集約されます。 で、いろいろ考えた結果、具体的な場所として ・山の中 ・海岸沿い ・河川敷 の3つに行き着きました。 しかし、人によっては海や山などまで行くのにかなり時間がかかってしまう方がいると思います。 近場でやっぱりある程度の場所と条件を兼ね備えたところを見つけたいもの。 でもすでにphantomを購入した方で今後飛行申請を取って、本格的に空撮などを楽しみたいという方は早くドローンの実践操縦時間である10時間をクリアして国土交通省の飛行許可申請をもらいたいたいところ。 で残されたのは『河川敷』。 で私はとある方法を使って理想の練習場所を手に入れました。 今回はこの『河川敷』を見つけるのに効率のよい方法をご紹介します。 Googleマップ|ストリートビューを使う。 すでに使っている方もいると思いますが、Googleから出ている超便利なマップサービスです。(無料) こんな感じの画面です。 使ってない方はすぐに登録しましょう。 それで早速、自宅近くの地元のちょっと大きな川を探します。 私の場合は逢妻川と境川でした。 アップします。 そこでストリートビューを使っていきます。 まずはGoogleマップ右下にいる人形をクリックしてつまむと こんな感じで青色の線が出てきます。 そして人形をこの青線に落とすと、 なんと実際の地図が表示されてしまいます。 そしてこの地図なんと歩けてしまうのです。 phantom4の「タップフライ」のごとく、道の前をタップするとどんどん専心することができます。 そうして川沿いを歩いて行くと こんな感じで探して行くと じゃーん! あっという間にめぼしい河川敷が見つかってしまいました。 その後、「SORAPASS」でその地域が人口密集地域でないか調べ、大丈夫であれば実際に現場まで見に行ってください。 SORAPASSの使い方はこちらをご覧ください。 日本初のドローン専用地図サービス『SORAPASS』|実際に使ってみた! そうして見つけた私の聖域がこちら! とてもいいドローンの練習場所を発見してしまいました。 私はこの場所を見つけた感動で腹が痛くなってしまい、せっかくphantom4の初フライトにもかかわらず、途中でコンビニまで駆け込んでしまいました(実話です(⌒-⌒; )) 今回、この記事を書くにあたって他にもめぼしい場所を探してみましたが、10分ほどで「ドローンを飛ばせそうな河川敷」をいくつか発見しました。 まあGoogleマップ上では現在と多少姿が変わっていたりしますが、実際に行ってみると、Googleマップで発見した以外の場所でさらにいい場所が見つかったりします。 結論 ・Googleマップのストリートビュー使って近くの「河川敷」を探してみてください。 ・念のため『SORAPASS』で人口密集地域になってないか確認してください。 の2言で解決しました。 航空法など法律関係について細かく説明した記事もありますので、よかったらこちらも参考にしてください。 関連記事:結局ドローンってどこで飛ばせるの?初心者が誤解しがちな航空法と飛行場所を徹底解説!【2016年版】
許可なしでドローンの飛行場所を見つける最も効率の良い方法【永久保存版】初心者ドローンオーナーの悩み|どこでドローンを飛ばしていいかわからない!法規制外200g以下のドローンなら近場の公園...

全くの初心者は200g未満から始めよう!

ドローン初心者は1台目としておすすめは『200g以下のトイドローン』になります。

そちらに関しては、以下の記事をご参考ください。

吉武編集長
吉武編集長
2018年8月現在のおすすめは『DROCONのFALCON』です。
DROCON ドローン小型 高度維持 ミニドローン スピード自由転換 3Dフリップ 2.4GHz 4CH 6軸ジャイロ ミニドローン ワンキー離陸/着陸 ワンキーリータン ラジコン ヘリコプター 初心者向き 国内認証済み 日本語説明書付属 GD-90A 2018年新型ドローン
DROCON

200g以下のホビードローン「DROCON」が初心者におすすめな4つの理由
200g以下のホビードローン「DROCON」が初心者におすすめな4つの理由「DROCON」のドローン3台所有してるけど、ほんとこれ初心者におすすめ!どうもDRONE WALKER(ドローン ウォ...

特徴②|アクションカメラを積載可能

『アクションカメラ』を積載できるカメラマウントも付いておりますので、空撮映像を撮影することも可能になります。

下手に始めからカメラが付いているより、別で自分でカメラを装着できる方が画質や映像の質を選択できるので、ありがたいですね。

残念!『GoProHERO5・6』は装着できず!

ドローンレース入門に1万円台で購入できる『BUGS3』がおすすめ!
てつや
てつや
無理やり詰め込みすぎだろ!
吉武編集長
吉武編集長
ギチギチになりました(⌒-⌒; )

私が所有しているアクションカメラは『GoProHERO6』でしたが、こちらは残念ながら装着することはできませんでした。

DBPOWER専用のアクションカメラとは相性がいいようです。

説明書に記載してあったアクションカメラは以下のものでした。

『DBPOWER』『BUGS3』のセッティング方法

プロペラの取り付け

ドローンレース入門に1万円台で購入できる『BUGS3』がおすすめ!プロペラはネジ方式ではめ込むことができる

ドローンのプロペラに『2種類』あります。

上記写真のように対角線で同じ向きに回転をします。

プロペラが正しく装着されていないと、異常な飛行をする可能性がありますので、注意しましょう。

ドローンの飛行原理を知りたい方も以下の記事をご覧ください。

バッテリーの充電と取り付け

ドローンレース入門に1万円台で購入できる『BUGS3』がおすすめ!充電には時間がかかるので、余裕を持って準備しておこう

バッテリーは上記写真のように充電器を使って充電を実施します。

充電時間は『240〜300分』と長時間かかりますので、飛ばす前には時間に余裕を持つようにしましょう。

1回の飛行時間は『18分』になります。

必要に応じて、追加でバッテリーを用意しておきましょう。

バッテリーの過充電に注意

ドローンは『リチウムイオンバッテリー』を使用しております。

バッテリーの管理は非常に重要です。特に『過充電』するとバッテリーを痛める可能性がありますので、十分に注意しましょう。

バッテリー専用のバッグを用意しておくのも良いでしょう。

コントローラー(プロポ)の設定と操作方法

ドローンレース入門に1万円台で購入できる『BUGS3』がおすすめ!

ドローンは専用のプロポを使って操縦します。

操縦方法は上記写真を参考にしてください。

操縦は『モード2』になります。

ドローンレース入門に1万円台で購入できる『BUGS3』がおすすめ!

プロポの電池には『別売り』『単3電池4本』用意する必要があります。

海外の並行輸入品にご注意

ドローンレース入門に1万円台で購入できる『BUGS3』がおすすめ!

ドローンとプロポは『電波』によって通信しております。

プロポ裏にはもちろん『技適マーク』が表示されております。

海外の並行輸入品などで、この技適マークがないモデルは日本の『電波法』という法律に抵触する可能性がありますので、ご注意ください。

https://drone-aerial-corps.com/2017/08/10/houritu-matome/

プロペラガードの取り付け

ドローンレース入門に1万円台で購入できる『BUGS3』がおすすめ!

モーターの下側に2つのネジがありますので、緩めてからプロペラガードを装着しましょう。

プロペラガードには、万が一の接触時にダメージを軽減する役割を持っています。

このドローンは重量もあり、スピードも出る設計ですので、必ずプロペラガードを装着するようにしましょう。

ランディングギアの装着

ドローンレース入門に1万円台で購入できる『BUGS3』がおすすめ!

ドローンの機体下部にソケットがありますので、『ランディングギア』を差し込み、ネジで固定しましょう。

BUG3|ドローン本体とプロポの接続方法

吉武編集長
吉武編集長
初めてだとドローンとプロポの接続方法がわかりにくいので、ご紹介します。

①赤いボタンを押しながら、電源を入れる

『ドローンレース入門』に1万円台で購入できる『BUGS3』がおすすめ!

②ドローン本体にリポバッテリーを接続

『ドローンレース入門』に1万円台で購入できる『BUGS3』がおすすめ!

リポバッテリーのコネクターには向きがあるので注意しましょう。

③バインドに成功するとドローンとプロポから電子音

『ドローンレース入門』に1万円台で購入できる『BUGS3』がおすすめ!

④プロポの赤いボタンを押すとプロペラが回転

『ドローンレース入門』に1万円台で購入できる『BUGS3』がおすすめ!

ドローンとプロポがちゃんとリンクしていれば、赤いボタンを押すことでプロペラが回転します。

DBPOWERの『BUGS3』を実際に操縦してみた!

ドローンレース入門に1万円台で購入できる『BUGS3』がおすすめ!

バッテリーの充電やプロペラの取り付けなど完了したら、いよいよ初フライトです。

このドローンは200g以上の航空法規制対象になりますので、飛ばす場所をしっかり選定し必要に応じて使用許可などを取るようにしましょう。

安定した『DJIの空撮用ドローン』と比べて、不安定な部分もありますので、それなりに広いスペースがいいでしょう。

初心者ドローンオーナーの悩み|どこで飛ばしていいかわからない! ・法規制外200g以下のドローンなら近場の公園で人気のない時間帯でもなんとかなった。 ・phantom4を買ったんだけど、どこで飛ばしていいかわからない。 ・いろいろサイトや本を見たけど、結局どこでドローンを飛ばしていいかわからない。 特に初心者ドローンオーナーの方でこんなお悩みの方はいませんか? まさに私がそうでした。 で調べてみるとでてくるよく出てくるこの条件! 飛行禁止区域 1 空港周辺の上空(空港から10km以上離れる必要があります。) ➡︎空港周辺なんか飛ばさん! 2 人口集中地(DIDで調べればわかる) ➡︎これは調べたらわかる。駅周辺とかちょっと都会に入ればDIDだけど、ここの外を見つけるのは簡単! 3 150m以上の高さ ➡︎そんな高さ飛ばすわけないだろ! でさらに次の条件 飛行禁止区域外でも申請が必要な条件 1 夜間飛行は禁止:原則ドローンの飛行は日の出から日没までです。 ➡︎夜なんぞ飛ばさん! 2 人や物から30mの距離をとること:撮影対象でないものからは一定の距離を保つ必要があります。 ➡︎そんな人の近くでもやらん! 3 イベント上空の飛行:祭りやイベントの際は原則禁止されており、主催者の許可などが必要になる。 ➡︎飛ばすか! 4 目視外の飛行:自分で直接確認できない位置での飛行は許可が必要になる。 ➡︎まだそのレベルではない!私はただ落ち着いて飛ばせる場所が知りたいのです。 5 危険物の輸送:禁止されています。 ➡︎論外1 6 物の落下:ドローンからものを落下させたい場合は許可が必要 ➡︎論外2 で、結局どこで飛ばせるの??(ボーゼン) それならばと広めの公園で都心部から離れればよいかと思って調べてみると、 ほとんどの県営・国立の公園は「ドローン飛行禁止」の条例が・・・ ならば「市営の公園」はどうだと私は愛知県の市営の大きめな公園にかたっぱしから電話をして聞いても 「いや〜原則禁止です。」 の一言で返されてしまいます。 それはいきなり電話かけてきて 「ドローン飛ばしてもいいですか?」 なんて聞かれて、電話越しだけでどんな相手かもよくわからない相手でどんな条件で飛ばすのかも抽象的にしか伝わってこない感じでは市役所の人も 「いや〜、ドローン飛ばしていいですよ〜!」 なんて気持ちこよく返してくれるわけもないです。 ならば、国土交通省にドローンの「飛行許可申請」を出して認可をもらってから飛ばそう! と思っても、申請許可を出すのに必要な条件があって、 『ドローンの操縦時間10時間以上』 ・・・ 「いやいや、そもそも練習する場所ないんじゃ!ボケ!」 と思って血管が切れそうになった方はいませんか? 私がそうでした。 まあ落ち着いて考えてみます。 いろいろ突き詰めるとドローンを飛ばせる場所と条件はこんな感じ ・空港など重要施設から10km以上離れる ・地上から150m以下の空域 ・人の私有地:所有者の許可が必要になります。 ・ドローンで物を輸送したり、落としたりしないこと ・屋内:屋内であれば人口集中地でも航空法の規制対象外になります。 ・ドローン飛行場:有料ですが存分に飛ばせます。 ・プライバシーの侵害しない場所:人の顔や車のナンバーが映るような場所は避けた方が懸命です。 関連記事:結局ドローンってどこで飛ばせるの?初心者が誤解しがちな航空法と飛行場所を徹底解説!【2016年版】 に集約されます。 で、いろいろ考えた結果、具体的な場所として ・山の中 ・海岸沿い ・河川敷 の3つに行き着きました。 しかし、人によっては海や山などまで行くのにかなり時間がかかってしまう方がいると思います。 近場でやっぱりある程度の場所と条件を兼ね備えたところを見つけたいもの。 でもすでにphantomを購入した方で今後飛行申請を取って、本格的に空撮などを楽しみたいという方は早くドローンの実践操縦時間である10時間をクリアして国土交通省の飛行許可申請をもらいたいたいところ。 で残されたのは『河川敷』。 で私はとある方法を使って理想の練習場所を手に入れました。 今回はこの『河川敷』を見つけるのに効率のよい方法をご紹介します。 Googleマップ|ストリートビューを使う。 すでに使っている方もいると思いますが、Googleから出ている超便利なマップサービスです。(無料) こんな感じの画面です。 使ってない方はすぐに登録しましょう。 それで早速、自宅近くの地元のちょっと大きな川を探します。 私の場合は逢妻川と境川でした。 アップします。 そこでストリートビューを使っていきます。 まずはGoogleマップ右下にいる人形をクリックしてつまむと こんな感じで青色の線が出てきます。 そして人形をこの青線に落とすと、 なんと実際の地図が表示されてしまいます。 そしてこの地図なんと歩けてしまうのです。 phantom4の「タップフライ」のごとく、道の前をタップするとどんどん専心することができます。 そうして川沿いを歩いて行くと こんな感じで探して行くと じゃーん! あっという間にめぼしい河川敷が見つかってしまいました。 その後、「SORAPASS」でその地域が人口密集地域でないか調べ、大丈夫であれば実際に現場まで見に行ってください。 SORAPASSの使い方はこちらをご覧ください。 日本初のドローン専用地図サービス『SORAPASS』|実際に使ってみた! そうして見つけた私の聖域がこちら! とてもいいドローンの練習場所を発見してしまいました。 私はこの場所を見つけた感動で腹が痛くなってしまい、せっかくphantom4の初フライトにもかかわらず、途中でコンビニまで駆け込んでしまいました(実話です(⌒-⌒; )) 今回、この記事を書くにあたって他にもめぼしい場所を探してみましたが、10分ほどで「ドローンを飛ばせそうな河川敷」をいくつか発見しました。 まあGoogleマップ上では現在と多少姿が変わっていたりしますが、実際に行ってみると、Googleマップで発見した以外の場所でさらにいい場所が見つかったりします。 結論 ・Googleマップのストリートビュー使って近くの「河川敷」を探してみてください。 ・念のため『SORAPASS』で人口密集地域になってないか確認してください。 の2言で解決しました。 航空法など法律関係について細かく説明した記事もありますので、よかったらこちらも参考にしてください。 関連記事:結局ドローンってどこで飛ばせるの?初心者が誤解しがちな航空法と飛行場所を徹底解説!【2016年版】
許可なしでドローンの飛行場所を見つける最も効率の良い方法【永久保存版】初心者ドローンオーナーの悩み|どこでドローンを飛ばしていいかわからない!法規制外200g以下のドローンなら近場の公園...

DBPOWER BUGS3のフライト映像

吉武編集長
吉武編集長
こちらが実際に飛行させてみた動画になります。

ざっくりした操縦感覚ですが、

  • 自動でホバリングしないので、スティックを上下させてバランスを取る必要がある。
  • どっしりとしていながら安定感はある。
  • スピード感は200g以下のトイドローンとは比べ物にならない
  • 多少の風でも物ともせず切り裂いて飛ぶ感じ

といった感じですね。

以前、同じ『DBPOWER200g未満のトイドローンDISCOVRY』の操縦レビューをしましたが、価格帯が同じとは思えないほど、飛行のパワフルさが違います。

  • DISCOVRY:全くのドローン初心者向け
  • BUGS3:ドローンレースの練習用

といった感じですね。

DISCOVY|クーポンコード『3VTVP7AG』2300円割引可能!有効期限は7月14日〜10月31日

BUGS3の空撮映像

残念ながら私自身はアクションカメラを積載できませんでしたが、YouTubeにフライト映像が公開されておりましたので、掲載しておきます。

ジンバルがない分、映像自体のブレが少し気になりますね。

時速80kmと言っても本格的なドローンレーサーモデルは時速100km以上でもっと風を切り裂くように飛行します。

BUGS3の操縦方法

ドローンレース入門に1万円台で購入できる『BUGS3』がおすすめ!

操縦方法は上記の通り、『モード2』で操縦することができます。

ドローンレース入門に1万円台で購入できる『BUGS3』がおすすめ!

フリップ&ロールも可能

ドローンレース入門に1万円台で購入できる『BUGS3』がおすすめ!

まとめ|ドローンレースの世界への第一歩!

というわけで、ドローンレース入門におすすめの1台『DBPOWERのBUGS3』をご紹介させていただきました。

アマゾンだけで見ていると、一見トイドローンのようにも見えますが、

『時速80kmのモンスタードローン』になります。

抜群の操縦感でドローンの飛行そのものも楽しめる上、GoProなどを積載して空撮も楽しめる非常にバランスの取れたドローンになります。

価格は1万円台で購入できますので、200g未満のトイドローンの操縦に飽きたり、DJIの空撮用ドローンとは違った操縦スキルを身に付けたい方におすすめです。

気になる方がぜひチェックしてみましょう!!

【映像革命】200g未満のマイクロドローンが撮影する新しい映像表現の世界!
【映像革命】200g未満のマイクロドローンが撮影する新しい映像表現の世界!小型ドローンでの映像撮影に新しい可能性が見えた映像オンナノコズ:"Onnanocos" × Micro Drone ...
【ドローン超入門】2019年今から始める最強5ステップを紹介するぞっ!
【ドローン超入門】2019年今から始める最強5ステップを紹介するぞっ!2019年これからドローンを始める方へ!当DRONE WALKERのサイトのコンセプトは「日本一分かりやすいドローン専門...
ABOUT ME
アバター
吉武 穂高
DRONE WALKER 編集長 1984年生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。