日本一わかりやすいドローン専門メディア

2018年ドローン入門最強5ステップ

【ドローン入門編】室内練習で注意すべき3つのポイント

 
【ドローン入門編】室内練習で注意すべき3つのポイント
この記事を書いている人 - WRITER -
DRONE WALKER 編集長 1984年3月28日生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。

ドローン初心者はじめは室内練習がオススメ

ドローンを始めてみたいけど、いきなりPhantomなどの機体はちょっと高価。

抵抗あるな〜という方はまず1万円前後のホビードローンがオススメです。

またホビードローンといっても数多くの種類があります。

屋外でバンバン飛ばせるドローンもあれば小型で室内練習向けのドローンもあります。

今回は、『室内練習』にしぼって紹介していきます。

ポイント1|安全な空間を確保しよう!

入門編として「室内」で飛ばすことをオススメしていますが、練習用としては「10畳」ほどのスペースがあればいい感じです。

それだけのスペースがあれば、十分に「旋回」なども行うことができます。

また室内で注意すべきポイントとして、ガラスや陶器で出来た小物はないか?

当たって怪我をさせてしまう人がいないか注意しましょう。

特に子どもの動きは予想外ですので、必ず別室で行いましょう。

200g未満ドローン

ポイント2|飛行時間に注意

ホビードローンの飛行時間は大体「5〜10分」程度です。

そしてホビードローンのバッテリーは限界まで使用し続けると「過放電」の状態になりバッテリーそのものの寿命を縮めてしまいます。

まあ今のホビードローンも限界が来る前に機体のLED信号などが点滅することでバッテリーの残量を知らせてくれますが、年のため注意しておきましょう。

ポイント3|正しく飛行しない場合は「トリム」調整せよ!

屋内で飛行させているにも関わらず、まっすぐ上昇しない・斜めに飛んでしまうといったことがあります。

それはドローンが認識している「水平」感覚がずれている証拠です。

そんな時はコントローラーの「トリム」ボタンを使用して、ずれを調整していきましょう。

トリム調整のコツとしては

1:機体を少し浮かせた状態にする。

2:機体が流れる方向と反対のトリムボタンを押す

3:何度か繰り返して、1コマずつ調整していく。

ことです。

私が初めて購入したホビードローンも見事にずれておりました。

コントローラーの調整機能はドローンのメーカーによって異なりますので、説明書などを読みながら、体で少しずつ覚えていってください。

では次に『室内練習におすすめなドローン』を紹介します。

この記事を書いている人 - WRITER -
DRONE WALKER 編集長 1984年3月28日生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© DRONE WALKER , 2016 All Rights Reserved.