ドローンの空撮写真上達術|対象物の収束線を意識する

ドローンの空撮写真上達術6|対象物の収束線を意識する

空撮写真上達のコツ|収束線を意識する

今回はドローン空撮写真上達のコツ第6回ということで『収束線を意識し、補正する』をテーマにお話していきます。

日常に溢れる写真の収束線は下に広く、上に収束していく。

ドローンの空撮写真上達術6|対象物の収束線を意識する

日常生活で撮影する写真のほとんどは以下の写真のような収束線を描きます。

ドローンの空撮写真上達術6|対象物の収束線を意識する

非常に背の高い建物を下から撮影した写真になります。

これは極端な構図の写真ではありますが、人が何か被写体を撮影する場合、その多くの収束線は『下に広く、上に狭くなる構図が一般的です。』

他にもいくつか例をあげると

中津城・福沢諭吉記念館、偉人を巡る大分中津旅|歴史とは共感のバイブレーション 青空ポートーレート|ヨガインストラクター親子写真を撮影しました。 【まとめ】ドローンの空撮写真がもっと上達する4つのコツ ドローンの空撮写真上達術6|対象物の収束線を意識する

以上のようになります。

道にしろ建物にしろ、日常あふれる写真そのものの多くは手前から奥に収束していくパターンであり、多くの人は自然とこの収束線の動きを無意識かで自然と感じるようになっているのです。

ということはその逆は無意識で不自然に感じてしまう可能性があります。

収束線が上に広く、下に狭いと無意識化で不自然に感じる

ドローンの空撮写真上達術6|対象物の収束線を意識する

ドローンによる空撮写真は、その特性上上空から撮影するため、建物などは上から下へ収束していく形になります。

ドローンの空撮写真上達術6|対象物の収束線を意識する ドローンの空撮写真上達術6|対象物の収束線を意識する

この形は、無意識ではありますが、多くの人にとって不自然と感じる構図になる可能性があります。

そのため、撮影した写真を現像する段階で補正することで自然に感じる写真に変えることができます。

こちらが上記の写真を補正したものになります。

ドローンの空撮写真上達術6|対象物の収束線を意識する ドローンの空撮写真上達術6|対象物の収束線を意識する

Lightroomを使用することでこの補正をかけることができます。

ドローンの空撮写真上達術6|対象物の収束線を意識する ドローンの空撮写真上達術6|対象物の収束線を意識する

Lightroomの変形機能を使用して、垂直方向に補正をかけていきます。概ね平行になるように被写体となる建物を起こしていきます。

そうすることで不自然な収束線の補正とさらに『上空からみることによる被写体の潰れ』も補正することができます。

地上から見た建物のスケール感と上空から見た被写体の印象は異なります。

上空からみるとどうしても被写体は潰れてしまうのです。

地上から見た雰囲気や感動を上空からの写真でも同じようなイメージで伝えることも重要になります。

ドローンの空撮写真上達術6|対象物の収束線を意識する

まとめ|みる人の無意識にまで意識できるか?

というわけで今回は空撮写真の収束線についてご紹介させていただきました。

今回の収束線の補正作業は、人によっては受け入れられない部分はあると思います。

今回お伝えしたいのは、みる人の無意識化にまで自然と受け入れられる写真を撮影するためにはどうすればいいのか?

さらに撮影者自身が感じた感動やイメージを空撮写真を通じて、どこまで表現できるのか?

ということです。

そのための補正として今回紹介した方法も手段の一つとして有効になる可能性があります。

DRONE WALKERの撮影機材

DRONE WALKER(ドローン ウォーカー)では様々な空撮写真をご紹介しております。

ドローン空撮写真上達のコツ4|初心者ほどRAW撮影がおすすめ ドローン空撮写真上達のコツ3|美しい俯瞰構図を見つけよう ドローン空撮写真上達のコツ3|美しい俯瞰構図を見つけよう ドローン空撮写真上達のコツ2|対角線構図を意識する



スポンサーリンク






ドローンの空撮写真上達術6|対象物の収束線を意識する

よかったらシェアしてね〜!

DRONE WALKERおすすめのドローン

初心者ならまずは200g未満のドローンから始めましょう!

➡︎ドローン入門は200g未満の1万円前後がおすすめ!

空撮用ドローンは DJI社がおすすめ

➡︎大人気DJIおすすめドローンベスト5&3倍得する購入方法

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

DRONE WALKER 編集長 1984年3月28日生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。 作家として、速読技術を活用し年間200冊以上の本を読むことで幅広い分野に精通し、独自の視点から様々なジャンルの書籍を出版。 当サイトでは、ドローンの専門情報をメインに、最新テクノロジー(VR・AI・暗号通貨)や起業術(ネットマーケティング・ライティング・メディア戦略)・Kindle書籍出版から日本の魅力を世界中に発信していきます。 お仕事の依頼やお問い合わせは、「hodaka8866@gmail.com」もしくは「Facebookメッセージ」が一番早くて繋がりやすいです。