iPad

【図解で分かりやすい】『iPad Air4』VS『iPad Pro』完全比較

【図解で分かりやすい】『iPad Air4』VS『iPad Pro』完全比較
【図解で分かりやすい】『iPad Air4』VS『iPad Pro』完全比較
名称iPad Air4
発売2020年10月より
価格62800円~94800円
ディスプレイの大きさ10.9インチ
解像度2360 x 1640ピクセル、264ppi
重量Wi-Fiモデル:458g
Wi-Fi + Cellularモデル:460g
チップA14 Bionic(2020年9月時点で最新)
電源ボタンタッチ ID
コネクターUSB‑C
公式サイトhttps://www.apple.com/jp/ipad-air/
吉武編集長
吉武編集長

どうもDRONE WALKER編集長の吉武穂高です。

今回は、2020年9月に発表がありました『iPad Air4』について紹介していきます。

iPad Air4という名称だが、実質『10.9インチのiPad Pro』である。

歴代の性能と比べても価格はかなり安い。

【Air4のコスパは抜群!】価格の違い表

64G128GB256GB512GB1TB
iPad Air4(Wi-Fi)62800円なし79800円なしなし
iPad Air4(+Cellualr)77800円なし94800円なしなし
iPad Pro12.9(Wi-Fi)なし104800円115800円137800円159800円
iPad Pro12.9(+Cellualr)なし121800円132800円154800円176800円
吉武編集長
吉武編集長

価格の比較表を作ってみました。(ややこしくなるので、iPad Pro11インチは割愛)

スペックとして見れば、ほぼ同等のはずなのに、「iPad Air4」の方がずっとコスパがいいことがわかりますね。

性能と価格のコスパは『iPad Air4』の方がずっとよい!

悔やまれるのは、iPad Air4のストレージ容量が256GBまでしか選べないことですね。

ディスプレイの大きさ

  • iPad Air:10.9インチ
  • iPad Pro:11インチと12.9インチ
吉武編集長
吉武編集長

画面の大きさが異なります。

iPad Proは11インチと12.9インチの2種類がありますね。

画面の大きさは作業効率に比例しますので、ディスプレイの大きさにはこだわりたいところですね。

ただし、ディスプレイの大きさが大きくなるほど、携帯性は下がりますので、ご自身の希望に応じて選びたいですね。

実質、iPad Air4の10.9インチかiPad Proの12.9インチかで選ぶべし!

チップ|A14 Bionic

【図解で分かりやすい】『iPad Air4』VS『iPad Pro』完全比較
  • iPad Air 4:A14 Bionic
  • iPad Pro:A12Z Bionicチップ
吉武編集長
吉武編集長

ここに来てiPad Air4には、Apple最新のチップが搭載されました。

詳細なスペックは比較しにくい部分はありますが、なんとA14チップでは『4K映像の編集も可能』と公式サイトに明記されております。

  • iPad Air 4には2020年9月時点で最新の「A14 Bionic」を搭載。
  • iPadで4K映像の編集も可能なレベルのPC性能

カラーバリエーションの差はiPad Air4に軍配!

iPad Air4は5色展開

iPad Air4は4種類
  1. シルバー
  2. スペースグレー
  3. ローズゴールド
  4. グリーン
  5. スカイブルー
吉武編集長
吉武編集長

豊富なカラーバリエーションがうれしいですね。

iPad Proは2色展開

iPad Proは2色展開
  • シルバー
  • スペースグレイ
吉武編集長
吉武編集長

上記2種類になります。

とはいえ、定番かつ人気の2色ですので、特に色にこだわりがなければこれで十分な色展開ですね。

【Appleペンシル】両者とも第2世代

【図解で分かりやすい】『iPad Air4』VS『iPad Pro』完全比較

Appleペンシルには、第1、第2の2種類あります。

iPad AirもiPad Proも両方とも第2世代のAppleペンシルになります。

【キーボード】両者ともマジックキーボード対応

【図解で分かりやすい】『iPad Air4』VS『iPad Pro』完全比較

キーボードがあると、『文字入力』の速度は格段にアップします。

今までマジックキーボードはiPad Proだけの特別なものというイメージでしたが、今回の『iPad Air4』も『マジックキーボード対応』になりました。

これはとてもありがたいですね。

吉武編集長
吉武編集長

ここまで比較しても、実質ディスプレイの大きさが小さい『iPad Pro』と言ってよいでしょう!

今回のiPad Air4からマジックキーボード対応はありがたい!

文字入力の多い方は、マジックキーボードは必須アイテム!

選べるストレージの差はiPad Proに軍配

  • iPad Air4:64GB・256GB
  • iPad Pro:128GB・256GB・512GB・1TB

iPadに保存できるストレージ容量の差は上記の通りです。

ご覧の通り、『iPad Pro』は最大で『1TB』のストレージにまで対応しております。

iPadを本格的に仕事や創作活動のメイン機として使う予定であるならば、当然ストレージ容量が大きい方が安心して使うことができます。

『iPad Air4』は最大でも『256G』までなので少し物足りない印象を受けますよね。

ストレージ容量で選ぶなら、iPad Proの1TBはとても魅力的。

【コネクター】両者、USB-C

【図解で分かりやすい】『iPad Air4』VS『iPad Pro』完全比較
  • iPad Air4:USB‑C
  • iPad Pro:USB‑C
吉武編集長
吉武編集長

充電口は今回から『USB‑C』になりました。

これまでのiPadはライトニングケーブルでしたので、ありがたい変化ですね。

【まとめ】Air4は実質10.9インチのiPad Pro

【図解で分かりやすい】『iPad Air4』VS『iPad Pro』完全比較
名称iPad Air4
発売2020年10月より
価格62800円~94800円
ディスプレイの大きさ10.9インチ
解像度2360 x 1640ピクセル、264ppi
重量Wi-Fiモデル:458g
Wi-Fi + Cellularモデル:460g
チップA14 Bionic(2020年9月時点で最新)
電源ボタンタッチ ID
コネクターUSB‑C
公式サイトhttps://www.apple.com/jp/ipad-air/
吉武編集長
吉武編集長

というわけで、ここまでiPad Air4についてまとめさせていただきました。

名称こそ『Air』がついているものの、性能は最新のiPad Proと比較しても遜色のないレベルにまで仕上がっております。

もし今からiPad選びをするなら間違いなく、購入検討の対象にすべきモデルです。

もしiPadをただYouTubeを見たり、SNSに使う程度であれば、同時発表された『iPad(第8世代)』で十分だと思います。

しかし、イラストレーター、動画編集、写真などクリエイティブな活動やビジネスに活用したいのであれば、ここまでコスパのバランスに優れた『iPad Air4』は間違いなくおすすめできるモデルですね。

【おまけ】MacBook Pro16インチなら8K動画編集もできる!

吉武編集長
吉武編集長

私自身、8K映像の撮影と編集を行っておりますが、メインPCはMacBook Pro16インチを使っております。

意外にもノートパソコン型のMacBook Proでも『8K映像』の編集ができてしまいます。

もし更なる作業効率などを求めているなら、こちらもぜひご覧ください。

サイズ感はiPadと比べて、大きくなるが作業効率を追求するならMacBook Proも検討対象にすべし!

【コスパ優先】『Macbook Pro16インチ』を動画編集向けにカスタムしてみた
【コスパ優先】『Macbook Pro16インチ』を動画編集向けにカスタムしてみた 私自身、今まで「MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2015)」を使ってブログを...
ABOUT ME
アバター
吉武 穂高
DRONE WALKER 編集長 1984年生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。