Parrot新型ドローン『ANAFI』驚異のカメラスペック2.8倍ズーム・真上撮影可能・2100万画素

Parrotから新型ドローン『ANAFI』が発表!カメラスペックがとにかく驚異的!

どうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)編集長の吉武穂高です。

いやいやいきなりの発表で驚きましたが、久しぶりにフランスのドローンメーカー『Parrot』から新型のドローンの発表がありました。

こちらです。

Parrot|ANAFI(アナファイ)

 

Parrotの新型ドローン『ANFFI』のカメラスペックが驚異的!2100万画素の2.8倍ズーム、真上撮影可能

画像出典:Parrotより

Parrotの新型ドローン『ANFFI』のカメラスペックが驚異的!2100万画素の2.8倍ズーム、真上撮影可能

画像出典:Parrotより

見た目はこんな感じ!

ふじこ

おお〜!カメラが上を向いてる♫

吉武

そうなんです!ついに空撮用ドローンのカメラが真上を向けるように設計されました!

見た目から今までとは違ったドローンですが、発表されたスペックはそれだけではありません。

というわけでこのANAFIのスペックをざっくり紹介していきます。

Parrot ANAFIのざっくりした性能

  • 映像性能:4K30fps
  • 映像性能:HDR60fps
  • 写真:2100万画素
  • 1/2.4 CMOS SONYセンサー
  • f/2.4
  • 180度チルトジンバル:機体真上も撮影可能
  • 3軸スタビライザー
  • 2.8倍ロスレスズーム
  • ISO:100〜3200
  • 静止画の焦点距離:23-69mm
  • 動画の焦点距離:26-78mm
  • カメラはSONY製
  • 飛行時間;25分
  • 機体重量:320g(MavicAIRは400g)
  • 最高時速:55km/h(スポーツモード)
  • 対風力:最大16.6m・sの風に耐える
  • 価格:89802円
てつや

おいおい!まじか!これはすごくないか!?

吉武

そうなんです。カメラ性能がすごくてびっくりしました!

10万円以内でこのスペックは正直『買い』だと思います。

セット内容

Parrotの新型ドローン『ANFFI』のカメラスペックが驚異的!2100万画素の2.8倍ズーム、真上撮影可能

画像出典:Parrotより

  • 本体
  • スカイコントローラー3
  • キャリーバッグ
  • 16GBマイクロSDカード
  • プロペラ8枚

ANAFIのカメラはSONY製

Parrotの新型ドローン『ANFFI』のカメラスペックが驚異的!2100万画素の2.8倍ズーム、真上撮影可能

画像出典:Parrotより

カメラは今『ミラーレスカメラ』の世界でも非常に勢いのある『SONY』のカメラを積載しています。

(ちなみにDJIもSONYのカメラを積載)

というわけで、スペック通りのカメラ性能であることを期待してもよいでしょう。

また今までDJIの民生機では実現できなかった

  • 180度チルトジンバル(真上撮影)
  • ズーム撮影

を実現してくれました。

この2つはかなり魅力的な

DJIから登場した『MavicAIR』のおかげで新しくドローンを始めた方は増えましたが、既存のドローンパイロットにとっては大きなカメラ性能のアップは見込めなかったため、少し消沈していたところですが、この性能には思わず目も覚めるものがありました。

ANAFIのここが凄い!その①|Parrotだけの180度回転ジンバル

Parrotの新型ドローン『ANFFI』のカメラスペックが驚異的!2100万画素の2.8倍ズーム、真上撮影可能

真上にカメラを向けることができるのは現状DJIの『MATRICE200(マトリス)シリーズ』だけだったため、民生機でこの機能は相当面白いと思います。

また点検業者などによっては、大型の産業用ドローンでなく、民生機ベースでこの機能が欲しいと思ったところもあると思います。

ANAFIのここが凄い!その②|2.8倍ロスレスズーム

Parrotの新型ドローン『ANFFI』のカメラスペックが驚異的!2100万画素の2.8倍ズーム、真上撮影可能

画像出典:Parrotより

フルHD撮影であれば、最大2.8倍までズームで撮影することができます。

4K撮影であれば、1.4倍で撮影が可能。

ロスレスズームであれば、解像度を損なうことなく、ズームできますし、

ズームができるということは被写体と不用意に近づかずに撮影が可能になりますので、安全に撮影することができるのです。

ANAFIのここが凄い!その③|折りたたみ設計

ANAFIのここが凄い!その①

画像出典:Parrotより

折りたたんでコンパクトにすることができるため、持ち運びにも便利な設計になっております。

持ち運ぶイメージ

Parrotの新型ドローン『ANFFI』のカメラスペックが驚異的!2100万画素の2.8倍ズーム、真上撮影可能

画像出典:Parrotより

ANAFIのここが凄い!その④|320gとコンパクト

Parrotの新型ドローン『ANFFI』のカメラスペックが驚異的!2100万画素の2.8倍ズーム、真上撮影可能

画像出典:Parrotより

正確な大きさは不明ですが、写真の通り手のひらサイズで重量も320gですので、非常にコンパクトです。

ちなみに200g以上のドローンは日本では『改正航空法』の適用となりますので、飛行場所には注意する必要があります。

センサーサイズ以外はDJIのPhantom4Proに勝利!

画素数 映像 センサー ズーム ジンバル 特殊機能
ANAFI 2100万 4K 1/2.4CMOS 可能 3軸 180度チルト
Phantom4Pro 2000万 4K60fps 1CMOS 不可 3軸 5方向障害物センサー
MavicAIR 1200万 4K30fps 1.2/3 不可 3軸 スロー撮影可能
MavicPRO 1200万 4K30fps 1.2/3 不可 3軸

というわけで、大体のカメラスペックを並べてみましたが、現状民生機でかつプロも使用しているPhantom4Proに匹敵するカメラ性能を持っております。

カメラのセンサーサイズはANAFIが劣っておりますが、やはり

『ズーム機能』と『180度チルト』カメラはそれを補えるほどの魅力を感じてしまいますね。

あと気になるのは『4K撮影可能』でもPhantom4Proと同じように『60fps』でも撮影できるのか?

というポイントです。

吉武

超ざっくりですが、

60fps:映像撮影で1秒で60コマ写真を撮影

30fpsだと1秒に30コマまでしか撮影できないということになります。

ここはホームページにも記載がなかったので、少し気になるところです。

ANAFIのここが凄い!その⑤|風速16.6m/sまで耐えられる?

てつや

まじか!?

吉武

これもマジだったらかなり凄いです。

通常、ドローンというのは強風下では運用しづらいものですが、風速10m/s以上でも飛ばせるのは相当凄いと思います。

通常初心者であれば、風速5m/s以上は飛行させない方がおすすめです。

吉武

いろいろハイスペックですが、数値通りだと本当にありがたいですね。

ANAFI|海外のレビュー動画

すでに海外のYouTuberには実際に手にしている方もいました。

Anafi Vs Mavic

価格・性能的にはDJI社のMavicAIRと比較されるドローンになります。

まとめ|発売予定は7月16日

Parrotの新型ドローン『ANFFI』のカメラスペックが驚異的!2100万画素の2.8倍ズーム、真上撮影可能

というわけでParrotから新型のANAFI(アナファイ)のご紹介をさせていただきました。

現状発表だけだったのですが、実際の発売予定日は『7月16日』になっております。

アマゾンの『Parrot』社からの出展で、かつビッグカメラが担当しておりますので、トラブルなどなければ予定通りかと思います。

てつや

今更だけど『アナファイ』で読み方合ってるのか??

吉武

よくわからないですσ(^_^;)

いずれにしても空撮用ドローンは完全にDJIの一人勝ち状態でしたので、『Parrot』からこのような発表があって嬉しい限りですね。

Parrotの公式ホームページ:https://www.parrot.com/jp/doron/anafi#supidoatupumosurodaunmoanatanosi-inomama

Parrotのトイドローン『Mambo』はかなり遊べます

 



スポンサーリンク






よかったらシェアしてね〜!

DRONE WALKERおすすめのドローン

初心者ならまずは200g未満のドローンから始めましょう!

➡︎ドローン入門は200g未満の1万円前後がおすすめ!

空撮用ドローンは DJI社がおすすめ

➡︎大人気DJIおすすめドローンベスト5&3倍得する購入方法

 

2 件のコメント

  • アナフィ
    ハチか、アメンボを思わせるフォルム。
    上下90度回転可能な4kカメラ。
    障害物検知がどうなっているか知りたいですね。
    電波の最高到達飛距離も気になります。
    公式サイトには映像通信4㎞となってますが日本国内ではどうなんでしょうかね。

    • 沖縄空窓さま コメントありがとうございます!

      カメラスペックと価格を考えるとすごい性能のドローンですよね。

      ただ一見するスペックと実際に操縦や撮影してみての操作性などは使ってみないとわからないですよね。

      現物が楽しみなドローンですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    DRONE WALKER 編集長 1984年3月28日生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。 作家として、速読技術を活用し年間200冊以上の本を読むことで幅広い分野に精通し、独自の視点から様々なジャンルの書籍を出版。 当サイトでは、ドローンの専門情報をメインに、最新テクノロジー(VR・AI・暗号通貨)や起業術(ネットマーケティング・ライティング・メディア戦略)・Kindle書籍出版から日本の魅力を世界中に発信していきます。 お仕事の依頼やお問い合わせは、「hodaka8866@gmail.com」もしくは「Facebookメッセージ」が一番早くて繋がりやすいです。