DRONE WALKER

日本一わかりやすいドローン専門メディア

空撮写真上達

ドローン空撮写真上達のコツ1|撮影後の構図調整のバランス

ドローン空撮写真上達のコツ1|撮影後の構図調整のバランス

事例に学ぶドローン空撮写真上達のコツ

どうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)編集長の吉武穂高です。

今まで『空撮映像』や『操縦上達』についての記事は書いてきたのですが、今回から『空撮写真』についてもピックアップしてまいります。

空撮写真の前提

撮影機材&編集環境

  • 撮影機材:Phantom4Pro・Mavic PRO

  • 写真はJPEG&RAW撮影で撮影しておく(初心者ほどRAWをおすすめ!理由は後述)
  • 現像はLightroomやPhotoshop

人によっては好みが分かれる画像の編集を前提としておりますので、ご了承ください。

今回は以下の滝の空撮写真についてご紹介

ドローン空撮写真上達のコツ1|撮影後の構図調整のバランス

こちらは愛知県新城市で撮影した特徴的な滝の写真になります。

まあこのままでもいい感じだとは思うのですが、よく見ると構図のバランスが悪いんです。

3分割法のグリッドをいれてみるとこんな感じ。

ドローン空撮写真上達のコツ1|撮影後の構図調整のバランス

明らかにずれてしまってますよね。

せっかく横に長い滝の写真も綺麗に真横に並んでいないとアンバランスな印象を与えてしまいます。

ドローンは非常に飛行安定性が高く狙った構図を撮影することはそこまで難しくありませんが、やはりモニターからの確認では後からPCなどの画面上で確認した際に狙った構図から少しずれてしまうということはよくあることです。

まずは均一感を出すためにトリミングをしていきます。

ドローン空撮写真上達のコツ1|撮影後の構図調整のバランス

グリッド線を目安にバランスを調整。

ここら辺の機能は特にAdobe製品でなくとも、どんな編集ツールでも気軽にできますよね。

こんな感じでひと段落

ドローン空撮写真上達のコツ1|撮影後の構図調整のバランス

画像編集のコツ|無意識のバランスの悪さを取り除いていく

人はパッと写真を見たときに言葉ではうまく説明できないけど、無意識的にアンバランスな写真をあまりよくない写真と判断してしまいます。

せっかくの空撮写真もちょっとした構図のバランスの崩れなどの一瞬感じる違和感のせいで与える印象は大きく変わってしまいます。

逆にちょっと意識して編集を加えるだけで人を惹きつけるいい写真に生まれ変わるのです。

ここからさらに編集をしていきます。

空撮写真の特徴|上から撮影するため、全体的に潰れた印象になってしまう。

ドローンはその特徴上、被写体より高い位置から撮影できることが魅力です。

しかし上から写真を撮影すると起きてしまうのが、写真が少しつぶれて見えてしまうことです。

ここで操縦者が地上から見たときに感じた被写体の迫力や感動が空撮写真にしてしまったとき、そのとき感じた迫力や感動が少し薄れてしまうのです。

そこでLightroomの機能を使い、「upright」で補正をかけることで地上で感じた迫力と空からみる迫力を融合させることができます。

ドローン空撮写真上達のコツ1|撮影後の構図調整のバランス

ドローン空撮写真上達のコツ1|撮影後の構図調整のバランス

この機能を活用することで、滝に迫力を加えることができました。

ただし、あまりやりすぎると別物の写真や真実からかけ離れてしまいます。

自己満足の世界でもありますが、見る人に与える無意識への印象も含めてバランスを持って編集することが重要になります。

バランスを整えてこんな感じになりました。

ドローン空撮写真上達のコツ1|撮影後の構図調整のバランス

これで初めの写真と比べると違和感はない写真に仕上がったと思います。

最後に写真そのものが全体的に暗い印象ですので、『露光量』や「コントラスト」「自然な彩度」を上げて少し色付けをします。

最終的にはこんな感じドローン空撮写真上達のコツ1|撮影後の構図調整のバランス

RAWの写真はいわゆる元データになりますので、その後の現像段階で撮影者の好きな世界観に近づけやすくなります。

Jpegから編集加工ももちろんできますが、それだと編集を加えれば加えるほど画像を荒くしてしまいがちです。

そのためドローンやカメラ初心者の方ほどRAW撮影の設定にしておくことをおすすめします。

DRONE WALKERでは今後もいろんな空撮写真の構図や現像についてご紹介していく予定です。

またよかったらチェックしてみてください。

第2回はこちら

ドローン空撮写真上達のコツ1|撮影後の構図調整のバランス

ドローン空撮写真上達のコツ1|撮影後の構図調整のバランス

ドローン空撮写真上達のコツ1|撮影後の構図調整のバランス

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
1984年3月28日生まれ 愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。 作家として、速読技術を活用し年間200冊以上の本を読むことで幅広い分野に精通し、独自の視点から様々なジャンルの書籍を出版。 当サイトでは、ドローンの専門情報をメインに、最新テクノロジー(VR・AI・暗号通貨)や起業術(ネットマーケティング・ウェブライティング・メディア戦略)・Kindle書籍出版から日本の魅力を世界中に発信していきます。 お仕事の依頼やお問い合わせは、「hodaka8866@gmail.com」もしくは「Facebookメッセージ」が一番早くて繋がりやすいです。

これからドローンを始める人必見!2017年最新のDJI社のドローンがわかる!

これからドローンを始める人必見!2017年最新のDJI社のドローンがわかる!
2017年はドローンラッシュ! 最新のDJI社のドローンを解説しております。 Mavic PRO・Phantom4Pro・Inspire2・SPARKなどの最新機種を解説! 「Kindleアンリミテッド登録者」なら「無料」で読むことができます。

電子書籍にしか載せてない情報あり!Kindleアンリミテッド登録者なら「無料」で読むことができます。

電子書籍「ドローン起業術シリーズ」はAmazonにて好評販売中です。 第1巻と2巻に関しては、ドローンを仕事にする上で、必要な「知識」と「技術」「資格」を取得するための内容でした。 第3巻では、いよいよドローンを仕事にしていくための「ビジネスモデル構築術」について紹介しています。 第1巻と2巻の、大部分は「このサイト」の内容を追記・編集した内容になっていますが、第3巻に関して、大部分は、「電子書籍にしか」掲載されてない情報になっております。 月額980円のKindleアンリミテッドに登録の方であれば、「無料」でお読みいただくことができます。 ぜひドローンで「起業」したい方に読んでほしい1冊です。 特別に「魂」を込めて、書きあげました。

新しい時代、未来を切り開くのはいつだって気概を持った起業家の存在がある。

電子書籍にしか載せてない情報あり!Kindleアンリミテッド登録者なら「無料」で読むことができます。

スポンサーリンク

オリジナルグッズ販売中

Tシャツをはじめ、マグカップ・ステッカーなどDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)オリジナルグッズも取り扱ってます。 シンプルなロゴで普段使いにぴったりです。 よかったらみてくださいね。
オリジナルグッズ販売中

コメントする。

*
*
* (公開されません)

DRONE WALKER