ガジェット

『Keynice USB卓上扇風機』は大型クリップでどこでも快適😎【2019年版】

9月のキャンペーン情報

キャンペーンページ(DJI公式)

吉武編集長
吉武編集長

どうもDRONE WALKER(ドローンウォーカー)編集長の吉武穂高です。

2019年、まだ夏前にも関わらず既に扇風機を使っております。

その中でも首元や上半身に的確に送風するために、とても便利なものが「卓上扇風機」です。

今回は、「Amazon」で最もレビュー数と高評価が高かった人気のKeynice USB卓上扇風機を購入しましたので、紹介していきます。

『Keynice USB卓上扇風機』

『Keynice USB卓上扇風機』は大型クリップでどこでも快適😎
商品名Keynice USB扇風機 卓上 & クリップ型
価格1480円
風量の切り替え風量2段階調節
特徴360度角度調整+クリップでどこでも装着
羽枚数4枚羽根
Amazonレビュー1462件

2019年版も出た!

購入した後に気付きましたが、なんと2019年版も登場しております。

価格は少し高くなってますが、風量が4段階調整でデザインもリニューアルされております。

今買うならこちらがおすすめかもしれません。

ざっくりした使い方

『Keynice USB卓上扇風機』は大型クリップでどこでも快適😎

ざっくりした機能は上記の通りです。

USB端子なので、パソコンなどに接続をして電源を入れれば使うことができます。

【レビュー】なぜKeynice卓上扇風機を選んだのか?

吉武編集長
吉武編集長

一言でいえばKeynice USB卓上扇風機Amazonで一番売れていて、レビュー数や評価が高かったからです。

【特徴①】クリップ+360度自由に動く

『Keynice USB卓上扇風機』は大型クリップでどこでも快適😎
吉武編集長
吉武編集長

卓上扇風機の向きは360度自由自在に動かすことができます。

【特徴②】クリップでどこでも装着可能

『Keynice USB卓上扇風機』は大型クリップでどこでも快適😎 『Keynice USB卓上扇風機』は大型クリップでどこでも快適😎

大型のクリップ式なので、机や柱などに挟んで使うことができます。

【特徴③】風量は二段階で調整可能!

『Keynice USB卓上扇風機』は大型クリップでどこでも快適😎

扇風機裏に電源があります。

ボタンを入れるだけで、簡単に使うことができます。

風量は二段階で調整することができます。

【特徴④】大きさは微妙に大きい

『Keynice USB卓上扇風機』は大型クリップでどこでも快適😎

卓上扇風機には、様々なサイズ感がありますが、Keynice USB卓上扇風機は少し大きめな印象です。

吉武編集長
吉武編集長

写真は「iPhoneX」になりますが、それより一回り大きい印象です。

【特徴⑤】モバイルバッテリーでも動く

『Keynice USB卓上扇風機』は大型クリップでどこでも快適😎

基本、パソコンのUSBなどに接続して使うことが多いと思いますが、小型のモバイルバッテリーに接続して使うことができます。

吉武編集長
吉武編集長

上記写真はアンカーのモバイルバッテリーですが、問題なく使うことができました。

車などでもオッケー

『Keynice USB卓上扇風機』は大型クリップでどこでも快適😎

使う場所や電源もいろいろ使えますので、車などでも使うことができます。

車内後ろにも風を送れるので、便利でいいですね。

【まとめ】Keyniceの卓上扇風機いいよ!

『Keynice USB卓上扇風機』は大型クリップでどこでも快適😎
商品名Keynice USB扇風機 卓上 & クリップ型
価格1480円
風量の切り替え風量2段階調節
特徴360度角度調整+クリップでどこでも装着
羽枚数4枚羽根
Amazonレビュー1462件
吉武編集長
吉武編集長

というわけで、Keynice USB卓上扇風機を紹介させていただきました。

価格も安く、使い勝手もいいのでおすすめです。

ライバルは価格さで2019年版かなという印象です。

【Amazon神グッズ50選】★4超えのおすすめアイテムを自腹購入レビュー
【Amazon神グッズ61選】星4超えのおすすめアイテムを自腹購入レビュー魂のAmazon散財記録をここに綴るお得な買い物方法と紹介するジャンルはこんな感じ Amazonで購入する際は「ギフト券」がお...
ABOUT ME
アバター
吉武 穂高
DRONE WALKER 編集長 1984年生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。