東海空中散歩

愛知・三重・岐阜でドローン空撮

ドローン入門

youtubeを見ていると法律違反と思われるドローン動画が多すぎる。

youtubeを見ていると法律違反と思われるドローン動画が多すぎる。

Mavic PRO(マーヴィック プロ)が発売されてから、youtubeで動画をアップする人がとても増えた。

どうも東海空中散歩の吉武穂高です。

先月Mavic PRO(マーヴィック プロ)やKARMA(カルマ)が発売され、今までドローンに興味のなかった方でもドローンを手にする機会が本当に増えました。

そんなわけで、youtubeなんかに動画をアップする人が本当に増えました。

そしてドローンの動画をチェックしていると、あることに気がつきます。

えっ!?これ法律違反してるんじゃないの!?

いやはや、ここでyoutubeの動画を貼り付けて紹介すると、このサイトを見ている人などから通報される可能性も0ではないので、やめておきますが。
(ご自分で気づいて削除されることを願っています。)

ケース1|「人口密集地域:DID地域」ではないけど、平気で第三者の上空を飛行させている動画

例えば、壮大な山間をMavic PRO(マーヴィック プロ)を持って空撮している動画なんかがあるのですが、周りに大勢の登山客がいる中で平気でドローンを飛ばしているのです。

そして登山客の真上から平気で撮影なんかもしちゃってます。

おいおい(⌒-⌒; )

そこは山なので「人口密集地域:DID地域」には当たらないと思いますが、そもそも

第三者の真上は原則飛行禁止になっております。

私自身、飛行許可申請を取得しておりますが、そこでもわざわざ「第三者の上空は飛行させない」として申請を出しております。

また人や建物などからも30m以上の距離を空ける必要がですが、それも守れてない模様。

ケース2|これ完全に目視外で飛ばしてるよね。。。。

これもまた多いのですが、どう考えてもドローンを目視外の場所で飛ばしている動画も見受けられます。

当然、「目視外飛行」は然りべき、練習と条件をクリアすれば、飛ばしても大丈夫なのですが、おいおいこの動画ドローンを買ったばかりって書いてあるけど、絶対「目視外」の飛行許可もらってないよな。

というものがあります。

確かにDJI社の製品なんかは4kmほどの距離まで飛ばすことはできますが、人が目視内できる範囲の飛行となると、せいぜい数百m程度になります。

それがグングン、操縦者からの位置を離れて、遠くの景色を撮影している。

これまたご丁寧に、プロポの操作画面なんかも写しちゃってくれてますから、どれだけ離れているかなんて一発でわかります。

安易な認識でドローンを飛ばさない方がいい。

確かにMavic PRO(マーヴィック プロ)なんかはとても小型のドローンですが、約800gあり、しっかり国土交通省の航空法の規制対象の範囲にあたります。

なんとなく、

ドローンはどこでも飛ばしてはいけない!

というくらいの認識はありそうなのですが、これまで山での空撮動画が多かったため、安易に

「youtubeでここの山飛ばしてたし、俺も飛ばしても大丈夫だろう!」

くらいの認識で飛ばしているような印象が見受けられます。

実際にはかなり細かいというか解釈に苦しむ部分が、航空法にはありますので、本来なら悩みに悩みぬいて飛行場所を探すのが普通なのかと思います。

事実、私もPhantom4が届いた時は、本当にここで飛ばしていいのか?ということでかなり頭を抱えてすぐにドローンを飛行させることができませんでした。

本を数冊読んで、どこなら安全に飛ばせるか試行錯誤して、訓練場所を探しだしました。

しっかりしている人は、ちゃんと飛行許可取得の有無を明記している。

空撮業者さんなんかがアップしている動画には、ちゃんとしている場合がほとんどなのですが、第三者から見てここでドローンを飛ばして大丈夫なの!?

という場所や条件の場合は、ちゃんと

飛行許可取得の有無や、その場所の持ち主に許可をとって有無が説明欄に記してあります。

たとえ、法律関係の部分を遵守していても、youtubeなどでは不特定多数の人が見るため、どこでどう解釈されてしまうかわかりません。

そのため、説明欄などにしっかり許可取得の有無などを記しておくことは、マナーなのかもしれません。

まとめ

youtubeを見た第三者の通報から逮捕される可能性もあるかもしれません。

これからドローンを始める人は、しっかりと必要な知識とモラルを身につけてドローンを飛ばすようにしましょう。

 

The following two tabs change content below.
1984年3月28日生まれ 愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。 作家として、速読技術を活用し年間200冊以上の本を読むことで幅広い分野に精通し、独自の視点から様々なジャンルの書籍を出版。 当サイトでは、ドローンの専門情報をメインに、最新テクノロジー(VR・AI・暗号通貨)や起業術(ネットマーケティング・ウェブライティング・メディア戦略)・Kindle書籍出版から東海地方の魅力ある情報発信などを行っております。 お仕事の依頼やお問い合わせは、「hodaka8866@gmail.com」もしくは「Facebookメッセージ」が一番早くて繋がりやすいです。

これからドローンを始める人必見!2016年下半期最新のDJI社のドローンがわかる!

これからドローンを始める人必見!2016年下半期最新のDJI社のドローンがわかる!
2016年はドローンラッシュ! 最新のDJI社のドローンを解説しております。 Mavic PRO・Phantom4Pro・Inspire2などの最新機種を解説! 例のごとく「Kindleアンリミテッド登録者」なら「無料」で読むことができます。 12月12日17:00まで、無料でダウンロードできます。 この機会をお見逃しなく!!

電子書籍にしか載せてない情報あり!Kindleアンリミテッド登録者なら「無料」で読むことができます。

電子書籍「ドローン起業術シリーズ」はAmazonにて好評販売中です。 第1巻と2巻に関しては、ドローンを仕事にする上で、必要な「知識」と「技術」「資格」を取得するための内容でした。 第3巻では、いよいよドローンを仕事にしていくための「ビジネスモデル構築術」について紹介しています。 第1巻と2巻の、大部分は「このサイト」の内容を追記・編集した内容になっていますが、第3巻に関して、大部分は、「電子書籍にしか」掲載されてない情報になっております。 月額980円のKindleアンリミテッドに登録の方であれば、「無料」でお読みいただくことができます。 ぜひドローンで「起業」したい方に読んでほしい1冊です。 特別に「魂」を込めて、書きあげました。

新しい時代、未来を切り開くのはいつだって気概を持った起業家の存在がある。

電子書籍にしか載せてない情報あり!Kindleアンリミテッド登録者なら「無料」で読むことができます。

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. いつもは意見しております。30M以上上空にいるとして、人の真上ってどこまでなんでしょうか?ドローンから鉛直方向に接線を出して10cmでもずれていればOKとか???それともそれも半径30mが適応されるのか国交省おの線引きももっと図解やケーススタディを増やしてわかりやすくしてくれるとみんなスッキリするのではとボヤキですかね?あと道路の上は30M以上上空でもダメなんでしょうか?上空を並走はとても危険な感じがしてしませんが、横切るだけでも所轄警察に許可がいるのか??わからないことだらけです。

    • TANAKA様 いつも見ていただき、誠にありがとうございます。

      30m以上距離をとる条件なのですが、文字通り人や家屋から30m以上距離を保つことです。

      そのため真上でも30m以上の高さにドローンをとばしていれば基本的にOKという解釈で良いのかなと思います。

      しかし全く知らない第3者の上空を飛ばすことは、基本的にNGとした方がいいですし、私自身国土交通省に飛行許可申請をする際は、「第三者の上空は飛ばさない。」と明記して提出しています。

      これは国土交通省の担当と話して聞いた情報になりますが、公道上の真上を飛ばしたり、上空は横切ることは警察の許可が必要になります。

      TANAKA様はまだドローンを始めて間もない状態とお見えけしまうので、はじめは人や建物など危ういと思われるものは限りなく排除した環境で飛ばすことをお勧めします。

      またドローンをどこで飛ばしていいかなどの、私も完全に理解しているわけではなく、正確な場所なんかは正直まだ解釈次第で微妙なニュアンスの場所も多いので、不安であれば国土交通省に連絡して確認してみることをおすすめします。

      いろんな場所で飛ばすことに慣れてくると、なんとなくどこまでがオッケーでどこまでがNGかわかる様になってきますよ。

      • 丁寧なご返答ありがとうございます。お察しの通り初心者です。飛ばすに当たっては法令尊守はもちろんのこと、ドローン・操縦者が社会の理解を得るためにも、他人に不安や不快感を与えないように気をつけて楽しみたいですね。

コメントする。

*
*
* (公開されません)